ホライゾンゼロドーン 攻略。 ホライゾンゼロドーン 狩りまくれ!ウルトラハードの機械獣攻略法 後編

ホライゾンゼロ・ドーン攻略 『全ての味方が防衛戦に参戦』トロフィー条件【迫り来る影】

ホライゾンゼロドーン 攻略

矢弾を1回撃つごとの資源消費量 狩人の弓の矢弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 狩人の矢 12 矢柄の木 2 0. 17 シャード 1 0. 08 炎の矢 12 矢柄の木 2 0. 17 シャード 5 0. 42 ブレイズ 3 0. 25 強化矢じりの矢 12 矢柄の木 5 0. 42 シャード 10 0. 83 長距離用弓の矢弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 必中の矢 6 矢柄の木 10 1. 67 シャード 8 1. 33 ワイヤー 5 0. 83 爆裂の矢 6 矢柄の木 10 1. 67 シャード 8 1. 33 エコーシェル 4 0. 67 収穫の矢 6 矢柄の木 10 1. 67 シャード 8 1. 33 ワイヤー 1 0. 17 戦弓の矢弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 雷の矢 6 矢柄の木 10 1. 67 シャード 5 0. 83 点火装置 5 0. 83 氷の矢 6 矢柄の木 10 1. 67 シャード 5 0. 83 冷却水 3 0. 50 穢れの矢 6 矢柄の木 10 1. 67 シャード 5 0. 83 鉄くず 2 0. 33 スリングの弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 氷の爆弾 3 シャード 4 1. 33 鉄容器 2 0. 67 冷却水 3 1. 00 雷の爆弾 3 シャード 4 1. 33 鉄容器 2 0. 67 点火装置 8 2. 67 炎の爆弾 3 シャード 4 1. 33 鉄容器 2 0. 67 ブレイズ 2 0. 67 ラトラーのボルト 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 鉄のボルト 30 矢柄の木 10 0. 33 シャード 6 0. 20 雷のボルト 30 矢柄の木 10 0. 33 シャード 6 0. 20 点火装置 6 0. 20 氷のボルト 30 矢柄の木 10 0. 33 シャード 6 0. 20 冷却水 6 0. 20 ロープキャスターの弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 拘束ロープ(軽) 6 シャード 4 0. 67 ワイヤー 4 0. 67 拘束ロープ(中) 6 シャード 6 1. 00 ワイヤー 6 1. 00 拘束ロープ(重) 6 シャード 10 1. 67 ワイヤー 10 1. 67 破砕砲の弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 破砕砲の弾 6 鉄容器 1 0. 17 エコーシェル 1 0. 17 トラップキャスターの矢弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 雷のワイヤー 3 シャード 8 2. 67 ワイヤー 4 1. 33 点火装置 8 2. 67 衝撃のワイヤー 3 シャード 8 2. 67 ワイヤー 4 1. 33 ブレイズ 5 1. 67 炎のワイヤー 3 シャード 8 2. 67 ワイヤー 4 1. 33 ブレイズ 4 1. 