エレイン a ゼイン 死去。 元「ワン・ダイレクション」ゼインの祖母が死去 「おばあちゃんは美しい人でした」

スーツ / SUITS シーズン2 第13話 ゼイン対ゼイン Zane vs. Zane

エレイン a ゼイン 死去

カーボネックのエレイン のエレイン(Elaine of Carbonek)はペレス王の娘で、(ペラム王)の孫。 の末裔。 伝説のキーとなる人物で、ランスロット卿に恋し、卿の母親となる。 このエレインは、「この国で最も美しい」という評判を立てられたため、に恨みを買い、魔法で閉じ込められ、熱湯で茹でられるという苦しみを受けていた。 ランスロット卿が彼女を救出にやってくるのだが、エレインはランスロット卿に恋をしてしまう。 しかし、一筋のランスロット卿が自分にふり向いてくれないため、魔法を使い、グィネヴィア王妃に化けてランスロットと同衾し、ガラハッド卿を孕む。 しかし、ランスロット卿はエレインのもとを立ち去ってしまったため、基本的に子育ては彼女の父親のペレス王などで行った。 のち、エレインと関係を持ってしまったことに激怒したギネヴィアの罵詈雑言によって発狂したランスロットを保護したりしている。 アストラットのエレイン [ ] 画の『』 アストラットのエレイン(Elaine of Astolat)はランスロット卿との悲恋で有名な乙女。 アストラットの乙女、 シャロットの乙女 ()とも。 兄にであるラヴェイン卿がいる。 彼女の悲恋は様々な作家によりリライトされ、などが彼女を主人公にした詩を書いている。 日本でも、が『薤露行(かいろこう)』を執筆している。 また、『』にはアンがエレインを真似てボートで川を下るエピソードがある。 エレインは、身分を隠すため、変装して槍試合に参加しようとしていたランスロット卿と出会い恋に落ちる。 彼女の兄の武具を貸すさい、彼女は愛の印としてランスロット卿に赤いスカーフを身に付けてくれるように頼んだ。 ランスロット卿は、これまで一度も貴婦人の愛の印としてその類の物を身に付けたことがなかったのだが、むしろ身分を隠すには丁度いいと考え直しを身に付けて試合に出る。 試合後、瀕死の重傷を負ったランスロット卿を献身的に看護するも、完治したランスロット卿はエレインの愛を受け取らず宮廷に帰ってしまう。 悲嘆にくれるエレインは食事も取らず、睡眠もとらず、恋煩いで死んでしまう。 その後、エレインの遺言に従い、ランスロット卿への悲恋を書いた手紙を握り締めたエレインの遺骸は小船に乗せてへ流される。 これを発見したや円卓の騎士たちはエレインの悲恋に涙するのであった。 アーサー王の異父姉のエレイン [ ] このエレインは、アーサー王の父親違いの姉にして、ネントレス王の妻。 同じ両親から生まれた姉妹に、がいる。 ただ、卿らを生んだモルゴースや、自身が妖妃として名高く、卿らの母でもあるモーガン・ル・フェイらと比べると、とくに活躍はない。 特に有名な子供を生んだという記載はなく、名前がでるだけのキャラクターといえる。 ランスロット卿の母のエレイン [ ] ベンウィクのバン王の妻であり、ランスロット卿の母親である女性。 もっとも、ランスロット卿の育児は「湖の乙女」が行ったため、物語上では名前が出る以上のキャラクターではない。 ペリノア王の娘のエレイン [ ] の娘。 ただし、ペリノア王自身は自分にこんな娘がいるとはまったく知らなかった。 そのため、ペリノア王がを救出に向かう冒険の途中、助けを求められるが急いでいるからと言って拒否し、見殺しにしてしまっている。 真相はマーリンによってペリノア王に伝えられるのだが、役割としてはこれだけで、特に物語りに絡んだりはしない。 ただ、のファンタジー小説『アヴァロンの霧』ではこのペリノア王の娘のエレインは、比較的重要な立場である。 役割としては、「カーボネックのエレイン」に準ずる立場となっている。 外部リンク [ ]•

