おうちでんき 評判。 おうちでんきの評判は?

おうちでんきの評判は?

おうちでんき 評判

2020年1月29日 新電力へ切り替えようと考えてる方の中には、ソフトバンクが運営しているおうちでんきも検討していることでしょう。 おうちでんきは、セット割引や生活トラブルのサポートサービスなどが魅力です。 しかし、具体的にどのようなメリットがあるのか分からず、切り替えずに大手電力会社で契約し続けているかと思います。 ここではおうちでんきの口コミや評判、公式サイトのサービス概要などを比較調査してわかったメリットとデメリットを、分かりやすくご紹介していきます。 特にソフトバンクユーザーの方や、セット割引のサービスを受けたい方はおうちでんきを検討してみてください。 そのため、同じ会社が運営している2つの新電力に、どのような違いがあるのか悩むのではないでしょうか。 おうちでんきを検討している方はもちろん、自然でんきが気になっている方も確認してみてください。 また、電力量料金は、使用量に応じて3段階まで単価が上がります。 一方自然でんきの電気料金プランは、基本料金0円の電力量料金のみがかかる構成です。 そして電力量料金は1段階とシンプルです。 例:東京電力エリアの単価で比較(おうちでんきは契約電流10Aと仮定) おうちでんき 自然でんき 基本料金 260円(税抜) 0円 電力量料金 17円9銭、23円83銭、27円51銭(税抜) 24円08銭(税抜) さらにおうちでんきは、最低月額料金214円40銭が加わっています。 分かりやすく表現すると、おうちでんきは大手電力会社と同じ仕組みで、自然でんきはシンプルな仕組みに変わっています。 この段階でどちらが優れているという判断は早いので、あくまで違いがあるということを中立的な視点で把握しておくことが大切です。 おうちでんきのポイントは、ソフトバンクユーザーや電力使用量の多い世帯向けというところです。 特に日中の電力使用量が多いご家庭の場合は、おうちでんきに切り替えることで電気料金を安くできる可能性があります。 なぜなら、ソフトバンクユーザー向けのセット割引を用意しているからです。 正確にはソフトバンクもしくはワイモバイルに契約しているユーザーは、以下2点の割引サービスを受けることができます。 ソフトバンクやワイモバイル系、1回線契約ごとに電気料金が毎月100円割引 2. 電力量料金が毎月1%割引 回線割引の対象端末や通信契約については、公式サイトで定められています。 ですので、おうちでんきに切り替える前に、現在契約している通信プランや端末を確認しておきましょう。 端末 通信契約 スマートフォン ・iPhone ・Android 携帯電話 ・みまもりケータイ ・あんしんファミリーケータイ タブレット Wi-Fiルーター SoftbankAir Softbank光 Yahoo! BB ADSL Yahoo! BBバリュープラン セット割引を利用することで、電力使用量に限らず電気料金を少しでも抑えられるのはメリットといえるでしょう。 特にソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方は、おうちでんきの切り替えを検討してみるのもおすすめです。 実施期間は2019年12月1日までですので、切り替え予定の人やご家庭は早めに契約申し込みを行いましょう。 また、初回月とは、おうちでんきに契約し、初めて料金請求される月のことです。 おうちでんきの一時的なメリットですが、初回料金0円というのはお得なサービスです。 また、今後も不定期にキャンペーンを実施する可能性はあるので、将来的に別のメリットを得る可能性もありますよ。 そのため電力使用量の多い世帯は、切り替えメリットを得られるでしょう。 大手電力会社の従量電灯制B:50A以上から切り替えた場合は、1ヶ月あたり200円前後安くできる可能性があります。 また、セット割引が適用された場合は、さらに100円以上安くなるので毎月300円前後電気料金を抑えることが可能です。 電気料金を抑えられる電力使用量は、おおよそ350kWh以上ですが大手電力会社によって違うため、切り替えるまえにおうちでんきのシミュレーションツールを利用しましょう。 