ボアデニムジャケット コーデ。 ボアジャケットのレディース人気ブランド20選とおすすめコーデ【2020最新版】

ANGELCITY ボアデニムジャケット メンズ 裏ボア ジージャン 厚手 防寒 コート ジージャン Gジャン 折り襟 アウター ブルゾン 防寒 ジー :s

ボアデニムジャケット コーデ

メンズボアジャケットの選び方のポイント3つ カジュアルアウターとして秋冬に活躍してくれるのが、ボアジャケットです。 ボアジャケットとは、 襟元や裏地または表面がボア素材になっているアウターで、ボア素材特有の モコモコとした素材感は、見た目にも非常に暖かい印象を与えてくれます。 では、寒い秋冬の定番アウターとして大人気のアイテムの1つである、ボアジャケットを選ぶときにはどのような点をチェックすればよいのでしょうか? まずは、 ボアがどの程度取り入れられているかをチェックしましょう。 表面そのものがボアになっているものもあれば、裏地だけや襟だけなど部分的にボアが使用されているものもあります。 それぞれ雰囲気が異なりますので、自分のコーデテイストに合ったものを選ぶと良いでしょう。 また、 ボアとどのような素材が組み合わされているのかもチェックポイントの1つとなります。 デニムとボア素材が組み合わされているジャケットは特に人気が高く、カジュアルコーデの定番アイテムとなっています。 コーデュロイと組み合わされているものもあります。 秋冬ならではの素材同士ですので、コーディネートが季節感満載となるでしょう。 大人っぽい印象与えたいときにもおすすめです。 レザー素材と組み合わせているものなら、ワイルドな印象を一気に魅力的に高めてくれます。 存在感が大きいですので、シンプルコーデのアクセントとして取り入れやすいでしょう。 最後に、 サイズ感もチェックしておきましょう。 ボアジャケットはボリュームがあるため、ジャストサイズを選んでスタイリッシュなコーデにすることができます。 また、ベーシックなシルエットであれば、流行に左右されることなく長年愛用できるでしょう。 関連記事 ・ メンズボアジャケットブランドおすすめランキング10選 ここでは、ボアジャケットのブランドを10選、紹介いたします。 1853年に設立されて以来、数多くの名作を世に送り出しています。 リーバイスのボアジャケットは クラシックなデザインが多く、トレンドをさりげなく取り入れつつも流行に飲み込まれない魅力的なものが展開されています。 ハイクオリティーなモノづくりをコンセプトにしており、品質の高いボアジャケットを見つけることができます。 このブランドでは ユーズド加工技術が特徴的です。 米国空軍のためのフライトジャケットを納入してきた歴史あるミリタリーブランドです。 今では、 ミリタリー感も残しながら街中でおしゃれに着こなせるボアジャケットが展開されています。 ライダースジャケットで有名なブランドです。 ボアジャケットに関しても レザーを用いたタイプがほとんどで、熟練した職人によりハンドメイドされた丈夫なアウターが展開されています。 デニムアウターが有名で、1975年には全米プロロデオカウボーイ協会の公認デニムに認定されるなど、実力でのし上がってきたブランドです。 デニムに定評があるラングラーならではの、 おしゃれに決まるボアジャケットが展開されています。 タケオキクチは、デザイナーによる派生ブランドです。 ひねりの効いたトレンドのデザインのを取り入れたファッションブランドとして愛されています。 タケオキクチのブランドアイテムの中でも比較的 リーズナブルですので、若いメンズもチャレンジしやすいでしょう。 