ものもらい 目薬。 「ものもらい」でコンタクト禁止?つけたまま使える目薬ってあるの?

セルフメディケーション

ものもらい 目薬

春先はほこりが多く、花粉も飛散し、ものもらいや結膜炎など目のトラブルを招きやすい季節といわれます。 特に毛先が目にかかりやすい髪型をしていたり、おしゃれでコンタクトを多用する女性は、目の炎症を起こしやすく、1年を通して気を使わなければならないのです。 瞳は大事なチャームポイントのひとつ。 メイクがバッチリ決まっていても、目が腫れてたり、充血していたりすると全てが台無しです。 「あ~もう、なんでこんな時に限って…」 と思ったことは誰にでもあるはず。 ものもらいは、誰でもかかる目の病気ですが、できれば早いうちに治したいですよね。 そんな辛い症状を取り除くためには、正しい知識を持って、適切な薬を使うことが重要です。 ここでは、ものもらいの種類と症状、治し方から、炎症やかゆみ解消に役立つおすすめの抗菌目薬をご紹介します。 ものもらいの基礎知識 ものもらいは、まぶたにある皮脂や汗を分泌する腺に細菌が感染して起こる、急性の化膿性炎症です。 医学用語では、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」と呼ばれる症状の総称なのですが、一般的には、「ものもらい」のほかに、「めばちこ」「めばち」など地域によってさまざまな呼び名が使われています。 一般的な症状としては、まぶたの一部がはれて赤くなり、かゆみをともないます。 時間の経過とともに痛みが出て、最初は指で押したとき、まばたきをした時などに痛み、しだいに痛みが強くなります。 悪化するとはれがひどくなり、目やにが増え、膿が出ます。 ものもらいは、人間にとって身近な菌である黄色ブドウ球菌がおもな原因菌となっています。 黄色ブドウ球菌は、化膿した傷を好みますが、普段から、のどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸内にも住んでいます。 感染力は弱い菌ですが、抵抗力が落ちていると、目をこすっただけでも発症することがあるのです。 ものもらいの種類と原因 ものもらいの種類は、上述のように、医学的には2種類あります。 それぞれについて、どのような症状なのか?もっと詳しくみてみましょう。 1)麦粒腫 まぶたの表面についた細菌が、分泌腺や毛穴に入り込み、炎症をおこすのが、麦粒腫と呼ばれるものです。 さらにいうと、まぶたの外側にできるのが、「外麦粒腫」内側(結膜面)にできるのが「内麦粒腫」です。 どちらとも初めはかゆみをともない、しだいに痛みが出るのが特徴です。 目が充血し、ゴロゴロするという症状も出ます。 進行すると膿点が生じ、破れて膿が排出されると治ります。 2)霰粒腫 霰粒腫は、まつげの生え際にできるものもらいです。 まつげの根元には、目を保護するために、皮脂を分泌する腺「マイボーム腺」があります。 このマイボーム腺に、何らかの原因で皮脂が詰まり、炎症を起こします。 軽い場合は、まぶたがはれ、しこりができるものの、脂肪が自然に吸収されて治癒します。 ところが、皮脂詰まりの状態に細菌が入り込み、繁殖すると、化膿して赤くはれ、痛みも出ます。 この状態でも、自然に吸収されて治ることもあるのですが、場合によっては悪化し、いぼのように固まり、いつまでも残ってしまうこともあります。 ものもらいと結膜炎の見分け方 ところで、ものもらいだと思っていたら、じつは結膜炎だったということもよくあります。 細菌性の結膜炎は症状が軽いですが、ウイルス性の場合は注意が必要です。 感染力が強く、人から人へうつりますので、かかった場合は注意が必要です。 ウイルス性の結膜炎は、「はやり目」とも呼ばれますが、医学的には3種類あります。 流行性角結膜炎• 咽頭結膜炎(プール熱)• 急性出血性結膜炎 流行性角結膜炎と咽頭結膜炎は、アデノウイルスによる感染、症状の激しい急性出血性結膜炎は、エンテロウイルスの感染が原因となって起こります。 いずれも感染力が強いので、タオルを介しても感染する可能性があり、症状が出ている目を触った手で、自分の目を触ると確実に感染すると言われています。 はやり目の場合は、学校や仕事は休み、家族の間でも感染防止に注意します。 入浴も最後に入るようにしましょう。 ものもらいと結膜炎の見分け方は、次のようになります。 まぶたが赤くはれ、しこりがあるものの、充血していない場合は「ものもらい」です。 結膜(白目)が充血していると「結膜炎」です。 