牧場 物語 スイッチ。 ドラえもん 牧場物語 攻略所

【牧場物語】最新作「再会のミネラルタウン」発表!【Switch】

牧場 物語 スイッチ

牧場物語とは? 『出典・』 『牧場物語シリーズ』は、スーパーファミコンから発売され続けている人気タイトルです。 主人公が牧場を経営するゲームですが、これといって 明確な目的は存在しません。 自分がしたいことを気ままに行うことができ、何かに追い立てられることはありません。 もちろん、テーマに沿って作物や家畜を育てることが主な日課となります。 現在のゲームアプリではお馴染みの 『箱庭ゲーム』の先駆けといえるでしょう。 最新作は『牧場物語 3つの里の大切な友だち』 『出典・』 牧場物語の最新作は、2016年6月に3DSで発売された『牧場物語 3つの里の大切な友だち』です。 基本要素に変更はありませんが、タイトル通りに3つの里が登場し、 それぞれの里に住む住人たちと交流を深めることができます。 もちろん、大切な友だちになれるかはプレーヤー次第です。 スポンサーリンク ニンテンドースイッチに3つの里が移植か? ニンテンドースイッチに登場するのは、完全新作か、移植かは不明です。 ただ、『牧場物語シリーズ』は2年ごとに最新作を発表しており、去年出したばかりなのに完全新作を制作するとは考えづらいです。 なので、『牧場物語 3つの里の大切な友だち』の移植がニンテンドースイッチ初の『牧場物語シリーズ』になりそうです。 まとめ 『牧場物語シリーズ』は、RPGやアクションゲームが苦手なユーザーに好まれる傾向があります。 なので、女性にも人気のタイトルとなっています。 その背景もあり、女の子の主人公も作られています。 ゲームをうまくできない方でも、すぐに始められる作品ですので、ぜひ興味があったら手に取ってみてください。 一緒に読まれている記事 スポンサーリンク.

