梅雨の挨拶。 梅雨の挨拶の結びの言葉

梅雨の挨拶の結びの言葉

梅雨の挨拶

梅雨時期の手紙の挨拶と季語 梅雨の時期に使える季節の言葉には、梅雨入り、空梅雨、梅雨の中休み、梅雨明けの4つに分けられます。 同じ梅雨でもその時期によって少しずつ言葉が変わってきます。 自分の感性に従ってその時期が梅雨の始まりなのか、終わりなのか季節感にマッチした言葉を使いましょう。 これで丁寧でしっかりした手紙の書き出しになります。 梅雨に出す手紙の書き出し例文 梅雨の季節は雨が多いのでじめじめして、ちょっと不快なこともあります。 でもそのような時期だからこそ季節感がたっぷりの手紙を送ると喜ばれるでしょう。 ・鬱々とした梅雨が明け、…。 ・梅雨明けももうそこにありますが、…。 ・梅雨明けを待ち遠しく思う今日このごろ、…。 ・首を長くして待った梅雨明け宣言が聞けました。 ・梅雨明けのこの暑さ、皆さま元気にお過ごしでしょうか。 梅雨に出す手紙の結びの言葉 手紙の結びの言葉は難しいものではなく、大体形が決まっています。 相手を気遣う言葉を使って思いやりの気持ちを込めると良いでしょう。 例文 ・もうすぐ梅雨入りとなりますが、どうかご自愛ください ・うっとうしい梅雨入りももうすぐですね。 皆様のご健康をお祈りいたします。 ・うっとうしい毎日ですが、どうかくれぐれもご自愛下さい。 ・長く降り続く雨の時期を乗り越えながら、お互い健康には気をつけましょう。 ・梅雨明けを待ち遠しく思う毎日ですが、お風邪など召されませんように。 ・季節の変わり目ですので、どうぞお身体をご自愛くださいませ。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、どうぞお身体ご自愛下さい。 ・梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、どうぞお健やかにお過ごしください。 ・梅雨冷えの厳しい今日この頃、お風邪など召されませぬようお願い申し上げます。 ・うっとうしい毎日ですが、気持ちだけはさわやかに過ごしましょう。 ・雨の外出もまた風情あるものです、ぜひお出かけください。 ・梅雨寒の時節柄、風邪などお召しにならぬよう、お気を付けください まとめ 季節を感じる言葉と相手を思いやる言葉の組み合わせで、手紙が一気に温かいものに仕上がります。 恩師や目上の方、親戚などに送るときに便利に使えます。 ぜひ季節の趣がある手紙を送ってみましょう。