国内外から トレンド感のあるアイテムが集められており、ブランドオリジナルアイテムも定評があります。 過酷な環境でも耐え抜く、 耐久性の高い素材が使用されており、機能性においても優秀です。 タウンユースできるボアジャケットも展開されています。 チャムスのカラーアクセントは存在感があり、「ブービー」のロゴがデザインされたボアジャケットはかわいさが人気の理由です。 カジュアルファッションの定番として愛されています。 ボアフリース素材を用いたスウェットなども定番商品です。 関連記事 ・ メンズボアジャケットの着こなしポイント3つ 冬のカジュアルメンズコーデにおすすめな、ボアジャケットはどのように着こなせればおしゃれに見えるのでしょうか? ボアジャケットの着こなし方を紹介したいと思います。 1つ目に、ボアジャケットは シンプルで無地のものを選ぶのがポイントです。 ボアジャケットはその素材の特性上、ただでさえ存在感のあるものとなってしまいます。 ですから、デザイン性の高いボアジャケットを選んでしまうと、着こなし全体が派手になってしまう可能性があるのです。 個性的なデザインのものは女性受けも悪くなりますので、シンプルなものが良いでしょう。 また、 サイズ感にも注意しましょう。 今年のトレンドは「ビックシルエット」ですが、ボアジャケットはただでさえ存在感が大きいため、ジャストサイズを選ぶだけでビックシルエットのコーデを作ることができるでしょう。 コーデのシルエットは、Aラインを意識するときれいな着こなしに見えます。 例えばボリューミーな全面ボア素材のジャケットと黒のスキニーパンツ合わせるなどの、メリハリのあるコーデがおすすめです。 さらに、 大人っぽさを意識して着こなしを作りましょう。 ボアジャケットはカジュアルな印象が強く、合わせるコーデのアイテムによっては子供っぽい着こなしになってしまうかもしれません。 ですから、ファッションアイテムの1つにブラックカラーやスラックスなど、パリッとした素材のアイテムを加えると、大人っぽい上品な印象になるでしょう。 関連記事 ・ メンズボアジャケットのおすすめコーデ30選 メンズボアジャケットの参考になるコーデを30選紹介いたします。 ベージュのジャケットコーデです。 裏側部分がボア素材になっているスタジャン風のボアジャケットは、カジュアルコーデの主役となってくれるのでおすすめです。 グレーのスラックスと合わせれば、 大人っぽい印象に仕上げることができるでしょう。 ボアジャケットとチェック柄のシャツに、スポーティーなキャップを合わせているコーデです。 もこもことしたボア素材の良さが、しっかり表現されているコーデになっています。 カジュアルなコーデですが、 柔らかい印象を与えてくれるボアジャケットコーデです。 ボアジャケットに青シャツとスニーカーを合わせている 男らしいカジュアルコーデです。 ボアジャケットはジャストサイズを選んで、シャツの裾をチラ見せすることによって、レイヤード感のあるおしゃれなコーデに仕上がります。 デニムのワイドパンツのゆるい印象と、ボア素材の柔らかい印象が程よく重なっていておしゃれなメンズコーデになっています。 オフホワイトのボアジャケットを合わせることで、 冬ならではの優しい印象が感じられるコーデです。 ボアジャケットにスラックスを合わせることで、 きちんとした印象もプラスできるメンズコーデです。 コンパクトなシルエットのボアジャケットによって、スリム体型に見せることができます。 若々しい印象と大人っぽさがミックスされた、おしゃれなコーデです。 スポーティーな印象を与えてくれるキャップがアクセントとなっているボアジャケットコーデです。 