鼻 うがい cm。 ハナノアa│製品情報│小林製薬株式会社

鼻うがいは危険なの?正しいやり方と効果について検証!

鼻 うがい cm

杉原徳彦(すぎはら・なるひこ) 医療法人社団仁友会院長。 医学博士。 専門は呼吸器内科。 認定医、専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、全日本スキー連盟アンチドーピング委員。 著書に『つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい』(あさ出版)などがある。 副鼻腔炎の症状改善に「鼻うがい」が役立つ 長引く咳や、その原因となっている鼻の不調を改善・解消、あるいは予防するために、みなさんがご自分でできるセルフケアをご紹介しましょう。 慢性副鼻腔炎は、正直なところ、治りにくい病気ですが、その治療効果を高めてくれるセルフケアはあります。 それは、「鼻うがい」です。 当院でも、薬を使った治療と同時並行で、患者さんには鼻うがいをおすすめしています。 そして、それを習慣にするようになった方からは、副鼻腔炎の症状である痰がらみや後鼻漏などをあまり感じなくなった、という感想を数多くいただいています。 軽い副鼻腔炎の人の場合、鼻うがいだけで治るケースもあります。 そのため、妊娠中など、薬物治療を避けたほうがいい場合などで、症状の軽い患者さんの場合、食塩水による鼻うがいだけで治していただく場合もあります。 鼻うがいで副鼻腔炎の症状がやわらぐのは、1%の食塩水で鼻腔や咽頭あたりを洗うことで、炎症性の物質が薄まるからです。 その結果、副鼻腔炎で生じやすいネバネバした鼻水がすっきりしたり、後鼻漏をあまり感じなくなったり、といったことが起こるのです。 気管支等に流れ込む炎症性の物質が薄められることで、炎症の悪化を抑え、ぜんそく等の気管支や肺に関連する疾患の症状も、やわらげることができます。 そのほか、アレルギーの原因物質やウイルス・細菌なども除去することができ、アレルギー性鼻炎やぜんそくの症状の予防にもつながります。 一般的には、約0・9%の生理食塩水が用いられますが、私はそれよりもやや濃い1%の食塩水をおすすめしています。 塩による粘膜の引き締め効果をしっかり出すためです。 より効果を高めるには、行う「タイミング」も重要です。 おすすめしているのは、 「寝る前」と「起きた後」の2回です。 副鼻腔で産出される炎症性の物質を含んだ鼻水や膿は、寝ている間も上気道や下気道へと流れていきます。 そこで、寝る前の鼻うがいで、炎症性の物質を薄めておくのです。 そうすれば、鼻腔より下に炎症が飛び火するのを防ぎやすくなります。 また、1日の活動で鼻腔内に溜ったハウスダスト等を、鼻うがいで洗い流す効果もあります。 朝起きたあとにも鼻うがいをするのは、寝ている間に溜った炎症性の物質を洗い流していくためです。 2つのタイミングで行うことで、鼻腔内がよりきれいになり、その結果、上気道から下気道への炎症もやわらげることができます。 気軽に使えるスプレーの「鼻うがい」 また、最近は「スプレー」タイプのものもあります。 鼻の中にノズルで食塩水を流し込むのが苦手な 患者さんには、「サイナスミスト」(ニールメッド株式会社)のような、スプレータイプのものをおすすめしています(ネット通販で購入できるので、ぜひ試してみてください)。 この場合、手順が通常の鼻うがいとやや異なります。 まず、鼻の穴に液体をスプレーした後、頭のてっぺんを床側に向けるように深くおじぎをし、20秒ほど待ちます。 こうすることで、鼻腔の粘膜全体に液体を浸透させることができます。 そして、もとの姿勢に戻し、鼻をかんで鼻の中の液体を出します。 杉原家は江戸時代から続く医師の家系で、17代目の医師になるものとして生を受けるが、レールの敷かれた人生に反発し、高校時代は文系を選択。 部活のスキーの大会で肩関節を脱臼し手術を受けたことで、医師の仕事のすばらしさに目覚め医師を志す。 94年、杏林大学医学部を卒業。 2001年、同大学院修了。 東京都立府中病院(現・東京都立多摩総合医療センター)呼吸器科勤務を経て現職。 自らも喘息を患った経験があり、教科書通りの医療では良くならない患者がいることに疑問をもち、上気道と下気道の炎症に着目した独自の視点で喘息診療を行っている。 仁友クリニックを設立し、喘息治療で功績を残した杉原仁彦は祖父にあたる。