細菌性結膜炎は、比較的症状が軽く、抗生物質による点眼をすると1週間ほどで治ります。 一方、ウイルス性結膜炎の場合は、痛み、ひどい充血、耳前のリンパ腺のはれなどの症状も出ます。 感染力も強いので、衛生管理に注意し、すみやかに眼科を受診しましょう。 また、目やにで判断する方法もあります。 ・黄色い粘り気のある目やに ものもらいや細菌性結膜炎の可能性があります。 市販薬の場合は、抗菌目薬を使いましょう。 それでも改善されない場合は、すみやかに眼科を受診してください。 ・涙のようなさらさらの目やに 花粉や動物毛などのアレルギー性結膜炎の可能性があります。 ・白い粘り気のある目やに ウイルス性結膜炎の可能性があります。 これは、感染力が強く、市販薬では対応できないので、すぐに眼科を受診しましょう。 ものもらいを予防するには ものもらいの原因で最も多いのは、細菌感染です。 通常の健康な状態なら感染しない程度の弱い細菌でも、抵抗力が落ちていると最近に感染し、炎症を引き起こします。 ものもらいの予防には日常生活のなかで以下のことに注意をしておくのが効果的です。 ・目の周りを清潔にしておく 洗顔の際に目の周りをよく洗います。 とくにまつげの根元は雑菌がたまりやすいので、きれいにしておきましょう。 タオルでごしごしこすると、かえって雑菌が入り込むきっかけになるので、水気をやさしく拭き取る程度にしておきます。 ・コンタクトレンズのお手入れ コンタクトレンズを使用している場合は、管理に気を遣いましょう。 使い捨てレンズ以外は、いつも清潔にしておくことが大切です。 使用期限やレンズの洗浄を適切にしていないと、慢性的に目に負担をかけることにもなります。 ・入浴では十分に温まる シャワーだけで済ませていると、目の周りは温まりません。 湯船につかって温まると、まつ毛の根元の皮脂腺も開き、皮脂がつまりにくくなります。 ・前髪がかからないようにする 前髪が目にかかっていると、雑菌が入り込みやすくなります。 ものもらいを繰り返し発症する原因にもなるので、前髪は目にかからない髪型にしたほうが安全です。 ・濃いアイメイクを避ける アイメイクを濃くしていると、メイク剤が皮脂腺や毛穴に入り込み、皮脂詰まりを起こしやすくなります。 ものもらいになりやすい人は濃いメイクを避け、夜はしっかりメイク剤を洗い流すようにしましょう。 ・健康管理のポイント 抵抗力が低下していると、普段は何でもない細菌に負けてしまい、感染してしまいます。 栄養バランスの良い食事、たっぷりの睡眠、適度な運動など、日ごろの生活習慣を整えておくことも大切です。 たとえば、食事に気をつけるだけでも、ものもらいの症状を抑えることにつながります。 刺激の強い食品、エビ・カニのような甲殻類、アルコールなどは、炎症を悪化させる要因になります。 目が疲れている時などものもらいになりそうな時は、栄養バランスを考えた和食中心の食事のほうが良いでしょう。 ものもらいの治療と処方薬 ものもらいにかかった場合は、眼科を受診します。 眼科では、症状に合わせて抗菌性薬物を投与してもらえます。 黄色ブドウ球菌を殺菌できる抗菌点眼薬、抗菌眼軟膏、場合によっては抗菌内服薬を用います。 適切に治療を受ければ、1~2週間で治癒しますが、膿がある場合は、外科的治療として、切開して膿を取り除いて治癒を早めます。 症状が軽い場合は、市販薬で改善することもできます。 ここでは、眼科で処方される、ものもらいに効く目薬、抗菌性点眼薬をご紹介しましょう。 クラビット点眼薬 主な成分は、レボフロキサシンです。 黄色ブドウ球菌などの殺菌作用が高いのが特徴です。 ものもらいの点眼薬として定番の目薬です。 フルオロメトロン点眼薬 主な成分は、フルオロメトロンです。 ステロイド剤なので、抗炎症効果は高いのですが、細菌感染を助長する原因になるので、炎症がひどくなければクラビット点眼薬のほうが適切です。 市販の目薬の種類 眼科にかかるほどではない場合は、ドラッグストアで目薬を購入し、様子を見ましょう。 その場合には、どのような基準で選べば良いのでしょうか。 市販の目薬は、用途により、次の5種類に分けられます。 ・洗眼薬 目の洗浄、水泳の後やホコリなどが入ったとき このうち、一般点眼薬や人工涙液は、ものもらいの改善には不十分です。 コンタクトレンズ装着液も用途外ですね。 間違って使ってしまいがちなのが、洗眼薬です。 これは、アイボンのような、洗浄液で目を洗うタイプです。 