おうちでんきのトップページには、電気料金シミュレーションがあり以下の項目を入力すると、電気料金の削減額を算出してくれます。  ソフトバンクに契約しているか  契約中の大手電力会社  契約プラン  契約A数  1ヶ月の電気料金もしくは電力使用量、対象年月  郵便番号 手軽に算出できるので、是非利用しながらメリットを得られるか判断してみてください。 そのメリットとは、インターネット料金やスマホ料金をおうちでんきの電気料金をまとめて支払えることです。 おうちでんきでは、ソフトバンクユーザーもしくはワイモバイルユーザーの状態で契約すると、ソフトバンクやワイモバイルで請求される通信料金も1つにまとめて支払うことができます。 たとえば毎月の電気料金や通信料金を別々に支払うことが面倒な方や、支払い関係をスマートにしたいと考えている方にも大きなメリットでしょう。 おうちレスキューと呼ばれるサービス名で、水回り、鍵、ガラスに関するトラブルを24時間365日修理などの対応をしてくれます。 例  水回り:水道管や蛇口の水漏れ修理など  鍵:鍵を紛失した場合に修理や新しい鍵製作対応など  ガラス:自宅の窓ガラスが割れた、ひび割れした場合に修理・交換対応 詳細な対応内容については、公式サイトに明記されていないので気になる場合は、おうちでんきから問い合わせしてみるのがおすすめです。 東京電力エリアでおうちでんきに契約した場合は出張料無料で、東京電力エリア以外の場合は2年間出張無料で対応してくれます。 あくまで電力の小売りサービスを切り替えただけですので、送配電に関しては大手電力会社の設備やシステムを引き続き利用しています。 もしも、おうちでんきの電力供給に関して不安を抱いている方は、この機会に正しい知識を身に付けておきましょう。  おうちでんきへ切り替える:サービスのみが切り替えるだけで送配電は変わらない こちらのメリットは、どの新電力にも共通するポイントですので、新電力を調べ始めた方は特に覚えておくことをおすすめします。 具体的には、電力使用量やソフトバンクユーザーという点で、デメリットになるケースもあるため慎重に比較検討しましょう。 それではおうちでんきのデメリットを、分かりやすくご紹介します。 なぜなら、おうちでんきの電気料金プランには、オール電化住宅に合ったプランがありません。 つまり割高になりやすいからです。 オール電化住宅は、ガスでまかなっていた部分を全て電気機器で対応しています。 そのため、日中・夜間問わず常に電気を使用しているため、自然と電力使用量が多い状態です。 そこで大手電力会社では、オール電化住宅向けに夜間や早朝など特定の時間帯は、電気料金単価を抑えるプランも提供しています。 もちろん新電力にもオール電化向けプランがあるので、同じタイプに切り替えれば更に安くできる可能性もあります。 しかし、大手電力会社でオール電化向けプランを契約している場合は、従量電灯制に相当するおうちでんきへ切り替えると、夜間や早朝も単価は変わらないため割高になってしまいます。 対策としては、現在契約している電気料金プラン(従量電灯制B、C、夜間プランなど)を明細書や大手電力会社のサイトで確認したり、電気料金のシミュレーションを行ったりしましょう。 そのため電力使用量が少ない1人暮らしや、節電意識の強い世帯の場合は切り替えメリットを得ることは難しいでしょう。 また、10Aや5A契約など、極端に契約A数が少なかったり、電力使用量100kWh以下だったりする場合は、現在契約しているプランをおすすめします。 電力使用量が200kWh前後や20A~30Aなどで契約している場合は、LooopやHISでんきなどを検討することがおすすめです。 Looopなどの新電力は、1人暮らしや電力使用量20Aなどに向けた単価設定・プランもあるので、電気料金を抑えることができます。 そのため、誰もが割引メリットを得られる訳ではないため、対象外ユーザーはおうちでんきへ切り替えてもメリットは少なくなってしまいます。 おうちでんきを検討している方は、切り替える前に通信契約も確認した上でメリットがあるか判断しましょう。 もし、違う通信会社に契約している場合は、ソフトバンクの自然でんきを考えるのがおすすめです。 