33 ブラストスリングの弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 衝撃の爆弾 3 鉄容器 2 0. 67 ブレイズ 4 1. 33 粘着爆弾 3 鉄容器 2 0. 67 ブレイズ 6 2. 00 近接の爆弾 3 鉄容器 2 0. 67 ブレイズ 3 1. 00 霜の槍の弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 霧の雨 12 冷却水 15 1. 25 氷砲 3 冷却水 15 5. 00 シャード 100 33. 33 ストームスリンガーの弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 ストームボルト 12 点火装置 25 2. 08 エコーシェル 5 0. 42 フォージファイアの弾 矢弾種類 1回生成する ごとの矢弾数 資源 1回生成する ごとの資源消費量 1回撃つ ごとの資源消費量 火炎放射 12 ブレイズ 20 1. 67 火球 3 鉄くず 5 1. 67 ブレイズ 20 6. 67 考察 こうやってみても新武器3種は、資源消費量がえぐいですねー。 ネタ武器とはいいませんが、考えて使わないとすぐに資源が枯渇しそうです。 次は消費資源ごとにコスト面に優れた矢弾を探していきます。 資源ごとに注目! シャード お金を投げて敵を倒す感覚ですね。 昔のファミコンの「がんばれゴエモン! からくり道中」を思い出します。 新武器の氷砲がかなりの金食い虫ですね(笑)。 でもダメージ面から見ると狙撃銃としてはかなり優秀です。 『狩人の矢』はコスト面で半端ないですね。 16本撃っても『必中の矢』1本と同等です(笑)。 コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 狩人の矢 0. 08 2 鉄のボルト 0. 20 2 雷のボルト 0. 20 2 氷のボルト 0. 20 3 炎の矢 0. 42 4 拘束ロープ(軽) 0. 67 5 強化矢じりの矢 0. 83 5 氷の矢 0. 83 5 雷の矢 0. 83 5 穢れの矢 0. 83 6 拘束ロープ(中) 1. 00 7 必中の矢 1. 33 7 爆裂の矢 1. 33 7 収穫の矢 1. 33 7 炎の爆弾 1. 33 7 氷の爆弾 1. 33 7 雷の爆弾 1. 33 8 拘束ロープ(重) 1. 67 9 炎のワイヤー 2. 67 9 雷のワイヤー 2. 67 9 衝撃のワイヤー 2. 67 10 氷砲 33. 33 矢柄の木 資源としては売れませんのでご注意を。 そこら辺に生えてるものを採取しましょう。 ワーストでも消費が1. 67のため持っている数が少なくても問題なし。 500本あればトリプルショットでも100回撃てるので充分です。 ちなみに自分のポーチ見たら2000本持ってた。 自分のポーチを圧迫してたのはこれだった!(笑) コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 狩人の矢 0. 17 1 炎の矢 0. 17 2 鉄のボルト 0. 33 2 雷のボルト 0. 33 2 氷のボルト 0. 33 3 強化矢じりの矢 0. 42 4 必中の矢 1. 67 4 爆裂の矢 1. 67 4 収穫の矢 1. 67 4 雷の矢 1. 67 4 氷の矢 1. 67 4 穢れの矢 1. 67 ワイヤー 全部で8種類です。 良く使う『必中の矢』がトリプルショットで1回2. 49消費なので、100発分を持つとしたら249個持っておけばいい計算となります。 なんとなくいつも200個を目安に持ってましたが、そこまで不自由していなかったので100発分も持たなくていいかな。 敵の拘束を狙っていく人は多めに持ったほうがいいですね。 コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 収穫の矢 0. 17 2 拘束ロープ(軽) 0. 67 3 必中の矢 0. 83 4 拘束ロープ(中) 1. 00 5 炎のワイヤー 1. 33 6 雷のワイヤー 1. 33 7 衝撃のワイヤー 1. 33 8 拘束ロープ(重) 1. 67 ブレイズ 新武器の『火球』がダントツのワースト。 100発撃つなら667個必要です(笑)。 『炎の矢』ならトリプルショットで100発撃っても75個です。 コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 炎の矢 0. 25 2 炎の爆弾 0. 67 3 近接の爆弾 1. 00 4 衝撃の爆弾 1. 33 4 炎のワイヤー 1. 33 5 衝撃のワイヤー 1. 67 5 火炎放射 1. 67 6 粘着爆弾 2. 00 7 火球 6. 67 冷却水 新武器がダントツのワーストなのはもう置いといて、良く使う『氷の矢』と『氷の爆弾』を比べます。 『氷の矢』2発と『氷の爆弾』1発が同じです。 こうなると『氷の爆弾』のほうが凍らすには良さそうですがトリプルショット1回で凍らせれるなら瞬間的利用度は『氷の矢』の方が上となります。 要するに使い方次第です。 ここではコスト面に注目していますので、『氷の矢』2発と『氷の爆弾』1発が同じと覚えて置いてください。 コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 氷のボルト 0. 20 2 氷の矢 0. 50 3 氷の爆弾 1. 00 4 霧の雨 1. 25 4 氷砲 5. 00 点火装置 新武器がワーストではなく爆弾とワイヤーのほうが下となっています。 ただし、この新武器は使い方を間違えると自爆する恐ろしいもの。 コストが良いからといって使い方を間違えないように注意です。 冷却水の場合に『氷の矢』2発と『氷の爆弾』1発が同じと説明しましたが、点火装置の場合は、『雷の矢』1発と『雷の爆弾』3発が同じとなっています。 つまり雷の爆弾は氷の爆弾よりはコスト面に優れておりません。 コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 雷のボルト 0. 20 2 雷の矢 0. 83 3 ストームボルト 2. 08 4 雷のワイヤー 2. 67 4 雷の爆弾 2. 67 鉄容器 爆弾には必須となるものです。 消費量も『破砕砲の弾』以外は一律0. 67となっています。 100発撃つなら67個持っておけば良いことになります。 コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 破砕砲の弾 0. 17 2 衝撃の爆弾 0. 67 2 粘着爆弾 0. 67 2 近接の爆弾 0. 67 2 氷の爆弾 0. 67 2 雷の爆弾 0. 67 2 炎の爆弾 0. 67 エコーシェル 敵の装甲や装備をはがす矢弾系ですね。 全部ではありませんが『爆裂の矢』がこの中では一番使う感じでしょうか。 そこまで使う場面はないので30個持っていたら『爆裂の矢』が44発撃てます。 コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 破砕砲の弾 0. 17 2 ストームボルト 0. 42 3 爆裂の矢 0. 67 鉄くず 使わないのであれば、装備を圧迫する前に売ってしまったほうが良いですね。 使う場面も少ないと思います。 コストランク Rank 矢弾種類 1回撃つ ごとの消費量 1 穢れの矢 0. 33 2 火球 1.

