うどん 手作り。 調理保育でうどん作り

手打ちうどんのレシピと作り方!おうちで打ちたて茹でたてが食べられる!

うどん 手作り

【テレビ】 2020年6月18日 木 15. 34~15:42 「にこまるinfo」 でお中元商品 おススメ をご紹介 をする予定です。 【テレビ】 2011年6月27日 23:00~23:58 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト THE行列 【雑誌】 2011年6月25日発行 7月号 月刊タウン情報おかやま メルマガご購読はこちらまで メールアドレス: 究極の麺といっても過言ではない傑作。 麺のコシ、艶は他のどんな麺にも負けません。 ざるうどんの為だけに作られた麺です。 手延うどん独特のコシとのど越しをお楽しみください。 もっちりとした弾力があります。 煮崩れしにくいので煮込みや鍋物にもおすすめです。 地元岡山の醤油と地酒で造り上げる独特の「麺つゆ」は創業者『藤原 寅太郎』が造り出した味です。 モチモチ感がたまらない「半生」の麺は乾麺では出せない独特の味。 麺通に食べてもらいたい逸品。 中国河北省「天鷹」という種の唐辛子を粉末にし麺生地にねりこみました。 小麦の香りも豊かに残っているので一度召し上がればきっとご満足いただける一品です。 木箱に入った手延べそうめんです。 贈り物にも最適。 小麦粉に塩水を加えながら大きな餅のかたちにねりあげて、15cmくらいの厚さにととのえます。 この生地を、巾15cmくらいの渦巻状に切り、一本の長い棒状に仕上げます。 これが手延べ麺づくりの始まりで、この棒状のような生地を少しずつ、何度にもわけて細めてゆき、そうめんやうどんの形に仕上げるのです。 この手延べ麺をつくるためには、生地づくりから麺の完成までにおよそ、30時間が必要です。

次の

簡単!手打ちうどんの作り方 [うどん] All About

うどん 手作り

この記事の目次• 8歳の子どももお手伝い。 「これがうどんになるのか~」と不思議そうな様子です。 ここでも「踏みたい!」という子どもに手伝ってもらいました。 うちではビニール袋を2枚重ねにして踏んでいます。 もし足では踏みたくないという方は、手でしっかりと4~5分こねるだけでも大丈夫です。 ちなみにこの「足踏み」は香川県にある讃岐うどんの手打ち学校、「中野うどん学校」での手打ちうどん体験でもやっているそうです。 テレビで見て楽しそうだったので、自宅でもこの行程を取り入れるようになりました。 しっかり打ち粉をしないと生地がくっつきやすくなります。 お好みの食べ方でどうぞ。 しっぽくうどんの作り方 この日は香川県でよく食べられている「しっぽくうどん」を作りました。 野菜とお肉がたっぷり入った栄養バランス満点のうどん。 白だしを使ったお手軽レシピです。 材料 大根、人参、里芋、青菜などお好みの野菜と、豚肉 又は鶏肉 適量 白だし 適量 作り方 鍋に湯を沸かし、全ての具を入れて火が通るまで茹でたら、白だしで味を整えてできあがり。 同じ生地でアレンジ:ニョッキ入りトマトスープの作り方 うどんを作るのと同じ生地でイタリア料理、ニョッキも作れます。 こちらもモチモチの食感!包丁でカットしない分、うどんよりも簡単です。 塩麹で味を整えたらトマトスープの完成。 生地をちぎって2cm程度に丸めたらフォークで押しつけるようにして筋をつける。 こちらもまるめる時に子どもがお手伝い。 家族は「普通のパスタより美味しい!」と完食してくれました。 まとめ 私の祖母は料理が上手で、生前はよく手打ちうどんを作っていました。 そんな姿を思い出し、挑戦してみたのが今回のうどん作りです。 何度か作って少しずつ上達しながらも、いまだちょっと太めの麺が混じった不揃いのうどんになりますが、作る楽しさとできたての美味しさは手作りならではだと思います。 小学生でも充分お手伝いでき、食育につながるので親子で作るのもおすすめです。

