テニス お守り。 テニスのダブルス前衛の動き方とポジションを解説【視野が変わる】

レッスン

テニス お守り

テニスのシングルスでは効果的な配球と狙う場所が存在します。 相手にミスをさせるために 効果的な配球があり、 相手のプレースタイルに応じて、実践できれば、 簡単にミスを誘うことができます。 また、遅いボールでも、 コートのどこに入るかによって、 非常に効果的な場合もあります。 このパターンを理解しているととても勝ちやすくなります。 プロでいうと フェデラー選手は、その技術にとても長けていて、 ハードヒッターにハードヒットできなくしたり、 つなげてくるプレーヤーには早くポイントを決めたりと 相手の長所をつぶし、短所を際立たせることで、 史上最強プレーヤーとなりました。 それほど、勝つためには重要な要素なので、 狙う場所や球種について、十分に考えていきましょう!! 攻めと守りの配球とコースの違い 攻めるときと守るとき、配球が違います。 攻める際にはコースをきわどく狙わないといけません。 中級者などでよく見られるのは、 上級者にも劣らないスピードボールをうっているのに、 コースが相手のいるところや、ど真ん中に強打したりなど、 相手が返しやすい場所に打っていることがほとんどです。 コースの読めているボールはある程度の技術があると 当てるだけでいい球が返球できますし、 効果的にならないことがほとんどです。 上級者は球質を自分がコントロールできるくらいに下げて、 きわどいコースを確実に狙ってきます。 これによって、相手はボールのくる位置まで動かないといけません。 動かすことで、相手のミスを引き出すこともできますし、 これでミスをしなかったとしても、次にくるボールがチャンスになる確率がとても高いです。 いいコースにうったのに、いいボールが返ってきた場合は相手のギャンブルが 成功したということなので、 仕方ないと次のポイントに意識を集中させましょう! また、 角度をつけることも攻めるときの配球です。 角度をつけるとは、ショートクロスや深いショットとショートクロスの間のショットなど、 相手から逃げていくようなコースに打つことです。 角度をつけると、相手はとても長い距離を全力疾走することになり、 決まりやすくなります。 拾ったとしても、チャンスボールになる確率は非常に高いでしょう!! きわどいコースと角度をつけること これが、攻めの基本の配球になります。 フェデラー選手が参考になりますね!! 次に守りの配球ですが、 こちらは基本的にクロスに打つ配球です。 確率を重視し、テニスコートで一番長い距離であるクロスへ打つことで確率を上げます。 クロスのメリットはほかにもあります。 クロスに打つ際には、センター付近をボールが飛びます。 センターはネットが低いので、 コートに入りやすいのです。 もう一つ重要なことがあります。 守りの鉄則として、 ボールが深いこと。 クロスのショットでボールが浅いと、 すぐにストレートに強打されてしまいます。 つまり、ボールは深くないといけないんです。 ここでボールの球速が速いのをイメージされるかもしれませんが、 あくまでここで考えているのは、「守り」です。 球速は必要ありません。 ふんわりとしたボールでもいいので、 とにかく深く返しましょう! ナダル選手の守備を参考にしてください。 基本はこれでわかりました。 この基本に沿いつつ、戦略を立てていくと効果的に攻め、守りをこなすことができるでしょう! 次は具体的に使えるパターンをいくつか紹介します! 攻める場合の具体的な配球• サイドに逃げるスライスをストレートに打ち、かえってきたクロスボールをストレートに強打。 サイドに逃げるスライスはストレートに打つと外に逃げていくようなボールになります。 逃げるボールは経験上、クロスに返球されることが多いです。 人間の本能なんですかねw クロスに来ることが9割近いので、そのクロスを読んでストレートに強打しましょう。。 このサイドに打つ スライスを極めれば極めるほど、とても効果的になるので、 スライスの練習も織り交ぜて行いましょう!!• 回り込みフォアの逆クロスとストレート できるだけ、フォアで打てるボールはフォアで回り込んででも打ちましょう。 しっかりと構えて、まず1球目逆クロスを打ちます。 相手はバックハンドのダウンザラインも打つことができますが、基本的にバックでダウンザラインというのは プレッシャーのもとでは非常に難しい技術です。 なので、恐れず 続けて逆クロスを打ちましょう。 効果的な逆クロスが打てるとこの戦術は幅がとても広がります。 しっかりと構えて逆クロスを警戒させた後、 ストレートに強打されると相手は高い確率で取れないでしょう。 そのくらい 逆クロスを意識させましょう!• バックハンドスライスとダウンザラインとトップスピン この二つのショットも逆クロスの時のような効果があります。 スライスをクロスに打ちます。 滑るいいスライスを打てることが条件とはなりますが、 そのスライスを打てると相手は全く強打できません。 