自然でんきはおうちでんきと違い、基本料金0円ですので割引特典なしで電気料金を抑えられる可能性があります。 また、新電力によっては、解約手数料0円もあるので手数料コストという点でデメリットといえるでしょう。 解約手数料は契約期間に関わらず必ずかかります。 ただし、他の新電力は解約手数料1000円や2000円などで設定していることが多いため、おうちでんきの手数料は低コストです。 デメリットと感じるかは、解約手数料ありきで考えているかどうかによって変わるでしょう。 そのため割引サービスが適用されない場合は、電気料金の差額は小さくなりますし、適用されても大幅にコストカットすることは難しいのがネックです。 おうちでんきを検討している場合は、生活トラブルのサポートサービスや通信料金をまとめられる点も含めて、切り替えメリットになるか考えるといいでしょう。 電気料金を大幅に安くしたいと考えている場合は、基本料金0円や電力料金1段階の新電力から探すのもおすすめです。 大きな特徴は、ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザー向けの割引サービスによって、毎月100円や数100円安くできるところでしょう。 (適用期間2年間) また、電気料金プランの方向性は、電力使用量の多い世帯向けに作られています。 大手電力会社の従量電灯制Bと同じ仕組みですが、電力量料金は以下の設定です。 おうちでんき:3段階制(税抜)  120kWhまで:1kWhごとに17円90銭  120kWhを超え300kWhまで:1kWhごとに23円83銭  300kWhを超える:1kWhごとに27円51銭 大手電力会社と同じ仕組みを探している方にも、おうちでんきはおすすめでしょう。 おうちでんきへ切り替える方法に、難しい設定などはありませんので身構えず柔軟に考えることが大切です。 既にスマートメーターへ交換しているご家庭の場合は、最短2ステップで完了するので手間は掛かりません。 また、スマートメーターに交換していない場合は、おうちででんき側で交換工事の手配を行いますが料金0円で対応してもらえます。 ですので交換工事費用の用意は不要です。 ソフトバンクのおうちでんきへ問い合わせ 2. メーターが旧式の場合はスマートメーターへ交換 3. おうちでんき側で自動切換え ほとんどの切り替え手続きは、おうちででんきと大手電力会社と取り交わされるので、ほぼ自動的に切り替わります。 そして切り替わった後は、翌々月から請求が行われます。 特に電気料金を削減できるかどうかが重要ですので、ソフトバンクユーザーや契約端末・通信プラン、電力使用量などを確認しましょう。  ソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザー  割引対象の回線がいくつあるのか 具体的には上記2点を確認します。 まず、ソフトバンクユーザーもしくはワイモバイルユーザーであれば、電力量料金1%割引は適用されます。 続いて1回線ごとに100円の割引が適用されるか、対象端末・通信プランを契約しているか1つ1つ確認しましょう。 おうちでんきは、基本的にソフトバンク・ワイモバイルユーザー向けのプランですので、少なくともどちらかの契約をしていればメリットを感じるかと思います。 おうちでんきの場合は、公式サイトにシミュレーションツールがあるので簡単に削減額を確認できます。 ただし比較対象は大手電力会社のみですので、既に新電力へ切り替えている場合は別のツールもしくは手動で計算しましょう。 そして、2プランは、コンセプトや電気料金単価が異なるため切り替え前に比較検討しておくことが大切です。 ちなみに自然でんきは基本料金0円で電力量料金のみですので、シンプルで分かりやすいのもメリットです。 また、おうちでんきはと違い、ソフトバンクユーザー向けの割引特典を軸にしていません。 そのためソフトバンクユーザー以外の方も、電気料金を抑えやすいのも特徴です。 しかし、結局のところ大手電力会社とおうちでんき、どちらを選べばよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 どのような生活スタイルの方が、大手電力会社・おうちでんきに向いているのか分かりやすく解説していきます。 