次の

ホライゾンゼロドーン攻略 狩場の腕試し攻略や館の武器入手法

ホライゾンゼロドーン 攻略

機械炉を探索してその秘密を解明する。 入口を探す• 通路を調べる• 機械炉RHOを探索する• ブレイズ処理室を通り抜ける• 機械炉のコアを見つける• 経験値+6000• RHOオーバーライド• スキルポイント+1 1:入口を探す 入口周辺は4体のウォッチャーが徘徊している。 崖に閉ざされて道が無いように見えるが、左側から飛び降りて下層エリアへ向かう。 ロープを使って降りれる箇所があります。 地下へ降りて洞窟のようなエリアを道なりに進んでいくと、 三角形の金属の扉がある所へ到着する。 2:通路を調べる 換気口とタービンを利用して進むことになる。 敵はウォッチャー1体だけしかいないので、ここで基本を学ぶ流れです。 タービンは取っ手が付いている部分にしがみついたら、別の取っ手へジャンプして飛び移れます。 金属の扉前でオーバーライドして扉を開ける。 扉を開けると近くに 換気口があり、背中を向けたウォッチャーが1体側にいる。 換気口は近接攻撃をすれば煙が出て、煙に身を隠すことで敵に発見されないようにするもの。 ウォッチャーの近くに、水車のように回っている タービンという回転式の変圧器がある。 タービンの取っ手の部分に捕まって奥の通路へ飛び移る分けだが、 タービン中央の緑色の光りが出ている部分を矢で射ると、回転する方向を逆回しにできる。 タービンで奥の通路へ着地できたら道なりに進み、扉をオーバーライドする。 敵の数は3体しかいないので、エリアに到着したら始めに全部倒してしまった方が気楽。 下層エリアへ落下したりするとバトルになってしまうので、 見つかる前に始末してしまった方がいい。 エリアの左側にある タービンの回転を反転させて、タービンの取っ手にしがみつき、 そこから ベルトコンベアーのように移動している部品へ飛び移る。 オレンジ色の光が出ているパイプを オーバーライドして橋を作る。 一度橋から下層エリアへ落下し、ジャンプして奥側の上層へ登れる箇所がある。 新たなタービン付近にパイプがあるので オーバーライドする。 一部のバリアが解除されて、次のエリアへ進めるようになる。 新たなタービンの回転を反転させて、手前側にある足場へ飛び移る。 オーバーライドで作った橋を真っ直ぐ進んで、ベルトコンベアーで運ばれている部品に ジャンプしてしがみつき、奥にあるエリアへアーロイが運ばれる。 そしてタービンの取っ手にしがみついて、奥側にある足場へ進む。 ちなみに道の無い所は、タービンを使わずともダッシュジャンプでも飛び越えれたりする。 ウォッチャーを始末しながら下層エリアへと降り、 壁に取っ手が付いてる所があるので上層エリアへ登って進んでいく。 複数の敵がいるが、上層エリアにいる敵だけを始末すれば、 あとは見つかることもないので、下層エリアにいる敵は放置してしまってもいい。 無理して全部の敵を倒す必要はなく、上層エリアにいる敵だけを倒しながら進んでいくといい。 下層エリアの左側にある小さい階段を登り、上層エリアを道なりに進んでいく。 倒すながらサイレントストライクや、 雷の爆弾で感電させてクリティカルヒットを繰り返して倒せば楽に倒せる。 中央上層にあるエリアへ渡るため、パイプを オーバーライドして橋を作る。 橋を渡り、中央上層エリアにあるパイプを オーバーライドする。 次のエリアへ進めるバリアが解除されます。 下層に飛び降りて、次の目的地までダッシュで駆け抜ける(敵に発見されないように)。 タービンが2つ隣接する所へ到着するので、タービンから別のタービンへとを飛び移る。 二つ目のタービンに飛び移ったら、足場がある所へ着地する。 5:機械炉のコアを見つける 道なりに進んで行けば、とくに難無く機械炉のコアがある所へ到着します。 ドームに触れるとダメージを受けるので、手前側に引きつけて倒すか、 遠距離から弓で倒してしまうといい。 小さい放電塔へ登れるハシゴがあります。 スナップモウは電撃属性で感電させることができるが、 ラヴェジャーの方は電撃耐性があるので簡単には感電してくれません。 オーバーライド実行後は、ドームが消え去った瞬間にラヴェジャーの背中に取り付けてある 『ラヴェジャー砲』を集中攻撃して部位切断した方がいい。 そうすれば接近攻撃しかやってこなくなるので、仕掛けたワイヤートラップにハメれやすい。 いざとなれば、ラヴェジャー砲を拾って敵を始末することもできる。 スナップモウは感電させつつ、爆弾系で倒した方が楽。 ワイヤートラップでフリーズサック部分が破壊されたりすると、冷気攻撃が周囲に広がるので 距離を離しながら戦うのがポイント。 スナップモウは冷気飛び道具で攻撃してくるので、 安全に戦いたいなら『 耐冷の薬』を使用しておけば、75%の冷気ダメージ耐性が付きます。 全体的にラヴェジャーから先に倒したい。 『近接の爆弾』を投げまくって、あちらこちらに仕掛けておけば、 どちらの敵も近づかれる前に撃破できるかと思います。 バトルエリアが狭いので、スナップモウのブレイズキャニスター狙いの爆破などは避けたい。