目のごみを洗い流すような場合には役に立ちますが、ものもらいの場合、目全体に感染を広げてしまう可能性もあります。 また、洗浄液を入れた容器も汚れてしまいますので、容器を水で簡単に洗っただけで繰り返し使うのもNGです。 これは、結膜炎などのほかの目のトラブルにも当てはまります。 ものもらいの場合に有効な目薬は、抗菌性点眼薬になります。 ものもらいに効く成分 ものもらいに効果的な成分を、目薬に配合されている成分からチェックしてみましょう。 ・スルファメトキサゾール(ナトリウム) ものもらいの炎症を抑える成分として代表的な成分です。 ほとんどの抗菌目薬に配合されています。 この成分は、持続性のサルファ剤で、細菌の感染で引き起こされる眼病全般に効果的です。 逆に言うと、スルファメトキサゾールのようなサルファ剤が配合されていなければ、抗菌目薬とは言えません。 サルファ剤とは、スルフファミンという成分を基本とする、細菌感染症に有効な化学療法剤の総称です。 スルファ剤、スルファミン剤、スルホンアミド剤とも呼ばれます。 抗生物質が広く使われるようになるまでは、サルファ剤が治療の主流だったそうですよ。 そのほか、以下のような成分がサルファ剤とともに配合されます。 消炎成分:グリチルリチン、イプシロン・アミノカプロン酸、アズレンスルホン酸ナトリウム• 抗ヒスタミン剤:クロルフェニラミン• 角膜の乾燥予防:コンドロイチン• 疲れ目改善:タウリン、アルギン酸• サルファ剤のサポート成分:ヒプロメロース ものもらいに効く目薬は、メーカーによって少しずつ違いがありますが、中心となるサルファ剤は共通で、そのほかの成分も、消炎、抗ヒスタミン剤、サルファ剤のサポート成分などが調合されています。 成分を見ても、細菌性の炎症を抑える効果が期待できる内容になっていますね。 花粉症による目の炎症には、みかんと飲むヨーグルトが効果的 ちなみに、花粉によって引き起こされる目のかゆみや炎症はアレルギーが原因ですが、その都度目薬などを使用するよりも、もっと効果的な方法があります。 それは「飲むヨーグルト」の中に「みかんの皮」をすりつぶして入れて飲むだけ。 これは愛媛大学の農学部が発表しました。 学会でもこの成果を発表。 2015年3月30日付の読売新聞電子版によると、スギ花粉症患者26人に、牛乳成分を含む飲むタイプのヨーグルト150ミリリットルにすり潰したミカンの皮を混ぜたものを1日1回飲ませた。 2週間後に花粉症の原因物質を両目に点眼し、30分後の症状を見たところ、飲み始める前と比較してかゆみなどの自覚症状が大きく低下。 結膜炎の指標になる眼球表面の温度上昇も、約半分に抑えられたという。 最適な分量は1日にみかんの皮1個分を飲むヨーグルトと摂取すること。 一度に大量に皮を入れると苦いので、朝昼晩、と3回に分けて食事と一緒に飲むのがベストです。 すでにみかんをつかった「花粉症対策スイーツ」を出しいているカフェもあるそうですが、自分で簡単にできる方法なので、花粉に敏感な方は試してみてはいかがでしょうか。 おすすめの抗菌目薬はコレ! 先ほど、目薬の種類についてお話しましたが、ものもらいや花粉対策には抗炎症、アレルギー成分が含まれている「抗菌目薬」の中から選ぶべきです。 ここでは市販さているものから評判の良い5点をご紹介します。 眼科用薬・第2種医薬品• 有効成分全てが過去最大の濃度• 抗アレルギー・ヒスタミン・炎症のトリプル処方• 花粉症からハウスダストまでトータルにケア 花粉症による目の充血やかゆみを過去最大の有効成分がシャットアウト! また、さし心地も清涼感レベル4と、爽快感を感じやすい目薬です。 一般用のアレルギー点眼薬よりも効果が高いので、花粉飛散のピーク時よりも1~2週間前から使用しておくと症状の悪化を防いでくれます。 まとめ ものもらいの症状と原因、目薬についてご紹介しました。 ものもらいは、ウイルス性の結膜炎などに比べると症状がゆるやかで、適切に対処すればひどくならずに治癒できます。 様子を見る間は市販の抗菌目薬を使い、症状が改善されないようであれば眼科を受診して、処方薬をもらいましょう。 予防には、規則正しい生活習慣や清潔さもポイントになります。 花粉が多い、ほこりっぽい季節には、日ごろから生活習慣に気を遣い、目のトラブルを予防したいものですね。 \ SNSでシェアしよう! / ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの 注目記事を受け取ろう•

次の

ものもらいに目薬は市販のものを子供も使って大丈夫?