また、毎月の電力使用量が300kWh以上の場合は、月100円~300円前後安くすることができます。 ・毎月の電力使用量が300kWh以上 ・ソフトバンクユーザー ・ソフトバンクユーザーで通信費をまとめたい方 ・生活トラブルサポートにお得を感じる おうちでんきに乗り換えるか悩んでいる方は、電力使用量とソフトバンクユーザーの2点を確認した上で判断するのがおすすめです。 また、ソフトバンクユーザー以外は、割引特典を受けられないため大手電力会社を選ぶか自然でんきなど、割引特典なしでもお得に利用できるプランを探しましょう。 ・毎月の電力使用量が300kWh未満 ・ソフトバンクユーザー以外 大手電力会社は、電力使用量の少ない方も高過ぎない電気料金で利用できるため、乗り換えない方が負担を抑えられる可能性もあります。 電力自由化後は、通信会社のソフトバンクも参入するなど、電力市場は大きく変わっています。 そしてソフトバンクが運営しているおうちでんきは、主に電力使用量の多い世帯やソフトバンク・ワイモバイルユーザーがお得に利用できるサービスです。 毎月の電気料金は、おおよそ100円から300円前後抑えられる可能性があり、割引も適用されれば400円程抑えることもできます。 電力使用量の少ない世帯は、Looopなど使用量の少ない方向けのプランを提供している新電力を検討するのがおすすめです。 また、オール電化住宅の場合は大手電力会社もしくは、オール電化向けプランのある新電力を探しましょう。 おうちでんきは電気料金を安くするだけでなく、通信料金とまとめて支払うことや生活トラブルのサポートサービスも魅力を感じる方におすすめですよ。 おうちでんきを含む新電力はさまざまなプランを提供していますし、大手電力会社も新しいプランや割引サービスがあるので、自分や家族に合ったプランを慎重に選びましょう.

次の

良い事ばかりじゃない!?おうちのでんわの注意点とデメリット

おうちでんき 評判

ソフトバンクでんき - 提供エリア 月額電気料金 提供エリア 自然でんき 北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア おうちでんき 東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア ソフトバンク「自然でんき」はこんなプラン ソフトバンクの「自然でんき」は、基本料金がゼロ円、電力量料金も1段階という分かりやすい電気料金を展開しています。 また自然でんきの一部で、環境保全団体を支援することも可能です。 ソフトバンクのスマホ・ケータイとのセット割のプランなどはありません。 ソフトバンク「おうちでんき」はこんなプラン おうちでんきは、スマホやネットとセットにすることで、ソフトバンクと契約しているケータイ・スマホ・タブレットなどの回線10回線が2年間、1回線につき100円引きになります。 (3年目以降は50円/回線) ソフトバンクでんきの解約方法 ソフトバンクのでんきの解約には、ソフトバンクへの連絡が必要となっています。 ソフトバンクのコールセンターやMy SoftBankやソフトバンクでんきを契約をした代理店へ連絡をします。 おうちでんきの解約金 ソフトバンクの「おうちでんき」では1年を待たず解約すると、 解約にともない解約事務手数料もかかります。 次の電気料金を探す際のポイント ソフトバンクでんきの後に契約する電気料金はもう決まっているでしょうか。 ここでは次の電気料金選びのヒントをご紹介します。 セット割り・まとめ割りは計算が必要 セット割りが必ず「一番安くなる」オプションではありません。 セット割りはとにかくどれだけ本当に安くなるのか計算する必要がありますので、契約をする前に確認をしましょう。 バラバラに契約した方が安くなる場合もありますから比較をお忘れなく。 またいったん契約するとどれだけ安くなっているか分からないというデメリットがセット割り(まとめ割り)にはあることを覚えておきましょう。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 ですから気になる電力会社があればシュミレーションをしてみて安いところを選べば間違いないでしょう。 加えて、分りやすさに特化したプランも選んでみるのもポイントになります。 電気料金の中には電気の使用が少なくても、一定安くなるプラン、逆に電気の使用量が多いほど安いプランにだいたい分かれます。 にありがちな「本当に安くなっているのかな?」感がないのがいいですね。