少しオーバーサイズ気味のボアジャケットとパーカーをレイヤードさせており、 リラックスした印象も与えてくれます。 メンズらしさを最大限強調することのできるボアジャケットコーデは、黒を基本色にすると良いでしょう。 ボアジャケットの素材がモノトーンコーデの無骨さを和らげてくれます。 エスニック調のクラッチバッグで個性的なコーデに仕上がっています。 ネイビーのボアジャケットにカーキ色のワイドパンツを合わせた、 ナチュラルなメンズコーデです。 あえてスニーカーではなく スリッポンにすることで、足元に抜け感も演出できています。 体型カバーもできるコーデですし、秋ならではの色使いで季節感も感じられるおしゃれコーデです。 茶色系のアイテムを使うことで、柔らかい印象でコーデを統一させることができています。 つばの広目のハットが紳士的な印象を与えてくれるでしょう。 大人ぽくて上品なボアジャケットコーデのお手本となりますね。 黒に赤のデザインが描かれている、おしゃれなボアジャケットコーデです。 無地のアイテムの中に 柄のインナーをプラスすることで、おしゃれ度がアップしています。 赤の元気で活発な印象と、青のニット帽による知的で落ち着いた印象のミックスがポイントです。 ボアジャケットとパーカーを合わせているコーデです。 カモフラージュパンツを合わせることによって、 ミリタリー感のあるコーデになっています。 濃い色合いのアイテムを合わせることによって、冬ならではの季節感もあります。 襟がボアになっているデザインのボアジャケットは、ジャケパンスタイルにメリハリを与えてくれるものです。 男らしく無骨な印象を与えてくれるハードな素材を使用すると、よりおしゃれなコーデになります。 さらに、 白のシャツをインナーにプラスすることで、カジュアルダウンしたコーデの完成です。 ブラウンとネイビーの組み合わせが、 上品で落ち着いた大人の男性を感じさせるボアジャケットコーデです。 襟を立ててマフラーと二重に見せることで、秋の季節感を演出できます。 外国の紳士的な印象を与えるコーデです。 内側がグレーのボア素材になっているボアジャケットコーデです。 黒のインナーとグレーのジャケットを合わせて、 シックでモダンな印象になっています。 デニムと革靴のカジュアルアイテムで、ポップな雰囲気をプラスするとより良いでしょう。 ダメージジーンズとユーズド感のある加工が施されたボアジャケットの着こなしは、 ワイルドで無骨な大人メンズを感じさせます。 白シャツが爽やかな印象をプラスしてくれています。 グレーのブーツを合わせてより男らしさが増す中、ハットでまとまりを出しているおしゃれなメンズコーデです。 白シャツにデニム、そして白スニーカーを合わせた シンプルで清潔感あふれるコーデです。 存在感のあるオーバーサイズのボアジャケットで男らしさをプラスできています。 クリーンな印象を与えながらも、季節感と男らしさをアピールできるおしゃれコーデです。 コーデュロイ素材のボアジャケットは、 上品で大人っぽい印象を与えてくれます。 デニムとチェックシャツを加えるとカジュアルダウンされ、程よいナチュラル感のあるコーデになります。 ジャケットとブーツの色を合わせると、まとまりのある着こなし方になります。 厚みのあるボトムスとボアジャケットで 冬らしい季節感満載のコーデです。 生地の厚みと色合いによりやや重く見えてしまいがちなコーデも、白のスウェットをプラスすることでアクティブでリラックスできる印象になります。 カットオフジーンズで抜け感が出る、すこし年代を感じさせるボアジャケットコーデです。 