ミニチュアダックスフンド スムース。 ミニチュアダックスフンドスムース【優良ブリーダー直の子犬販売ならライフウィズドッグ】

スムースのダックスフンドが飼いたい!人気のブリーダーを紹介!

ミニチュアダックスフンド スムース

ミニチュアダックスフンドの性格は毛色と同じく多種多様 ミニチュアダックスフンドは今でこそトイプードルに人気No. 1の座は渡しましたが、現在も含めて人気犬種であることに変わりありません。 そんなミニチュアダックスフンドの性格について、ドッグトレーナーとしてトレーニングをした経験、またお店に来るたくさんのミニチュアダックスフンドとのふれあいで感じているミニチュアダックスフンドの性格について紹介したいと思います。 ダックスフンドの性格を調べてみると、ほとんどのところで共通して書かれているのが、好奇心旺盛で活発な遊び好き、生まれつき人懐っこく、人間に対して友好的、ということです。 基本的にはこの性格で間違っていないと思います。 ただし、ダックスフンドの歴史をご覧になっていただくとおわかりの通り、現在人気のミニチュアダックスフンドにいたるまでには、いろいろな犬種との交雑が行われながら、猟犬として改良されてきた犬種です。 従って、いろいろな犬種の性格を遺伝子として持っています。 ということは、ミニチュアダックスフンドと言っても、いろいろな性格の犬がいるということで、実際に、ペット・トライアングルのLOVEDOG店に来てくれるたくさんのミニチュアダックスフンドの本当にバラエティーに富んでいるのを実感しています。 ミニチュアダックスフンドには、3種類に毛質があるのをご存知でしょうか。 現在最も多いのは、毛足の長いロングコートのミニチュアダックスフンドです。 そして、かなり昔はこちらの方が多かったような気もしますが、毛足の短いスムースコートのダックスフンドがいます。 もうひとつは、カールした毛を持つワイヤーコートと呼ばれる毛質を持つダックスフンドです。 実は、それぞれの毛質は、それぞれ違った犬種の血を入れることによって作られてきました。 違った犬種の血を入れることによって違った毛質のダックスフンドが作られてきたわけですが、違いが出たのは、毛質だけではないようです。 つまり、ミニチュアダックスフンドの場合、毛質によって、その基本的な性格にも違いがあると言われているのです。 ミニチュアダックスフンドの毛質による性格の違いについては、下に書いていますので、ご覧下さい。 ただし、同じ毛質のミニチュアダックスフンドだからと言って、同じような性格をしている、というわけでもありません。 もともといろいろな犬種の血が入っているミニチュアダックスフンドをさらにまた違う毛種の血を入れて毛質も作っているわけですから、実際には、ミニチュアダックスフンドの性格はかなり多種多様、バラエティーに富んでいます。 したがって、実際にはミニチュアダックスフンドの性格はこうだ、とは言いにくい犬種と言っても良いのではないかと思います。 個性豊かなミニチュアダックスフンド ペット・トライアングルのドッグケアの実店舗であるLOVEDOG店にも、たくさんのミニチュアダックスフンドに来てもらっています。 実際にお店でふれあうミニチュアダックスフンドはどんな性格の犬なのか、ご紹介したいと思います。 ひとくちでこうだ、と言えないくらい、本当にいろいろな性格のミニチュアダックスフンドがいる、まさにその性格はそれぞれ個性がとても豊か、ということでしょうか。 多くに共通するのが、いつも尻尾を振りながら楽しそうに歩いていて、新しい犬が来るとすぐに匂いを嗅ぎにいくダックスような好奇心旺盛の性格を持つミニチュアダックスフンドでしょうか。 基本的にはフレンドリーな性格の子が多いと感じます。 といって、気を許していると、たまに少し触るのに注意が必要なミニチュアダックスフンドもいます。 つまり、噛みぐせのあるミニチュアダックスフンドです。 噛む場合、パターンとしては、大きくは2つのタイプがあります。 一つ目のタイプは、噛めば相手が引くということを覚えた強気な性格を持つミニチュアダックスフンドです。 この性格の場合は、店内でも元気に動き回り、ただ触ろうとしたりするとかんでくるタイプです。 もうひとつは、とてもシャイで、大人しいのですが、知らない人に対する警戒感が強く、人見知りなタイプです。 