艦これ ss ヤンデレ。 #艦これ #ヤンデレ 提督「ヤンデレ?」電「なのです」

[B!] 提督「駆逐艦が変態過ぎて癒しが欲しい」 : あやめ速報

艦これ ss ヤンデレ

提督「う~ん、次の作戦は……と」ペラッ ヒョコ 168「司令官!」 提督「おお、168か。 どうした?」 168「何してるの?」 提督「いや、次の作戦に、誰を配属しようかと思ってな…何か用か?」 168「退屈だったから、司令官とお話がしたかったの!」 提督「そうか…うん、気分転換にはいいかな。 いいぞ、何の話する?」 168「ありがとう!じゃあ…司令官は何が好き?」 提督「食べ物の話か?基本的には何でも好きだけど…なんで?」 168「最近料理に少し興味が出てきたの!だから、上達したら司令官に料理を作ってあげたいなと思って!」 提督「おっ、それはうれしいな。 じゃあ…ベタだけど、ハンバーグとか好きだな」 168「ハンバーグね!練習するから、いつか楽しみにしててね!」 提督「おう、ありがとう」 168「どういたしまして!絶対おいしいの作ってあげるから!他には?」 提督「他に、って?」 168「司令官、何か私にしてほしいことはある?」 提督「うーん…別にそこまで必要はないかな。 でも、ありがとう168」ナデナデ 168「ん…当然よ!私、司令官の為なら何でもするから!」 提督「それはうれしいなあ」ナデナデ 168「ちょっと、私本気よ?」 提督「おう、そうか。 にしても…ハンバーグかぁ」 168「…?」 提督「懐かしいなぁ…」 168「何が?」 提督「ハンバーグと言えば…あいつも、作るの上手くてな」 168「!」 提督「よく学校時代の休みの日に無理言って作らせてな…ああ、またあいつのハンバーグも食べたいなぁ」 168「……」 提督「ん?ああ、悪い悪い!つい、昔を思い出しちゃってな」 168「………司令官」 提督「ん?」 168「…その人とは、婚約してたんだっけ」 提督「まあ、な。 この戦いが終わったら、結婚する約束をしてる」 168「…その人から?」 提督「いや、俺からだ。 それじゃ」 168「やっぱり、司令官はあの人のこと…もっと直接……」ブツブツ スタスタ ガチャ バタン 提督「……………行ったか」 提督「なんだあれ…めちゃくちゃ怖かったんだけど」ブルブル 提督「それにしてもあいつ…あの写真、どこから手に入れたんだ?」 提督「あんな写真撮られた覚えないんだけど…まあ、酔ってたから覚えてないだけか」 提督「あいつもキャバクラとか言ったら怒るんだろうか…しばらく集まりには参加しないようにしよう」 青葉「それがいいと思います!」ヌッ 提督「うおっ!…なんだ青葉か。 すまん168!」 ガチャ 提督「………」 提督「何度確認しても俺の部屋なんですがそれは…」 ガチャ 168「司令官、どうしたの?」 提督「」 提督「168!?なんで俺の部屋に?」 168「なんでって、司令官を待ってたからに決まってるでしょ?」 提督「なんだろう、俺が間違ってんのかな…」 168「司令官、さ、お布団温めといたから一緒に寝ましょ?」 提督「同室の子には言ってきたのか?58とかはっちゃんとか」 168「私と話してるときにほかの子の話はしないで」 提督「えっ?」 168「…なんでもない!二人に話はしてあるわ!」 提督「…」 168「だから、ね?早く寝ましょ?」 提督「………」 168「どうしたの?」 提督「168…こういうことをするのはよくない。 自室に帰って寝なさい」 168「え……?」 提督「こんなんだって俺も男だ。 168に手を出すかもしれないぞ?」 提督「さ、自室に帰りなさい」 168「司令官…」 168「私は司令官にだったら…すべてをささげても構わないわ!」 提督「……!!」 168「ねぇ司令官…私じゃだめなの?あの人じゃないと…だめなの?」 提督「168…俺は……」 168「料理だってなんだってやってみせるわ!司令官の為なら、私なんでもする!だから……」 提督「……」 提督「ごめん……俺はお前を受け入れてやることはできない」 168「……」 168「……」 提督「もちろんお前のことは大切だ。 だが…俺には心に決めた人がいるんだ」 168「っ」 提督「だらしない提督ですまない。 でも…」 168「わかったわ」 提督「えっ?」 168「司令官、ごめんね?私、自室に帰るから」 提督「あ、ああ…」 168「気にしないで。 司令官は何も悪くないわ」 提督「すまん…」 168「でも司令官、私、あきらめないから!」 