ベージュとグレーの優しい色合いが 大人の色気を感じさせます。 ヴィンテージ感のあるコーデの完成です。 チェックシャツにベージュのチノパンは子供っぽくなりそうな予感…。 でも、黒のボアジャケットと黒の革靴を合わせることで、 落ち着いた印象にすることができます。 ベーシックすぎる印象にならないよう、柄物インナーとボアジャケットの組み合わせはおすすめです。 コーデュロイのボアジャケットとコーデュロイのカーキパンツを合わせている、おしゃれメンズコーデです。 ボアジャケットをコンパクトなものにして、ボトムス部分をルーズなスタイルにすることで、 メリハリのあるコーデが出来上がります。 ボア素材のホワイトがアクセントとなっています。 ボアジャケットとジーンズともに使いこなした印象を与える、ヴィンテージ感のあるデニム素材が使用されています。 ハードな印象を与えてしまいがちな薄いブルーのデニムですが、グレーのインナーとブラウンのレザーシューズにより、 大人っぽく上品なカジュアルコーデに仕上がっています。 デニム生地のボアケットに、テーパードパンツを合わせたリラックススタイルのメンズコーデです。 有名メーカー、バンズのスニーカーを合わせることで ストリート感のあるおしゃれなコーデに仕上がっています。 白アイテムの面積を多めにとることで、統一感を出しているコーデです。 最近おしゃれ上級者に人気のある、デニムオンデニムコーデのボアジャケットバージョンです。 淡色のジャケットと濃色のボトムスを合わせて、デニム同士の組み合わせでも色に差を出してメリハリのあるコーデになっています。 黒のタートルネックをインナーにすることで、 一体感のある大人ぽい男らしさが感じられるコーデです。 色が褪せたビジヴィンテージ感の強いデニム素材のボアケットを使用したコーデです。 ノルディック柄のニットを使用して、冬らしい季節が演出されています。 モノトーンスタイルのコーデではありますが、ボアジャケットを使用することで、 ベーシックすぎずスポーティーな印象を与えるコーデになっています。 タートルネックニットをインナーに使用し、デニムボアジャケットのボア素材と色を合わせることによって、清潔感があふれています。 リラックス感のあるスウェットパンツを合わせることで、 近づきやすい柔らかい印象のボアジャケットコーデです。 フリース素材のボアジャケットを中心として、ゆるい印象を与えるシルエットコーデが出来上がっています。 黒のボアジャケットではありますが、グレーのパーカーをレイヤードさせることで、重たい印象与えることなく、 爽やかな印象のメンズコーデになります。 オーバーサイズのボアジャケットコーデをメインにした、 季節感あふれるメンズコーデです。 薄いブルージーンズとボアジャケットを合わせたスタイルは、80年代の印象があります。 ですが、スリムなシルエットを選ぶことによって、今年のトレンドも感じさせる、流行に左右されない大人の男の意地を見せてくれるコーデでしょう。 非常にプレーンスタイルなボアジャケットコーデです。 無地の白Tシャツとワークパンツを合わせて、シンプルなモノトーンコーデの上にボリューミーなボアジャケットを投入しています。 着飾ることなく、 ボアジャケットの素材を引き立てるおしゃれなコーデになっています。 グレーのパーカーと黒のジーンズを合わせた、リラックススタイルのボアジャケットコーデです。 クールな男性の印象を与えてくれます。 ですが、ボアジャケットの素材により 温かみのある着こなし方となっています。 冬にありがちな重めのトーンスタイルとなっていますので、足元はロールアップさせることで抜け感を演出できるでしょう。

