バットマン 見る 順番。 ジョーカーの原作のバットマン!ダークナイト(トリロジー)シリーズの順番はこれだ!

『ダークナイト』は何番目?映画『バットマン』シリーズの順番!旧四部作・新三部作のあらすじと悪役

バットマン 見る 順番

近年、邦画で多く見受けられるようになった漫画原作の映画化。 この潮流は洋画においても同様に起こっている。 2000年代以降アメリカの漫画、いわゆるアメコミを原作とした映画作品は雨後のタケノコの如く数を増やし続けているのだ。 もともと「スパイダーマン」「バットマン」「スーパーマン」など、アメコミは古くから映画化されていたが、2000年に公開された『X-メン』の大ヒットは状況を加速させた。 その勢いは今なお衰えず、なんとこの先2020年までにアメコミの映画化は30本超が予定されている。 更にヒーローやヴィラン(悪役)が映画の枠を越えて共演するクロスオーバー作品も増え続けている。 それらは僕らをワクワクさせてくれるのだが、あるひとつの弊害を生んでしまった。 「どの作品から見れば良いのだろう?」 その盛り上がりや話題性とは裏腹に、何から手を付けたら良いのか分からなくなっている人も多いはずだ。 そこで、これからアメコミ映画の話題作をできるだけ楽しめるように、どの作品から手を付けるのがベターか解説してみたい。 最後まで読み進んでもらえれば、好みのアメコミ映画をチョイスできるようになるはずだ。 Contents• 6 マーベルとDCコミックは別物! まずは発行元の出版社から見てみよう。 アメコミの出版社は大きく分けて2つ、マーベルとDCコミックだ。 映画化されるアメコミの殆どが、この2つの会社によって出版されている。 映画では出版社の垣根を越えてクロスオーバー作品が生まれることがないので、マーベルとDCコミックで作品をしっかり分けて考えないといけない。 この大前提を抑えるだけでもかなりすっきりできるはずだ。 『スパイダーマン』シリーズ• 『』シリーズ• 『アベンジャーズ』シリーズ• 『』シリーズ• 『アイアンマン』シリーズ• 『マイティ・ソー』 DCコミックの映画化作品• 『スーパーマン』シリーズ• 『バットマン』シリーズ• 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』• 多くのアメコミファンがマーベルとDCコミックのヒーローやヴィランはどっちが強いのか?と盛り上がっているが、それはマーベルとDCコミックのクロスオーバーが難しいからこそなのだ。 マーベルのソー、ハルク、シルバーサーファーといったヒーローたちは100トンの物体を持ち上げるのに対し、DCコミックのスーパーマンは80万トンの物体を持ち上げられる。 そもそも設定から大きく違っている。 それでも、ファンはそんな議論にいつまでも夢中になってしまう。 アメコミにはファンのロマンがあるからだ。 映画制作会社とクロスオーバー作品の関係 マーベルとDCコミックで映画化作品を分類してみたが、それよりもさらに重要なのが映画制作会社の違いだ。 20世紀FOX、ソニーピクチャーズ、レジェンダリー・ピクチャーズ、マーベルスタジオ、DCエンターテインメントなど多くの映画制作会社がアメコミのキャラクターごとに映画化権を持っており、この垣根を越えるのもまた難しいのだ。 この制約により、同じ出版社のキャラクターでも映画制作会社が違うと共演させることができない。 クロスオーバーの境界線 アメコミ映画の人気が上がるほどに映画化権争いは激しくなる。 こうなると状況はややこしくなり、初心者がさらに取っ付きにくくなるという矛盾が起きてしまっているのだ。 