片頭痛に効く市販薬。 [医師監修・作成]緊張型頭痛に効く薬はある?市販薬と処方薬の例

片頭痛治療薬について

片頭痛に効く市販薬

片頭痛に効く市販の頭痛薬 先月放送されたNHKの「ためしてガッテン」の内容で、自分の頭痛に合わない薬を飲み続けると、 薬物乱用頭痛になるので、気をつけましょう・・・とありました。 自分は、片頭痛だろうと思うんですが、放送ではエルゴタミン製剤が効くと言ってました。 私はここ数年、エスエス製薬のEVEにお世話になってるんですが、成分表にはその名前が載ってません。 現在は効いてますが、合うのでしょうか?(なんだか薬物乱用頭痛という名前が怖いので心配です。 ) ドラッグストアで手に入りやすく、お手頃価格の市販薬で、片頭痛に合う薬をご存じないでしょうか? 残念ですが偏頭痛の専門薬は市販されていません。 医師の処方が必要です。 エルゴタミン製剤は初期の頃の偏頭痛の専門薬で、痛みが本格化する前に服用しないと あまり効果がない場合があります。 なので飲むタイミングが難しいです。 今は一般的にトリプタン製剤が主流です。 痛みが本格化しても効きます。 (もちろん個人差はあります) 市販薬では、イブプロフェンが含まれているお薬が効きがいいとよく聞きます。 ですがお薬はその方の体質、服用時の体調等でも左右されますので・・・。 もし偏頭痛でお悩みであれば、番組でもやっていたとは思いますが 1度「頭痛外来」を受診されるといいですよ。 頭痛は様々なタイプがありますし、予防法や発現時の対処法なども違ってきます。 ご自分の頭痛のタイプを知ることが1番です。 薬物乱用頭痛は、頭痛なのに風邪薬を服用したり、いろんな種類を飲んでみたり 飲む回数がだんだん多くなり、繰り返すうちに痛みに敏感になってしまい 痛くなるのを恐れて予防的に(痛くなる前)に服用したりしてなってしまいます。 薬が手放せなくなってしまい、不安症など違う病気を患ってしまうこともあります。 でも痛みをがまんするのもいけません。 月に10回未満の服用でしたらさほど心配することはないと思います。 今のお薬が効いているとの事ですので合っていると思います。 ですが、やはりあまりお薬には頼りたくないですよね・・。 受診すれば発現要因や誘発されやすい物なども教えてもらえるので発現回数が激減します。 また、あまり回数の多い方には予防薬も処方されます。 CMでもやっていますよね?「頭痛の時間はもったいない」・・本当です。 頭痛はうまく付き合っていけますので、早めの受診をおすすめします。