次の

【メンズ】この冬おすすめのボアデニムジャケットの着こなし術

ボアデニムジャケット コーデ

By: ボアジャケットには、表面にボアが敷き詰められた総ボア仕様のモノもあれば、裏地や襟など部分的にボアを採用したモノもあります。 デザインや着こなしやすさを考慮し、自分に合ったタイプのアイテムをチョイスしましょう。 全面ボアのアイテムは、インパクトのあるボリューム感とあたたかみのある表情が魅力。 防寒性が高く、真冬でも着用できるモノが豊富に揃っています。 デニムやチノパンなどのボトムスと相性がよく、カジュアル派の方におすすめです。 反対に、ボアを部分使いしたモノならスッキリとした着こなしが可能。 細身のパンツと合わせることで、スタイリッシュなコーディネートを実現できます。 組み合わせ素材で選ぶ デニム By: メンズボアジャケットは落ち着いた使い勝手のよい色味のモノが多く、色選びで大きく失敗する可能性が低いアイテム。 しかし、より活躍の場面を増やすために、購入前に所有している服との相性をチェックしておきましょう。 ダークトーンのインナーやボトムスが多い方は、ホワイトやベージュなど軽さを演出できるカラーがおすすめ。 チェックシャツなど鮮やかなカラーのインナーをのぞかせたい方や、ボアジャケットをインナー使いしたい方であれば、ブラックや濃いグレーなどが使いやすく重宝します。 1853年に設立されてから現在に至るまで、数えきれないほどの名作を世に送り出してきました。 クラシックなデザインをベースとした定番アイテムから、トレンドを巧みに取り入れた旬なアイテムまで揃う幅広いラインナップも、リーバイスの魅力のひとつです。 パタゴニア patagonia 画期的なアウトドアアイテムを数多く発売し、今や定番アウトドアブランドとしての地位を確立した「パタゴニア」。 アウトドアウェアは、過酷な環境に対応できる機能性はもちろん、タウンユースアイテムとして着用してもおしゃれにキマるデザイン性も備えています。 また、環境に優しい製品作りもパタゴニアの特徴です。 パタゴニア patagonia メンズ・クラシック・レトロX・ジャケット 確かな機能性と愛らしいモコモコ感で人気を集める「レトロX」シリーズのボアジャケットです。 総ボア仕様で、素材には6mm厚の「ボンデッド・シェルパ・フリース」を採用。 裏地はメッシュ生地で通気性を確保し、快適な着心地を実現しています。 デザイン面では、ボアと異なるカラーの生地を採用した襟元、ポケットがアクセントに。 シンプルながら、都会的な着こなしにもフィットするアイテムに仕上がっています。 アウトドアに、普段のおしゃれにと、活躍の場が広いおすすめの1着です。 ボアジャケットのおすすめメンズコーデ 秋にぴったりのリラックス大人カジュアル By: ノーカラータイプのボアジャケットは、合わせるインナーを選ばない汎用性が魅力。 パーカーに合わせることで、休日にぴったりのリラックス感溢れるコーディネートができます。 カジュアル度の高いアイテムの組み合わせなので、子供っぽくならないようにカラーは落ち着いた色味のモノをチョイス。 ベーシックかつおしゃれに見えるカラーバランスにも注目です。 肩の力が抜けたこなれカジュアルコーデ By: ショート丈のデニムボアジャケットを主役にしたコーディネートです。 インナーにはゆったりとしたサイズ感のニットをチョイスし、メリハリのあるシルエットに。 そして、上半身にボリュームがあるため、ボトムスには細身のキレイめパンツを投入してスッキリとまとめています。 頑張りすぎないこなれたおしゃれを目指す方はぜひ参考にしてみてください。 モコモコ感のあるアイテム同士を組み合わせるのもアリ By: ノーカラーボアジャケットにスヌードを重ね、ボリューミーなシルエットに仕上げた新鮮なスタイリング。 淡い色合いのアイテムがやわらかい雰囲気を醸し出しています。 また、ニット帽とボトムスには引き締め効果のある濃色を入れて全体の色味を調節。 あたたかく、かつ一歩進んだおしゃれさをアピールできるおすすめコーディネートです。 カジュアルながら、きちんとした大人の雰囲気漂うコーディネートに仕上がっています。 おしゃれ感漂う洗練されたスタイリングを参考に By: 美しいインディゴカラーが映える、都会的な洗練セットアップスタイルです。 インナーにはケーブル編みニットをチョイスして美しい模様をのぞかせ、靴とバッグはレザーアイテムで統一しています。 インナー・ボアジャケット・ボトムスの丈感バランスもぜひ参考にしてみてください。 アースカラーで作る新鮮アメカジコーデ By: コンパクトなブラウンのボアジャケットにボリューミーなワイドパンツを合わせ、新鮮なシルエットに。 アウター、ボトムスともにコーデュロイ素材のアイテムをチョイスし、季節感を際立たせているのもポイントです。 秋冬はどうしても重々しいコーデになってしまいがちですが、アースカラーを主役にすると軽快な印象になります。 ボアジャケットをインナー使いしてあたたかく By: ボリュームを抑えたフリースボアジャケットは、インナーとして着用するのもおすすめ。 インナーでの活用を考えるなら、汎用性の高いブラックのアイテムがおすすめです。