そこで別の映画制作会社同士ではクロスオーバーできないというルールを踏まえて、さらに作品を分類してみよう。 そうすれば、完全にどのヒーローやヴィラン(悪役)のクロスオーバーが可能かがわかる。 実際は共同製作などもあるため映画化権はもう少し複雑だ。 ここではあくまで作品を整理するための分類と捉えてほしい。 マーベル原作映画の制作会社 20世紀FOX• 『』シリーズ ソニーピクチャーズ• 『アベンジャーズ』シリーズ• 『アイアンマン』シリーズ• 『マイティ・ソー』シリーズ• 『キャプテン・アメリカ』シリーズ DCコミック原作映画の制作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ• 『スーパーマン リターンズ』• 『マン・オブ・スティール』• 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』• ただ現時点で実際にクロスオーバー作品を手掛けている会社はマーベル・スタジオとDCエンターテインメントだけである。 マーベル・スタジオのクロスオーバー作品は「マーベル・シネマティック・ユニバース」。 DCエンターテインメントのクロスオーバー作品は「DCエクステンデッド・ユニバース」としてそれぞれまとめられている。 よってクロスオーバー作品を見る正しい順番は「マーベル・シネマティック・ユニバース」と「DCエクステンデッド・ユニバース」をそれぞれ公開順に見ていくことだ。 クロスオーバー作品は公開順で! ここで重要なのが、「マーベル・シネマティック・ユニバース」と「DCエクステンデッド・ユニバース」のそれぞれを一つのシリーズとして捉えることだ。 クロスオーバー作品は、同一タイトルの続編を順番に見てしまうと間が抜けてしまう。 例えば、『アイアンマン』を見た後に『アイアンマン2』を見るのではなく、その間に『インクレディブル・ハルク』を挟まなければいけない。 こうすることによって、アメコミの醍醐味であるクロスオーバーによる世界観の広がりを体感できるのだ。 『アイアンマン』(2008)• 『インクレディブル・ハルク』(2008)• 『アイアンマン2』(2010)• 『マイティ・ソー』(2011)• 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)• 『アベンジャーズ』(2012) フェイズ 2• 『アイアンマン3』(2013)• 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)• 『』(2015)• 『』(2015) フェイズ 3• 『』(2016)• 『ドクター・ストレンジ』(2016)• 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2』(2017)• 『ブラックパンサー』(2018)• 『アントマン&ワスプ』(2018)• 『キャプテン・マーベル』(2019)• 『インヒューマンズ』(予定) DCエクステンデッド・ユニバース• 『マン・オブ・スティール』(2013)• 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)• 『』(2016)• 『ワンダー・ウーマン』(2017)• 『ジャスティス・リーグ』(2017)• 『ザ・フラッシュ』(2018)• 『アクアマン』(2018)• 『シャザム』(2019)• 『ジャスティス・リーグ パート2 』(2019)• 『サイボーグ』(2020)• 『グリーンランタン コープス』(2020) まとめ/アメコミ映画を見る順番 アメコミ映画を見ようと思った時に、まず注意するのがクロスオーバー作品かどうかということ。 