次の

ドラえもん 牧場物語 攻略所

牧場 物語 スイッチ

スローライフを代表する2種類の『牧場物語』 そんなのんびりとした『どうぶつの森』ですが、同じように スローライフを体験できる代表的なゲームと言えばマーベラスの『牧場物語』も有名です。 そのタイトルの通り主人公は牧場の経営主となって、作物を育てて出荷したり、馬や牛といった動物を飼育したり、街の住人とコミュニケーションを取って最終的には結婚したり…、その人のプレイスタイルに合わせて遊べる自由度の高さが人気を博しています。 始まりは1996年にスーパーファミコンで発売された『牧場物語』でしたが、今でもその人気からシリーズは続いており、2019年10月17日にはニンテンドースイッチにて『牧場物語 再開のミネラルタウン』も発売されました。 海外での展開も広げていた『Harvest Moon』 『スーパーマリオ』を代表するアクションゲームや、『ストリートファイター』といった格闘ゲームが大きな人気を集めていたスーパーファミコン時代に、『牧場経営シミュレーション』という一風変わったジャンルで発売された『牧場物語』ですが、 目的や目標を自分で定める『箱庭モノ』ゲームの先駆けとして大きな人気を集めました。 シミュレーションゲームが決して少ない訳ではありませんでしたが、『ファイアーエムブレム』のようにシビアな戦略ゲームだったり、『シムシティ』のように細かな数値を把握しなければいけなかったり…、ハードルの高いタイトルが多かった中で 緩やかな雰囲気が多くのユーザーを集めたのかもしれません。 その後もニンテンドー64やプレイステーションなど様々なハードでリリースされていますが、海外でも同じように展開していて、1997年には初代 『牧場物語』の海外タイトル『Harvest Moon(ハーベストムーン)』が発売されました。 日本では『パック・イン・ビデオ(後のマーベラス)』から発売されていましたが、海外はアメリカのカリフォルニア州にある『Natsume Inc. (以下ナツメ)』が販売を担当し、その後も『Harvest Moonはナツメのゲーム』というイメージが根付いていきます。 海外で発売された『Harvest Moon』の最新作 『Harvest Moon』が『牧場物語』の海外版という事は分かったと思いますが、2017年11月14日にはHarvest Moonシリーズの最新作『Harvest Moon: Light of Hope』がニンテンドースイッチとPS4にて発売されました。 しかし、マーベラスは2019年の『牧場物語 再開のミネラルタウン』までは3DS向けにタイトルを開発していて、 日本ではPS4で遊べる牧場物語シリーズは未だにありません。 つまりこの『Harvest Moon: Light of Hope』は間違いなく牧場物語の系譜なのですが、 日本未発売の海外限定タイトルという事になります。 なぜこのような事になったのか説明すると複雑な事情があって、2012年に3DSで発売された『牧場物語 はじまりの大地』までは変わらずナツメがローカライズを担当していましたが、2014年の『牧場物語 つながる新天地』からは『Xseed Games(以下エクシードゲームズ)』というマーベラスの子会社が販売を担当しています。 しかし、 『Harvest Moon』の商標はナツメが権利を持っているので、エクシードゲームズのローカライズでは『Harvest Moon』というタイトルを使う事ができず、『牧場物語 つながる新天地』からは『Story of Seasons(ストーリー オブ シーズン)』というまったく別のタイトルに変更されています。 一方で牧場物語のローカライズをしなくなったナツメですが、こちらは変わらず『Harvest Moon』のタイトルを使えるので、マーベラスの 本家『牧場物語』とは別に独自の『Harvest Moon』を開発するようになりました。 これによって海外では日本の牧場物語を翻訳した『Story of Seasons』と、ナツメの開発した本家とは異なる『Harvest Moon』の2種類が展開されています。 日本では発売されていないもう1つの牧場物語 ナツメの開発した『Harvest Moon』はこれが初めてではなく、2014年に3DSで『Harvest Moon: The Lost Valley』を発売し、その後はスマートフォンやPCに向けたタイトルもリリースしています。 ゲームの内容は本家『牧場物語』と同じように牧場の経営主になって、作物や家畜の世話をしながら街の復興、異性との結婚が目標になっていますが、 ノスタルジーで昔ながらの雰囲気を大切にしているコメントされており、比較的シンプルでスタンダードなゲームデザインが特徴的です。 グラフィックに関してはやはりマーベラスの『牧場物語』の方が日本には合っていそうですが、ゲームシステムはまさしく昔から慣れ親しんだ牧場物語そのものなので、日本でもリリースされれば十分に楽しめるユーザーは多いかと思います。 しかし、当然ですが本家がある以上は日本で『牧場物語』のタイトルを使う訳にもいかず、それが日本での展開を難しくしているのではないかと言われています。 そして面白そうなゲームとは言え、半ば 牧場物語のタイトルを乗っ取る形でシリーズを続けているようにも見えてしまうので、それを考えると少し複雑に思うファンもいるかもしれません。 また、権利がどうなっているのか定かではありませんが、牧場物語においてお馴染みのキャラクターである『魔女さま』がナツメの『Harvest Moon』にも登場したりと、人によっては『スピンオフ』ではなく『ニセモノ』のように感じる人もいそうです。 日本からすると複雑なタイトルなのかも…? という訳で『牧場物語』と『Harvest Moon』の関係についてを今回はまとめてみました。 ローカライズの会社を変えた事によって、牧場物語の海外タイトルを『Story of Seasons』に変更するのは仕方ないのですが、元々のタイトルであった 『Harvest Moon』をナツメが今でも使い続けている…というのは日本のファンから考えると少し微妙に思えるかもしれません。 このような事情を知っていれば良いのですが、中には『Story of Seasons』にタイトルが変わった事を知らずに『Harvest Moon』のシリーズを遊び続けている人もいると思いますし、場合によってはマーベラスと関係ないところで『昔のHarvest Moonの方が面白かったな』なんて感想を持たれている事もありそうです。 例えば『コンパイル』が倒産した後に『セガ』が引き継いで『ぷよぷよ』を開発した…などの事例はありますが、まだマーベラスも健在であり『牧場物語』シリーズも続いている中で、本家とは別の『牧場物語』があるのはかなりややこしい話です。 とはいえ、日本でも農場のシミュレーションゲームは未だに根強く、例えば『Stardew Valley』はインディーゲームでありながらパッケージ版が発売されるほどの人気を持っています。 この『Harvest Moon』もタイトルの問題さえ解消されれば、日本でも多くのユーザーに受け入れられるかもしれません。

