絆2 何かが起こるような 期待値。 【バジリスク絆2】ハイエナ狙い目/やめどき

【バジリスク絆2】別格の高設定挙動台を1日実戦!データもまとめてみました

絆2 何かが起こるような 期待値

天井到達率が高めなので、天井狙いにはプラス要素ですね! ゾーン狙いはせず、スルー回数と併用した天井狙いで攻めていくのがいいでしょう。 狙い目 狙い目 0スルー 300G~ 1スルー 400G~ 2スルー 350G~ 3スルー 100G~ 4スルー以上 0G~ ゲーム数天井の狙い目はスルー回数に応じて変化させていく形がベストだと思います。 基本的にはスルー回数が少ないほどボーダーが高めになりますが、 0スルー時にゲーム数天井に到達すれば、AT確定+期待獲得枚数優遇という恩恵があるため、少し浅めから狙うことが出来ます。 4スルー以上していれば、ゲーム数不問でAT当選まで打ち切っていいでしょう。 ただし、前述しましたが、 スルー天井はG数天井からのBC当選でもリセットされるので、狙う際はスルー回数だけでなくBCの当選G数も要チェックです。 また、天井狙いの場合はデータカウンターではなく、 サブ液晶のゲーム数を参考にしてください。 プッシュボタンを押すとサブ液晶に現在のハマリゲーム数・BCスルー回数が表示されるので、必ずチェックしましょう。 ただし、即ヤメ厳禁のパターンがあるので、以下にまとめました。 また、も確認しておきましょう。 通常モードテーブル 通常時はモードA~Dの4種類のモードがあり、高モードほどBC当選時のAT突入率が優遇。 モードD滞在時はBC当選=AT確定となります。 このモードはテーブル1~16の16種類のテーブルで管理されていて、最大7回スルーで天井到達。 基本は6回スルーで天井となりますが、最大天井が選択された場合はAT複数ストックに期待できるようです。 である程度モードが推測できると思うので、そこから滞在テーブルを予測し、場合によってはBC後もAT当選まで打ち切ったほうがいいパターンもあるかもしれませんね。 朧BCの月 星空 流れ星 流星群 モードA 50. 月ならモードC以上確定• 赤満月ならモードD確定 となっているので、確認できた場合は次回当選まで追ったほうがいいですね。 モード判別をするためにも、BC当選時は朧を選択したほうが良さそうです。 絆ランプが点灯した場合はテーブル15or16確定となるので、次回AT当選まで打ち切ったほうがいいですね。 朧・弦之介ボイスは追えるかどうか際どいラインですが、個人的には即ヤメでいいかなと思います。 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112.

次の

バジリスク絆2|朝一リセット・有利区間移行時の恩恵を実戦値で考察

絆2 何かが起こるような 期待値

天井到達率が高めなので、天井狙いにはプラス要素ですね! ゾーン狙いはせず、スルー回数と併用した天井狙いで攻めていくのがいいでしょう。 狙い目 狙い目 0スルー 300G~ 1スルー 400G~ 2スルー 350G~ 3スルー 100G~ 4スルー以上 0G~ ゲーム数天井の狙い目はスルー回数に応じて変化させていく形がベストだと思います。 基本的にはスルー回数が少ないほどボーダーが高めになりますが、 0スルー時にゲーム数天井に到達すれば、AT確定+期待獲得枚数優遇という恩恵があるため、少し浅めから狙うことが出来ます。 4スルー以上していれば、ゲーム数不問でAT当選まで打ち切っていいでしょう。 ただし、前述しましたが、 スルー天井はG数天井からのBC当選でもリセットされるので、狙う際はスルー回数だけでなくBCの当選G数も要チェックです。 また、天井狙いの場合はデータカウンターではなく、 サブ液晶のゲーム数を参考にしてください。 プッシュボタンを押すとサブ液晶に現在のハマリゲーム数・BCスルー回数が表示されるので、必ずチェックしましょう。 ただし、即ヤメ厳禁のパターンがあるので、以下にまとめました。 また、も確認しておきましょう。 通常モードテーブル 通常時はモードA~Dの4種類のモードがあり、高モードほどBC当選時のAT突入率が優遇。 モードD滞在時はBC当選=AT確定となります。 このモードはテーブル1~16の16種類のテーブルで管理されていて、最大7回スルーで天井到達。 基本は6回スルーで天井となりますが、最大天井が選択された場合はAT複数ストックに期待できるようです。 である程度モードが推測できると思うので、そこから滞在テーブルを予測し、場合によってはBC後もAT当選まで打ち切ったほうがいいパターンもあるかもしれませんね。 朧BCの月 星空 流れ星 流星群 モードA 50. 月ならモードC以上確定• 赤満月ならモードD確定 となっているので、確認できた場合は次回当選まで追ったほうがいいですね。 モード判別をするためにも、BC当選時は朧を選択したほうが良さそうです。 絆ランプが点灯した場合はテーブル15or16確定となるので、次回AT当選まで打ち切ったほうがいいですね。 朧・弦之介ボイスは追えるかどうか際どいラインですが、個人的には即ヤメでいいかなと思います。 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112.

