トリビューン 四国。 徳島県の学進と四国進学会との係争 高松高裁が一審地裁判決を覆し全面的に請求を棄却

トリビューンしこく

トリビューン 四国

・「新町西」の教訓が生かされて いません。 徳島市の保育園整備事 業です。 官民協働で8施設を整備 する計画でしたが、5月末に徳島 市が事業の見直しを表明。 施設整 備を実質スタートさせていた事業 者が猛反発しています。 計画では、民間事業者が保育園 やこども園を整備し、国や徳島市 が補助金を交付して建設資金をサ ポートします。 補助金総額は16 億2,813万円です。 徳島市は 今年度の当初予算で計上しました。 当初予算で補助金を計上した徳 島市ですが、5月末に計上した予 算を執行しないことを決めました。 予算を計上したのは当時の遠藤 市長、予算を執行しないことを決 めたのは、現在の内藤市長です。 徳島市は事業見直しの理由とし... ・争点は「民意」と「信頼」でし た。 新町西地区再開発事業の白紙 撤回をめぐる地権者と徳島市の損 害賠償訴訟です。 徳島地裁は地権 者に軍配を上げ、徳島市に「3億 5,878万円を支払え」と命じ ました。 新町西地区再開発事業は当初、 事業主体である再開発組合と徳島 市が二人三脚で取り組みました。 平成28年の市長選で、事業の白 紙撤回を訴えた遠藤氏が当選。 遠 藤市長は公約を実行し、事業から 撤退しました。 地権者は裁判で「白紙撤回」の 不当性を主張しました。 「『白紙 撤回』はこれまで共同で事業を進 めてきた再開発組合と徳島市の信 頼関係を破壊した。 事業がストッ プしたことで多大な損害が発生し た」というものです。 ・「殿、ご乱心?!」です。 解任 した元副市長から「パワハラ」を 告発された小松島市の濱田市長。 録音された音声からは、ハイテン ションで幹部職員に刑法違反や規 則違反を強要する姿が浮かび上が っています。 辞職は当然です。 刑法違反の強要は、競輪事業の 業者選定をめぐるものです。 公募 コンペで合格点に達しなかった業 者の点数嵩上げを部下に命令しま した。 「虚偽公文書の作成」とい う犯罪行為を部下に教唆したとい うことです。 規則違反の強要は、ごみ最終処 分場の選定をめぐるものです。 年 間約8,000万円の委託業務を 随契発注するよう部下に命じまし た。 「5,000万円以上の工事 は総合評価落札方式の入札」と定... ・コロナ騒動で「不要不急」がピ ンチです。 とくしまマラソン、は なはるフェスタ、阿波おどり…。 「3密」を掲げた感染拡大防止対 策で、スポーツや文化、観光イベ ントが相次ぎ中止になっています。 夜の繁華街も「無人街」の様相 です。 「飲食は自宅で…」という ことでしょうが、「不要不急」の 存在を思い知らされたラウンジ、 スナック、飲食店は「臨時休業」 を打ち出し、「コロナショック」 を耐え忍んでいます。 潜在していた「排他主義」も頭 をもたげました。 「県外客お断り …」「県外ナンバーの車をチェッ ク…」。 VS東京やインバウンド 対策を推進した飯泉知事の観光誘 客戦略は完全に失速しました。 緊急課題は「コロナショック」... ・徳島市長選は「ホール」の呪縛 からいつ解放されるのでしょうか。 小池元市長が「ホール」計画を 打ち出してから27年。 市長選の 度に「ホール」が争点になりまし たが、いまだに「ホール」はでき ていません。 「ホール」問題は、極論すれば 、「建物を一つ建てる」というこ とです。 建物を一つ建てることが 、27年間、市長選の争点になっ ているということです。 県都のト ップを決める選挙の争点としては 、あまりにも寂しすぎます。 過去の市長選では、「ホール」 をめぐり、様々な火花が散りまし た。 建設の是非、場所、費用、都 市計画、まちづくりの位置づけ…。 自民VS民主の政争の具、県V S徳島市の行政確執の火種にもな りました。

次の

メディカルトリビューンのホワイト/ブラック企業診断【転職会議】

トリビューン 四国

石川智能の任期満了に伴う藍住町長選挙(2017年11月14日告示)に出馬 し 無投票で初当選した。 12月3日、町長就任。 トリビューンしこく 2017年8月15日. 2018年1月11日閲覧。 選挙ドットコム 徳島市役所を退職後、2011年の上板町議員選挙で初当選 し 、その後、2期目も再選。 2017年10月1日、上板町長選挙に出馬 し 、現職の町長で元衆議院議員の七条明を破り初当選した。 トリビューンしこく 2017年8月15日. 2018年1月11日閲覧。 トリビューンしこく 2015年2月15日. 2016年6月13日閲覧。 森三中、近藤春菜(ハリセンボン)、柳原可奈子、渡辺直美、ジェ ーン ・スーの女芸人たちが「コブタちゃん」なるキャラクターに扮 し て、芸能ニ ュー スや時事ネタ、またメンバーそれぞれが持ち合わせている裏話などをヤセガマンせず自由奔放に切り込んでいき、それを人間 企業データ.

