メッソン。 メッソン

『ポケモンHOME』で隠れ特性を持ったサルノリ、ヒバニー、メッソンをゲット! 『ポケモン ソード・シールド』へ連れて行こう

メッソン

5倍になる。 5倍ではなく2. 25倍になる。 特性『ひらいしん』『よびみず』や技『いかりのこな』『このゆびとまれ』『サイドチェンジ』『スポットライト』の攻撃対象を変更する効果の影響を受けずに攻撃できる。 特性『ひらいしん』『よびみず』や技『いかりのこな』『このゆびとまれ』『サイドチェンジ』『スポットライト』の攻撃対象を変更する効果の影響を受けずに攻撃できる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 交代しても効果は続く。 また、威力が150になる。 この技は、特性『よびみず』の攻撃対象を変更する効果の影響を受けずに攻撃できる。

次の

【ポケモン剣盾】メッソンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

メッソン

最初に仲間にするポケモンは、ストーリー攻略において主力となることが多い。 そのため相手の攻撃で倒されにくく、かつダメージも十分に出せるゴリランダー(サルノリ)はかなり安定感のある選択と言える。 『』シリーズが初めて、あるいは久しぶりにプレイする人には、とくにおすすめしたいポケモンだ。 *ほのおタイプのヒバニーは、攻めに特化したエースアタッカー! ほのおタイプのヒバニーは、くさタイプのサルノリに有利だが、みずタイプのメッソンには不利。 プレイヤーがヒバニーを選んだ場合、ライバルのホップがサルノリを、チャンピオンのダンデがメッソンを手持ちに加える。 5倍になる。 みずタイプのメッソンは、特殊攻撃が得意なインテリアタッカー! みずタイプのメッソンは、ほのおタイプのヒバニーに有利だが、くさタイプのサルノリには不利。 プレイヤーがメッソンを選んだ場合、ライバルのホップがヒバニーを、チャンピオンのダンデがサルノリを手持ちに加える。 5倍になる。 アーマーガア(ココガラ)やパルスワン(ワンパチ)などストーリーで活躍してくれる野生のポケモンは物理攻撃が主体なことが多いので、特殊攻撃が主体のインテレオン(メッソン)は貴重な存在。 ストーリー攻略にも効率を求めたい人にはおすすめの1匹だ。 さて、ここまで3匹それぞれの特徴を紹介してきたが、最初のポケモンは見た目やフィーリングで選んでももちろんまったく問題ない。 むしろ、そういう選びかたをする人のほうが多いだろう。 かくいう筆者も、初めて遊んだ『』でヒトカゲを選んだときから、ほとんどの作品でほのおタイプのポケモンを選んでいるので、本作でもヒバニーを選んだ。 皆さんも本記事の内容は参考程度に留めて、心の赴くままにパートナーを選んでほしい。 ほかの入門向け記事もチェック!.

次の

メッソン

メッソン

2月27日23:00からの「Pokemon Direct 2019. 27」にて、任天堂より発表された『ポケットモンスター』シリーズの最新作 『ポケットモンスター ソード・シールド』。 インサイドでは、そんな本作の新御三家ポケモン「ヒバニー」「サルノリ」「メッソン」に関して、 「最初に選ぶ御三家はだれにする?」というテーマで読者アンケートを実施していました。 こざるポケモンということから分かるように、猿をモチーフにしている「サルノリ」。 今までの御三家にも、同じこざるポケモンとして、ほのおタイプの「ヒコザル」がいましたね。 PVで石をトントンとリズムよく叩いていることや、名前にある「ノリ」がノリノリ(リズムにのること)に通じるということで、進化後はドラマーやバンドといった音楽をイメージした姿になる、または、やんちゃな性格ということで「ノリ」は「悪ノリ」に通じ、くさ・あくタイプになる、などの予想がネットでは立てられています。 新御三家として1番にその姿を披露した「ヒバニー」。 PVで特徴的だったのは、やはりあの速さでしょう。 ほのおタイプの御三家といえば、「バシャーモ」「ゴウカザル」「エンブオー」など、ほのお・かくとうタイプが多く存在しますので、速さを活かした「ヒバニー」が同タイプになる可能性も高そうです。 「ヒバニー」はうさぎポケモンですので、フェアリータイプを取り入れたかわいらしい進化もありえそうですね。 ・・・個人的には、Twitterでネタになったキングカズマ説も好きです。 PVでは、噴水から「ヒバニー」が残した火を狙い撃ったり、体が透過していたりとトリッキーな行動を見せており、一部からは「「ゲッコウガ」が忍者をイメージしていたように、「メッソン」はスパイをイメージしているのではないか?」とも噂されています。 名前からしてメソメソしていそうなイメージで、公式でも臆病な性格と紹介されていますが、その分類は「みずとかげポケモン」です。 今までの御三家のトカゲモチーフも、「リザードン」や「ジュカイン」といったカッコいい見た目に進化してきたため、「メッソン」がカッコいい路線に進む可能性も十分考えられますね。 第1位 メッソン:348票(46. 第2位 ヒバニー:258票(34. 第3位 サルノリ:141票(18. 未回答:4票(0. ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。 Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。 《茶っプリン》.

次の