次の

まどマギ2 天井解析|天井狙い目 天井恩恵 天井期待値 ゾーン 穢れ やめどき 高確示唆

絆2 何かが起こるような 期待値

ども、くろっくです。 Twitterでは 愛姫を打つ打たないの議論が活発です。 愛姫は、 1日ブン回す前提であれば機械割103. この「103. 僕の結論から言うと、 打つのもアリといえばアリです。 しかし 1日拘束される"機会費用"には全く見合ってないと思います。 すると 「愛姫の機会費用=7hのエナ稼働利益+5hの自由時間」となります。 とりわけ今はハイエナのバブルだし。 だから愛姫を打ったほうが良い」という理論です。 これは完全に間違ってます。 とりあえずは愛姫の機械割や時給から説明します。 愛姫の機械割&時給について 【愛姫の基本情報】 ・押し順の設定差を見抜くと機械割104. ・そして1000Gもかからずに判別は完了する? 【機械割シミュレート】 ・0~1000G = 99. もしかすると「実はボナ中は機械割発生しない可能性もあるよ」ってことは頭に置いといてください。 その他の詳細などは、ゆらさんのブログをご覧ください。 愛姫を1日回すメリット まとまった仕事量が確実に担保される =そこそこの日当が確実に担保される 8時間ブン回す前提であれば、日当12,000~14,000は確保できます。 12時間ブン回す前提であれば、日当19,000~22,500は確保できます。 もし「それなりの日当が確実に欲しい」という目的があるのならば、 愛姫を打つことでその目的は達成されます。 日当だけの面で考えれば悪くないように見えます。 一方でデメリットもあります。 主に3つです。 機械割103. もしも3000Gとかで台をヤメたら102. ですが・・・ 例えば「3000G時点で凱旋800に移動して戻ったら愛姫が取られてた」という展開であれば、愛姫3000G回転の機械割は102. だから「103. 僕が言いたいのは 「この1日ブン回す稼働を月に何日続けられるんですか?」ということ。 僕の主観ですが、月15日稼働で体力は限界になるような気がします。 普通に考えて「ずっと1日座ったままブン回す」というのは肩. 背中が悲鳴を上げるでしょ。 これがハイエナならば。 適度に徘徊するので歩けます。 だから肩. 背中への重圧がかなり和らぐんですよ。 しかも色んな台を打てるので気分転換にもなります。 つまり 「もし月15日稼働で疲労MAXになるならば日当が良くても意味ないじゃん」ということなんですよ。 ・愛姫=1日12hが奪われる ・ハイエナ=平均12hもの仕事量はとれない。 ただしそのぶん時間は浮く。 仕事量はとれるんだが、そのぶん時間が犠牲になってるわけです。 これは冒頭で述べた「機会費用」の話につながってきます。 9h 」ということです。 このように「愛姫を打つことで本来あったはずの時間が大安売りされてしまう」という現象が起こるわけです。 もちろん 「愛姫で1日まとめて打てば月の交通時間を短縮できる」という要素はありますよ。 でも交通どうこうを加味しても、犠牲にしてる時間が割に合わないでしょ。 だから愛姫を打ったほうが良い」と考えてる人までいます。 ハッキリと断言しますが、上の考えは完全に誤っています。 10回に2回は設定6をツモって104. 理由は3つあります。 設定2などが入ればさらに機械割は上がるから。 新台や看板機種に関しては現実的に設定2は使われます。 もちろん愛姫も設定6が入れば機械割は上がるもののとても現実的ではありません。 ここを勘違いすると「時給2000円ラインのハイエナなんて拾ってない時間も入れると時給1500円を下回っている」などという愚かな思考になるわけです。 もちろん拾ってない時間がどの程度かは重要ですよ。 たぶん 「101. 仕事量 104愛姫 >> 101. 7エナ 機械割 104愛姫 << 101. 7エナ 総合 104愛姫=101. 7エナ. まとめると、別に104愛姫を打つことを否定してるわけではありません。 仕事量を確保できるメリットは一定の価値はあるわけだし。 ただし頭に置いておくべき点があるわけで。 ただし、もし考慮していないのなら愛姫を打つか考え直しても良いのでは?という話です。 では、ここらへんで。 もやってます! ・ベル個数別の天井期待値 ・通常時&ART後の対決間天井期待値 ・対決間ゾーン期待値 ART後.

次の