江原 啓之 2020 予言。 「2020年は破綻と崩壊の年」と予言していた江原啓之さんが説く!外出自粛の日々を有意義に過ごす方法

「2020年は破綻と崩壊の年」と予言していた江原啓之さんが説く!外出自粛の日々を有意義に過ごす方法

江原 啓之 2020 予言

破綻というキーワードを聞いて、真っ先に思い浮かべるのは過去のバブル崩壊や リーマンショックなど経済的なことでしょう。 過去の事例に学び「右肩上がりの時代でもあるまいし、浮かれてなんかいない」 と気を引き締めている人もいるかもしれません。 でも、どこかでオリンピック景気や外国人観光客増加のニュースを聞いて 「まだ大丈夫でしょ?」「パーティ中は楽しめばいい。 昨今の世相から、今一度読み返しをどうぞ。 — 江原啓之 eharahiroyuki 恐ろしい言葉ですね破綻と崩壊って。 江原啓之さんは嘘が明るみに出ると予言しています。 ただ、2020年はオーストラリアの大火事に始まり、現在大流行中のコロナウイルスが世界中を崩壊させています。 これにより、世界中の経済が破綻するのではないかといわれてるほど。 コロナウイルスを直接予言はしていませんが、まさに破綻と崩壊という予言は当たっていますね。 ここまでの大流行を予言していたとは思いませんが、崩壊や破綻というキーワードを予言していただけあってさすがに全くのデマだとは思えない。 まだ2020年は始まった3ヶ月しかたっていませんが、破綻と崩壊の道に進んでいってるようにも見えますね。 東京オリンピックも延期になる可能性が非常に高い。 そうなると経済的なダメージも大きく日本経済が崩壊するという声もあるほど。 【五輪延期で損失3兆円も 試算】 国際オリンピック委員会(IOC)は、新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、東京五輪は延期を含めて検討と発表。 来年以降に延期となれば、経済損失は3兆円以上との民間試算もある。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 江原啓之さんの予言当たっていますね今のところ。 2020年は崩壊と破綻がキーワード。 常に備えが必要ということですね。 江原啓之 コロナウイルス予言を否定? スピリチュアルカウンセラーとしてお悩みを解決している江原啓之さん。 江原啓之さんのコロナウイルスの予言が話題になっています。 江原啓之さんは2019年の 年末に女性誌で『来年は破綻と崩壊の年になる』と予言。 見事その通りとなっており、これがコロナウイルスを予言していたという説が流れています。 ただ、江原啓之さんはこの予言を否定というか、どうでもいいといっています。 江原啓之さんは、ここ数年次のことをず~と言っていました。 ・『あなたは物質主義的価値観にまみれていませんか?』 ・『一人ひとりが真の豊かさに目覚め、丁寧に生きようと改心しなければ、取り返しのつかない事態を招くことになりかねません』 特別、コロナウイルスが流行るとかそういったことはいってなく、こういう世界が今後やってくるという大まかな予言と警告しかしてないんですよね。 なので、確かにコロナウイルスによる影響え経済破綻などが起きていますが、コロナウイルスを予言していたわけでなく破綻を予言していたのです。 ここ近年の丁寧差を欠いた生き方に警告をだしてたに過ぎないんです!! それでも破綻を予言していただけでもすごいですけどね。 江原啓之さんはコロナウイルスに打ち勝つには次のことが必要と言っています!! 江原啓之さんの2020年の予言は破綻と崩壊! コロナウイルスによって今までの常識が次々と崩壊しています。 新しい生き方をみつけるタイミングなのかもしれませんね!! 江原啓之 コロナウイルスを去年から予言 毎年話題になる江原啓之さんの予言。 江原啓之さんは2020年にコロナウイルスを予言してると話題になりましたが、実は昨年からコロナウイルスの予言をしていたのです。 江原啓之さんは毎年年初めに予言を行います!! 2017年は不安の年、2018年は爆発の年と予言しています。 そして、昨年の2019年には 平安に足元救われると予言していたのです。 確かに2019年までは平安でした。 ただ、2020年になりコロナウイルスにより世界は変わっていきましたね。 当初はここまでの被害は想定しておらず、完全に足元を救われた形となります。 2019年は複雑というキーワードを予言していましたが、まさにそのとおりになってきています。 元々、江原啓之さんの過去の予言も当たっていると言われています。 2017年は不安というキーワードを予言。 2017年はトランプ大統領の就任で全世界が不安に陥りました。 【1月18日(木)夜10時〜「アメリカ銃・鎮痛剤乱用のリアル トランプ大統領就任1年 その闇と光」】現地取材から見えた銃と鎮痛剤乱用社会に苦しむアメリカの実像。 山川編集委員が1週間にわたり取材。 トランプ大統領就任から1年経って見えた病巣とそこに刺す希望の光とは? — nikkeiplus10 nikkeiplus10 世界各地でテロがあったり、日本では衆議院が解散と政治不安に! 安倍晋三首相の会見 -28日の衆院解散を表明すると見られている — ブルームバーグニュース日本語版 BloombergJapan こういった意味では不安な年ではありましたね。 特に衆議院解散とかは政治不安になりますからね。 また、2018年は爆発の年と予言した江原啓之さん。 北朝鮮とアメリカが戦争になりかけ本当に第三次世界大戦が勃発するかと世の中が緊張状態に。 それ以外にも、江原裕之さんは火山の噴火を予言とおり的中させました。 1月10日の5時に夢中の江原啓之さん。 キーワードなので予言の取り方によるところもありますが。 ただ、過去に江原啓之さんは原発を予言していました。 早い段階で原発に頼らないエネルギーに移行しないと「カルマの法則」に反することになると予言。 そして、その1年後にまさかの東日本大震災が発生! 久しぶりに江原啓之さんの本読んでます。 新書の予言という本ですが。。 震災や原発事故は物質至上主義の人間への警告と書いてあって納得する部分があった。 人間が変わらないとまた大変なことが起こるかもしれない。。 それ以外にも芸能人の離婚を予言したりと予言があたりやすい江原啓之さん。 2020年の崩壊と破綻の予言が当たらないように気をつけないといけませんね。 まとめ 江原啓之さんの2020年予言についてまとめてみました。 いかがでしたでしょうか。 コロナウイルスが本当に世界の経済を破綻させ崩壊に導くのか。 日本も対応次第では崩壊してしまうかもしれません。 また、オリンピックも気になりますね。 延期となったら今後どうなるのか課題はたくさん。 それこそ破綻してしまうかもしれないですねオリンピック自体が。 ぜひ、そうならないように日ごろから備えておく必要がありますね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