次の

ロキソプロフェンが効く・効かない頭痛の差は?他の頭痛薬についても解説

片頭痛に効く市販薬

片頭痛がひどい時に今すぐ痛みを抑えたい、そして痛みが出ないように予防できる方法がないかと考える人は多いのではないでしょうか。 もちろん痛みがひどい場合や頭痛の頻度が多い場合は病院を受診するのが一番になりますが、時間がない人やそこまでひどくない人、なるべく市販の薬やサプリメントでどうにかできないかと考える人も多いと思います。 そこで今回は 市販の薬とサプリメントで片頭痛を抑える方法、そして片頭痛が起きない様に予防となる方法を紹介していきたいと思います。 もし片頭痛に悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。 また1日2回しか飲めない薬も多いです。 エキセドリンAも片頭痛には効果が高い エキセドリンAと言うあまり有名ではない痛み止めですが、実はこのエキセドリンAには「アセチルサリチル酸」「アセトアミノフェン」「カフェイン」が配合されています。 そして実はこの3つの組み合わせはイブプロフェンよりも片頭痛に対して効果が高いとされているんです。 もし月合計15日以上の頻度で3か月以上使用する場合は薬物乱用頭痛の可能性が高いため、この頻度で使用している人は注意が必要です。 また 痛み止めは胃を悪くする副作用や腎臓を悪くする副作用もあります。 特に胃への副作用に関してはもともと胃の調子が悪い人などはより起こりやすい副作用になりますので、正しい使い方を行った上で、さらに胃薬などを一緒に飲むことをお勧めします。 片頭痛予防に効く市販薬・サプリメント 片頭痛に関しては予防もある程度効果的です。 ただし滅多に片頭痛がない人はわざわざ予防する必要もありませんので、ここでは 片頭痛を予防すべき人、 片頭痛の予防に適している薬やサプリメント、 片頭痛の予防に必要な期間などを中心に紹介してきます。 片頭痛の予防が必要な人のタイプ 片頭痛の予防目的は 片頭痛の発作の頻度を抑えること 重症度を下げること 頭痛がある時間を短縮すること 痛み止めの効きをよくすること などが挙げられます。 つまり片頭痛がある人にとってはかなり理想的なものになります。 ただし全ての人がその恩恵があるのかと言えば決してそうではありませんので、片頭痛の予防が適している3つのタイプの人を紹介します。 ・片頭痛発作が月に2回以上、あるいは6日以上ある場合 ・片頭痛が起きた時に日常生活に支障が生じてしまう場合 ・片頭痛が起きた時に痛み止めを飲むことができない場合 この場合に片頭痛に対する予防が効果的とされています。 また予防と言っても実は凄くシンプルなものになりますので、次は具体的な薬やサプリメントを紹介していきたいと思います。 片頭痛の予防の薬とサプリメント 市販で対応できる片頭痛の予防として最も効果的なものが ビタミンB2になります。 実際にビタミンB2を服用した人とそうでない人を比較した実験では、ビタミンB2を服用した方が頭痛改善がみられた結果が得られたそうです。 では市販薬の中ではどれがベストなのかと言いますと、残念ながらビタミンB2だけを配合してある医薬品は発売されていないため、ここでは チョコラBBピュアをおすすめします。 市販薬にはマグネシウムが配合されている頭痛薬も多いです。 中でもイブクイック頭痛薬等はマグネシウムもそこそこ多く配合されているためおすすめです。 またハーブの1種である 「フィーバーフュー」も頭痛予防に効果があるとされてます。 そしてこのフィーバーフューは副作用がほぼない事が魅力の1つとなります。 では頭痛の予防をまとめるとビタミンB2・マグネシウム・フィーバーフューの3つをとることが理想的と言えます。 ただしこの3つをバラバラに購入することは値段の面からも、飲む量も大変ですよね。 そこでおすすめなものが マグネシウムとフィーバーフューが配合されているものがすでに発売されています。 それがこちらの ズキガードになります。 これにプラスしてチョコラBBピュアを服用するという方法が予防としてはおすすめです。 また、この後詳しく紹介しますが頭痛の予防には 最低2か月は続けて様子を見る必要があります。 そしてこのマグネシウムとフィーバーフューとおまけにカルシウムも配合されているズキガードは定期コースで購入すると毎回1000円引きで、おまけに送料無料となっているため、頭痛の予防として試す場合やもし効果が実感できた場合の定期的な購入にも最適です。 頭痛の予防に最適なズキガードはこちら もしくは眠気が出る成分を配合していますが、1種類でカフェイン・マグネシウム配合の痛み止めが欲しい人はイブクイック頭痛DXなどが推奨できますので詳しくはこちらも参考にしてみてください。 片頭痛の薬やサプリメントを予防として使う期間 頭痛への予防は飲み始めてすぐに効果を発揮するものではありません。 「効いた・効かない」を判断するまで最低でも2か月は続ける必要があります。 もし目立った副作用等がなければその後も続けて予防薬・サプリメントを服用するようにしてください。 そして予防が効いてきて、頭痛が楽になってきた場合は予防の薬も徐々に減らしていきましょう。 おすすめな方法としてはまずはズキガードを辞めてみて、その後にチョコラBBピュアを辞める方法がいいでしょう。 片頭痛治療薬のトリプタンは市販薬ではない 片頭痛がひどい場合はトリプタン系と呼ばれる頭痛薬を使用する事が多いです。 そして効果も高いです。 しかしこれらの 片頭痛に効くトリプタン系の頭痛薬は市販薬としては発売されていません。 ですから病院を受診して処方してもらう必要があります。 片頭痛に市販薬が効かない場合 もし片頭痛に効く薬を試してみても、予防薬も一緒に飲んでみても一向に症状の改善が見られない場合は市販の薬で対応することは難しいです。 世の中にはネットを探せば頭痛に効くサプリメントが山の様に存在しますが、今回紹介したズキガードに配合されているマグネシウムとフェーバーヒュー以外のサプリメントは正直有効性が証明されたものではありません。 そしてなぜが値段が高いものばかりです。 もちろん値段が高いからと言って頭痛に効くわけではありません。 ですから今回の方法を試してみてダメだった場合は一度病院を受診するようにしましょう。 頭痛に対する薬は上で紹介したように市販薬以上に有効な薬がありますので、日常生活に支障が出てしまう人は無理に粘らずに病院を受診してみてください。

次の

片頭痛に効く漢方のいろいろ 薬に頼らないで片頭痛の緩和方法とは?

