夏のボーナス 支給日。 【2020】公務員のボーナス支給日はいつ?平均支給額はいくら?|とらねこブログ

【2020年地方公務員の夏のボーナス】職員の年齢ごとの支給額を公開します|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

夏のボーナス 支給日

会社員として働いている方の多くは、夏または冬の時期になると ボーナスが支給されると思います。 ボーナスが近い時期になると「 支給日 はいつかなぁ」と、日々悶々としている方もいるのではないでしょうか。 その他にも• 夏と冬、それぞれの詳しい支給日はいつだろう?• 公務員と民間企業で、ボーナスの支給日に違いはあるのかな? このようにボーナスの支給日について、いろいろと疑問に思う事もありますよね。 更にボーナス支給日についての疑問以外にも、 自分の働いている業種のボーナス支給額や パート社員のボーナスの有無なども疑問に思う方は多いでしょう。 そこでこの記事では• 民間企業、公務員それぞれのボーナス支給日• パート社員のボーナス支給について• ボーナスの平均支給額について• ボーナス金額の決まり方について 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読んで頂ければ、ボーナスの詳しい支給日や平均的なボーナスの支給額などが分かるようになります。 ぜひ最後までご覧ください。 まずは、 夏に支給される民間企業の詳しいボーナス支給日について解説していきます。 冒頭でも少し触れましたが、日本全国の民間企業全てに決まったボーナスの支給日はなく、それぞれの会社によって 多少 ボーナスの時期は異なります。 とは言え、すべての会社で全くバラバラの支給日かというとそうでもなく、主に 7月上旬あたりに支給される傾向が強いとされています。 もう少し詳しい日にちを提示すると「 7月10日」。 この辺りをボーナスの支給日とされている企業が多くあるようです。 「なぜ上旬?なぜ7月10日?」と疑問に思う方もいるかもしれませんので、このことについても解説していきます。 夏のボーナスの支給日が7月上旬や7月10日が多い理由は、主に 集金を終わらせたいとの理由からなるようです。 もちろん会社の方針や事情によって理由は異なる場合もありますが、このような理由の会社が多いため支給日が似てくると言えます。 しかし7月上旬に支給されるケースが多いというだけであって、会社によっては8月に入ってから支給される場合もあります。 人によっては残念ながらボーナスが支給されない方もいるかもしれませんが、7月にボーナスが支給されなかったからといっても、8月も諦めずに待ってみましょう。 続いて、 冬に支給される民間企業の詳しいボーナス支給日について解説していきます。 これも夏のボーナス支給日同様、会社によって様々です。 この流れから分かるように、民間企業における冬のボーナス支給日は 12月上旬が支給日として強い傾向にあります。 そして夏のボーナスと同じような理由から「 12月10日」あたりに支給される事も多いようです。 何度も言いますが、会社によって支給日は異なりますので、冬のボーナス時期もあくまで参考として見ておきましょう。 しかし、1月に入ってからボーナスを支給する会社はあまりなく、 クリスマスまでに間に合うよう支給するケースが大半なようです。 クリスマスまでにボーナスが支給されるのであれば、お子様をお持ちの方は プレゼントの購入に何とか間に合いそうですね。 そして何かとお金のかかる長い正月休みに備えることもできるでしょう。 民間企業、もしくは公務員の詳しいボーナス支給日については、夏と冬それぞれ解説していきました。 では「 一体自分はいくらボーナスが貰えるのだろう?」 このように疑問に思う方もいるでしょう。 