次の

ソフトバンクでんきに申し込む前に!注意点と評判をチェック! | 超節約術

おうちでんき 評判

おうちのでんわの注意点とデメリット 電波状態や場所によっては使えないことも 電話回線のような有線ではなく、無線で通信するということは室内にアンテナを立てるようなものなので、場所によっては電波状態が悪くなったり圏外になる可能性もあります。 一応ユニットのランプ色で「良好・弱い・圏外」はわかるので、電波状況が悪い場合には色々置き場所を変えてみる必要があります。 基本的に ソフトバンク携帯の電波が入る場所ならOKなんですが、 高層階や地下等なら使えない場合もあります。 また、無線電波である限りは電波干渉が起こる可能性もあるので、ホームセキュリティ等ある場合も注意する必要があります。 あまり電話機本体に近い所にユニットを置くとノイズが入ることもあるので注意。 (最初真横に置いたらノイズがすごかったです) 電話線口近くでなくても、どこにでも設置できるのはメリットなのですが、 契約して設置してみないと使えるかわからないのはちょっとした賭けです。 電波が悪く使えないという理由で解約(クーリングオフ)しようとしても、 設置場所が悪いからという理由で応じてくれないというトラブルも起こっています。 工事不要で立ち合いの必要が無いのはメリットですが、NTTのように工事会社の人が自宅まで来て色々調べた上で設置してくれたりするわけではないので、 使用できることが確認された上でサービスが始まるわけではないことに注意してください。 停電時に使えない おうちのでんわユニットはコンセントから電源を取ってるので、 停電になると一切使えなくなります。 ちなみにNTTのアナログ回線だと、電話機から電源を取るタイプでも大抵は停電になっても使えるようになってます。 代わりに携帯など持ってればいい話ですが、固定電話しか連絡手段が無い場合は注意です。 2018年12月6日には、携帯が5時間程度すべて不通になるという 大規模な障害が起こりました。 おうちのでんわ(Softbank Airも)は ソフトバンク携帯と同じ電波を使用しているのでこういった際は おうちのでんわまで使えなくなります。 しかも、 復旧後もユニットを再起動しないと使えないままになってしまいます。 もしユニットの赤ランプが点灯していたら 電源入れなおしすることで直ります。 障害2日後くらいにも電話(0800-111-1820から)の自動音声案内がきました。 こういう案内はすぐしてほしいですけどね。。 障害があったこと自体ネットでお知らせされただけですし、そのネットもSoftbank Air使ってたらわからなかったわけで。 便利な部分もありますが、通信系すべてを一社にまとめるとこういった際に 通信機器がすべて使えないなんてことにもなるので注意が必要ですね。 ユニットの信頼性は? ユニットという機械を挟む限り、これが 故障したらどうなんの?とか、ソフトウェアアップデートもたまに行っているので、それが 更新失敗したら?等々の不安が付きまといます。 保証期間は1年なのでこの間に自然故障した場合は無償交換してくれるということですが、そもそもが故障されると困るし、 どうやって自然故障と判断するの?って話です。 まぁそれ言っちゃうと光回線のモデムもそうなんですが、どれくらい持つものなのかわからないのはちょっと不安になります。 NTTのように工事に来て見てくれるわけでもありません。 その他の故障の場合は5,000円で交換対応してくれるそうです。 せめて自然故障は分割支払いしてる間の3年は保証してよって思いますけどね。。 ユニットは買い取る必要がある 上記でお気づきかと思いますが、 おうちのでんわユニットはレンタルでは無く買い取りとなります。 