提督「え?」 168「どんな手を使っても司令官を私に振り向かせるから、覚悟してね?」ニコッ 提督「…そうか。 じゃあ168…おやすみ」 168「おやすみなさい!」 スタスタスタ ガチャ 提督「…はぁ。 はるばるご苦労』 『はっ…それで、お話とは?』 『今日お前を呼んだのは他でもない…お前、ケッコンに興味はあるか?』 『け、結婚ですか!?』 『いや、多分お前の想像している物ではない。 実はケッコンカッコカリという新しいシステムを取り入れることに決めた』 『ケッコン…カッコカリ?』 『そうだ。 練度が高い艦娘をこれをすることで、さらなる性能の向上が期待される』 『はぁ…』 『それだけではない。 このシステムの一番の利点は…ケッコンをした艦娘の燃費が向上することだ』 『…』 『…』 『お前の鎮守府には確か大和がいたはずだ…意味は分かるな?』 『!…し、しかし!』 『別に昨日今日の付き合いではなかろう。 それとも…誰か懇意にしている女でも?』 『……』 『図星か。 だが、ケッコンとはいっても性能の向上の為の仮のものだ。 女がいるとはいっても、浮気にはならん』 『…だから嫌なんだよ』ボソッ 『…?何か言ったか?』 『いえ。 その場合…168みたいに、やたらに傷つけてしまうより、大和とケッコンしてしまったほうが傷つけずに済むかもしれない) 提督(そういう意味では…不本意ではあるが、今回の提案も悪くないと、そう思えるようになってきた) 提督「今日中に話をするか…早いほうがいいだろ」 提督「大和、ちょっといいか」 大和「あ、おはようございます提督!どうされました?」 提督「いや、少し話があってな…今夜空いてる?」 大和「はい!大和は構いませんが…提督?少しお疲れでは?」 提督「そんなことないさ」 提督「ふぅ、よし、これで」 168「司令官、おはよう!」 提督「!…あ、ああ。 おはよう。 明日にしてくれないか?」 青葉「それはできません!今日しなくてはならない話です!」 提督「そうか、じゃあ早くしてくれ。 如何にも、司令官のお悩みについてお話したのは私です」 提督「どういうつもりだ!それに、どうしてお前が俺の行動を把握してるんだ!」 青葉「愛ですよ」 提督「…愛?」 青葉「ええ。 司令官が私に向けてくれているものと同じ、愛」 提督(会話に…ならない) 青葉「だから、安心してください!今から私たち、三人で仲良く暮らしましょうね!」 提督「三…人?」 青葉「168ちゃんも提督の事が大好きみたいですから、彼女は特別です。 一緒に協力して、今、彼女には悩みの種を潰してもらってきています!」 提督「悩みの、種?ま、まさか!」 青葉「はい!大和さんの事でお悩みのようでしたので!」 提督「っ!」ガタッ 青葉「何処に向かわれるんですか?」ガシッ 提督「離せ!俺は…ングッ!?」 提督(何か飲まされた!?) 青葉「司令官はお休みになってください。 誰かに撫でられているみたいだ) 提督(あれ、俺どうしてたんだっけ…確か…執務が終わって…青葉が………っ!?) ガバッ 提督「!!」 提督「お前は……!」 大和「どうされました?提督」 提督「大和!?無事だったのか!」 大和「無事?何のことでしょうか…?でも、酷いですよ提督。 あなたから約束を取り付けてきたのに、来たら寝てしまっているんですもの」 提督「青葉は…青葉はいなかったか!?」 大和「青葉ちゃん?いませんでしたけど…どうかされました?」 提督「いなかった?……夢、だったのか?」 大和「やっぱりお疲れじゃないですか!さ、膝枕してあげるので、頭をこちらへ」 提督「あ、ああ…」 大和「それで、お話とはなんでしょうか?」ナデナデ 提督「そうだな…これを」パカッ 大和「…えっ?これって…」 提督「うん、ケッコンカッコカリって言って、本営から渡されたんだけどな?…受け取ってくれるか?」 大和「もちろん!でも…カッコカリって、ひびき、よくないですね」 提督「俺もそう思ってさ…カッコカリなんて、縁起が悪いかなって…そう思って、一回は断ろうとしたんだけどさ…」 大和「それでも大和はうれしいです!提督もうれしいですよね?」 提督「まあ…な。 大丈夫、この戦いが終わったら、これとは別で式を挙げよう。 駆け足ですがこれで終わりになります こんなss書いててあれですけど、今朝何の気もなしに大型建造回したら大和出ました。 次も書きたいとは思ってますが…いかんせん連投規制がきつかったです…。 vip2ch. メタ情報•