ボーナスの詳しい 支給額は、勤めている会社の方針や業績などによって 変動する事も多いため難しいところです。 しかし、そうは言ってもある程度の 平均支給額でも知りたい方はいるかと思います。 そこでここでは、 平成30年夏季・年末の業種別ボーナスの平均支給額について解説していきます。 紹介するのは、• 卸売り・小売業• 製造業• 医療・福祉• 建設業• 飲食サービス業等• その他のサービス業• 運輸業・郵便業 これら 7つの業種の 平均支給額についてです。 業種別労働人口上位から順に、5パーセント以上のものをピックアップ あくまで平均的なデータなので、参考までとしておきましょう。 産業 平均賞与額 建設業 520,341円 製造業 520,273円 運輸業・郵便業 382,438円 卸売り・小売業 340,132円 医療・福祉業 267,661円 その他のサービス業 216,315円 飲食サービス業等 68,641円 引用: このデータを見てみると建設業が 520,341円と一番高く、飲食サービス業等の 68,641円と比べると、 およそ7. 5倍の開きがあります。 飲食サービス業はパートやアルバイトを雇用している事も多く離職率も高いため、残念ながら他業種と比べると毎月の賃金は低い水準にあります。 その影響もあり、飲食サービス業のボーナス支給額が低くなっていると言えるでしょう。 しかし中には飲食サービス業であっても、このデータより大幅にボーナス支給額が上回った方もいるでしょう。 その反対に建設業であっても、このデータよりも大幅に支給額が下回ったケースの方も当然います。 それぞれ自分の業種がどのくらいの支給額なのか参考にしてみてください。 ボーナスの金額は、おおよそ 夏は基本給の 1. 5~2ヶ月分・ 冬は基本給の 3~4ヶ月分のところが多いです。 しかし、ボーナスは絶対に支給しなければいけないという決まりはなく、 「もらえない」可能性ももちろんあります。 企業の大きさ や 業績によって左右されることが多いでしょう。 また、企業によっては、「基本給はそんなに高くないが、他にいろんな手当がついて、ある程度の金額になっている」というパターンがあります。 その場合、 基本給に他の手当の金額が含まれるのか、含まれないのかで受け取れるボーナスの金額は大きく変わってきます。 時期や金額などボーナスに関するルールは企業ごとに決められていますので、しっかり確認しておきましょう。 ボーナスには 扶養手当も関係しているので、扶養家族がいる人の方がボーナスは多くもらえることになります。 地域手当は地域によってゼロのところもあり、住んでいるところによって差が出てくるでしょう。 自分の住んでいる地域の地域手当を確認してみましょう。 また、支給月数は8月に人事院が毎年出している 人事院勧告で決定されるので、 6月のボーナスで過不足分が出た場合は、12月のボーナスの時に調整されます。 人事院勧告では、まず国家公務員の支給月数が決定され、その後それを参考に地方公務員の支給月数が決定されます。 過去20年間の支給月数の平均は、 年間4. 35ヶ月となっています。 会社から支給されるボーナスの場合、正社員の方が対象になっている場合が多いでしょう。 では、 パート社員の方にボーナスはでないのでしょうか?「 もしかしたらパートにも出るかも」と、少しだけ期待している方もいるかもしれませんね。 この期待を裏切ってしまうかもしれませんが、パートの方に ボーナスは支給されないケースが一般的です。 もちろん会社によっては支給されるところもあるようですが、その場合ほとんどが数千円~1、2万円程の 寸志程度が多いようです。 とは言え、家族 夫や妻、親など の扶養に入っている方は、ボーナスを貰い過ぎることで 扶養から外れてしまう事も考えられます。 そのあたりも考慮しておけば、たとえ貰えなかったとしても、精神的に少しは楽になるでしょう。