ものもらい 目薬

寝て起きて鏡を見たら目の上のまぶたまたは下まぶたが画像のように腫れていた・・・こんなご経験、皆さん一度はあるのではないでしょうか?そうです、ものもらいです。 ものもらいは医療用語では麦粒腫(ばくりゅうしゅ:Stye)といいます。 また、 この呼び方は関東などに限ったもので、大阪ではめばちこ、京都ではめぼ、北海道ではめっぱというように地域によって異なるんです。 麦粒腫はマイボーム腺または脂腺(目が乾燥しないように出る分泌物の出口)に雑菌が入って急性化膿性炎症を起こしたものです。 皮脂腺の一つであるマイボーム腺に発生するものを内麦粒腫、まつ毛の根元が炎症になったものを外麦粒腫といいます。 霰粒腫(さんりゅうしゅ:Chalazion)は麦粒腫と非常に見かけが似ていて間違われやすいのですが、麦粒腫とは違って細菌感染が原因となって腫れたりしません。 痛みやかゆみはありませんが、自然治癒させるには長い日数がかかる場合があります。 霰粒腫の内容物は体内の分泌物、主に脂肪です。 一般的にはものもらいというと麦粒腫のことを指しますが、医師によっては霰粒腫も含める場合もあります。 はやり目とは ちなみに、麦粒腫や霰粒腫とちょっと見た目が似ている目の病気に、はやり目というものがあります。 はやり目とは流行性角結膜炎のことで、アデノウイルス(風邪症候群の原因)に感染して起こる結膜炎です。 ものもらいはうつることはありませんが、はやり目はうつります。 症状は、白目(結膜といいます)の充血、大量の目やに、目がゴロゴロする感じなどです。 目に異物感を感じている場合は黒目に傷がついている可能性があります。 また、まぶたの裏にブツブツとした小さなできものができることがあります。 潜伏期間は1週間から2週間です。 はやり目には抗生剤は効かないので、治るまでの10日間前後の期間は休息をしっかりとるようにしましょう。 学校感染症の第三種に指定されていますので、お医者さんに感染の可能性がなくなったと判断されるまで学校には出席できません。 眼瞼炎かも? ものもらいに似ている病気に眼瞼炎(がんけんえん)というものがあります。 症状は目の腫れですが、炎症を起こした部位によって呼び方が変わります。 まつげの根元なら眼瞼縁炎、まぶたなら眼瞼皮膚炎、目尻なら眼角眼瞼炎といいます。 まつげの根元の眼瞼炎だと、原因は細菌かウイルス、または皮脂(Sebum)の分泌過剰です。 眼瞼皮膚炎と眼角眼瞼炎の原因は薬や化粧品へのアレルギー反応です。 眼瞼炎の治療は、化膿性なら抗生物質または抗ウイルス薬を使用します。 脂漏性の炎症の場合は、ステロイド剤を含む点眼薬(目薬のことです)または軟膏で治療します。 今回はものもらい(めばちこ)の原因や治す方法について調べました。 ものもらいの原因 ものもらいの原因は、前述の通り、麦粒腫なら雑菌、霰粒腫なら分泌物(脂肪)です。 外麦粒腫はツァイス腺またはモル腺で細菌感染が発生しています。 1週間もすれば自然治癒して膿も出て治ることがほとんどです。 内麦粒腫はマイボーム腺に雑菌が入り込んでいる状態で、炎症を起こしている場所がまぶたの裏側であるため、気付きにくく、悪化しやすいのが特徴です。 また、自然治癒せずに膿がたまったままであることが多いため、早めに眼科で治療することをおすすめします。 目が痛い場合は内麦粒腫であることがほとんどです。 霰粒腫はマイボーム腺が詰まってしまうことで起こります。 詰まる原因としては、皮脂分泌の機能が衰えていたり、化粧(アイメイク)をすることでマイボーム腺を詰まらせてしまったりすることです。 こうなるとまぶたの内側に写真のようなしこりが発生します。 症状としては、腫れているのに赤くならない、痛みがないといったものです。 自然治癒することもありますが、放置しておくと雑菌(ブドウ球菌)に感染して急性化膿性霰粒腫となり、手術となる可能性があります。 急性化膿性霰粒腫の症状は、まぶたのしこり、白目の充血、目の異物感、痛み(目が痛い)、大量の目やにです。 治す方法 ものもらいを治す方法は、抗菌薬が含まれている目薬を1日に何回も点眼することです。 こうすることで、雑菌の繁殖を抑えて早く治すことができます。 症状に合わせて、薬局の薬剤師に相談して、ベストな市販の目薬を選んでもらいましょう。 もちろん自然治癒するので放置していても問題ないケースもありますが、早く治したい場合は病院の眼科で診察を受けて、クラビット点眼薬という目薬を処方してもらいましょう。 クラビット点眼薬は有名なニューキノロン系抗菌点眼薬の一つで、結膜炎、眼瞼炎、角膜炎なども治療することができます。 このお薬は、原因となる細菌のDNAの複製を阻害することで殺菌の効果を発揮します。 ドラッグストアで購入できる 市販の目薬よりも早く治すことができます。 なおちゃんの経験上、眼科で処方された目薬をさすのがベストな治し方です。 副作用はほとんど報告されていませんが、稀に目のかゆみやじんましん、目を刺激された感じなどの副作用が出ることがあります。 コンタクトと眼帯はつけない ちなみに、ものもらいになったときに コンタクトはしない方がよいです。 なぜかというと、ものもらいというのは黄色ブドウ球菌という最近が原因となって腫れや炎症を引き起こしているので、コンタクトと目の間の隙間が黄色ブドウ球菌が繁殖する温床になってしまうからです。 