次の

のくす牧場 : SS 書庫

艦これ ss ヤンデレ

」 今日の秘書艦である大和が艦隊が出撃から戻ってきたことを伝える。 提督「そうか、とりあえず損害がひどいやつから順番に入渠しろと伝えておいてくれ。 」 大和「分かりました。 」 大和はそう言うと執務室から出ていく。 大和「たくさんの女の中に男が一人いて何もないと思いますか?本当は、みんなそんなことばかり考えているんです」 大和「いままではなかったのかもしれませんが」 大和「それでも、ここでは女の方が強いんですから」 とある魔術の禁書目録 ssまとめ【名作、科学、とある ヤンデレ おすすめのSSまとめ 【ツンデレ・デレデレ 勇者SS ドラゴンクエスト をあつめてみた 僧侶・戦 とある魔術の禁書目録ssまとめ 面白かったオススメ作 まさか戦艦大和が沈んだ日に大和のお話を書けるとは思いませんでした。 自分のくじ運が怖いです。 昭和20年4月7日14時23分。 大和は数多くの爆撃、魚雷を浴び東シナ海に沈んでいきました。 自分のくじ運が怖いです。 昭和20年4月7日14時23分。 大和は数多くの爆撃、魚雷を浴び東シナ海に沈んでいきました。 なんでヤンデレの意味をについて聞いたんだ?この鎮守府にヤンデレでもいるのか?」 大和「第六の娘達が本を読んでいてね、その本にヤンデレって言う単語があったの。 北上「提督、見てよこの酸素魚雷!すごくない?ねえねえ」 提督「はいはい、改二になってから毎日のように聞いてるから 【艦これ】12日発売 『大和改 軽兵装ver. 』フィギュアレビュー!超弩級の食い込みが見れるぞ! 【艦これ】むらくも を おし たおして しまった 他、叢雲イラストまとめ 大和 艦これ がイラスト付きでわかる! 「艦隊これくしょん」のキャラクター。 提督業を疎かにする提督は、ある日ふと鎮守府に戻ると、ヤンデレ化した艦娘達に監禁さ Sign Up Login. 以下、vipにかわりましてelephantがお送りします 2017年07月07日 19:59; せっかくの好物ヤンデレ霞なのになんで途中で諦めるんだよ!!! 13. pixivで『ヤンこれ』って調べると結構ヒットします。 大和 艦これ がイラスト付きでわかる! 「艦隊これくしょん」のキャラクター。 加速する狂気。 連鎖する恐怖。 提督を渦巻く病みの瘴気。 提督「そうだよ! 一緒に生活するんだから、歌を好きになってくれるってだけで決めちゃ駄目だ。 一緒に夫婦生活に訪れる試練を乗り越えて、人生を共にするんだから、 13 艦これ速報@名無しさん 2014年12月24日 13:38; ID:fzLvl0eG0; 加古のヤンデレ 密会あとの提督、寝ている加古の横を通りすぎようとすると「提督ーお帰りー」驚いてそっちを見るとしっかり寝付いた加 1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします sage 2018年11月11日 日 12:57:40 ID: 2CeQSBw80. 大和はずっと提督のあなたのお傍で頑張ります Followers: 1. 1K 提督「そうだよ! 一緒に生活するんだから、歌を好きになってくれるってだけで決めちゃ駄目だ。 一緒に夫婦生活に訪れる試練を乗り越えて、人生を共にするんだから、 関連ss 【艦これ】特型駆逐艦について 睦月型について 【艦これ】正規空母 装甲空母について 白露型について 朝潮型について 【艦これ】イギリス フランス ドイツ艦について 【艦これ】アメリカ イタリア ロシア艦について 【艦これ】戦艦について 日韓の軋轢で、韓国はどうすればよいのか? 残念ながら、私には、なんのアイデアもない。 理由は簡単で、日本のリベラルな知的空気では、日韓の軋轢については、過去の経緯を見てもそうだが、日本が無限に譲歩すべきであって、韓国側がどうすべきかということは問えない、と感じている 13 艦これ速報@名無しさん 2014年12月24日 13:38; ID:fzLvl0eG0; 加古のヤンデレ 密会あとの提督、寝ている加古の横を通りすぎようとすると「提督ーお帰りー」驚いてそっちを見るとしっかり寝付いた加.