次の

【メンズ】秋冬に活躍するボアジャケットのおすすめブランド特集。

ボアデニムジャケット コーデ

By: ボアジャケットには、表面にボアが敷き詰められた総ボア仕様のモノもあれば、裏地や襟など部分的にボアを採用したモノもあります。 デザインや着こなしやすさを考慮し、自分に合ったタイプのアイテムをチョイスしましょう。 全面ボアのアイテムは、インパクトのあるボリューム感とあたたかみのある表情が魅力。 防寒性が高く、真冬でも着用できるモノが豊富に揃っています。 デニムやチノパンなどのボトムスと相性がよく、カジュアル派の方におすすめです。 反対に、ボアを部分使いしたモノならスッキリとした着こなしが可能。 細身のパンツと合わせることで、スタイリッシュなコーディネートを実現できます。 組み合わせ素材で選ぶ デニム By: メンズボアジャケットは落ち着いた使い勝手のよい色味のモノが多く、色選びで大きく失敗する可能性が低いアイテム。 しかし、より活躍の場面を増やすために、購入前に所有している服との相性をチェックしておきましょう。 ダークトーンのインナーやボトムスが多い方は、ホワイトやベージュなど軽さを演出できるカラーがおすすめ。 チェックシャツなど鮮やかなカラーのインナーをのぞかせたい方や、ボアジャケットをインナー使いしたい方であれば、ブラックや濃いグレーなどが使いやすく重宝します。 1853年に設立されてから現在に至るまで、数えきれないほどの名作を世に送り出してきました。 クラシックなデザインをベースとした定番アイテムから、トレンドを巧みに取り入れた旬なアイテムまで揃う幅広いラインナップも、リーバイスの魅力のひとつです。 パタゴニア patagonia 画期的なアウトドアアイテムを数多く発売し、今や定番アウトドアブランドとしての地位を確立した「パタゴニア」。 アウトドアウェアは、過酷な環境に対応できる機能性はもちろん、タウンユースアイテムとして着用してもおしゃれにキマるデザイン性も備えています。 また、環境に優しい製品作りもパタゴニアの特徴です。 パタゴニア patagonia メンズ・クラシック・レトロX・ジャケット 確かな機能性と愛らしいモコモコ感で人気を集める「レトロX」シリーズのボアジャケットです。 総ボア仕様で、素材には6mm厚の「ボンデッド・シェルパ・フリース」を採用。 裏地はメッシュ生地で通気性を確保し、快適な着心地を実現しています。 デザイン面では、ボアと異なるカラーの生地を採用した襟元、ポケットがアクセントに。 シンプルながら、都会的な着こなしにもフィットするアイテムに仕上がっています。 アウトドアに、普段のおしゃれにと、活躍の場が広いおすすめの1着です。 ボアジャケットのおすすめメンズコーデ 秋にぴったりのリラックス大人カジュアル By: ノーカラータイプのボアジャケットは、合わせるインナーを選ばない汎用性が魅力。 パーカーに合わせることで、休日にぴったりのリラックス感溢れるコーディネートができます。 カジュアル度の高いアイテムの組み合わせなので、子供っぽくならないようにカラーは落ち着いた色味のモノをチョイス。 ベーシックかつおしゃれに見えるカラーバランスにも注目です。 肩の力が抜けたこなれカジュアルコーデ By: ショート丈のデニムボアジャケットを主役にしたコーディネートです。 インナーにはゆったりとしたサイズ感のニットをチョイスし、メリハリのあるシルエットに。 そして、上半身にボリュームがあるため、ボトムスには細身のキレイめパンツを投入してスッキリとまとめています。 頑張りすぎないこなれたおしゃれを目指す方はぜひ参考にしてみてください。 モコモコ感のあるアイテム同士を組み合わせるのもアリ By: ノーカラーボアジャケットにスヌードを重ね、ボリューミーなシルエットに仕上げた新鮮なスタイリング。 淡い色合いのアイテムがやわらかい雰囲気を醸し出しています。 また、ニット帽とボトムスには引き締め効果のある濃色を入れて全体の色味を調節。 あたたかく、かつ一歩進んだおしゃれさをアピールできるおすすめコーディネートです。 カジュアルながら、きちんとした大人の雰囲気漂うコーディネートに仕上がっています。 おしゃれ感漂う洗練されたスタイリングを参考に By: 美しいインディゴカラーが映える、都会的な洗練セットアップスタイルです。 インナーにはケーブル編みニットをチョイスして美しい模様をのぞかせ、靴とバッグはレザーアイテムで統一しています。 インナー・ボアジャケット・ボトムスの丈感バランスもぜひ参考にしてみてください。 アースカラーで作る新鮮アメカジコーデ By: コンパクトなブラウンのボアジャケットにボリューミーなワイドパンツを合わせ、新鮮なシルエットに。 アウター、ボトムスともにコーデュロイ素材のアイテムをチョイスし、季節感を際立たせているのもポイントです。 秋冬はどうしても重々しいコーデになってしまいがちですが、アースカラーを主役にすると軽快な印象になります。 ボアジャケットをインナー使いしてあたたかく By: ボリュームを抑えたフリースボアジャケットは、インナーとして着用するのもおすすめ。 インナーでの活用を考えるなら、汎用性の高いブラックのアイテムがおすすめです。

次の