「マーベル・シネマティック・ユニバース」と「DCエクステンデッド・ユニバース」に分類されているクロスオーバー作品であれば、タイトルに関係なくその中で公開順に見ていく。 クロスオーバーしていなければ、その作品のシリーズをそのまま公開順に見ていく。 まとめると、たったこれだけのことなのだ。 ただ、それをわざわざ出版社や映画制作会社で分類し順を追って説明したのは、アメコミ映画がこの先さらに複雑になるからだ。 現在も「マーベル・シネマティック・ユニバース」に対抗して、20世紀FOXが『X-MEN』と『ファンタスティック・フォー』のクロスオーバー作品を計画している。 この事例からも伺えるように、この先クロスオーバー作品を制作する会社が増えていくことが予想される。 出版社や映画制作会社の垣根を越えてのクロスオーバーはできない。 この基本ルールを抑えておけば、複雑化する状況にも対応できる。 Sponsored Link 最初におすすめのアメコミ映画 この記事を読んでくれた人の多くは、「バットマン」や「スーパーマン」のような日本でもお馴染みとなったヒーロー作品が見たいわけではないと思う。 となると最初に抑えておきたいのは、今のアメコミ映画化の流れを作った『』シリーズだ。 大ヒット作ということもあるが、アメコミ映画の歴史を語る上で外せない作品だからだ。 この先アメコミ映画にハマっていけば、マーベリックかDCコミックかという好みも必ず出てくる。 そんな時、基準にし易いのが『』シリーズだ。 他にも『』シリーズを勧める理由はある。 現在進行形の作品でありながら、ちょうど一つのシリーズが完結して切りが良いこと。 そして、この先クロスオーバーによる世界観の広がりも期待ができる。 ただ、大ヒットシリーズなのでスピンオフも含めると全8作と数が多い。 どれから手を付けていいのか分からないという声も多いが、もちろん『』シリーズも公開順に見ていくのが正しい。 また同じ年、これらに対抗する形でDCエンターテインメントもワーナー・ブラザースに買収されている。 こうしたマーベルとDCコミックのライバル関係がより巨大な資本を呼び込み、アメコミ映画化の流れを加速させている。 業界が活性化するのは大いに結構なことだが、ファンを無視した映画産業の在り方には疑問が残る。 特にアメコミ映画はクロスオーバーが大きな醍醐味だ。 大人の事情が垣根を生み、ファンの夢を壊してしまっているのが現状だ。 過去にコミックではマーベルとDCコミックのクロスオーバーが行われている。 映画も制作会社同士が協力すれば、より自由な世界観で作品を描けるようになり、それは映画文化自体の発展にも繋がるはずだ。 「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」のようにマーベルでもDCコミックでもないアメコミの映画化はシンプルでわかり易い…… 初めまして。 俄かの私にも凄く分かりやすかったです! おかげさまで順序を間違うことなく過去の作品から観賞できそうです。 ところが少し寂しい事に最近アメコミ映画に関しての記事を 更新されていないように伺えました、現在エンドゲームが興行収入ランキング 一位のアバターを抜き、アメコミ映画だけでなくディズニーも実写化が 加速し映画界がとても賑わっている様に感じますのでどうかどんな記事 でも良いので新たな更新を楽しみにしております。