次の

【艦これSS】夕立「夕立、ヤンデレになるっぽい!」提督「へ?」

艦これ ss ヤンデレ

北上「提督、見てよこの酸素魚雷!すごくない?ねえねえ」 提督「はいはい、改二になってから毎日のように聞いてるから凄さはわかったよ」 北上「つれないなぁ、やっぱうれしいんだよ?前線で活躍できると思うと」 提督「そうかぁ?」 北上「提督の役にも立てるしね!」 提督「…そうか。 期待してるからな!」 北上「うん…そんだけ?」ジーッ 提督「…え、どういうこと? 」 北上「もう、わかってないなあ。 こういう時は素直に撫でてくれればいいんだよ」 提督「なんだそんなことか。 お前って時々子供っぽいこと言うよな」ナデナデ 北上「そうそう!それでいいんだよ」 提督「こういうことできるのはうれしいけど、同時にとても恐ろしくあるんだけど」ナデナデ 北上「どういう意味?」 提督「いや、もしあそこらへんに大井がいて、こんなところ見られてたら………さ……」 大井「…………」 北上「……思いっきり見てるんだけど」ボソボソ 提督「…そうだな」 北上「…」 提督「…」 北上「あたし、用事あるんだった!じゃね!」ピュー 提督「あっ、ずりい!ちょっとま」ガシッ 大井「…」 提督「」 提督「よ、よお。 どうした?北上はあっちだぞ?」 大井「…北上さんに手を出そうとしましたね?」ニコッ 提督「あ、あれは北上から…」 大井「え?」ニコニコ 提督「…すみませんでした。 絶対忘れねえから」 北上「ま、まあいいじゃん!提督は出撃しないんだから、たまには怪我とかも乙なもんでしょ?」 提督「お前なあ…。 にしても、お前大井と一緒で大変じゃない?あんなにべったりで、部屋では何をしているんですかねえ…」 北上「ちょっと、そんなことあるわけないっしょ~?」 提督「そうか?割とガチでありそうなんだが」 北上「ここに着任してきたときはべったりだったけど、最近はそんなでもないかな。 どっちかっていうと、最近は親友みたいな付き合いをしてるよ」 提督「ふぅん。 でもそれだと、北上といると大井にシメられる理由が説明できないんだがな」 北上「……それは自分で考えるべきだよ。 あたしが教えても仕方のないことだし……わざわざライバルは増やしたくないしね」ボソッ 提督「…?」 北上「何でもない!でも、提督は大井っちと付き合い長いじゃん」 提督「まあ、そうだな。 大井はここでは最古参の一人だし」 北上「ぶっちゃけ私に妬いちゃったり?……提督は大井っちのことどう思ってるの?」 提督「なんで俺がお前に妬くんだよ。 でも、そうだな…」 提督「正直、大井のことは少し苦手かもしれないな」 ガタッ 提督「ん?なんか落ちた?」 北上「え?」 提督「いや、なんか音がしたような気がしたんだけど…気のせいだったかな」 北上「気のせいじゃない? それより…なんで苦手なの?」 提督「ああ、大井の話か。 …なんかな、最近あいつのことがよくわからなくて」 北上「どういうこと?」 