つなげることしかできないのです。 つなげるためにはクロスがセオリーですし、 本能的にクロスに打ってしまいます。 その甘いつなぎのボールを狙い、ダウンザラインに強打しましょう。 このコンビネーションもなかなか使えるものです。 また、 スライスで相手のミスを引き出す方法があります。 それは相手を左右に振る際、相手を同じ球種で振るのではなく、 バック側にスライス、フォア側にトップスピンと左右で違うボールを出すと、 相手の視点が上下します。 それで、ボールをちゃんとヒットできなくなるでしょう。 これができると、 上級者でもミスがでます。 ショートクロスとダウンザライン バックでもフォアでもいいんですが、 ショートクロスを打って、相手を外に追い出し、 ダウンザラインに強打、もしくはコントロールする。 そうすると、相手がボールを返すには、本当に距離を走らないと返せません。 いわゆるシコラーというテニスのルールを熟知した方を倒すにはこの 方法が効果的でしょう!• 決め球とドロップショット 最後に紹介するのはこの組み合わせです。 決め球の決定力を数倍に上げる方法です。 明らかに決めれるボールでも、上級者などが相手だと、 コースを読まれれば返されてしまう可能性があります。 コースは3種類、左右と正面にありますが、3分の1で当てられてポイントとれたると、 相手が波に乗ります。 そこで ドロップショットを混ぜます。 「ドロップショットもあるんだぞ」と相手に思わせることが重要で、 強打がくると思っていた相手からすると、 選択肢が一気に増え、大変です。 フェデラー選手がよく使いますが、 よまれても、さらに上をいき、ドロップショットを打つと見せかけて、 深くスライスを打つなど、 そのバリエーションはとても多いです。 少なくともドロップショットを打てるだけでも大きく決定力が増えるので、 そこをまず身につけましょう!! 守りの場合の具体的な配球 守りの場合は相手との状況を イーブンできれば、逆転するような状況に 持っていきたいものです。 フォアハンドのスライスショットをクロス深くに フォアハンドでスライスを打つということがポイントになります。 フォアハンドは基本的にトップスピンしか打たないという方は多いと思いますが、 それだからこそこのスライスが生きます。 フォアのスライスなので、ある程度の経験者なら、すぐにマスターできるでしょう。 「次せめられるなー」と思ったら、 劣性になる前に、このショットを使います。 相手は「なんでフォアでスライス? クロス方向に深くスライスを打ちましょう! スライスなので、滞空時間も長く、体制を整えるには十分でしょう!!• バックのスライスでディンクショット ディンクショットっていうのをご存知でしょうか? ダブルスのリターンでよく使われるショットですが、 力もいらず、タッチを生かしたショットなので、 一般のプレーヤーでも極めることができるショットです。 このショットは浅いスライスを意図的に打つショットになります。 たいていシングルスで攻められる際には、バックハンドを狙われていることが多いでしょう。 バックハンドを狙ってネットに詰めてくる相手に、 ディンクショットを打つと一気に状況が変わり、 相手は返すことが難しくなっていきます。 完全に立場逆転状態になるので、このショットを極めてください! ダブルスにも強くなります!• スライスロブを打つ こちらも攻められる前に打つ、または頑張って触るだけで返す時にこれが打てるととても 守備的に強いです。 スライスロブはトップスピンロブと比べてリスクが少なく、 体力のいらないショットです。 また滑るスライスとのコンビネーションで使うと、攻めにも使えます。 止まるスライスと滑るスライスを合わせると 相手の打球感を狂わせることができ、 とても有効です。 攻めにも守りにも有効なショットですね!!• 何でもいいから回転をかけたり、嫌なコースを狙う 相手の攻めが強すぎて、完全に劣勢になったとします。 そんな時に有効なのは、 はっきり言って気合ですw 少しでも相手が嫌なショットを打ちましょう。 ロブを上げるだけでなく、すごい回転をかけて相手に返すとか、 バック側にあげるとか。 そんな感じで、少しでも嫌なコース、回転をつけ、返球しましょう。 それができるかできないかが、なんだかんだで 上級者との差かなと思うので、 そういったところも意識しましょう!! まとめ• 攻め、守りと基本的に狙う場所、精度、ボールの質が決まっている• 具体的な配球を考え、実行する• 上級者との差はこの最後の一球に対する気合、意識が高い 以上でした。 今回紹介した配球を身に着けるたい方は があるので そちらも参考にしてみてください!! ご意見・ご感想などはこちらに テニス シングルス 戦術:いろいろな球種を混ぜる関連ページ 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!! 数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!.