片頭痛に効く市販薬

ズキンズキンという痛みとは少し違って、 締め付けられているような痛みを感じる場合は、いわゆる偏頭痛とは違う頭痛の場合があります。 肩こりや首こりが激しい人や、パソコン作業、運転などを長時間行う人に多く見られる頭痛です。 偏頭痛が起きたらどうしてる? 偏頭痛が起きたらどうするかと聞かれたらなんて答えますか?? えっ?市販の頭痛薬を飲んで安静にしているけど・・・ まず、ほとんどの人が似たような答えになるのではないでしょうか? でも本当の意味では、 市販薬の鎮痛薬に偏頭痛への適応は無いという専門家がほとんどなのです。 そういえば市販で最強のロキソニンは偏頭痛薬ではなく鎮痛剤。 しかも効かなかったり、偏頭痛の痛みがひどくなってから飲んでも効かなかったりしますよね。 では偏頭痛に効く薬は無いのか?と言えばもちろんそんなことはなくて、病院で処方されている 偏頭痛専用の薬はちゃんとあります。 でも、そもそもこの偏頭痛を出来るだけ来ないように予防したいという人は多いはず。 偏頭痛が来なければ薬を飲む必要もなくなりますからね。 定期的に頭の中がズキンズキンするように痛む、週に1回は頭痛がする、頭の痛みがずっと続くと仕事もスムーズにこなすことはできませんし、生活に支障が出てしまいます。 偏頭痛が起きてしまった時に毎回薬を飲むこともひとつの方法ですが、偏頭痛に効果的な サプリメントを飲むことで偏頭痛自体を予防するという方法もあります。 サプリメントなので 薬のように副作用はありませんし、安心して飲んで予防する事ができます。 偏頭痛を予防できる「ずきしらずの実」 偏頭痛の予防ができるサプリが 「ずきしらずの実」。 このずきしらずの実を実際に飲んでいる方の9割が効果を実感しているのです。 ずきしらずの実の特徴は、3つの成分が配合されている事。 3つの成分とは 夏白菊 フィーバーフュー 、にがり、オオイタドリとなっています。 夏白菊は昔から頭痛に効く成分として有名ですね。 名前を聞いたことがある人もいるのではないのでしょうか。 ズキンズキンと 頭の中に響く痛みを抑制し、体のリズムを元通りに整えてくれる役割をもっています。 にがりは天然鉱物である塩化マグネシウムが豊富に含まれており、この成分も体のリズムを整えてくれるのです。 オオイタドリは昔から食品として使われてきている痛みを和らげることができる成分となっています。 この3つの成分が含まれているからこそ、偏頭痛に効果的なサプリメントとして人気があがってきているのです。 1週間で偏頭痛が起きなくなった人も! ずきしらずの実のメリットについて紹介したいと思います。 なんといっても1番のメリットは 「副作用がない」ということです。 偏頭痛に効く薬は眠たくなってしまう、お腹をくだしてしまうというような副作用がありますが、ずきしらずの実はサプリメントなので副作用の心配はありません。 薬のように強い成分は含まれていないので安心して飲むことができます。 飲めば薬のように効果はすぐ出てきません。 しかし、毎日飲み続けることで 1週間で偏頭痛が起きなくなったと言っている人もいます。 人によって効果があらわれてくる時間には差がありますが、毎日飲み続けることによって効果が発揮されます。 薬で毎回痛みに耐える・・・というのは止めにして、 根本的に偏頭痛を治したいという方は、できるだけ飲むようにしましょう。 偏頭痛持ちの方の間では定番のサプリメントなので、もう飲んでいるという人は多いと思いますが、知らなかったという人は是非飲んでください。 ずきしらずの実はこちらから購入できます 今起きている偏頭痛の対処法について 偏頭痛の場合、こめかみ辺りを手指などでグリグリと押したりマッサージしたりする人がいますが、神経を余計に刺激して痛みが増してしまうことがありますのであまり良くありません。 押すのであれば、 偏頭痛のツボを押すようにしましょう。 偏頭痛に効くツボは耳の下の少し後ろ側あたりにある 「完骨(かんこつ)」と 「天容(てんよう)」で、骨の出張りの下指1本分のところにあります。 指の腹で上へ押し込むような感じでやさしく指圧すると良いでしょう。 偏頭痛は定期的におこるものなので、なるべくなら偏頭痛専門の薬である イミグランやスミナットやスミナットナザルスプレーなどの薬は常に常備するようにしましょう。 そうすれば 咄嗟の時にすぐ薬を使って対処する事ができます。

次の