コンタクトレンズと目の間は涙や分泌物が存在していますが、ここで細菌が繁殖してしまうのです。 ですので、 写真のように上まぶたや下まぶたが腫れてるなあ・・・と鏡を見て気付いたときは、メガネにしておきましょう。 こんなときのために、外出用にレンズの度の少し強めのメガネを用意しておくと安心ですね。 コンタクトしたい場合でも数日の我慢です。 いつから装着してもいいかというと、目安は1〜2週間後からです。 ただし、これは完全に膿が出ていて炎症もなくなっている場合の目安です。 念のために眼科に行って診察してもらうとよいでしょう。 ワンデーなら毎日使って捨てるので、衛生的でオススメです。 また、ものもらいのときに眼帯をつける人もいますが、これもオススメできません。 上まぶたや下まぶたが出っ張って恥ずかしいという方もいますし、早く治りそうだからという理由で眼帯をつける人もいるようです。 しかし、眼帯をつけてしまうと目のまわりの湿度が上がり、細菌が増殖しやすい環境になってしまうのです。 治療のために眼帯をつけると逆効果になってしまいますので、上記の通り、 コンタクトレンズは外して、眼帯もつけないようにしましょう。 接客が仕事の場合、何かのうつる病気にかかっているのかとお客様に思われてしまうこともありますので、この点からもオススメできません。 ものもらいはうつることはありませんので、目をこすった手でエスカレーターのつかまる部分を触っても、電車のつり革を握っても問題ありません。 早く治す方法 早く治すためには、免疫力を向上させることが効果的です。 日常的に受ける ストレスは免疫力を低下させ、常在菌に感染してしまう原因になります。 運動をするなどしてストレスの発散をするとよいです。 また、疲れも原因菌に対する抵抗力を低下させてしまう要因になります。 早く治すためには、ストレスを避けて、疲れを癒すために十分な睡眠時間を確保することが大切です。 さらに目頭がかゆいからといって、手で何度もこすったりするのはやめましょう。 黄色ブドウ球菌が粘膜から侵入してものもらいの原因となります。 特に子供はこのパターンで発病することが多いので、注意してあげましょう。 一日で治す方法はありません たまにめばちこを1日で治す方法がないかと質問されるのですが、これはさすがに難しいです。 腫れと炎症を抑えるフルメトロン点眼液という薬を医師に処方してもらったうえで、クラビット点眼薬を使い、さらにビタミン剤を飲んで免疫力を上げるのがベストな治療法です。 下まぶたも上まぶたも治す期間は1週間程度は必要になります。 自力で早く治すには、抗菌剤が含まれている市販の目薬を薬局で購入し、薬剤師にフルメトロン点眼液のような炎症を抑える薬がないか相談するのがよいです。 充血用やコンタクト用など普段使うための目薬以外に、 ものもらい専用の使い切りタイプの目薬というのが何種類も発売されていますので、必ず薬局で確認して下さい。 値段は意外と安くて1000円もしません。 安いものだと600円前後から購入できます。 効くと口コミの商品をインターネットで検索しておくとよいですね。 ものもらいを治す食べ物 ちなみに、ものもらいを治す食べ物というのがありまして、それはブルーベリー、レバー、ホウレン草、豚肉、たまごなどです。 これらの食べ物はアントシアニンやビタミンA、ビタミンB、ビタミンCをたくさん摂取することができます。 ビタミンは目の粘膜を保護したり、新陳代謝を早めて回復を早める効果があります。 冷やすのも効果があります。 めばちこになって3日以内なら炎症や腫れを抑えるために冷やすと良いです。 しかし4日目以降になった場合は、今度は温めた方がよいです。 なぜかというと、膿が排出されたあとは血流を促進させたほうが早く治るからです。 治らないとき なかなか治らないからといって、自分で爪で潰す人がいますが、これは絶対に避けましょう。 針で刺して膿を出すのもやめましょう。 下手に潰すと悪化して急性化膿性霰粒腫になったり、手術で切開することになってしまいます。 なかなか治らない場合は、病院に行けば飲み薬を処方してくれます。 この場合の飲み薬は抗生物質です。 ものもらいに効く市販薬で軟膏というと、ステロイド剤が配合されているクリームになります。 この軟膏は子供にも使えますが、目の中に入らないように塗ってあげましょう。 うつる可能性はある? ものもらいが うつる可能性は、前述の通りゼロに近いですが、免疫力の低い赤ちゃんは手で目をひっかいたりこすったりしないように注意して見ててあげましょう。 プールでもうつることはありませんので、安心して子供をスイミングスクールや学校の水泳の授業に出してあげましょう。 もちろんお風呂でうつることもありません。 初期症状はあるのか? ものもらいの症状は写真を見ていただければ分かるとおり一目瞭然なのですが、それでは初期症状はどんなものでしょうか。 麦粒腫の初期症状はまつげの根元が少し赤く腫れてわずかなかゆみを感じます。 霰粒腫の場合は、まぶたの裏側にわずかなしこり、違和感を感じます。 これがめばちこの自覚症状です。

次の

ものもらいを早く治す!市販のおすすめ目薬5選と選び方!