次の

ダブルスの陣形 並行陣の特徴と動き方のコツ【動画有】

テニス お守り

先日友人の誕生日会があり、どんなプレゼントを贈ろうか悩んでいたのですが、テニスが好きだったことを思い出し、テニス関連のものをあげようと思いました。 ラケットやウェアーだとサイズもわからないし好みやこだわりも強いので悩んでいたのですが、そんな時に「テニス勝守り」なるものがあり、ちょうど良いと思ってプレゼントしました。 柴又帝釈天の「庭球勝守」 テニスのお守りは、正式名称を「庭球勝守」と言って柴又帝釈天にあります。 錦織選手が2014年のデビス杯でお参りをして、庭球勝守をテニスバッグにつけていたことでも知られているようです。 友人はテニスグッズをウェアからラケットまで錦織選手モデルで揃えるほどの錦織選手好きですので、これは良いと思いました。 地方に住んでいる友人なので、東京でしか買えず、錦織選手ゆかりの品というのがポイントとなりました。 思い立ったが吉日、すぐに柴又帝釈天に買いに行ってきました。 柴又帝釈天には平日に行ったので、空いていました。 Webサイトには掲載されていない 事前に柴又帝釈天のWebサイトを確認したのですが、お守りの一覧の中に庭球勝守がなく、本当にあるか不安に感じていました。 錦織選手がお参りしたのは2014年だから、もうなくなってしまっているかも? と思っていました、実際に行ったらありました。 それもかなり中央の目立つ位置にあります。 売り場の方に聞くと、錦織選手がお参りに来たからお守りを作ったのではなく、元々テニスが盛んな地域だったため、テニス用の勝守ができたことなど、色々とうんちくを教えていただくことができました。 庭球勝守は1つ1,000円で、売り場の上には錦織選手がお参りした時の写真も飾ってあります。 買いに行くまでは少し不安でしたが、無事に庭球勝守をゲットすることができました! ついでと言ってはなんですが、お参りもして自分用のお守りも買いました。 渡したらすごく喜んでもらえたので良かったです。 同じようなケースの人は少ないかもしれませんが、テニスをする人なら変わったプレゼントとして、お守りをプレゼントしてみるのも良いかもしれませんよ。

次の

正しいボレーボレー!攻めと守りを使い分けよう!