次の

『ダークナイト』は何番目?映画『バットマン』シリーズの順番!旧四部作・新三部作のあらすじと悪役

バットマン 見る 順番

連続活劇バットマン The Batman (1943年)• バットマン Batman (1989年)• バットマン リターンズ Batman Returns (1992年)• バットマン フォーエヴァー Batman Forever (1995年)• バットマン & ロビン Mr. バットマン ビギンズ Batman Begins (2005年)• ダークナイト The Dark Knight (2008年)• ダークナイト ライジング The Dark Knight Rises (2012年)• バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Batman v Superman: Dawn of Justice (2016年)• ジャスティス・リーグ Justice League (2017年)• ジョーカー Joker (2019年)• ザ・バットマン The Batman (2021年) 今回は、迷うあなたにおすすめの見る順番と、絶対見るべき作品を紹介します。 連続活劇バットマン The Batman (1943年)• バットマン Batman (1989年)• バットマン リターンズ Batman Returns (1992年)• バットマン フォーエヴァー Batman Forever (1995年)• バットマン & ロビン Mr. バットマン ビギンズ Batman Begins (2005年)• ダークナイト The Dark Knight (2008年)• ダークナイト ライジング The Dark Knight Rises (2012年)• バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Batman v Superman: Dawn of Justice (2016年)• ジャスティス・リーグ Justice League (2017年)• ジョーカー Joker (2019年)• ザ・バットマン The Batman (2021年) バットマンシリーズの実写映画の見る順番 正しい見る順番は、公開された順番に見ることです。 個人的にも公開順に見るのがおすすめです。 特に見るべきバットマンシリーズはどれ?おすすめは? バットマンシリーズ全部を見るのが一番良いけど、結構な時間が必要だし、映画を探すのも大変です。 だから、まずは絶対に抑えておくべきバットマンシリーズを紹介します。 絶対に抑えておくべきバットマンシリーズは「バットマン ビギンズ トリロジー」と「ジョーカー」 絶対に見るべきバットマンシリーズは、先ほど結論を述べた通り、クリストファー・ノーラン監督による三部作「バットマン ビギンズ トリロジー」と2019年に公開された「ジョーカー」です。 ジョーカーは、ダークナイトに登場したヴィラン(悪役のこと)で、バットマンをかなり苦しめたキャラクターです。 映画「ダークナイト」ではヒース・レジャーがジョーカーを演じており、最高のジョーカーと名高い演技です。 公開前に28歳の若さで死亡するということもあり、伝説と化したジョーカー。 そして、映画「ジョーカー」ではジョーカー役をホアキン・フェニックスが演じています。 ジョーカーことアーサー・フレックの過去が明らかになる作品です。 大道芸人のアーサー・フレックが、どのようにして悪に染まり、最恐最悪のスーパーヴィランのジョーカーに変貌を遂げたのかが分かります。 「バットマン ビギンズ トリロジー」と「ジョーカー」を無料で見る方法 これらは今すぐ見た方が良い!!っておすすめしたくなるくらい面白い映画です。 できるなら、お安く見たいですね。 なんなら無料で見れたら嬉しいですよね。 実は、合法で、無料で見れる方法があります。 連続活劇バットマン The Batman (1943年)• バットマン Batman (1989年)• バットマン リターンズ Batman Returns (1992年)• バットマン フォーエヴァー Batman Forever (1995年)• バットマン & ロビン Mr. バットマン ビギンズ Batman Begins (2005年)• ダークナイト The Dark Knight (2008年)• ダークナイト ライジング The Dark Knight Rises (2012年)• バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Batman v Superman: Dawn of Justice (2016年)• ジャスティス・リーグ Justice League (2017年)• ジョーカー Joker (2019年)• ザ・バットマン The Batman (2021年) 正しい見る順番は、公開された順番に見ること。 そして、一覧から下記の4つは本当におすすめの映画なので、一度見て下さい。 バットマン ビギンズ Batman Begins (2005年)• ダークナイト The Dark Knight (2008年)• ダークナイト ライジング The Dark Knight Rises (2012年)• ジョーカー Joker (2019年) この4つをこの順番で見ていくのが一番正しくておすすめの順番です。 出来れば、ジョーカーを見た後に再度ダークナイトを見ると、更に面白いですよ。 ジョーカーの生い立ちや境遇などが分かってから、ダークナイトを見ると、最初の時とは少し違う捕らえ方も出来て、より一層面白く観れます。 何度もDVDレンタルとかしているとお金がかかるので、動画配信サービスの「 」の 無料お試しで4作品とも無料で見ましょう。 31日間も無料期間があるので、ゆっくり見れるのも嬉しいところ。 この機会にバットマンシリーズの面白さを味わってほしいです。

次の

【 DC映画(DCEU)】この順番でみるべし、時系列と今後の公開作品(まとめ)