ものもらい 目薬

春先はほこりが多く、花粉も飛散し、ものもらいや結膜炎など目のトラブルを招きやすい季節といわれます。 特に毛先が目にかかりやすい髪型をしていたり、おしゃれでコンタクトを多用する女性は、目の炎症を起こしやすく、1年を通して気を使わなければならないのです。 瞳は大事なチャームポイントのひとつ。 メイクがバッチリ決まっていても、目が腫れてたり、充血していたりすると全てが台無しです。 「あ~もう、なんでこんな時に限って…」 と思ったことは誰にでもあるはず。 ものもらいは、誰でもかかる目の病気ですが、できれば早いうちに治したいですよね。 そんな辛い症状を取り除くためには、正しい知識を持って、適切な薬を使うことが重要です。 ここでは、ものもらいの種類と症状、治し方から、炎症やかゆみ解消に役立つおすすめの抗菌目薬をご紹介します。 ものもらいの基礎知識 ものもらいは、まぶたにある皮脂や汗を分泌する腺に細菌が感染して起こる、急性の化膿性炎症です。 医学用語では、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」と呼ばれる症状の総称なのですが、一般的には、「ものもらい」のほかに、「めばちこ」「めばち」など地域によってさまざまな呼び名が使われています。 一般的な症状としては、まぶたの一部がはれて赤くなり、かゆみをともないます。 時間の経過とともに痛みが出て、最初は指で押したとき、まばたきをした時などに痛み、しだいに痛みが強くなります。 悪化するとはれがひどくなり、目やにが増え、膿が出ます。 ものもらいは、人間にとって身近な菌である黄色ブドウ球菌がおもな原因菌となっています。 黄色ブドウ球菌は、化膿した傷を好みますが、普段から、のどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸内にも住んでいます。 感染力は弱い菌ですが、抵抗力が落ちていると、目をこすっただけでも発症することがあるのです。 ものもらいの種類と原因 ものもらいの種類は、上述のように、医学的には2種類あります。 それぞれについて、どのような症状なのか?もっと詳しくみてみましょう。 1)麦粒腫 まぶたの表面についた細菌が、分泌腺や毛穴に入り込み、炎症をおこすのが、麦粒腫と呼ばれるものです。 さらにいうと、まぶたの外側にできるのが、「外麦粒腫」内側(結膜面)にできるのが「内麦粒腫」です。 どちらとも初めはかゆみをともない、しだいに痛みが出るのが特徴です。 目が充血し、ゴロゴロするという症状も出ます。 進行すると膿点が生じ、破れて膿が排出されると治ります。 2)霰粒腫 霰粒腫は、まつげの生え際にできるものもらいです。 まつげの根元には、目を保護するために、皮脂を分泌する腺「マイボーム腺」があります。 このマイボーム腺に、何らかの原因で皮脂が詰まり、炎症を起こします。 軽い場合は、まぶたがはれ、しこりができるものの、脂肪が自然に吸収されて治癒します。 ところが、皮脂詰まりの状態に細菌が入り込み、繁殖すると、化膿して赤くはれ、痛みも出ます。 この状態でも、自然に吸収されて治ることもあるのですが、場合によっては悪化し、いぼのように固まり、いつまでも残ってしまうこともあります。 ものもらいと結膜炎の見分け方 ところで、ものもらいだと思っていたら、じつは結膜炎だったということもよくあります。 細菌性の結膜炎は症状が軽いですが、ウイルス性の場合は注意が必要です。 感染力が強く、人から人へうつりますので、かかった場合は注意が必要です。 ウイルス性の結膜炎は、「はやり目」とも呼ばれますが、医学的には3種類あります。 流行性角結膜炎• 咽頭結膜炎(プール熱)• 急性出血性結膜炎 流行性角結膜炎と咽頭結膜炎は、アデノウイルスによる感染、症状の激しい急性出血性結膜炎は、エンテロウイルスの感染が原因となって起こります。 いずれも感染力が強いので、タオルを介しても感染する可能性があり、症状が出ている目を触った手で、自分の目を触ると確実に感染すると言われています。 はやり目の場合は、学校や仕事は休み、家族の間でも感染防止に注意します。 入浴も最後に入るようにしましょう。 ものもらいと結膜炎の見分け方は、次のようになります。 まぶたが赤くはれ、しこりがあるものの、充血していない場合は「ものもらい」です。 結膜(白目)が充血していると「結膜炎」です。 