テニス お守り

テニスのシングルスの勝ち方!攻めと守りを理解する テニスは対人競技で、お互いに相手が打ち返しにくいようなボールを打って、相手に先にミスをさせてポイントを奪い合うゲームです。 そのためいつも自分が打ちやすいところにボールが来るわけではなく、形勢も相手が有利になることもあれば自分が有利になることもあります。 試合経験の少ない中級者の場合、試合の形勢・状況を分析し、理解することをせずに、ひたすら目の前のボールを一生懸命打とうとすることが多いです。 特にすべてのボールを全力で打とうとしてしまうと、ミスする確率が非常に高くなり、相手に勝つというよりも自滅してしまいます。 トッププロの試合を見ていると、勝負がかかった重要なポイントで「ギアを上げてくる」と言った解説がされることがあります。 つまり、トッププロでも、すべてのボールを全力で打っているわけではなく、ある程度力を加減して打っているわけです。 テニスの試合は時間的にも長く、プロであれば3セットマッチが多く、グランドスラムになると5セットマッチです。 2時間以上になることも多いですし、場合によっては4時間を越えることもあります。 これだけの長丁場になるとペース配分をしなければスタミナが続きません。 フルマラソンを100m走と同じように走ろうという人がいないのと同じです。 アマチュアの中級者では1セットマッチが多いですが、そもそもトッププロよりも体力はありませんので、ペース配分が必要です。 そこでまずやるべきことは、試合中に「今、自分が優勢で攻められる状況であるのか、それとも不利で守らなければならない状況であるのかを判断する」ことです。 自分が優勢な時に攻めないと形勢が逆転して不利になることがありますし、不利な状況で無理して攻めても失敗する可能性が高くなります。 シングルスの勝ち方!攻めと守りをポジションで判断する シングルスの基本としては、ポジションで形勢を判断できます。 ベースライン付近から後ろのポジションで打つ時は守るべき状況で、相手のボールが浅くなり、ベースラインからコート内に入って打つ時は攻めるべき状況です。 さらに前に詰め、ネットに近い場所で打つ時は決めるべき状況です。 まずはこのように前後方向を大まかに3分割し、試合の形勢を判断しましょう。 この考え方に基づけば、ベースラインより外側のポジションからいきなり攻めの強烈なショットを打つべきではなく、力を加減して何球でも打ち続けられるようなスピードのショットを打つべきです。 そして相手の返球が浅くなり、前に詰めてコート内に入って打てる時はつなぐのではなく攻めのしょっとを打つべきです。 そしてそれがそれなりに効果があった場合は、次の返球が甘くなる可能性が高いので、素早く前につめて決めのショットを打ちましょう。 このような基本的な考え方を理解するだけで、かなり攻めるべきところと守るべきところがわかるでしょう。 実際には相手のボールの威力とコースなどによってもう少し複雑になります。 例えば自分のバック側に短く、緩く、高くバウンドするボールが来た場合でも、それを前に詰めてバックハンドの高い打点から打ち込める技術がなければ必ずしも攻めることはできません。 また自分のフォア側に来た短いボールでも、角度が付いていてサイドラインを割っていくようなボールであれば、追いつくことで精一杯で、十分な態勢から攻めのショットを打つことはできないでしょう。 このように相手のショットの威力とコース、それを打つための自分の技術レベル、そのボールに追いつけたかどうかの状況などから総合的に判断することになります。 試合の前に、イメージトレーニングをして、コートのどの場所にどのようなボールが来たらどのようなショットでどこに打ち返すのか、冷静に自分の技術レベルを考慮して決めておくと良いでしょう。 それにより自分の弱点、強化すべきショット、さらに得意なショットとそれを活かす戦術パターンが見えてきます。 スポンサーリンク シングルスの勝ち方!攻めと守りの打ち方 前述のように攻めるべきところと守るべきところを判断できるようになったとしても、誤解してはいけないのは攻めのショットも全力で打つわけではないということ。 「全力のショット」は「一か八かのショット」になり、確率が低くなりすぎてしまいますし、体力を無駄に消耗します。 試合経験の少ない中級者は、ベースライン間のラリーのようなイーブンな状況で打つショットを5〜6割ぐらいの力加減、攻めのショットを7〜8割ぐらいで打てば良いでしょう。 どうしても5〜6割や7〜8割というのは主観的なイメージになりますので、理解の仕方に個人差が出るのは止むを得ません。 1つの目安としては、打ったボールがネットやアウトせずに、おおよそ狙った所へ飛ばすことができ、何球でもラリーを続けられるような力加減を5〜6割と考えても良いでしょう。 7〜8割というのは、もう少しボールに威力を持たせようとして打ったボールですが、それでも2本に1本入るというものではなく、8割以上の確率で入るボールです。 ただし、チャンスボールでオープンコートに打ち込める時は、5〜6割程度の力加減でも十分にポイントが穫れる場合もありますので、そのような時に不必要なリスクを犯すことがないようにしたいです。 この考え方のベースには、力を入れて力み過ぎるほどスイングがブレやすく、ボールも荒れやすくなるという関係があります。 プロのボールはアマチュアよりも速いですが、それはプロは体力もあり、技術も高いので、それほど力んで打たなくてもアマチュアよりも速いボールが打てるからです。 プロが全力で打っているわけではありません。 プロと言えど、全てを全力で打ったらボールが荒れますし、スタミナが続きません。 守りのショットとして知っておきたいのは、例えばバック側の厳しいコースに威力のあるボールを打ち込まれた場合です。 そのようなボールは追いついて返すことで精一杯ですので、「緩いボールで返す」ことが必要です。 無理して速いボールで打ち返すと、仮に成功しても次のボールが早いタイミングで返ってきます。 そうすると元のポジションに戻れず、決められてしまうことが多くなります。 むしろ緩いボールを返すことが効果的で、自分の態勢を立て直すための時間ができます。 このような時間を稼ぐための緩いボールとしては、スライスで低く緩く返球するか、ロブで高く返球する方法があります。 ランキング上位のトッププロは、例外なく時間を稼ぐためのスライスが得意で、形勢が不利になっても粘り強く態勢を立て直します。 この技術を意識して使えるようになりましょう。 まとめ テニスのシングルスで勝つためには、闇雲のすべてのボールを全力で打とうとしても無理があります。 攻めるべきところと守るべきところを冷静に判断し、自分の技術の範囲で力を加減して打ちましょう。

次の