シャイな性格の場合、店内でも他の犬を避けるように「近寄るな」オーラを発していて隅の方にいたりするので、他の犬から話してケージに入れておくことが多いのですが、やはり抱っこしたりしようとすると、窮鼠猫を噛む的な噛み方をするタイプです。 ミニチュアダックスフンドで結構共通する点がもうひとつあります。 比較的、よく吠える子が多いということです。 しつけ相談でも、ミニチュアダックスフンドではよく吠える、という相談が多い犬種です。 これは、もともと猟犬だったということで、本来ミニチュアダックスフンドが古くから持っている特性と言っても良いのかもしれません。 ただし、それも飼い方・しつけ方で、ある程度解消されることがあります。 ミニチュアダックスフンドの吠えるという問題については、次に書いていますので、ご覧になってください。 ただし、逆にほとんど吠えないミニチュアダックスフンドも中にはいます。 性格的にはシャイですが、噛むようなことはしない、という子です。 このようにお店に来るミニチュアダックスフンドだけでも、いろいろな性格の子がいるのです。 どの犬種でも、固体による性格の違いはありますが、ミニチュアダックスフンドの場合、その固体による差はとても大きく、幅も広いように感じます。 例えば、トイプードルもそれぞれ犬によって性格はいろいろですが、どこか共通したものを感じますが、ミニチュアダックスフンドの場合は、共通した独特の体型とは逆に、本当にいろいろな性格の子がいる、というのが実感です。 ただし、元気な子も、臆病な子にも共通するのが、飼い主さんへの服従性です。 ほとんどの子は、飼い主さんご家族にはとても心を許していて、それぞれの飼い主さんにとっては基本的にはとても飼いやすい犬種だと思います。 ミニチュアダックスフンドはよく吠える? ミニチュアダックスフンドは、どちらかというと吠えやすい子が多いように感じます。 でもこれは、もともと猟犬として改良されてきたことから、ある程度は仕方のないことかもしれません。 猟犬としてのダックスフンドは、吠えることも重要な仕事の一部であったはずですから。 現在、ほとんどのミニチュアダックスフンドは猟犬として使われることはなく、愛玩犬として飼われていますが、体の中にはまだ猟犬としてのDNAが存在しているのでしょう。 したがって、ミニチュアダックスフンドはよく吠える犬種だ、と思っていただくのが良いのかな、と思います。 しかし、そうは言っても現在の日本では、ミニチュアダックスフンドは愛玩犬として人気の犬種であり、猟犬としての血は、あまり騒いで欲しくないのが実情です。 もちろん、現在のミニチュアダックスフンドのまともなブリーダーは、そういったことも考えて、交配を行っていると信じたいと思います。 が、常に人気犬種のトップを争う犬種の宿命で、単に商売上の理湯だけで、ミニチュアダックスフンドを繁殖している自称ブリーダーも少なくないのが現実でしょう。 つまり、特に人気犬種の場合、どんなブリーダーが繁殖したのか、ということが、ミニチュアダックスフンドの性格に大きな影響を与えるので、ブリーダー選びが子犬を迎える場合の大きなポイントとなるのです。 さて、お店でよく吠えているミニチュアダックスフンド、またしつけ相談で、吠えるのを止めさせたい、というミニチュアダックスフンドのほとんどに共通していることが一つあります。 それは、室内で自由に動けるように飼われているということです。 基本的に猟犬の血統を持ち、好奇心旺盛な性格であるミニチュアダックスフンドは室内を自由に歩ければ、そのスペースは自分のテリトリーだという意識がとても強くなります。 その意識が強くなると、常に、家の周り、家に近づく人や動物などに対して注意を払い、警戒し、目と耳でアンテナを張るようになります。 ある意味では良い番犬になってくれるのです。 そして、少しでもアンテナにひっかかるものがあると、猛然と吠える、ということになるのです。 このような吠えて困るというミニチュアダックスフンドの中には、専用のハウスを与え、室内ではフリーにさせないようにして、逆にハウスの中ではアンテナを張らずにゆっくり休めるようにしてあげるだけで、ほとんど吠えなくなったミニチュアダックスフンドもいました。 基本的に吠えるDNAを持つミニチュアダックスフンドでも、飼い方・しつけ方によって、かなり目に見える性格は変わってくるのです。 いずれにしても、ミニチュアダックスフンドには、猟犬としての血が色濃く流れていることを認識した上で、飼い方・しつけ方を考える必要があるかと思います。 毛質に関してはどんな犬種が使われたのでしょうか。 