細菌性結膜炎は、比較的症状が軽く、抗生物質による点眼をすると1週間ほどで治ります。 一方、ウイルス性結膜炎の場合は、痛み、ひどい充血、耳前のリンパ腺のはれなどの症状も出ます。 感染力も強いので、衛生管理に注意し、すみやかに眼科を受診しましょう。 また、目やにで判断する方法もあります。 ・黄色い粘り気のある目やに ものもらいや細菌性結膜炎の可能性があります。 市販薬の場合は、抗菌目薬を使いましょう。 それでも改善されない場合は、すみやかに眼科を受診してください。 ・涙のようなさらさらの目やに 花粉や動物毛などのアレルギー性結膜炎の可能性があります。 ・白い粘り気のある目やに ウイルス性結膜炎の可能性があります。 これは、感染力が強く、市販薬では対応できないので、すぐに眼科を受診しましょう。 ものもらいを予防するには ものもらいの原因で最も多いのは、細菌感染です。 通常の健康な状態なら感染しない程度の弱い細菌でも、抵抗力が落ちていると最近に感染し、炎症を引き起こします。 ものもらいの予防には日常生活のなかで以下のことに注意をしておくのが効果的です。 ・目の周りを清潔にしておく 洗顔の際に目の周りをよく洗います。 とくにまつげの根元は雑菌がたまりやすいので、きれいにしておきましょう。 タオルでごしごしこすると、かえって雑菌が入り込むきっかけになるので、水気をやさしく拭き取る程度にしておきます。 ・コンタクトレンズのお手入れ コンタクトレンズを使用している場合は、管理に気を遣いましょう。 使い捨てレンズ以外は、いつも清潔にしておくことが大切です。 使用期限やレンズの洗浄を適切にしていないと、慢性的に目に負担をかけることにもなります。 ・入浴では十分に温まる シャワーだけで済ませていると、目の周りは温まりません。 湯船につかって温まると、まつ毛の根元の皮脂腺も開き、皮脂がつまりにくくなります。 ・前髪がかからないようにする 前髪が目にかかっていると、雑菌が入り込みやすくなります。 ものもらいを繰り返し発症する原因にもなるので、前髪は目にかからない髪型にしたほうが安全です。 ・濃いアイメイクを避ける アイメイクを濃くしていると、メイク剤が皮脂腺や毛穴に入り込み、皮脂詰まりを起こしやすくなります。 ものもらいになりやすい人は濃いメイクを避け、夜はしっかりメイク剤を洗い流すようにしましょう。 ・健康管理のポイント 抵抗力が低下していると、普段は何でもない細菌に負けてしまい、感染してしまいます。 栄養バランスの良い食事、たっぷりの睡眠、適度な運動など、日ごろの生活習慣を整えておくことも大切です。 たとえば、食事に気をつけるだけでも、ものもらいの症状を抑えることにつながります。 刺激の強い食品、エビ・カニのような甲殻類、アルコールなどは、炎症を悪化させる要因になります。 目が疲れている時などものもらいになりそうな時は、栄養バランスを考えた和食中心の食事のほうが良いでしょう。 ものもらいの治療と処方薬 ものもらいにかかった場合は、眼科を受診します。 眼科では、症状に合わせて抗菌性薬物を投与してもらえます。 黄色ブドウ球菌を殺菌できる抗菌点眼薬、抗菌眼軟膏、場合によっては抗菌内服薬を用います。 適切に治療を受ければ、1~2週間で治癒しますが、膿がある場合は、外科的治療として、切開して膿を取り除いて治癒を早めます。 症状が軽い場合は、市販薬で改善することもできます。 ここでは、眼科で処方される、ものもらいに効く目薬、抗菌性点眼薬をご紹介しましょう。 クラビット点眼薬 主な成分は、レボフロキサシンです。 黄色ブドウ球菌などの殺菌作用が高いのが特徴です。 ものもらいの点眼薬として定番の目薬です。 フルオロメトロン点眼薬 主な成分は、フルオロメトロンです。 ステロイド剤なので、抗炎症効果は高いのですが、細菌感染を助長する原因になるので、炎症がひどくなければクラビット点眼薬のほうが適切です。 市販の目薬の種類 眼科にかかるほどではない場合は、ドラッグストアで目薬を購入し、様子を見ましょう。 その場合には、どのような基準で選べば良いのでしょうか。 市販の目薬は、用途により、次の5種類に分けられます。 ・洗眼薬 目の洗浄、水泳の後やホコリなどが入ったとき このうち、一般点眼薬や人工涙液は、ものもらいの改善には不十分です。 コンタクトレンズ装着液も用途外ですね。 間違って使ってしまいがちなのが、洗眼薬です。 これは、アイボンのような、洗浄液で目を洗うタイプです。 