予言

江原 啓之 2020 予言

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で先の見えない外出自粛生活に突入。 ゴールデンウィークの旅行や楽しい集いが流れてしまったとガックリしている人も多いことでしょう。 そんな中、自身のウエブサイトを通じて「今は我慢の時。 必ず終焉を迎えますので頑張りましょう!」と呼びかけるのは、「2019年の年末に女性誌で『来年は破綻と崩壊の年になる』と予言していた!」「テレビ番組での予言が的中していた!」と話題を呼んでいるスピリチュアリストの江原啓之さん。 「予言が当たったなどというのはどうでもいいことです。 けれど私がここ何年か、こういう状況になることを踏まえて本を作ってきたのは事実。 ってことは、もしかして罰が当たってしまったのでしょうか? 「いいえ。 この世に罰はありません。 あるのは学びだけです。 「確かに誰にとっても精神的に、そして経済的にも大変に厳しい現状ではありますが、冷静さを取り戻すことが先決。 第一、嘆くばかりでは免疫が落ちてしまいます。 コロナウイルスに打ち勝つために、家族の命を守るためにも目には見えない負のエナジーを一掃し、『大丈夫!』と信じる強い気持ちを備えることが大切なのです」.

次の

「2020年は破綻と崩壊の年」と予言していた江原啓之さんが説く!外出自粛の日々を有意義に過ごす方法

江原 啓之 2020 予言

東京オリンピックも普通には開催できないかもしれない」と話していた江原啓之さん。 蓋を開ければ、未曽有のコロナ禍で世界中が混迷の渦に巻き込まれるという事態に。 この状況を懸念していた江原さんは今、何を思うのかーー。 「己れの心を見つめ、顧み、今まで築いたものを一度、更地に戻すような心づもりで日々を過ごしてみましょう。 そうして再び自らの暮らしや考え方を、骨組みから立て直す。 そんなふうに腹をくくるべきときを迎えているのです」 混迷の渦のなか、「生き方を根本から見直す必要がある」と語る江原さん。 そのために、日本人の生活様式が根底から変わらざるをえなかった戦中・戦後の転換期に見習うべきことは多いという。 「私は祖母から聞いたのですが、戦時中は『兵隊さんが過酷な思いをしているのだから』と、小さな子どもでさえ衣食住がままならず、我慢するのが当たり前だったといいます。 もちろん、それは二度と繰り返してはならない歴史ですが、この国は何もないところから出発し、ここまでの発展を遂げたということを忘れてはいけません。 そんな奈落の底でも、幸せを見つけ、たくましく生きた先人たちを思えば、『自分一人くらいかまわない』と周りの迷惑を顧みず、パチンコ店に向かうような自分本位の考えは改めるべきです。 もし戦後の日本人の生活が想像できなければ、映画『火垂るの墓』をごらんになってみてはいかがですか? 現代の生活がどれだけ恵まれていたかを実感でき、この困難を乗り越えるヒントを見つけることができるでしょう」 とはいえ、このご時世、無理な我慢は禁物。 どうにもならないときは「助けて」と声を上げることも大切だと強調する江原さん。 「もちろん本当に困ったときには、どんどん国や自治体、支援団体を頼ってください。 今は有事なのですから、困ったときはお互いさま。 言ってみれば国家とは、一つの家ですよね。 家が竜巻で吹き飛ぶような大問題が起きたら、家族みんなが生きていることが何より大事。 「今まで隠されてきた人の心の醜さ、社会のゆがみがコロナ禍によっていたるところであぶり出されています。 政治も経済も、家庭生活においても、問題が浮き彫りとなり、いやでも応でも真実と向き合わざるをえないような状況です。 この機会を生かして光を見いだすか、あるいは闇に沈みゆくか。 それは、あなたがこれからどのような生き方を選択するか次第なのです」 「女性自身」2020年6月23・30日合併号 掲載.

次の