長崎 バス カード。 エヌタスTカードの種類一覧や作り方は?長崎でお得になる使い方まとめ

nimoca?エヌタスTカード?長崎の交通系ICカードまとめ

長崎 バス カード

この記事の目次 各社局の長崎スマートカードの利用終了の日程 「長崎スマートカード」の利用終了のスケジュールは 各局で異なっています。 つまり長崎市内で例えると「長崎バス」と「長崎県営バス」の両方を利用している方で今後もバスカードを利用される方は「 今から徐々に準備を行う必要がある」という事です。 「長崎バス」と「さいかい交通」については「長崎スマートカード」の カード発行は既に終了。 「積み増し」や「利用」については2019年12月27日まで。 2019年内で利用が終了することとなります。 「長崎県営バス」「長崎中央バス」「長崎電気軌道(路面電車)」「西肥バス」「させぼバス」「松浦鉄道」「島原鉄道」の7社については、 来年春頃までに発行と積み増しが終了し、 利用は夏頃の予定となっています。 具体的な時期が明記されていない理由は「長崎nimoca」のシステム準備、各社の車種へのハード機器の調達や搭載日程など、まだ不明確な部分があるからだと考えられます。 各社局の長崎スマートカードの日程 エヌタスTカードと長崎nimocaの利用開始の日程 エヌタスTカードの利用開始の日程 「長崎バス」と「さいかい交通」で利用が決定している「 エヌタスTカード」は 9月16日から既に利用が開始。 「長崎スマートカード」との並行運用が開始しています。 nagasaki nimocaの利用開始の日程 「長崎nimoca」の導入は 2020年春頃を予定。 「長崎スマートカード」時には利用できなかった「 九州急行バス」も「長崎nimoca」に参加。 「九州急行バス」を含め「長崎県営バス」「長崎中央バス」「長崎電気軌道(路面電車)」「西肥バス」「させぼバス」「松浦鉄道」の7社が「長崎nimoca」対応となります。 春頃開始予定となっているのは、先ほど触れたように準備期間の状況によって、詳細な日程が今後案内されるものと思われます。 エヌタスTカードと長崎nimocaの日程 新旧バスカードの利用終了と開始の日程まとめ 「長崎バス」と「さいかい交通」については「エヌタスTカード」の利用が既に開始。 「長崎スマートカード」の利用は19年年内まで。 19年12月28日からは「エヌタスカード」一本の運用となります。 「長崎nimoca」導入予定の各社については導入時期が来年春頃となっているのため、長崎スマートカード自体の終了日程も、 来年春頃という通知。 来年頃には更に明確な日程が提示されるものと思われます。 各社、春頃の導入予定が3月導入と6月導入の2つのスケジュールで発表されています。 まず、最初の導入となったのは 「松浦鉄道」の3月1日 日曜日 、そして 「長崎電気軌道(路面電車)」の3月22日 日曜日 、「九州急行バス」は3月ですが詳細は未定 3月27日に決定。 「長崎県営バス」「長崎県央バス」「西肥バス」「させぼバス」は機器納入の遅れから 6月予定と少しスケジュールがずれ込んでいるようです。 また導入のズレに併せて 「長崎スマートカード」の利用は延長となっています。 なお「長崎エヌタスカード」導入の長崎バスは2020年2月16日の始発より交通ICカード(10カード)の利用開始となります。 「長崎県営バス」は2020年6月21日よりnagasaki nimocaの利用が決定となりました。 内容は変更になる可能性があります。 詳しい情報は各局より提示している情報を参考ください。

次の

祝!長崎バスで交通系ICカード(10カード)片利用可に!SuicaもnimocaもこりゃSUGOCA!