次の

ホライゾンゼロドーン 狩りまくれ!ウルトラハードの機械獣攻略法 後編

ホライゾンゼロドーン 攻略

2017年11月7日から配信された大型拡張コンテンツ、凍てついた大地に関しての感想などをまとめていこうと思いますー。 元々、このゲームをプレイしたのはこのブログを解説した直後くらいだったので、全編を通して割りと楽しんでプレイしたゲームの1つでもあります。 【DLC】【大型】 こんな言葉がDLC発表から並んでいたので、個人的にはハデスとサイレンスに関して掘り下げられるものだとばかり思っていましたが、実際には 拡張コンテンツであり、本編ではあまり立ち寄らなかったバヌークからさらに北の大地が追加され結果的には寄り道要素のような感想を持ちました。 それにしても雪の質感なんかは本編では味わえなかったホライゾンゼロドーンの新しい一面と景色でかなり綺麗に感じました。 とか思っていたらグラ自体にもメスを入れるというこだわりポイントがあったんですねw そりゃ綺麗な筈だ。 他にも残っていた不具合の解消なんかを加えてアップデートしているので、元々プレイをしていた人でも新規プレイすればまた新しい発見があるかもですね。 ホライゾンゼロドーンのDLCから感じた事 スコーチャー戦が最大の目玉 プレイ当時の感想にも書いたのですが、機械獣の種類の問題や強さの感覚はこのDLCで解消されました。 事前に発表されていた機械獣スコーチャーは狼がモチーフとなっており、普通にレベル上げしているアーロイを使用しても結構な確率で乙る、もしくは苦戦します。 本編ではわりと力技だけでも簡単にクリア出来るタイプでしたが、北の大地で力技はあまり通用しなかったですw 久々にプレイしたんで初見では全く勝てませんでしたねw 掘り下げられたバヌーク族 バヌーク族に関しては本編ではサイドクエストの1つ【一時の平穏】で訪れた時に、シャーマンを有する、ホライゾンゼロドーンに登場する部族の中でもかなりミステリアスな人物達でしたね。 今回の拡張コンテンツのメイン登場人物は、このバヌーク族のオーリアや狩人たちになっています。 また、追加されたガイアのDNA蘇生プロジェクトの中にあったヘファイストスの暴走についても触れられます。 デーモン化した機械獣の原因を探り、根本的な解決を図るのがサイドクエストとして追加された『凍てついた大地』での主な目的になります。 禍ツがハデスの配下とすれば、デーモン化はヘファイストスだという感じですかね。 追加コンテンツなので、エンディング後の謎は残ったまま シナリオの時系列で言えば『門前の使者』をクリアしてから、北の大地が解放されるので 実際のところ本編で謎のまま終わったサイレンスに関しての伏線や、最後の行動の意味については 一切触れられません。 (一応出てはくる) このDLCを追加購入している人であれば、ほぼシナリオ自体は一度クリアしているでしょうから、クリア後について何かの情報を期待していた人からすると若干の残念感は禁じえません。 まあ、逆に考えればこのDLCの内容によって ホライゾンゼロドーン2が現実味を帯びたという感じではありますが・・・ 肝心のボリュームですが、シナリオを既にクリアしており、アーロイがフルスキルくらいのレベルになっていれば、色々と遊んで大体6時間もあればクリア可能だと思います。 ただ、マップそのものはかなり広くなるので、全部見回って景色なんかを楽しむとなると全部で20時間くらいは楽しめそうです。 DLC価格は2000円なので、雪景色でフォトモードなんかを楽しみたい人には良いかもしれません。 個人的には解放をもう少し遅らせて、推奨レベルも30程度に設定してほしかったかなと思います。 あと、サイドクエスト扱いじゃなく、メインクエストの1つとして扱って欲しかったですね。 ガイアに関係するエピソードが含まれているので、フルパッケージ版で初めてプレイする人には嬉しい内容かもです。 未プレイで迷っているのであれば来年度発売予定のコンプリート版で遊ぶほうが良いかと思います。 バヌーク族の謎は解けた バヌーク族は村の中に機械獣がいたり、他の部族とは全く違う生活を描かれていましたが、この拡張コンテンツによってバヌーク族とアーロイによるデーモン化を食い止められたことになります。 ただ前述したように結果的に見れば大きな寄り道イベントが追加された形になるので エンディング前(ハデスの最後の猛攻)~エンディング(サイレンスによるハデス回収とサイレンスが立っていた巨大な機械)などのパラダイムには変化がありません。 アーロイとバヌーク族によって北には平穏が戻るように見えますが、シナリオ関係を考えると 結果的にハデスによる機械世界の復活計画はその後に発動されてしまいます。 続編に期待 正直なところ、管理人はこのDLCによってハデスとサイレンスの関係やエンディング関係の伏線や謎が解決されるものだと勝手に決めつけていた部分はありますw ですが、シナリオを通してプレイすると分かるようにあまりにも謎の多すぎるサイレンスについて終わらせられるのはやはり続編という形でしかないのかなという感想です。

次の