提督「そうだなぁ…お前が改二になる前くらいからかな、あいつのほうが俺の事を避けるようになった…気がする」 北上「そう?」 提督「うん。 お前といると俺を諌めるために来たりするんだけど、それ以外は極力俺を避けるようにしてるみたいだった」 北上「うん」 提督「俺だって前みたいに仲良く…仲良かったっけ?まあいい、普通に接してあげたいけど、最近はあいつが何を考えてるのかよくわからないんだ」 北上「……それじゃさ、提督」 提督「ん?」 北上「今度大井っちにあった時に抱きしめてみなよ!」 提督「な、何を言ってるんだお前は!割と真面目に悩んでるんだぞ!」 北上「ふざけってないって。 まあ、抱きつくまでとも言わなくても、今度一緒に食事でもして、腹を割って話してみなって!きっとうまくいくからさ」 提督「…そうか?」 北上「そうだよ。 北上さんより、あの人を目で追うようになっていたのは。 自分の気持ちを自覚するのが遅すぎたのかもしれない。 出来るだけ提督から離れて、自分の気持ちが落ち着くのを待とうとした。 でも 提督と北上さんが一緒にいると、どうしても耐え切れない胸の痛みに襲われて、 気が付いたら、北上さんをダシにして、提督を責めていた。 でも、気づいてしまった。 やっぱり私は、この人が好きなんだな、と。 北上さんには悪いと思った。 でも、思ってはいても、自覚した時には提督とは少し気まずくなってしまっていて 提督と触れ合える唯一の時間だと思うと…何より愛おしかった こうして、少しでも触れあっていれば、いつか、いつか提督のほうから歩み寄ってくれるかもしれない。 もう、自分の気持ちを隠すことはできそうにない。 私の中で、何かが零れ落ちたような音がした気がした。 どうした?」 大井「…私…」 提督「…北上か?だったら、部屋に戻ったぞ?」 大井「っ!」 ツカツカツカ 提督「お、おい!なんだ?」 大井「私、提督にお話があるんです」 提督「ちょうどいいな、俺もお前に話が……!? 防音性が高いから、声が聞こえる心配はありませんね」 提督「…こんなのおかしいぞ大井。 き、北上はどうしたんだ?お前は自他ともに認める北上loveだったはずだろ!」 大井「……ああ、北上さん?それなら、ここに」 ドサッ 北上「ンーッ!ン!」 提督「北上!……大井!! 北上を縛って、いったいどういうつもりなんだ! 」 大井「別に北上さんに危害を加えるつもりはありません。 ただ、そこで私達の行為を見てもらおうと思って連れてきました」 提督「…どういうことだ」 大井「北上さんを連れてきたのは、自分と決別するためです。 …素直になれなかった自分と、北上さんを愛していた自分との…決別」 大井「提督は気づいていらっしゃらないかと思いますが、私、提督の事が好きだったんですよ?」 提督「は?」 提督「そんな…だって…! 事実を書いたって仕方ないですよ。 後半の展開が駆け足なのはすみません。 vip2ch.

次の