スムースコート、ロングコート、ワイヤーコート、それぞれの毛質を作るために使われた毛種は以下の通りです。 スムースコートはミニピン、ロングはパピヨン、そしてワイヤーはミニチュアシュナウザーなのです。 それぞれ、比較的犬種としての個性が強いと言われる犬種です。 従って、毛質によって、性格が違うと言うのは根拠があり、間違いではないと思われます。 交配に使われた犬種の性格が影響しているのは、当然と言えば、当然です。 結果的に、ミニチュアダックスフンドは毛質によって性格が違う可能性があると言っても良いのかもしれません。 しかし、実際に他の犬種の血を入れたのは、かなり昔の話で、その後、それぞれの毛質において、交配を重ね、代代わりしたうえで、現在のミニチュアダックスフンドがいるのです。 猟犬ではなく、愛玩犬として飼われている現在、毛質による差というのは、かなり薄められてきて、それよりも同じ毛質でも個体差の方がはるかに大きいでしょう。 すなわち、現在は毛質の違いと言うのは、ほとんど考える必要がないと個人的には考えます。 ただし現在、ペットとして飼われるミニチュアダックスフンドの多くはロングコートです。 スムースやワイヤーは少ないので、そういう意味では、ロングコートのミニチュアダックスフンドよりも、ブリーダーが限られることにより、性格的な傾向を持ち、性格的なバラツキが少ない、という可能性も考えられます。 実際のところ、スムースやワイヤーは、接する機会がないわけではありませんが、性格を見るには数がとても少ないのでよくわからないところです。 毛質以上に多岐にわたる、ミニチュアダックスフンドの毛色、これも多種多様な血が入ってきていることを示します。 そして、繰り返しになりますが人気犬種であるがゆえに、ブリーダーもピンキリの多種多様です。 毛質よりも、このピンキリの多種多様なブリーダーの存在がミニチュアダックスフンドの性格の多様性の大きな要因になっていると思われます。 性格は飼い方・しつけ方で修正できる 性格には、生まれ持っての性格である先天的性格と、生まれた後に飼育環境やしつけなどによって形成される後天的性格があります。 (参照) それは、もともとの性格に少しばかり問題があるミニチュアダックスフンドでも、飼い方・しつけ方によって、問題行動をおこさせないミニチュアダックスフンドに育てていくことが出来るということです。 ペット・トライアングルのドッグケアの実店舗であるLOVEDOG店にも、吠えるのをやめさせたいというミニチュアダックスフンドが来ます。 それを解決してする場合にポイントが2つあります。 ひとつはどのようにしつけるか、つまり、家庭犬トレーニングでしっかりと主従関係と信頼関係を築くこと、です そしてもうひとつ、大事なポイントは飼い方、です。 吠えるミニチュアダックスフンドの共通する点は、室内で自由を自由に動けるように飼われている、つまり室内での放し飼いです。 室内で放し飼いにされているミニチュアダックスフンドが全て吠えるとは言いません。 しかし、室内での放し飼いは縄張り意識を持たせるので、吠えやすくさせる飼い方であることは間違いありません。 従って、吠えることが問題となる場合は、その飼い方を変えていくことで、吠えにくいミニチュアダックスフンドにしていくこともできる場合があるのです。 具体的には、ミニチュアダックスフンドが安心して休めるハウスを与え、ハウスで過ごさせるようにすることだけで解決できる場合もあるのです。 とにかく吠えて困っているダックスフンドをトレーニングで直してほしいと言われ、まずはトレーニングを行う前に、狭くて暗い(これが一番犬が安心できる条件です)ハウスで過ごす音に慣れさせ、そこでしっかりと休めるということを教えただけで、吠えるのをやめるようになったミニチュアダックスフンドもいました。 そのダックスフンドは、結局トレーニングは行わずに飼い主さんが引き取っていき、その後も吠える問題は解消してしまいました。 つまりしつけ方だけでなく、飼い方の影響も大きいのです。 そして、飼い方・しつけ方によって、ミニチュアダックスフンドの先天的性格にかかわらずに、吠えると言うことをはじめとした問題行動をおこさせないように育てることが出来る可能性は十分にあるのです。 もともとミニチュアダックスフンドは、訓練性のよい犬種です。 ミニチュアダックスフンドの性格の良さを、うまく引き出しながら一緒に暮らしたいですね。 ミニチュアダックスフンドについてメニュー•