次の

梅雨の季節の挨拶文

梅雨の挨拶

7月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 7月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 なお「初夏の候」は、夏の初めの時節の意味ですが、暦の上での初夏は6月6日頃までとなるため、6月上旬までに使われる時候の挨拶です。 7月には使いませんのでご注意ください。 「盛夏の候」「盛暑の候」【7月上旬~8月上旬】 「盛夏の候」(せいかのこう)、「盛暑の候」(せいしょのこう)の「盛夏」・「盛暑」とは「夏の一番暑い時期」を表します。 時候の挨拶では、実際に一番暑い時期ではなく、暦の上で秋が始まる8月8日頃の「立秋」の前日まで使うのが一般的です。 「酷暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「酷暑の候」(こくしょのこう)の「酷暑」とは「きびしい暑さ」の意味です。 「盛夏の候」と同じく、8月8日頃の立秋の前日までに用います。 7月下旬から8月上旬の間で猛暑日が続く時などに使うのがよいでしょう。 「大暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「大暑の候」(たいしょのこう)の「大暑」とは二十四節気の季節の名称で、7月23日頃が「大暑」の日です。 そこから立秋の前日まで使うことができます。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>を参考にしてください。 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 7月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 また、私的に近い手紙の場合でも、ビジネスに関する手紙であれば「拝啓」「敬具」をつける手紙の基本スタイルで書くのがおすすめですので、例文に付け加えて利用してください。 【7月上旬】の慣用句と結びの言葉 ようやく梅雨も明け、本格的な夏が訪れましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 梅雨明け十日の晴天が続いています。 〇〇様にはご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご支援を賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> これから夏本番ですが、どうかお元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中にてご挨拶まで。 今年も酷暑になるのでしょうか。 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後ともご助力を賜りたく、伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 海開き、山開きの便りが届く頃となりましたが、〇〇様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <例文> 暑い毎日が続きますが、〇〇様には一層のご健康をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。 【7月中旬~下旬】の慣用句と結びの言葉 日を追うごとに暑くなりますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> 暑さ厳しき折、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、お体には十分お気をつけください。 まずはとり急ぎお知らせまで。 【7月下旬】の慣用句と結びの言葉 暦の上ではもっとも暑い時期の大暑の候となりましたが、ますますお元気でお過ごしのことと存じます。 日ごろはご芳情にあずかり、ありがたくお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、〇〇様にはお健やかにお過ごしくださいますよう、心よりお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中をもちましてご案内申し上げます。 親しい方への夏の挨拶文と結びの言葉 親しくお付き合いをしている方へ、夏の挨拶を柔らかい言葉で書きたい時は次のような夏の挨拶文があります。 【7月上旬】 夏の到来を思わせるような太陽が照りつける毎日ですが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもなにかとお世話くださり、本当にありがとうございます。 <本文> これからもどうか変わらぬお力添えをいただきたく、お願いいたします。 末筆になりましたが、お健やかにお過ごしくださいますよう、祈念いたします。 【7月中旬~下旬】 厳しい暑さの毎日が続いていますが、お変わりございませんか。 日ごろはご無沙汰いたしまして大変申しわけございません。 <本文> 今後ともどうぞ従来どおりご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご自愛のほど心からお祈りいたします。 7月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 7月の時候・季節の挨拶を取り入れた「招待状」と「お礼状」の例文を紹介します。 「招待状」の例文(7月) 拝啓 大暑の候、〇〇様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、このたび… を下記の通り開催いたします。 つきましては、… ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(7月) お中元のお礼状の例文 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、まことにありがたくお礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、まことにありがとうございました。 平素は一方ならぬご支援ご協力をいただいておりますうえに、このようなお心づかいをいただき、恐縮いたしております。 酷暑の折から、皆様のご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎ書中にてお礼申し上げます。 出席いただいたことへのお礼状の例文 拝啓 日ごとに暑さが厳しくなりますが、〇〇様にはお元気でお過ごしの由、お喜び申し上げます。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、… にご出席いただき、まことにありがとうございました。 これからも… 今後とも変わらぬご厚誼のほど、 伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎ書面にて、お礼申し上げます。 敬具 まとめ 7月は梅雨が終わっていよいよ夏本番という季節のため、上旬には「初夏」の言葉を使いたくなってしまいますが、暦の上での初夏は6月6日頃までのため、「初夏」の季語は7月には用いませんので注意してください。 初夏を表す挨拶文としては、上に紹介したような、これから日一日と暑くなることに触れるような口語調の言葉を使います。 7月に使う「〇〇の候」の慣用句では初夏を表す言葉はないようです。 7月の結びの言葉には、暑さをねぎらうような言葉も工夫して入れてみてください。

次の

梅雨にふさわしい挨拶文を手書きで!誰にでも伝わるジャンル別編

梅雨の挨拶

梅雨時期の手紙の挨拶と季語 梅雨の時期に使える季節の言葉には、梅雨入り、空梅雨、梅雨の中休み、梅雨明けの4つに分けられます。 同じ梅雨でもその時期によって少しずつ言葉が変わってきます。 自分の感性に従ってその時期が梅雨の始まりなのか、終わりなのか季節感にマッチした言葉を使いましょう。 これで丁寧でしっかりした手紙の書き出しになります。 梅雨に出す手紙の書き出し例文 梅雨の季節は雨が多いのでじめじめして、ちょっと不快なこともあります。 でもそのような時期だからこそ季節感がたっぷりの手紙を送ると喜ばれるでしょう。 ・鬱々とした梅雨が明け、…。 ・梅雨明けももうそこにありますが、…。 ・梅雨明けを待ち遠しく思う今日このごろ、…。 ・首を長くして待った梅雨明け宣言が聞けました。 ・梅雨明けのこの暑さ、皆さま元気にお過ごしでしょうか。 梅雨に出す手紙の結びの言葉 手紙の結びの言葉は難しいものではなく、大体形が決まっています。 相手を気遣う言葉を使って思いやりの気持ちを込めると良いでしょう。 例文 ・もうすぐ梅雨入りとなりますが、どうかご自愛ください ・うっとうしい梅雨入りももうすぐですね。 皆様のご健康をお祈りいたします。 ・うっとうしい毎日ですが、どうかくれぐれもご自愛下さい。 ・長く降り続く雨の時期を乗り越えながら、お互い健康には気をつけましょう。 ・梅雨明けを待ち遠しく思う毎日ですが、お風邪など召されませんように。 ・季節の変わり目ですので、どうぞお身体をご自愛くださいませ。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、どうぞお身体ご自愛下さい。 ・梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、どうぞお健やかにお過ごしください。 ・梅雨冷えの厳しい今日この頃、お風邪など召されませぬようお願い申し上げます。 ・うっとうしい毎日ですが、気持ちだけはさわやかに過ごしましょう。 ・雨の外出もまた風情あるものです、ぜひお出かけください。 ・梅雨寒の時節柄、風邪などお召しにならぬよう、お気を付けください まとめ 季節を感じる言葉と相手を思いやる言葉の組み合わせで、手紙が一気に温かいものに仕上がります。 恩師や目上の方、親戚などに送るときに便利に使えます。 ぜひ季節の趣がある手紙を送ってみましょう。

次の