次の

Switch『牧場物語 再会のミネラルタウン』評価感想まとめ!!「ロードが速くキャラが可愛い」「スローライフなのにハイスピード」「UIが不親切」などなど

牧場 物語 スイッチ

かつて少年時代に夏休みに祖父の経営する牧場へ遊びにやって来て、その近隣に済む同年代の女の子と親交を深めた過去を持つ主人公が成長後、亡くなった祖父に代わり牧場再建を目指すと言うストーリー。 3年以内に牧場を元通りの立派な牧場として再建するか、かつて出会った少女と結婚する事でエンディングを見る事が出来ます。 結婚出来るヒロインは数人存在しており、結婚相手が実は「あの時の女の子」だったと言う設定になります。 又、女主人公のストーリーは男主人公とは異なり、版では天涯孤独の主人公が1人旅の途中に船で難破した所に物語の舞台「ミネラルタウン」に流れ着き、介抱された荒れ果てた牧場にて「帰る場所が無いなら」と牧場主になる事を勧められた事によりゲームが始まります。 一方の「ミネラルタウンのなかまたち for ガール」では仕事三昧の生活に飽き飽きしていた主人公がチラシで見た牧場での呑気な暮らしに憧れて、家を売り払って「ミネラルタウン」にやって来た所、その牧場が荒れ果てていた為に再建を目指すと言うストーリー。 チラシで見ただけで即刻アクションを起こせるアクティブな主人公です。 「牧場物語 再会のミネラルタウン」のストーリー より引用 リメイク元である「ハーベストムーン」等とストーリーに変更は無い様です。 ただし、ストーリーは男主人公準拠になった模様。 主人公について より引用 主人公に従来の物と今時風の物の2種類のデザインが用意された様です。 男主人公 より引用 伝統の「いつもの」デザインです。 「牧場物語の主人公」と言えばこの男主人公をイメージする方も多いのでは。 男主人公:新デザイン より引用 今時のデザインです。 洗練された印象を受けます。 女主人公 より引用 「牧場物語の女主人公」と言えば彼女。 天涯孤独で旅をしていたり、社会人としてくたびれていたりと作品によって境遇が違います。 女主人公:新デザイン より引用 今時のお嬢さん感がとても出ていますね。 快活そうな印象を受けます。 結婚候補のキャラクターについて 旧デザイン より引用 男主人公の場合は女子が嫁候補、男子が恋のライバルとなり、女主人公の場合は男子が婿候補、女子が恋のライバルとなります。 イベントを逃すと永遠に独身のキャラクターも存在致しましたが、本リメイクでは修正されるのでしょうか。 又、候補となるキャラクターは本作では増えているとの事。 嫁候補のキャラクター 現時点 執筆当時現在 に公開されている嫁候補のキャラクターは以下の通りとなります。 ポプリ より引用 カレン より引用 だいぶ印象が変わった気が致しますね。 マリー より引用 管理人がかつての初回プレイでお嫁に迎えたのが、この「マリー」。 シルエットこそあまり変化はありませんがデザインはやはり洗練された印象。 エリィ より引用 こちらも印象に変化が余りございませんね。 見た目が大人しめのキャラクター程、全体的にデザインの変化も控えめなのでしょうか。 ラン より引用 随分と印象が変わりましたね。 「素朴な田舎娘」と言った印象でしたが「町のお嬢さん」と言った雰囲気です。 ジェニファー 新キャラ より引用 「大人のお姉さん」と言った雰囲気。 婿候補のキャラクター リック より引用 「魚屋の若大将」風のデザインから華麗な方向転換を果たしましたね。 正直、新デザインで1番驚いたのはこの「リック」かも知れません。 クリフ より引用 「山賊」風のワイルドなファッションから「ファンタジー世界の村人」風の衣装に着替えましたね。 髪型もの「バッツ」の様です。 元々は「カレン」のいとこでした。 グレイ より引用 お洒落になりましたね。 「主人公と同年代のイケメン」枠なのでしょうか、今時の若者感があります。 ドクター より引用 変わっていないですね。 ほんの少しだけ髪が落ち着いた程度でしょうか。 カイ より引用 ワイルドさが減って「街の兄ちゃん」感がUP。 設定に合ったデザインになった様に感じます。 ブランドン 新キャラ より引用 「リック」や「ドクター」とは違ったタイプのイケメン。 どことなくワイルドです。 リック&旧女主人公• 最近ではが発売されのリメイクも発表されておりましたが「 普通の牧場物語」も開発していたのですね。 「のび太の牧場物語」では恋愛・結婚要素が存在しておりませんでしたので「恋愛ゲーム」として「牧場物語」を遊ぶ方々には楽しめなかったかも知れませんが今回リメイクされる「ミネラルタウン」シリーズではその辺りは バッチリですので恋愛要素を楽しみにシリーズをご購入されている方にも安心です。

次の