本体価格は 16,740円(税込)とそこそこなお値段。 こんなちゃっちいのがそんな高いの?って感じですが、一応割賦契約を36ヶ月結ぶことで月月割でソフトバンクが全額負担してくれるので、利用している間は実質0円となります。 月々の支払いが発生しないので忘れがちですが、割賦契約というのは要は 3年縛りということなので、3年経たずに途中で解約したりすると 残り代金を一括で支払う必要があります(8日以内に解約するなら無償) 例えば 1年で解約すると2年分の代金11,160円が一括請求され、後には何の使い道も無いガラクタユニットだけが残るハメになります。 知ってか知らずかここらへんちゃんと説明されないことも多いので注意。 そこまでお得にならないケースもある 月額500円と謳ってはいますが、これは「でんわまとめて割」に入ることが条件です。 「でんわまとめて割」とは、契約者がソフトバンク関連のサービスを利用していれば適用されるのですが、 途中で携帯をドコモやauに変えたり、Softbank Airを解約したりすると月額料金は980円になってしまいます。 さらに意外な落とし穴が「番号通知」や「キャッチホン」などの 有料オプションは有料のままなので、おうちのでんわにしたからといって安くなったりはしません。 それでも高いですけど。。 ) このオプションパックの適用にも「でんわまとめて割」に入る事が条件なので注意。 ソフトバンクサービスを利用していない、アナログ電話で使用していた各種オプションを継続したい場合は期待するほど安くはならない可能性もあるので注意してください。 しかしこれを機会にバカみたいに高くて使えないオプションを外すいい機会だとも思えますけどね。 (キャッチホンとか今時誰が使うんだろう・・・) 実際は月額500円ではない 実際は540円(税込)です。 500円ってのは 税抜き価格です。 気になりませんか?個人的にこういうのちょっとイラっとします。 緊急電話の際は少し注意が必要 携帯ネットワークを使用することで心配な方も多いかと思われますが、おうちのでんわでも110や119への 緊急通報は可能ですのでご安心ください。 フリーダイヤル等もかけられますし、 かけられる範囲はこれまでの固定電話と同じと思っていいです。 ただし注意したいのが緊急通報をした場合、 警察や消防局側で表示される番号は通常の電話番号でなくIP電話番号になり、おおよその発信場所しか通知されません。 (住所によってはおおよその発信場所すら通知されない) 普段からしょっちゅう緊急通報する人はそうそういないでしょうからどういうこと?と思われるかもしれませんが、通常固定電話(光電話含む)から緊急電話をかけると、 登録されている住所・氏名・電話番号が相手側に通知されます。 また、 回線保留・逆信機能という、かけた側が途中で電話を切ったとしてもずっと保留状態になり、逆に発信し直すことも可能という何気にすごい機能もあります。 これらは特に緊急時、通報者の気が動転してしまって間違った情報を伝えてしまったり、出動が遅れてしまったりすることを防ぐ意味でも重要な機能ですが。。 おうちのでんわではこの機能が使えず、 おおよその場所しか通知されません。 これは例えばマンションの一室なんかではどの部屋かわからないので非常に困ります。 なので電話番号を聞かれた際は03-の方でなく、相手側に表示されている070等から始まる番号を伝えないといけませんし、住所や名前もちゃんと伝えておく必要があります。 結構重要なことなので、ユニットには「緊急通報専用電話番号シール」っていう番号を記載したシール(下記画像右上)が同梱されています。 わかりやすいところに貼っておくと共に家族にもちゃんと説明しておきましょう。 特に高齢者には「IP番号が云々~」なんて難しいことを伝えてもわからないと思うので、そういうもんだと言っておけばいいです。 まだサポートが不安 何気に一番心配なのがこれです。 何かあった時に頼りにするのがサポートセンターなんですが、まだ始まりたてのサービスであるためトラブルシューティングができておらず、扱う案件が長く複雑な歴史を持つ固定電話契約なだけにあまり詳細を理解していないフシがあります。 