長崎 バス カード

この記事の目次 長崎県内でnagasaki nimocaが利用できるエリア 「nagasaki nimoca」の導入表明をしている交通局は 「長崎県営バス(長崎県交通局)」「長崎電気軌道」「県央バス」「西肥自動車」「せさぼバス」「松浦鉄道」「九州急行バス」の7社。 そのため利用できる範囲は 長崎市内、佐世保市、諫早市を中心に各交通局が運行しているエリアとなります。 また 九州急行バスは長崎各県と福岡を結ぶ運行エリアでの利用が可能になります。 九州や北海道でnagasaki nimocaが利用できるエリア 「nagasaki nimoca」は 他県で「nimoca」を導入している交通局のエリアでも利用が可能となります。 「nimoca」は 「福岡」を中心に「佐賀」「大分」「熊本」「宮崎」の九州、また離れた場所では 北海道の函館でも導入されています。 そのため「nagasaki nimoca」を持っていれば、ご紹介したnimocaを導入しているnimoca繋がりエリアの交通局でそのまま利用が可能となります。 例えば野球観戦やコンサートで福岡に出かけた際に、今まで福岡の移動時に現金を利用して地下鉄や高速バスを利用していた。 そんな方はこれから「nagasaki nimoca」のみで現金やチケット要らず。 券売機に列ぶ必要や小銭の心配が無くなるので便利になります。 各九州や北海道での利用できる交通機関についてはnimoca公式サイトからご確認ください。 全国でnagasaki nimocaが利用できるエリア 関東圏ではお馴染みの「Suica」はJRグループ中心の交通カードで、全国各地で「Suica」と同じような交通カードが利用されています。 この 各地で利用されている交通網でも「nagasaki nimoca」が利用可能となります。 出張や旅行で全国各地を訪れた際に「nagasaki nimoca」一つで対応できる場所が増加。 基本的に JR系の交通カード利用箇所では相互利用が可能。 つまり全国をほぼカバーすると思っても過言ではありません。 これって何気に凄いことで便利です。 各地区での利用できる交通機関についてはnimoca公式サイトからご確認ください。 長崎観光客の利便性がますますアップ 長崎市民目線で「nagasaki nimoca」の利便性や対応可能エリアをご紹介しましたが、これって 逆の事も言えるのです。 つまり九州中心で利用の多いnimocaや全国各地の交通カードを利用している方が長崎に観光や出張で訪れた際に、地元でお使いの交通カードで「nagasaki nimoca」対応の交通機関を利用できるようになります。 観光客や出張者の目線から考えても、これは 大きなポイントになるのではないでしょうか。 電停で路面電車を待っている時に観光客から質問を受けていた「 Suicaって使えます?」の質問に今後は「えぇ、心配しなくても使えますよ!(2020年春から)」と自信を持って笑顔で伝える事ができるのです。 観光業で成り立つ部分が多い長崎には大きなポイントのように思います。 nagasaki nimocaの機能で出来ること 「nagasaki nimoca」が利用できるエリアを中心にご紹介しましたが、 「nagasaki nimoca」を含めた交通カードは「電子マネー」として機能もあります。 交通機関の支払いと同じく コンビニや小売店舗でも利用が可能となっています。 19年8月末現在の状況では長崎県内4,000箇所の飲食店、ドラッグストア、コンビニエンス(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ポプラ、デイリーヤマザキ)、駐車場で使えるようです。 どのような店舗で利用ができるか?はnimoca公式サイトからご確認ください。 この記事のまとめ 「nagasaki nimoca」の利用できるエリアを長崎、九州、全国別にご紹介してみました。 長崎県外の交通機関でも使え電子マネーとして利用ができる「nagasaki nimoca」 長崎県外の出張や旅行に行かれた際に、「nagasaki nimoca」を一枚財布に持っていれば活用できるエリアが広がりそうです。 また他県の「nimoca」情報を調べると「nagasaki nimoca」は数種類のカードが登場しそうですが、新しい情報が更新されたらご紹介したいと思います。 長崎の公共交通機関がますます便利になりそうですね。 この記事の情報は公開当時のものです。 現時点では情報が更新されている可能性があります。 nimocaに関する情報は公式サイトをご覧ください。 長崎のバスカードに関する他の記事はこちらから.

次の

長崎nimoca(ニモカ)九州全国どこで使える?何に使える?基本情報

長崎 バス カード

この記事の目次 各社局の長崎スマートカードの利用終了の日程 「長崎スマートカード」の利用終了のスケジュールは 各局で異なっています。 つまり長崎市内で例えると「長崎バス」と「長崎県営バス」の両方を利用している方で今後もバスカードを利用される方は「 今から徐々に準備を行う必要がある」という事です。 「長崎バス」と「さいかい交通」については「長崎スマートカード」の カード発行は既に終了。 「積み増し」や「利用」については2019年12月27日まで。 2019年内で利用が終了することとなります。 「長崎県営バス」「長崎中央バス」「長崎電気軌道(路面電車)」「西肥バス」「させぼバス」「松浦鉄道」「島原鉄道」の7社については、 来年春頃までに発行と積み増しが終了し、 利用は夏頃の予定となっています。 具体的な時期が明記されていない理由は「長崎nimoca」のシステム準備、各社の車種へのハード機器の調達や搭載日程など、まだ不明確な部分があるからだと考えられます。 各社局の長崎スマートカードの日程 エヌタスTカードと長崎nimocaの利用開始の日程 エヌタスTカードの利用開始の日程 「長崎バス」と「さいかい交通」で利用が決定している「 エヌタスTカード」は 9月16日から既に利用が開始。 「長崎スマートカード」との並行運用が開始しています。 nagasaki nimocaの利用開始の日程 「長崎nimoca」の導入は 2020年春頃を予定。 「長崎スマートカード」時には利用できなかった「 九州急行バス」も「長崎nimoca」に参加。 「九州急行バス」を含め「長崎県営バス」「長崎中央バス」「長崎電気軌道(路面電車)」「西肥バス」「させぼバス」「松浦鉄道」の7社が「長崎nimoca」対応となります。 春頃開始予定となっているのは、先ほど触れたように準備期間の状況によって、詳細な日程が今後案内されるものと思われます。 エヌタスTカードと長崎nimocaの日程 新旧バスカードの利用終了と開始の日程まとめ 「長崎バス」と「さいかい交通」については「エヌタスTカード」の利用が既に開始。 「長崎スマートカード」の利用は19年年内まで。 19年12月28日からは「エヌタスカード」一本の運用となります。 「長崎nimoca」導入予定の各社については導入時期が来年春頃となっているのため、長崎スマートカード自体の終了日程も、 来年春頃という通知。 来年頃には更に明確な日程が提示されるものと思われます。 各社、春頃の導入予定が3月導入と6月導入の2つのスケジュールで発表されています。 まず、最初の導入となったのは 「松浦鉄道」の3月1日 日曜日 、そして 「長崎電気軌道(路面電車)」の3月22日 日曜日 、「九州急行バス」は3月ですが詳細は未定 3月27日に決定。 「長崎県営バス」「長崎県央バス」「西肥バス」「させぼバス」は機器納入の遅れから 6月予定と少しスケジュールがずれ込んでいるようです。 また導入のズレに併せて 「長崎スマートカード」の利用は延長となっています。 なお「長崎エヌタスカード」導入の長崎バスは2020年2月16日の始発より交通ICカード(10カード)の利用開始となります。 「長崎県営バス」は2020年6月21日よりnagasaki nimocaの利用が決定となりました。 内容は変更になる可能性があります。 詳しい情報は各局より提示している情報を参考ください。

次の