中村 晃。 中村晃とは (ナカムラアキラとは) [単語記事]

中村 晃|侍ジャパン選手プロフィール|野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

中村 晃

ソフトバンク中村晃外野手(28)が肉体改造に挑む。 22日、福岡市中央区のヤフオクドーム近くの砂浜でトレーニング。 「3冠王」松中信彦氏、「沢村賞」斉藤和巳氏を手がけた島袋裕二トレーナーと契約して来季に向かうことを明かした。 通算23本塁打はすべて右翼方向で「逆方向にホームランが打てる打者」という目標のもと、来年2月のキャンプまでパワーアップを目指す。 砂浜に倒れ込むほど追い込んだ。 足場の悪い砂浜でダッシュなどのメニューをこなした中村晃が息を切らした。 「結構、えぐい」。 寒風の吹くなか、ヤフオクドーム近くの砂浜で行った「地獄トレーニング」にぐったりだった。 来季に向けた「肉体改造」の強い意志の表れだ。 3冠王を獲得した元ソフトバンクの松中氏や、沢村賞を獲得した同・斉藤氏らを手がけた島袋トレーナーと契約。 単発契約ながら「1年通してお願いしようと思っている」と実績抜群のトレーナーとの二人三脚を決めた。 目指すものは明確だ。 中村晃 逆方向へホームランが打てるようになりたい。 島袋トレーナーにその目標を伝えメニューを考えてもらった。 通算23本塁打はすべて右翼方向。 広角に打てれば迫力が増す。 「ずっと自分でやってきたが、それも限界がある。 いろんな人の力を借りようと思った」。 手応えも感じている。 今年8月から少しずつ、同トレーナーのメニューをこなすようになって「ホームランが出るようになった」という。 実際、今季6本中、5本が8月以降だった。 楽天とのクライマックスシリーズ第2戦で送りバントを失敗して連敗を喫した夜「トレーナーに言われて、夜中にジムで懸垂をしたんですよ。 でもうまく気持ちが切り替えられた」。 翌日の第3戦では決勝2ランを放ってお立ち台に立った。 シーズン中でもアーリーワークでランニングを始めたが、それも同トレーナーの助言だった。 中村晃 今年はもうひとつ成績が残せなかった。 シーズンに入ると試合ばかりでトレーニングもできなかった。 1年を通してしっかりプレーできる体作りをしないといけない。 1月は例年通りに沖縄・宮古島で自主トレを行うが、引っ張ってくれていた長谷川勇が右足首手術のリハビリで参加しないため、ますます追い込む必要がある。 クリーンアップを任されることもあり、今季まで2年連続で全試合に出場したが、打率3割には届かなかった。 バットも長距離仕様に変更。 広角に本塁打が打てるようになるため、パワーアップした肉体への変身を図る。 【浦田由紀夫】.

次の

中村晃とは (ナカムラアキラとは) [単語記事]

中村 晃

早速、川原が打撃投手を務めて甲斐や今宮が打席に立った ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームとファーム本拠地タマスタ筑後で分離練習をスタートさせた。 投手、野手をそれぞれ午前と午後に分けて、投手陣のフリー打撃登板など、より実戦に近い形での練習が可能な体制となり、午前組の練習終了後には選手会長の中村晃外野手がオンライン会見を行った。 この日はシートノックやフリー打撃などを行い、早速、川原弘之投手が打撃投手に登板したという。 中村晃によれば、甲斐拓也捕手や今宮健太内野手ら数人が打席に立ったよう。 「みんな淡々と自分がやることをやっていると思います。 ユニホームを着てやっているので、みんな開幕を目指すという気持ちになっていると思います。 僕はそうなっています」と中村晃はこの日の練習を振り返った。 正式な開幕日は決定していないものの、NPBは6月中旬から下旬の開幕を目指す方針を打ち出している。 その通りとなれば、調整期間は残り1か月ほど。 中村晃は「与えられた期間でやるしかないと思いますし、どんどん強度を上げていって、ピッチャーは大変だと思いますけど、僕らも生きたボールを打っていきたい。 3月終わりと比べると落ちているとは思いますけど、今はキャンプ中くらいの感覚。 試合はやっていいのかな、と思います。 生きたボールを見て、慣らしていければ、なんとか準備できるのかな、と思います」と語っていた。

次の

ソフトバンク中村晃、医療従事者へ1000万円寄付

中村 晃

ソフトバンク中村晃外野手(28)が肉体改造に挑む。 22日、福岡市中央区のヤフオクドーム近くの砂浜でトレーニング。 「3冠王」松中信彦氏、「沢村賞」斉藤和巳氏を手がけた島袋裕二トレーナーと契約して来季に向かうことを明かした。 通算23本塁打はすべて右翼方向で「逆方向にホームランが打てる打者」という目標のもと、来年2月のキャンプまでパワーアップを目指す。 砂浜に倒れ込むほど追い込んだ。 足場の悪い砂浜でダッシュなどのメニューをこなした中村晃が息を切らした。 「結構、えぐい」。 寒風の吹くなか、ヤフオクドーム近くの砂浜で行った「地獄トレーニング」にぐったりだった。 来季に向けた「肉体改造」の強い意志の表れだ。 3冠王を獲得した元ソフトバンクの松中氏や、沢村賞を獲得した同・斉藤氏らを手がけた島袋トレーナーと契約。 単発契約ながら「1年通してお願いしようと思っている」と実績抜群のトレーナーとの二人三脚を決めた。 目指すものは明確だ。 中村晃 逆方向へホームランが打てるようになりたい。 島袋トレーナーにその目標を伝えメニューを考えてもらった。 通算23本塁打はすべて右翼方向。 広角に打てれば迫力が増す。 「ずっと自分でやってきたが、それも限界がある。 いろんな人の力を借りようと思った」。 手応えも感じている。 今年8月から少しずつ、同トレーナーのメニューをこなすようになって「ホームランが出るようになった」という。 実際、今季6本中、5本が8月以降だった。 楽天とのクライマックスシリーズ第2戦で送りバントを失敗して連敗を喫した夜「トレーナーに言われて、夜中にジムで懸垂をしたんですよ。 でもうまく気持ちが切り替えられた」。 翌日の第3戦では決勝2ランを放ってお立ち台に立った。 シーズン中でもアーリーワークでランニングを始めたが、それも同トレーナーの助言だった。 中村晃 今年はもうひとつ成績が残せなかった。 シーズンに入ると試合ばかりでトレーニングもできなかった。 1年を通してしっかりプレーできる体作りをしないといけない。 1月は例年通りに沖縄・宮古島で自主トレを行うが、引っ張ってくれていた長谷川勇が右足首手術のリハビリで参加しないため、ますます追い込む必要がある。 クリーンアップを任されることもあり、今季まで2年連続で全試合に出場したが、打率3割には届かなかった。 バットも長距離仕様に変更。 広角に本塁打が打てるようになるため、パワーアップした肉体への変身を図る。 【浦田由紀夫】.

次の