次の

民間企業夏ボーナス、コロナ禍で急減の公算 冬はもっと厳しく? (1/2)

夏のボーナス 支給日

ボーナスをもらえる人、もらえない人 ボーナスをもらえる人は基本的には正社員が対象で、契約社員やパート・アルバイトの人には支給されないのが一般的です。 ボーナスは利益配分的なものですので、正社員として利益をどれだけ上げたか、どれだけ業績を上げ会社に貢献したかが問われます。 【関連記事をチェック!】 会社員の夏ボーナスは7月5日~15日の間・冬ボーナスは12月5日~15日の間 会社員のボーナス支給日は、会社によって異なっています。 一般企業の夏ボーナス支給日は7月5日~15日の間が多いということです。 冬のボーナスがもらえる時期は12月上旬の人が多いようです。 夏のボーナスは7月10日ごろ、冬のボーナスは12月10日ごろと覚えておけばよさそうです。 【関連記事をチェック!】 公務員のボーナスは夏が6月30日、冬が12月10日が基準 公務員には毎月の給与のほかに、期末手当、勤勉手当と呼ばれるものがあり、これがボーナス(賞与)となります。 国家公務員の支給日は法律で定められており、夏が6月30日、冬が12月10日となります。 地方公務員のボーナス支給日は自治体によって異なりますが、国家公務員に近い日に設定されることが多いようです。 【2020年夏の公務員のボーナス支給額はコチラ】 退職予定者にはボーナスが支給されないこともある 退職予定の人は、会社のボーナスの「支給条件」は確認しておきましょう。 ボーナス支給日に在籍している、支給日の1カ月前などの基準日に在籍しているなどと決められており、支給条件が「ボーナス支給日に在籍している者」となっている場合は、ボーナス支給日の後に退職しないとボーナスをもらうことができません。 また、退職予定者にはボーナスを支給しないというところもあり、支給日に在籍していたとしても、退職する予定があればもらえないということになりますので注意が必要です。 【関連記事をチェック!】 ボーナスがもらえる時期まとめ ボーナスがもらえる時期は夏は6月30日~7月15日、冬は12月5日~12月15日がめどになるといえそうですね。 半年に一度もらえるせっかくのボーナス、もらえることができたら計画的な貯金を心がけて、住宅ローンなど借金の返済、長期休暇のレジャーを楽しむなど効果的に使っていきましょう。 また、ボーナスから引かれる税金、社会保険料などについてチェックしたい方は以下の記事を参照してください。 【関連記事をチェック】•

次の

【2019夏】教員(小中学校・高校)のボーナスを年齢別に算出。昨年比4万円UP!|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