次の

花粉症必見!【鼻うがい】ハナノアCMのようにやってみた!!花粉症対策

鼻 うがい cm

【スポンサーリンク】 鼻うがいに隠れた危険!脳や耳や目の病気にならないようにしよう! まず、皆さんは、鼻うがいの方法を知っていますか? 知っている人も、知らない人もここで一度、鼻うがいの方法を押さえておきましょう。 しばらく沸騰させたのち、冷ましたぬるま湯を紙コップに用意する• 4%くらいの食塩水になるように、塩を入れ良く溶かす• 片方の鼻から作った食塩水を吸い込む• 鼻をかまないようにして、塩水を出す。 逆の鼻も同様に行う。 おじぎするようにして、頭を左右に揺らし水を出し切る• タオルで拭いて終了 <注意点> 3の時点から、終わるまでは、唾を飲み込んだり鼻をかんだりしないようにしましょう。 必ず、沸騰させてから冷ました水を使いましょう これで、鼻うがいの方法は完璧です。 では、なぜこのような方法を取らなければならないのか説明していきます。 鼻うがいで中耳炎に!? 鼻うがいの途中で、鼻をかんだり、唾をのみこんだりしないように説明しましたが、これには理由があります。 私達の身体、 鼻と耳は繋がっています。 海に潜ったり、飛行機に乗っていたりする時に、耳がツーンと痛くなった時に、鼻をつまんで息をしますよね? 耳抜きと呼ばれる行動ですが、これによって、水圧や気圧によって鼓膜にかかった負荷を失くす行動です。 これは、鼻と耳が小さな管でつながっているからできることなのです。 では、鼻うがいの話に戻りますが、鼻うがい中、鼻の中に水が残っている状態で、鼻をかんだり、唾を飲み込んだりと鼻の中の圧力を高めることをするとどうなるでしょうか? そう、小さな管を伝って、耳の中に塩水が逆流していくことになります。 この、耳の中に逆流した、塩水によって、炎症を起こし、中耳炎になるのです。 鼻うがいを実践して、中耳炎になった人は、これが原因です。 【スポンサーリンク】 目や脳にも悪影響があるの!? ここで、よく問題にされるのは、『 フォーラネグレリア』と呼ばれるアメーバのことです。 俗に言う『 殺人アメーバ』と呼ばれるものです。 これに関しては、日本の水道水を使ったからと言って、感染して死亡してしまうということは、 ほぼ0%と言ってよいでしょう。 これは、フォーラネグレリアが塩素消毒に弱いという特徴の為です。 仮に、このフォーラネグレリアが存在する水で、鼻うがいをしてしまうと、鼻の粘膜の嗅神経を辿り、脳までたどり着き、脳を溶かしていき、死に至るということが起きます。 しかし、日本の水道水は、蛇口から出してしばらくしても消毒効果が残るように、0. そのため、このアメーバの感染によって死んでしまうということは起きないと言えます。 しかし、 アカントアメーバと呼ばれるアメーバは、塩素による消毒に抵抗を持っており、生存します。 このアメーバは、増殖すると目で結膜炎を起こすことで知られています。 そう、鼻と目も実は繋がっているのです。 あくびをした後に、急に鼻水が出たりしませんか?あれは、目と鼻をつなぐ小さな管の中を、あくびの時の顔の筋肉の動きで、鼻の方に涙が押し出されるためです。 つまり、加熱殺菌していない水で鼻うがいを行い、耳の時と同じように、水を出し切っていない時に、鼻をかむなどして、鼻の中の圧を高くしたとします。 そうすると、目の方へ水が逆流し、そこでアメーバが増殖、結膜炎を起こすということが考えられるのです。 鼻うがいは正しいやり方で行いましょう! いかがだったでしょうか? やや、怖い話もありましたが、鼻うがいはドロドロの鼻水を洗い流したり、花粉症のケアであったりに有効な方法です。 しばらく沸騰させたのち、冷ましたぬるま湯を紙コップに用意する• 4%くらいの食塩水になるように、塩を入れ良く溶かす• 片方の鼻から作った食塩水を吸い込む• 鼻をかまないようにして、塩水を出す。 逆の鼻も同様に行う。 おじぎするようにして、頭を左右に揺らし水を出し切る• タオルで拭いて終了 それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。 少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

次の

免疫力キープのために…“鼻うがい”の正しいやり方をマスター!

鼻 うがい cm

空気が乾燥して気温が下がる秋冬は、風邪をひきやすくなる人が多くなり、この時期は毎年、教えて!gooには「風邪予防」に関するたくさんの質問が寄せられています。 風邪をひきやすくなる理由 「空気が乾燥していると、風邪の原因となるウイルスが長時間空気中に漂っていられるようになるから。 」と言われています。 また、乾燥した空気がのどなどの粘膜を傷めることも、風邪をひきやすくなる理由の一つです。 風邪をひきやすい人とひきにくい人の違い 同じように生活していても、風邪をしょっちゅうひく人と、周りが風邪をひいていても風邪をひかない人がいます。 耳鼻咽喉科「ほりクリニック」院長の堀雅明先生によると、そのカギを握るのは「鼻」なのだとか。 「鼻には異物や細菌、ウイルスなどの進入を防ぎ、空気を加湿して湿度を調節する機能があります。 鼻で呼吸ができている人は、空気清浄機を通した空気を体内に入れているようなものです。 一方、口で呼吸している人は、フィルターを通さず、ウイルスや異物をそのまま体内に取り込んでいる状態。 のどや口の粘膜も乾燥して炎症を起こしやすくなるため、さらに風邪をひきやすくなります。 」 最近は、通年性のアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎で鼻がつまっている人、習慣的に口を開けて呼吸している人など、口呼吸の人が増えているそう。 では、口呼吸をおすすめしない理由を見てみましょう。 口呼吸が症状を悪化させる 風邪で鼻がつまると、口呼吸になってさらに症状が悪化しやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。 「風邪で鼻づまりになっている時には膿が混じってどろっとした鼻汁になり、鼻をかむだけではウイルスなどが混じった鼻汁を出し切るのが難しくなります。 「鼻づまりの症状がある時に鼻うがいを行うと、ウイルスなどをしっかり体の外に出し、鼻本来の機能を取り戻すことができます。 鼻で呼吸することができるようになれば口やのどの乾燥も防ぐことができるので、風邪の症状緩和に役立ちます。 ただし水道水で行うと、ツーンとして痛いだけでなく、水道水に含まれる塩素が鼻粘膜細胞や嗅細胞を壊してしまうので、滅菌精製水で作った生理食塩水や、市販の専用洗浄剤を使うようにしてください。 」(堀先生).

次の