次の

ゼイン・マリク、突然謝罪 「クソみたいな人間ですみません」

エレイン a ゼイン 死去

生配信の途中、話題はやはりかねてから噂されている「ワン・ダイレクション」再結成の話に。 するとリアムが「メンバーと 初のフェイスタイムをする調整をしているんだ。 君(アレッソ)は ゼインの代わりとして参加してよ」と発言。 さらにアレッソが「あんまりこれについては話せないでしょ?」と言うと、リアムは「そうなんだ。 すでに色々言いすぎて(メンバーの) ルイ・トムリンソンから叱られちゃったよ」と話した。 You [Alesso] can come fill in for Zayn. また、アレッソに「ゼインの代わりに来て」と言ったところを見るとやはりゼインは不参加となる可能性が大きそうだ。 「ワン・ダイレクション(1D)」は、イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」にて、2010年7月23日に、 ハリー・スタイルズ、リアム・ペイン、ルイ・トムリンソン、ナイル・ホーラン、ゼイン・マリクの5人で結成。 世界で人気を博すグループとなったが、2015年にゼインが急遽脱退。 2016年からグループは活動休止し、現在メンバーたちはソロ活動に専念している。 リアムは先日、別のインタビューで「「もうすぐ(7月で)10周年だからここ数週間はメンバーたちみんなでたくさん話しているんだ」「ぼくたち全員が実現させるために取り組んでいることがたくさんあるんだよ。 そしてぼくたちはメールを転送しあっているんだ」と、なんとメンバーたちで特別なプロジェクトを計画していることを明かしている。

次の

ブロードウェイの伝説的女優エレイン・ストリッチさん死去 89歳

エレイン a ゼイン 死去

1D時代から仲の良かったゼイン&ルイ(画像は『One Direction 2013年12月20日付Facebook』のスクリーンショット) 昨年、白血病のため若くして亡くなったルイ・トムリンソンの母ジョアンナさん。 死去前にはルイを応援してくれたファンに感謝の言葉を述べていたといい、ルイ本人に対しては「ゼイン・マリクに連絡しなきゃ」とアドバイスしていたという。 息子ルイ・トムリンソンの成功を大変喜び、彼をデビュー当初から応援してくれたファンには最後の最後まで感謝していたというジョアンナさん。 しかし闘病の甲斐なく彼女は40代の若さで亡くなり、これにはルイもかなりのショックを受けたという。 「母にこう言われたんだ。 『ゼインにまた連絡しなきゃ。 人生って、あまりにも短いものなの』」 「母親の直感って、クレイジーなものさ。 いつも神秘的なものだと思っていたんだ。 母は俺の気持ちを知っていたし、俺の望みも分かっていたのさ。 」 ゼインが突然「ワン・ダイレクション(1D)」を脱退し、その後は「なぜ?」という反感もあって会わずにいたというルイ。 しかしその後ゼインとは再会し、「楽しかった」とルイは語った。 ちなみにゼインとルイは過去に共にマリファナらしきものを吸引し、その衝撃動画がリーク。 それでも仲が悪くなることはなく、バンド内で一番相性の良かったゼインにつきルイは「今後も彼への愛情は変わらない」と話している。 一方でゼインはバンドを脱退後、1Dの音楽を批判。 さらに「あれこれルールがあった」「やりたい音楽は全然とりいれてもらえなかった」とも明かし、アイドル色100パーセントの環境に窮屈な思いをしていたと告白した。 また脱退後については「おそらく売れない」とも言われたが大ブレイクし、ソロミュージシャンとしては1Dオリジナルメンバーの中でもトップの人気者になった。 そんな親友ゼインに追いつくべく、ルイもさらに活動を展開していく。 なお1Dの活動再開予定の有無など、グループとしての今後の具体的な情報はまだ入っていない。 画像は『One Direction 2013年12月20日付Facebook』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 ケイ小原).

次の