次の

ミニチュアダックスフンド子犬でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

ミニチュアダックスフンド スムース

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル系• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• ハルクィン• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 ダックスフント?ダックスフンド?正しい表記はどっち? ダックスフントとダックスフンド、どちらが正解でどちらが間違いというわけではありませんが、強いて言えばダックスフントということになるでしょうか。 広辞苑にも「ダックスフント」で記載されているようです。 ダックスフントはドイツ原産の犬で、ドイツ語の表記ではDachshundとなります。 「アナグマ(Dachs)」捕りに用いられていた「犬(hund)」いう意味なんですね。 ドイツ語の特徴として、単語の最初以外の「D」の発音は濁らない場合がほとんどとなっています。 つまり「Dachs」のDは濁るので「ダ」という発音になりますが、「hund」のdは濁らず「ト」と発音されるのです。 実は日本において犬種の認定や血統書の発行を行っているジャパンケンネルクラブ JKC の表記では「ダックスフンド」となっています。 英語読みでは最後のdは濁って発音されるため「フンド」となるんですね。 このため長年の間にどちらの読み方も使われるようになったと思われます。 日本でも不動の人気を誇るダックスフント。 その賢く愛らしい魅力はどちらの読み方でも変わることはありませんが、ドイツ原産という点から、あえて「ト」にこだわる人も多いようです。 何歳まで?気になるミニチュアダックスフンドの寿命 ダックスフンドは数ある小型犬の中でも比較的寿命が長い犬種といわれています。 長い歴史の中でさまざまな犬種がかけあわされているのが長寿の理由の一つと考えられます。 一般的にはおよそ12~14歳前後とされるダックスフンドの寿命ですが、他の犬種と同様その寿命を左右するのは何よりも飼い主の育て方になってきます。 まず寿命に大きくかかわるポイントが肥満です。 ダックスフンドは大変活発で運動が大好きな犬種。 運動時間がたっぷり必要な分、食欲も旺盛です。 ただし欲しがるだけ食べ物を与えているとすぐに肥満傾向になってしまいます。 栄養バランスの取れた食事を用意し、食べすぎ・与えすぎにはくれぐれも気をつけましょう。 また散歩をはじめ運動量が十分でないと体重が増加しやすいため、運動不足にならないよう注意が必要です。 寿命と深い関係があるもう一つのポイントがストレスです。 ストレスが多い犬は短命になりやすいことがわかっています。 毎日たっぷりコミュニケーションを取ったり、ときには十分に甘えさせてあげるなど、ストレスがたまらないよう飼い主のケアが必要となります。 ほかにも日頃から歯磨きや皮膚のケア、住環境など衛生面に気を配り、定期的に獣医師を受診して健康状態をチェックしてあげることも長生きの秘訣となります。 好奇心旺盛なハンター!ミニチュアダックスフンドの性格 ダックスフンドはその昔アナグマ狩りに役立つよう賢く改良された犬種であり、運動神経と反射神経は抜群。 地中の穴に潜りこみやすいよう、あんなふうに胴体が細長くなったというわけですね。 このダックスフンドを、体重4. 5~5kgとさらに小型化したのがミニチュアダックスフンドです。 狩猟犬の本能から遊ぶことが大好きで、活発な性質と旺盛な好奇心が特徴です。 また観察力に優れ大変頭の良い犬種といえるでしょう。 その一方でミニチュアダックスフンドには大きな声でしつこく吠える習性が見られます。 もともとアナグマを発見したときに吠え立てて獲物を追い詰める役割を担っていたこともあり、非常に自立心が強く自らの意志で行動する傾向があります。 また警戒心が強く神経質な一面もあるため、他のワンちゃんと仲良くするのが苦手だったり、知らない人にはすぐ吠えるという子も少なくありません。 このため番犬としては優秀といえるのですが、できるだけ子犬のときから根気よくしつけることが重要になります。 その愛らしい姿とツヤのある美しい毛並みで、日本で高い人気を誇るミニチュアダックスフンド。 愛情を持ってしっかりしつけをすれば、飼い主に忠実で賢い最高のパートナーとなるでしょう。