次の

トリビューンしこくオフィシャルサイト 【徳島の情報が中心の新聞です。】

トリビューン 四国

・「新町西」の教訓が生かされて いません。 徳島市の保育園整備事 業です。 官民協働で8施設を整備 する計画でしたが、5月末に徳島 市が事業の見直しを表明。 施設整 備を実質スタートさせていた事業 者が猛反発しています。 計画では、民間事業者が保育園 やこども園を整備し、国や徳島市 が補助金を交付して建設資金をサ ポートします。 補助金総額は16 億2,813万円です。 徳島市は 今年度の当初予算で計上しました。 当初予算で補助金を計上した徳 島市ですが、5月末に計上した予 算を執行しないことを決めました。 予算を計上したのは当時の遠藤 市長、予算を執行しないことを決 めたのは、現在の内藤市長です。 徳島市は事業見直しの理由とし... ・争点は「民意」と「信頼」でし た。 新町西地区再開発事業の白紙 撤回をめぐる地権者と徳島市の損 害賠償訴訟です。 徳島地裁は地権 者に軍配を上げ、徳島市に「3億 5,878万円を支払え」と命じ ました。 新町西地区再開発事業は当初、 事業主体である再開発組合と徳島 市が二人三脚で取り組みました。 平成28年の市長選で、事業の白 紙撤回を訴えた遠藤氏が当選。 遠 藤市長は公約を実行し、事業から 撤退しました。 地権者は裁判で「白紙撤回」の 不当性を主張しました。 「『白紙 撤回』はこれまで共同で事業を進 めてきた再開発組合と徳島市の信 頼関係を破壊した。 事業がストッ プしたことで多大な損害が発生し た」というものです。 ・「殿、ご乱心?!」です。 解任 した元副市長から「パワハラ」を 告発された小松島市の濱田市長。 録音された音声からは、ハイテン ションで幹部職員に刑法違反や規 則違反を強要する姿が浮かび上が っています。 辞職は当然です。 刑法違反の強要は、競輪事業の 業者選定をめぐるものです。 公募 コンペで合格点に達しなかった業 者の点数嵩上げを部下に命令しま した。 「虚偽公文書の作成」とい う犯罪行為を部下に教唆したとい うことです。 規則違反の強要は、ごみ最終処 分場の選定をめぐるものです。 年 間約8,000万円の委託業務を 随契発注するよう部下に命じまし た。 「5,000万円以上の工事 は総合評価落札方式の入札」と定... ・コロナ騒動で「不要不急」がピ ンチです。 とくしまマラソン、は なはるフェスタ、阿波おどり…。 「3密」を掲げた感染拡大防止対 策で、スポーツや文化、観光イベ ントが相次ぎ中止になっています。 夜の繁華街も「無人街」の様相 です。 「飲食は自宅で…」という ことでしょうが、「不要不急」の 存在を思い知らされたラウンジ、 スナック、飲食店は「臨時休業」 を打ち出し、「コロナショック」 を耐え忍んでいます。 潜在していた「排他主義」も頭 をもたげました。 「県外客お断り …」「県外ナンバーの車をチェッ ク…」。 VS東京やインバウンド 対策を推進した飯泉知事の観光誘 客戦略は完全に失速しました。 緊急課題は「コロナショック」... ・徳島市長選は「ホール」の呪縛 からいつ解放されるのでしょうか。 小池元市長が「ホール」計画を 打ち出してから27年。 市長選の 度に「ホール」が争点になりまし たが、いまだに「ホール」はでき ていません。 「ホール」問題は、極論すれば 、「建物を一つ建てる」というこ とです。 建物を一つ建てることが 、27年間、市長選の争点になっ ているということです。 県都のト ップを決める選挙の争点としては 、あまりにも寂しすぎます。 過去の市長選では、「ホール」 をめぐり、様々な火花が散りまし た。 建設の是非、場所、費用、都 市計画、まちづくりの位置づけ…。 自民VS民主の政争の具、県V S徳島市の行政確執の火種にもな りました。

次の