さらに名義人以外が代理で契約してあげよう、ネット回線もついでに一緒に契約しよう、なんてする際はトラブルが起こると色々と入り組んでかなりややこしくなる可能性もあります。 僕が申し込んだ際も、数日した頃に 「申し込み内容がおかしいから一旦中断します。 とりあえずサポートに電話して。 」 みたいなメッセージが急に届いたのでサポートに連絡したのですが、契約した時に電話回線名義人の名前(父)を書くべきところが自分の名前になっていた、、というのを修正するだけに各部署をたらい回しにされた挙句1時間くらいかかりました。 電話の待ち時間も長いし、変更されるべき内容が変更されて無かったりするし。。 正直ソフトバンクのサポートにはいい印象がありません。 僕の場合光回線の名義変更と切り替えも絡んでいたため色々ややこしかったのもありますが、不安があればショップに出向いてショップ店員に確認してもらうのが確実かと。 まとめ 今のところ特に問題なく使えてはいますが、いくら安くなるとはいえこれまでの固定電話とは仕組みが異なりますので、トラブルになった際はかなりしんどい思いをするかもしれません。 まだサポート等もトラブルシューティングを行いながら改善している最中だと思いますので、特に不満が無ければむやみに飛びつく必要はないかと。 ネットでまだあまり情報が無いのも、みんな普通に使えてるからなのか、はたまたまだ普及段階だからなのかちょっとわかりません。 これから新規で固定電話を引きたい、自分が契約してる固定電話を切り替える、なんかであればいいサービスだと思いますが、例えば離れた実家の親の固定電話を換えてあげよう、なんてするのは 結構リスクが高いのではないかと思います。 NTTアナログ回線の最大のメリットって高齢者だと特にそうですが 信頼感だと思いますから。 場合によっては余計なことすんなと家族トラブルに発展しかねません。 そこらへんお金と釣り合わせてどっちがタメになるかよくよく検討してみてください。 ちなみに前述通り、おうちのでんわを月額500円で利用するにはソフトバンク携帯かSoftbank光を使用していることが条件となりますので、もし光回線が無い場合は下記よりSoftbank光を導入してください。 キャッシュバックもありますのでかなりお徳に光回線が引けます。 読み飛ばしていただいても結構です。 NTTは固定電話回線を順次IP網に切り替えていく計画を立てています。 つまりアナログ電話はそもそも 2024年にはすべてメタルIP電話というものになります。 さらに上記発表前の2015年にNTTが発表している資料の中で、おうちのでんわと関連するような記述がありました。 併せて「固定電話」の提供方法等についてもできる限り効率的に提供できるように見直す。 (具体例) 自治体等からの要請により無電柱化(ケーブルの地中化)等を行うに当たって、メタルケーブルを再敷設せず、 光や無線を使って提供 「固定電話」に求められてきた高い通話品質等(遅延条件等)を 携帯電話並みに見直しする より引用 これつまり、新設や再工事する電話線は おうちのでんわと同じ無線にするってことですよね。 このNTTがやろうとしていることをソフトバンクが先に刈り取ろうとしているサービスがおうちのでんわなのではないでしょうか。 ちなみにNTTはIP網にまとめた後も固定電話の基本料金は 据え置きにするそうです。 IP網に変わると言われてもネットリテラシー0の高齢者なんかには理解できないでしょうし、料金が変わるとなると色々説明する必要あるのが面倒なのはわかりますが、、仕組みはIP電話になるのに同じ料金取ると言うのは中々酷い話です(元々アナログが高すぎ) つまり、知らないうちに おうちのでんわと同じ仕組みになるのに料金据え置きとなると、いよいよNTTの固定電話を使い続けるメリットは無くなりますので、どうせなら早めに切り替えておいた方がお得かもしれません。 ちなみにこの話を利用して「今後固定電話が使えなくなるけどこれ買えば安心」系の詐欺がボチボチ出てきてるようなので注意してください。 結構な世帯数が絡む規模の話なのでこれからこれ系の詐欺や悪徳業者はもっと増えると思います。

次の