アルファルファ 牧草。 うさぎの飼い方 牧草、乾草、ワラ

ケレス|アルファルファ|マメ科牧草種子|酪農畜産分野|商品情報|雪印種苗株式会社

アルファルファ 牧草

無燻蒸のこだわり 日本に輸入される牧草のほとんどが、輸出前に燻蒸という薬剤による病害虫の駆除を行っています。 燻蒸に使われる薬剤については、残留性が極めて低く安全とされています。 うさぎのしっぽでは、ウーリー社の協力の下、燻蒸しない牧草を輸入販売し、皆様にお届けしています。 こだわりの指定農家 うさちゃんが好むおいしい牧草は、大規模農家ではできない、細やかなこだわりから生まれます。 うさぎのしっぽの一番刈チモシーは、牧草のことを知り尽くした家族経営の指定農家さんが育てています。 牧草作りが大好きで、自ら農地を耕し、土質の調査や肥料の選定をおこない、畑作りをしています。 また、一番大切な刈り取りの時期の決定や乾燥、刈った牧草をベール(塊)にする作業、保管、出荷まで指定農家さんがすべてを行います。 産地のこだわり アメリカ有数の牧草産地、ワシントン州のエレンズバーグとコロンビアベースンの牧草にしぼって輸入しています。 どちらもマウントレーニア山など高い山脈に囲まれた盆地で昼と夜の温度差があり、美味しい牧草が育ちます。 また、刈入れ時期に雨が少なく、盆地特有の強い乾燥した風が吹くため短時間で水分が抜け、チモシーのきれいな緑色と香りが残ります。 牧草の選別 指定農家さんで育てた牧草全てがうさぎのしっぽの1番刈りになるわけではありません。 収穫、保管された牧草の中からいくつものサンプルを日本に送ってもらいます。 それを実際うさちゃんに食べさせて、嗜好性のよいものだけを輸入します。 実は、ワシントン州には、大きな牧草会社が何社もありますがこのように農家さんを指定したり、細かい注文をしたりすることは簡単にできません。 若刈りのこだわり チモシーの穂が出はじめて間もなく、花が咲く前に刈り取りを行う事(早刈り)にこだわっています。 早刈りのチモシーは、花が咲いた後に刈り取る遅刈りに比べ、茎が細く柔らかいのが特徴です。 その上、嗜好性も良く栄養豊富で消化が良いとされます。 早刈りのチモシーには、うさちゃんが好んで食べる美味しさと柔らかさがあります。 ) 毎週月曜日午前9:00(受付に時間指定があります。 )までのご注文を、その週の水曜日にクール便にて発送させていただきます。 そのため、他の商品と一緒にご注文いただきましても個別のクール送料がかかります。 送料無料について サンプル、カタログ等の無料商品につきましては、ご注文の際に一緒にお買物カゴにお入れください。 ご購入者のみ商品と同梱して発送いたします。 サンプル、カタログ(無料商品)のみのご購入はご遠慮ください。

次の

デグー用の牧草「アルファルファ」について徹底解説

アルファルファ 牧草

アルファルファの栄養素 我が家で食べる直前のアルファルファ アルファルファ製造販売元のサラダコスモさんが2011年5月13日に外部検査機関を使って調べたデーターです。 栄養成分 表示単位 100g 当り• エネルギー 24kcal• 水分 94. たんぱく質 3. 脂質 0. 炭水化物 2. 灰分 0. ナトリウム 3. 9mg• カリウム 52. 3mg• カルシウム 12mg• マグネシウム 10. 4mg• ビタミンB1(チアミン 0. 09mg• ビタミンB2 0. 01mg• saladcosmo. html 土地に栄養素が少なく、見栄えだけが良い野菜を食べるより、少量でも栄養素が沢山摂れる野菜を探して辿りついたのがアルファルファでした。 我が家でも子供達からはじまり家族全員、アルファルファを食べています。 アルファルファで注意する栄養素 栄養素が多く、毎日でも沢山食べたいアルファルファですが、栄養素が沢山あって摂りすぎに注意が必要な栄養素もあるんじゃないの? 単一の食べ物だけ食べることはダメですので、当然このアルファルファだけを食べていれば大丈夫という訳ではなく、アルファルファで注意が必要な栄養素はカナバニンという種に含まれている栄養素で、カナバニンはアミノ酸の一種で抗炎症作用や血流促進効果、血液・体液の浄化作用があるといわれ、その一方で毒性も含んでいるので、過剰に食べるのはダメということです。 適量を摂取すれば薬ともなるカナバニンですが、過剰に食べればダメということです。 またアルファルファには植物性エストロゲンも含まれているとありましたので、妊娠中や授乳中の人も避けた方が良いです。

次の

【レポート】ひっ迫するアメリカのアルファルファ|農畜産業振興機構

アルファルファ 牧草

・ 豆科に属する多年生植物 ・ アルファルファの起源は、小アジア、トランスコーカシア、トルクメニスタン、イランと考えられており、その後、地中海沿岸、北アフリカ、中東、ヨーロッパ、シベリア、北インド、中国に広がったと言われている。 ・ 茎は高さが50cm〜1mで直立しており、葉は3枚の小葉からなる。 柔らかく甘味があるため食用葉としての利用も広まっている。 アルファルファの種子を発芽させたもやしは糸のように細く柔らかいので、生食に向いている。 アルファルファとは、ペルシア語の「最良の草」の意。 日本には江戸時代に渡来したが普及せず、明治時代以降に北海道で牧草として利用された。 栄養価が高いことから、アメリカではビタミン剤製造に利用されている。 (出典:主婦の友社、料理食材大事典) 2. 食用としての利用 ・ 生食用としては 播種後、3〜7日後の幼苗がアルファルファ・スプラウトとして、サラダ等で食される。 ・ 加工食品としては、茎葉を粉砕し圧縮したもの、或いはそれを固めたものをサプリメント等に用いられている。 shufu2. html.

次の