次の

簡単手打ちうどんの作り方

うどん 手作り

うどんを作る手順も至ってシンプル。 しかし、それ故に奥の深い食べ物でもあります。 このページでは、その『うどん』の作り方を写真を交えて説明しています。 味は、お店で食べるうどんと比較すれば負けてしまいますが、自分で作ったうどんもなかなか美味しいですよ。 私の自作手打うどんシリーズの作り方のベースはこの方法をベースに制作しています。 この『讃岐うどんの作り方』は、知り合いのぽこさんの協力を得て制作しました。 郷土料理・・・・・・そろそろ暑うなって来たし、冷たいうどんが食べたい!お子ちゃまが休みで居るし・・・お子ちゃまの足力を借りて「冷たいぶっかけうどん」を作くろ〜っと。 「ぶっかけうどん」は付けダシをうどんに掛けるだけの手抜きメニュー。 付けダシのダシは色々あるけど、ニボシで取ったダシが好き。 ばっちゃんの味。 子供の頃から慣れ親しんだ味なもんで、今日はダシはニボシ・薬味はお庭で出来とる、リサイクルねぎ。 目標は三徳さんのとっても優しい感じの味に仕上げること。 なもんで、水はまねっこして、「還元水」を使ってみるわ〜。 塩水を作るわけ 粉と塩と水を均等に混ぜ合わせるために塩水にする。 粉と水を混ぜる 混ぜ方、その1 塩水を2、3回に分けて粉に加える。 その後、塩水を加えるたびに、両手の指を立て、押し付けないようふんわりと混ぜる。 混ぜ方、その2 粉で土手をつくり、真ん中に塩水を入れ高速でかき混ぜる。 パンやパスタの作り方と同様の方法。 この方法は、後で入手した情報なので写真はない。 混ぜ方、その3 ボールの中の粉の中心をくぼませる。 そこに塩水を入れてかき混ぜる。 この方法も後で入手した方法なので写真はない。 結論として 結局、粉と水が混ざればそれでいいわけなのでどの方法を用いても問題ないと結論付けた。 混ぜ加減の目安 混ぜ加減の目安 粉の色がクリーム色系に変わるまで。 根気よく頑張って下さい。 粉をねかせる1回目 形を整える 写真のように粉を団子状に形を整えたあと、ボールにラップをかぶせてしばらくねかせる。 (20〜30分程度) なぜねかせるのか? 粉を落ち着かせる意味とねかしている間に水を粉に均等に馴染ませるため。 ラップをかける意味 水分の蒸発はうどんつくりに大敵となる。 美味しいうどんをつくるために、水分の蒸発を避けるためにラップをかける。 足踏みの手順 足踏み準備 丸いダンゴ生地を大きめのビニール袋に入れる。 ビニールは踏んでいる最中に敗れやすいので厚めの方が良い。 踏み方 袋の上に布またはゴザをかぶせる(ビニールの破れ防止のため)。 足先を外側にして、回転しながら外から中へ約50回〜100回まんべんなく踏む。 気持ちとしては、『踏んでも凹まなくなるまで踏む』という気持ちで踏む。 実際にそれが出来れば、うどんが美味しくなること間違いなし。 踏み終えた状態 踏み終えた状態は、写真のような円形状となる。 しかし、踏む作業はこれでは終わらない・・・・。 更に踏む準備 扁平になった生地をビニール袋から取り出し丸めてダンゴにし、また足踏みする。 この作業は女性には大変だと思う。 しかし、ここで味・コシの勝負が決まってしまうのでがんばってやりましょう。 お子さんのいる家庭ならば、お子さんが手伝ってくれます。 子供の目には、楽しそうに見えるらしいです。 そして踏む この作業を2〜3回繰り返して踏み工程修了。 粉をねかせる2回目 寝かせる前に 写真は踏み終えた状態。 これを丸めて『うどん団子』にする。 うどん団子になると、作ってきた生地に何かしら愛情を感じるようになる。 うどん団子をねかせる うどん団子にビニール袋をかぶせて数時間ねかせる。 季節での目安は、以下のとおり。 私の場合には一晩ねかせているが、時間が長ければ良いというものでもないらしい。 寝かし時間の目安 夏 30〜1時間 春・秋 1〜2時間 冬 2〜3時間 生地を延ばす 生地の延ばし方の手順• この生地の上下及び打ち台に、コーンスターチ、小麦粉などの打ち粉をふりかける。 生地の中央に麺棒を置き、向かう側に少しずつ延ばしていく。 これを180度回転させ、また半分から向こうを押すように少しずつ伸ばす。 さらに90度回転させ、また半分から向こうに延ばし、置き換えて反対側も延ばす。 生地を手前から麺棒に巻きつけ、麺棒ごと向こうへ押して引きこれを繰り返す。 押すときは力を入れ、引くときは力を抜く。 反対側からも巻きつけて延ばし、さらに生地を横にして延ばす。 均等になるように、位置を移動させながら麺棒を動かす。 うどんの切り方• 延ばした生地を打ち台の上に広げ、打ち粉を多めに振り掛ける。 打ち台が無いのでタオルで代用しています。 )包丁の切れ味が悪いとすり切ったようになるので、予め包丁を磨いでおくことを強くおすすめします。 私が初めてうどんを打ったときに強く感じたことでした。 当然、大失敗しました。 切った麺の中央部を束ねて持ち、軽く打ち台に叩きつけ、余分な粉を落とす。 出汁の準備 出汁の材料 煮干だし・酒・醤油の割合は3対1対1で作りました。 うどんのゆで方• なるべく大きな鍋を使い、たっぷりの沸騰した湯に麺をばらまく。 通販などの半生うどんをゆでるときも同様に「大きな鍋にたっぷりのお湯」で調理しないと、失敗の原因となる。 ゆでている間、麺がくっかないように棒で軽くかき混ぜる。 麺が鍋にくっつくと、うどんが焦げたりして味、風味とも台無しになります。 完成までもう少し。 木を抜かずに頑張りましょう。 湯の温度が下がるので、強火にしてすばやく再沸騰させ、麺を浮き上がらせる。 ゆで湯が再び沸騰したら、差し水を2〜3回して、吹き零れない程度に火力を調節する。 芯がなくなれば茹で上がり。 茹で終えた麺を、鍋からすくい上げ、流水の中でよく洗いうどんの表面のヌメリを取り除く。 ざるに打ち上げ玉取りする。 【調理例2】釜玉 名前どおり釜揚げに生卵・ねぎをトッピングして出し醤油をかければ出来上がりです。 com. All Rights Reserved.

次の