次の

ダックスフンド 子犬 ブリーダー「フジアースフィールド」ミニチュアダックス カニンヘン mダックス 静岡県富士宮市

ミニチュアダックスフンド スムース

ミニチュアダックススムースの性格 ミニチュアダックススムースは、3種類の毛質のタイプがあります。 この毛質のタイプによって、性格にも違いがあると言われています。 毛色・毛質によって性格は変わる? 毛が短く、毛質もツルツルしている「スムース」は、人懐っこくて性格も明るい性格。 飼い主にも忠実な面があります。 柔らかい毛に加え、毛足もながい「ロングヘアー」は、甘えん坊で温厚な性格をしています。 怒ることも、滅多にありません。 スムースと比べると、人懐っこさに欠け、警戒心が強い面もあります。 毛がクルクルとカールしている「ワイヤー」なのですが、非常に気が強い性格をしています。 気を許している家族などには甘えたりもするのですが、知らない人や他の犬に対して激しく吠えるということも珍しくありません。 ミニチュアダックススムースの中でも、最も独立心が強い傾向があります。 ミニチュアダックススムースの特徴 ミニチュアダックスの特徴は、言うまでもなく短い足と長い胴。 表情豊かで可愛らしく、サイズ感も小さいので、ひときわ可愛さが強調されます。 元々狩猟犬だったこともあって、飼い主に対する忠実さは他の犬種と比較してもかなり強めです。 動きも機敏で、常に活発に行動をしていて、友好的な一面も持っています。 スムースはその中でも毛が短い犬のことです。 ミニチュアダックススムースの平均寿命 どんな動物を飼う時にでも知っておくべきなのが平均寿命。 ミニチュアダックススムースの平均寿命は、15歳から17歳くらいです。 ミニチュアダックススムースは小型犬の部類になるのですが、その中でも群を抜いて 長命。 住みやすい環境を整えてケアをしてあげることによって、更に長生きできる余地も十分にあります。 ミニチュアダックススムースの平均体重 ミニチュアダックススムースの平均体重は4. 5キロほど。 生まれたての赤ちゃんよりも大きめなイメージです。 ミニチュアダックススムースは、肥満に気を付けなければならない犬種でもあります。 胴長短足であるため、肥満になると椎間板ヘルニアになる危険性が高まります。 その他の生活習慣病を引き起こしてしまうこともあります。 ミニチュアダックススムースの毛色の種類 単色• レッド• クリーム• ゴールド• シェーデッドレッド ミニチュアダックススムースの毛色の中でも、最もスタンダードな種類です。 本来の美しさをより一層引き立ててくれる魅力があります。 ブラック&タン• チョコレート&タン 2色の場合、ベースはブラックやブラウンです。 目の上や耳の内側、しっぽ、肛門などがイエローなどのタン色になっています。 ダップル• シルバーダップル• 不規則な模様が特徴となっています。 ブリンドル ブリンドルは、ベースの色に差し色の毛が混ざっているのが特徴です。 ミニチュアダックスの飼い方 ミニチュアダックスは猟犬の血を引いているので、とても賢く飼いやすい犬種です。 寂しがり屋の甘えん坊な面もあるので、いたずらをするわんちゃんも多いです。 無駄吠えやいたずらのしつけは、ストレスを減らしてあげることで改善することがあります。 失敗を怒るのではなく、できたときにオーバーリアクションで褒めてあげるようにしましょう。 ミニチュアダックススムースの抜け毛 犬の抜け毛は、気付くと部屋中に広がっていたり、こまめにブラッシングをしてあげないと絡まったりもします。 それは、長毛種に限った話ではありません。 短毛で手入れがさほどかからないように見えるミニチュアダックススムースも例外ではないのです。 ミニチュアダックススムースの抜け毛対策 抜け毛を予防するために不可欠なのがブラッシング。 できれば月に2回はシャンプーをしてあげましょう。 毛が抜け落ちて散らかる前に、ブラッシングやシャンプーできちんとケアをしておくと、抜け毛も気にならなくなってきます。 洋服を着せるのもいいですが、ワンちゃんによっては嫌がる子もいるので、ストレスにならない程度に留めましょう。 ミニチュアダックススムースがなりやすい病気 ミニチュアダックススムースは、その特徴的な体型から 椎間板ヘルニアになりやすい傾向があります。 筋肉をしっかり付けてあげることが、腰を強くしてくれることにも繋がっていくので、肥満にならないように決められた量の食事をすることや適度な運動を心がけましょう。 ミニチュアダックススムースの暑さ対策 自宅で留守番をさせる時も、必ず冷房をつけてあげましょう。 いつでも新鮮な水が飲めるようにしておくことも、熱中症対策になります。 ミニチュアダックススムースの寒さ対策 部屋をあたためてあげたり、犬専用の小さなホットカーペットを用意してあげるなど、寒さ対策は必須となってきます。 洋服を着せてみるというのも、有効な手段です。 ミニチュアダックススムースまとめ ミニチュアダックススムースは、好奇心旺盛で遊ぶことが大好き。 スキンシップを取るためにもたくさん遊んであげると喜びます。 運動にも繋がるので、筋力を鍛え、腰も強くしてくれます。 毛足が短いミニチュアダックススムースであっても、ブラッシングなどの抜け毛対策は必須ですので、きちんとケアをしてあげましょう。 居心地の良い環境を整えてあげることが、長生きの秘訣です。 ミニチュアダックススムースにおすすめのドッグフード ミニチュアダックススムースにおすすめのドッグフードについては、以下の記事を参考にしてください。

次の