目のごみを洗い流すような場合には役に立ちますが、ものもらいの場合、目全体に感染を広げてしまう可能性もあります。 また、洗浄液を入れた容器も汚れてしまいますので、容器を水で簡単に洗っただけで繰り返し使うのもNGです。 これは、結膜炎などのほかの目のトラブルにも当てはまります。 ものもらいの場合に有効な目薬は、抗菌性点眼薬になります。 ものもらいに効く成分 ものもらいに効果的な成分を、目薬に配合されている成分からチェックしてみましょう。 ・スルファメトキサゾール(ナトリウム) ものもらいの炎症を抑える成分として代表的な成分です。 ほとんどの抗菌目薬に配合されています。 この成分は、持続性のサルファ剤で、細菌の感染で引き起こされる眼病全般に効果的です。 逆に言うと、スルファメトキサゾールのようなサルファ剤が配合されていなければ、抗菌目薬とは言えません。 サルファ剤とは、スルフファミンという成分を基本とする、細菌感染症に有効な化学療法剤の総称です。 スルファ剤、スルファミン剤、スルホンアミド剤とも呼ばれます。 抗生物質が広く使われるようになるまでは、サルファ剤が治療の主流だったそうですよ。 そのほか、以下のような成分がサルファ剤とともに配合されます。 消炎成分:グリチルリチン、イプシロン・アミノカプロン酸、アズレンスルホン酸ナトリウム• 抗ヒスタミン剤:クロルフェニラミン• 角膜の乾燥予防:コンドロイチン• 疲れ目改善:タウリン、アルギン酸• サルファ剤のサポート成分:ヒプロメロース ものもらいに効く目薬は、メーカーによって少しずつ違いがありますが、中心となるサルファ剤は共通で、そのほかの成分も、消炎、抗ヒスタミン剤、サルファ剤のサポート成分などが調合されています。 成分を見ても、細菌性の炎症を抑える効果が期待できる内容になっていますね。 花粉症による目の炎症には、みかんと飲むヨーグルトが効果的 ちなみに、花粉によって引き起こされる目のかゆみや炎症はアレルギーが原因ですが、その都度目薬などを使用するよりも、もっと効果的な方法があります。 それは「飲むヨーグルト」の中に「みかんの皮」をすりつぶして入れて飲むだけ。 これは愛媛大学の農学部が発表しました。 学会でもこの成果を発表。 2015年3月30日付の読売新聞電子版によると、スギ花粉症患者26人に、牛乳成分を含む飲むタイプのヨーグルト150ミリリットルにすり潰したミカンの皮を混ぜたものを1日1回飲ませた。 2週間後に花粉症の原因物質を両目に点眼し、30分後の症状を見たところ、飲み始める前と比較してかゆみなどの自覚症状が大きく低下。 結膜炎の指標になる眼球表面の温度上昇も、約半分に抑えられたという。 最適な分量は1日にみかんの皮1個分を飲むヨーグルトと摂取すること。 一度に大量に皮を入れると苦いので、朝昼晩、と3回に分けて食事と一緒に飲むのがベストです。 すでにみかんをつかった「花粉症対策スイーツ」を出しいているカフェもあるそうですが、自分で簡単にできる方法なので、花粉に敏感な方は試してみてはいかがでしょうか。 おすすめの抗菌目薬はコレ! 先ほど、目薬の種類についてお話しましたが、ものもらいや花粉対策には抗炎症、アレルギー成分が含まれている「抗菌目薬」の中から選ぶべきです。 ここでは市販さているものから評判の良い5点をご紹介します。 眼科用薬・第2種医薬品• 有効成分全てが過去最大の濃度• 抗アレルギー・ヒスタミン・炎症のトリプル処方• 花粉症からハウスダストまでトータルにケア 花粉症による目の充血やかゆみを過去最大の有効成分がシャットアウト! また、さし心地も清涼感レベル4と、爽快感を感じやすい目薬です。 一般用のアレルギー点眼薬よりも効果が高いので、花粉飛散のピーク時よりも1~2週間前から使用しておくと症状の悪化を防いでくれます。 まとめ ものもらいの症状と原因、目薬についてご紹介しました。 ものもらいは、ウイルス性の結膜炎などに比べると症状がゆるやかで、適切に対処すればひどくならずに治癒できます。 様子を見る間は市販の抗菌目薬を使い、症状が改善されないようであれば眼科を受診して、処方薬をもらいましょう。 予防には、規則正しい生活習慣や清潔さもポイントになります。 花粉が多い、ほこりっぽい季節には、日ごろから生活習慣に気を遣い、目のトラブルを予防したいものですね。 \ SNSでシェアしよう! / ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの 注目記事を受け取ろう•

次の