バットマン 見る 順番

出典 : Amazon. jp 2000年の『仮面ライダークウガ』から始まった平成ライダーは、2019年の『仮面ライダージオウ』まで20作品続きました。 シリーズが完結したので振り返ろうと思った時に困るのが 時系列。 派生作品があったり、 パラレルワールドの話だったりと時系列が曖昧でどれから見るのが正しいのかわからなくなりますよね。 そこで今回は時系列に沿って平成ライダーの見る順番をまとめました。 派生作品からパラレルワールドの話まで網羅しているので参考にしてみてください。 『仮面ライダークウガ』 出典 : Amazon. jp 『仮面ライダークウガ』は 劇場版やVシネマが制作されなかったため、平成ライダーの中で最も時系列がわかりやすい作品です。 まずは テレビシリーズ1話から49話。 その後、 小説版へと続きます。 小説版ではテレビシリーズから13年経って成長したキャラクターたちの姿を見ることができますよ。 『仮面ライダーアギト』 出典 : Amazon. jp 『仮面ライダーアギト』から劇場版が制作されるようになります。 テレビシリーズ1話から33話の後、物語はテレビスペシャルの 『仮面ライダーアギトスペシャル 新たなる変身』へと発展。 劇場版『仮面ライダーアギト PROJECT G4』の後、 テレビシリーズ34話から51話につながります。 『仮面ライダー龍騎』 出典 : Amazon. jp 『仮面ライダー龍騎』には13人もの仮面ライダーが登場するため、人数の多さに混乱しそうになりますが、時系列自体は複雑ではありません。 テレビシリーズ1話から50話までで物語は完結。 その後、 『RIDER TIME 龍騎』を見ることでテレビシリーズから16年後のキャラクターたちの姿を見ることができます。 『仮面ライダー555』 出典 : Amazon. jp テレビシリーズ1話から50話までが『仮面ライダー555』における 正規の時系列。 劇場版『仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』や 小説版は パラレルワールドの話となっています。 別な世界観を楽しみたければ劇場版や小説版にも触れてみてください。 『仮面ライダー剣』 出典 : Amazon. jp 『仮面ライダー剣』は前述した4作品に比べると時系列がやや複雑です。 テレビシリーズ1話から49話までが 本編。 劇場版『仮面ライダー剣 MISSING ACE』ではテレビシリーズ終了から4年後の世界を描いています。 小説版『仮面ライダー剣 たそがれ』と ドラマCD『仮面ライダー剣 切り札の行方』では、劇場版からさらに年月が経った物語が展開。 時系列の最後となるのが 講談社の小説版。 テレビシリーズから300年後の世界を描いた物語となっています。 『仮面ライダー響鬼』 出典 : Amazon. jp 『仮面ライダー響鬼』の時系列は 小説版から。 小説版の舞台は江戸時代。 テレビシリーズのはるか昔に活躍していた仮面ライダーたちが登場します。 その後、 テレビシリーズ1話から48話へと物語が展開。 テレビシリーズ以前の物語が描かれているのは平成ライダーの中でも珍しいと言えますね。 劇場版『仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』はテレビシリーズとつながりのない パラレルワールドの話になります。 『仮面ライダーカブト』 出典 : Amazon. jp 『仮面ライダーカブト』は 小説版でテレビシリーズ以前の物語が描かれています。 しかし、テレビシリーズを見てからでなければ理解できない猫写が多いのが事実。 まずは テレビシリーズ1話から49話を見ることをおすすめします。 小説版は大きくわけて下記4つのパートで展開。 複雑な構成となっているため、まずはテレビシリーズで知識を得る必要があります。 ・テレビシリーズ以前の話 ・1話と2話のまとめ ・47話から49話のまとめ ・テレビシリーズのその後 劇場版『仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』は時系列のつながりがないパラレルワールドの話です。 『仮面ライダー電王』 出典 : Amazon. jp 平成ライダーの中でもトップクラスの人気を誇る『仮面ライダー電王』は数多くの派生作品が制作されています。 テレビシリーズ終了後に制作されたものもあり、時系列が曖昧かと思いきや意外とまとめやすいため順番に迷うことはありません。 まずは テレビシリーズ1話から27話。 劇場版『仮面ライダー電王 俺、誕生!』を挟み、 テレビシリーズ28話から49話につながります。 劇場版『さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』を経て、 小説版へ。 小説版ではテレビシリーズから数年後の世界が描かれています。 下記の作品は スピンオフ作品や パラレルワールドの話であるため、時系列を気にせず楽しんでください。 jp 『仮面ライダーキバ』の時系列は前作『仮面ライダー電王』に比べるととても簡単。 テレビシリーズ1話から48話で終了です。 小説版はテレビシリーズの振り返り、下記の 劇場版は スピンオフ作品と パラレルワールドの話であるため時系列には関係しません。 jp 平成ライダー10作目の『仮面ライダーディケイド』は記念作品ということもあり、様々な作品にゲスト出演することが多く時系列が複雑です。 テレビシリーズ1話から23話の後に続くのはなんとスーパー戦隊シリーズ。 『侍戦隊シンケンジャー』の20話へとつながります。 テレビシリーズ24話の後は再び 『侍戦隊シンケンジャー』の21話へ。 その後 テレビシリーズ25話から31話へとつながり本編が終了。 後に『仮面ライダーウィザード』と『仮面ライダージオウ』にもゲスト出演。 先輩ライダーとして成長した姿が描かれていました。

次の