夏のボーナス 支給日

このページのまとめ• 一般的な地方公務員のボーナス支給日は、夏が6月30日、冬が12月10日• 金額は、国家公務員と同じく、人事院勧告に基づいて決定されることが多い• 地方公務員になるには、各自治体が実施する試験に合格する必要がある 賞与、夏期手当、年末手当、期末手当などさまざまな名称が使われている、いわゆる「ボーナス」は、通常の給与とは別に貰える特別な報酬です。 ボーナスの支給は義務づけられているものではないため、支給の有無や支給日、金額の決め方などは企業によって異なります。 では、公務員のボーナスはどのように決められているのでしょうか。 当コラムでは、公務員のボーナス支給日、金額の決め方、公務員の目指し方をご紹介します。 地方公務員のボーナス支給日 ボーナスの支給がある一般的な民間企業では、夏と冬の年2回支給されることが多くなっていますが、これは公務員も同様です。 では、具体的にはいつ支給されるのでしょうか。 国家公務員と地方公務員のボーナス支給日 国家公務員のボーナス支給日は法律で決められており、夏は6月30日、冬は12月10日です。 地方公務員のボーナスは、「各自治体の条例による」としていますが、実際は国家公務員と同日にしているケースがほとんどです。 よって、地方公務員のボーナス支給日は、 国家公務員と同じ6月30日と12月10日と考えて良いでしょう。 もしボーナス支給日が休日だった場合は、その前日もしくは前々日が支給日になります。 民間企業のボーナス支給日 民間企業も、公務員と同じくらいの時期にボーナス支給を行っていることがほとんどですが、具体的な支給日は特に決められていません。 というのも、企業はボーナスの支給日や支給条件などを自由に規定することができるためです。 一応の目安としては、夏は6月30日~7月初旬、冬は12月初旬~25日くらいに支給を行う企業が多いようなので、そのくらいの時期と考えておけば良いでしょう。 ただし、経営状態が悪く財政に余裕がない場合は支給されないこともあります。 以下では、両者の支給額の決定方法を解説します。 人事院勧告とは、民間企業の給与調査を行い、その水準に合わせた額を提案することです。 つまり、国家公務員のボーナスは、民間企業に比べて高すぎたり安すぎたりすることがないように調整されているということです。 では、地方公務員はどうなっているかというと、支給日と同じく各自治体の条例によって異なります。 基本的には国家公務員と同様の水準にする自治体が多いですが、自治体の財政状況やその場所の物価などを考慮し決めるケースもあるようです。 そのため、 数ヶ月間の査定期間を設け、その対象期間における個人の実績を評価し、金額に反映するというケースが多い傾向にあります。 例えば、ベースを月の給与の3ヶ月分として、評価によって2. 5ヶ月分~3. 5ヶ月分の範囲で支給額を決定するといった会社もあるようです。 その他にも、あらかじめ支給する総額を決めておき、評価によってどう分配するか決める方法などもあります。 小規模な会社であれば、社長の独断で決まることもあるかもしれません。 例えば、休職等で働いていない期間があると貰える分が減ったり、勤務成績が極めて良好と判断されれば増えたりするようです。 しかし、これは多くの人には適応されない例外的なものであるため、基本的には上記の求め方で問題ないでしょう。 地域手当について 上記の式にある「地域手当」は、家賃や物価が高い特定の地域に勤務している職員に支給されている手当です。 支給割合は3~20%で、主な地域としては、東京都や大阪市、横浜市などが挙げられます。 扶養手当について 「扶養手当」は、扶養親族のある職員に支給されている手当です。 とはいえ、家族であれば全員分がもらえるというわけではなく、支給には条件があります。 支給月数について 人事院勧告は毎年8月に発表となっており、夏のボーナス時点では正確な支給月数が確定されていないため、一旦前年の数字を元に算出します。 その後、改定されれば調整が入る仕組みとなっています。 地方公務員になりたい場合、どうすれば良いのでしょうか。 目指す職種を明確にする 一口に地方公務員といっても、役所で窓口業務を行う行政職や、消防士、警察官といった公安職、土木、建築などに携わる技術職など、職種はさまざまです。 まずはどんな職種を目指すのかを明確にしましょう。 各自治体が実施する試験に合格する 地方公務員になるには、 各自治体の地方公務員試験を受け、それに合格しなければなりません。 もちろん、目指す職種によって受ける試験は異なります。 また、難易度は各自治体によっても異なるので、勤務を希望する自治体の試験について、よく理解を深めておきましょう。 試験を受ける際の注意点 各試験には、上級、中級、初級があり、それぞれ大卒程度、短大・専門卒程度、高卒程度と学力レベルが分かれています。 上級であるほど将来役職に就きやすく、出世しやすくなっているため、受験を検討している人はどのレベルにするかもよく考えておきましょう。 ちなみに、試験は学歴関係なく受けることができますが、年齢制限があります。 各自治体によって上限は異なるため、事前に確認しておきましょう。 「公務員は条件が良くて惹かれるけど、本当にやりたいことかどうかは分からない」という方は、一度就活サポートサービスを活用してみてはいかがでしょうか。 新卒の就活サポートなら、年間3,000人以上の就活相談実績を持つキャリアチケットにお任せください。 就活のプロによる個別カウンセリングで、あなたの性格や希望をしっかりと把握し、長く働ける企業をご紹介します。 また、求人のご案内だけでなく、内定獲得のための対策なども実施しておりますので、選考がなかなか通らないとお悩みの方にもおすすめです。 キャリアチケットは、採用企業170社以上。 取材した優良企業のみをご紹介していますので、安心して就活を行うことができます。 また、求人に載っていないような情報も確認できますので、内定後に「こんなはずじゃなかった」という失敗も防げます。 応募できる企業の情報収集のみでも構いませんので、興味のある方はぜひお気軽にご相談ください。

次の