ロイヤル エン フィールド クラシック 500。 ロイヤルエンフィールド(Royal Enfield) クラシックミリタリー500EFI

クラシッククローム500 EFI(ロイヤルエンフィールド)の中古バイク・新車バイク

ロイヤル エン フィールド クラシック 500

歴史 [ ]• - ジョージ・タウンゼンド(George Townsend)がにジョージ・タウンゼンド・アンド・カンパニー設立。 - 自転車、自転車部品製造開始。 - タウンゼンド・サイクル・カンパニー設立。 - 自転車(エンフィールド)製造開始。 イーディ・マニファクチュアリング・カンパニーに社名変更。 その後、エンフィールド・マニファクチュアリング・カンパニー設立。 - 独立し、エンフィールド・サイクル・カンパニー設立。 - オートバイ製造開始。 - エンフィールド・インディア設立。 - 他社に経営権を譲渡。 - イギリスの本社が倒産。 インド側では生産が続行される。 - アイシャーがエンフィールド・インディアを買収。 - エンフィールド・インディアからロイヤルエンフィールド・モーターズに社名変更。 - 吸収合併されてアイシャーの一部門となる。 車種 [ ] ロイヤルエンフィールド・サンダーバード よりインドに生産が移ってからもオートバイの車体構造をほとんど変更しなかったため、かつては「本物のクラシックバイク」として貴重な存在となっていた。 また構造が複雑でなかったことからの載せ替え改造が行われることが多く、なかにはなどオートバイとしては珍しいに換装されたものまで存在する。 なお現在発売されている車両はUCE(Unit Construction Engine)モデルと呼ばれ、欧州の保安および環境規制に適応させるため車体およびエンジンの構造やブレーキが大幅に見直されており、500ccのエンジンにはを搭載したものも生産されている。 クラシック• ブリット• エレクトラ• サンダーバード• タウラス• コンチネンタルGT 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

ロイヤルエンフィールド クラシック500最新!買取査定相場

ロイヤル エン フィールド クラシック 500

Contents• ロイヤルエンフィールドの歴史って? まず初めに超簡単にロイヤルエンフィールドについて。 イギリス発祥の現在はインドのバイクメーカー• イギリスの生産をインド支社に移す。 本国で潰れる。 インドでは作り続ける。 インドのバイクメーカーになる。 だいたいこんな感じ。 かつては 1960年くらいの設計から一切変えずに作っていたので、ガチもんのクラシックバイクって言われてた。 現在はインジェクションになってエンジンも一体オールアルミエンジンでUCEエンジン。 昔ながらのはピストンが鉄製だったことからアイアンエンジンって言われてる。 ちなみにアイアンはぶっ壊れやすい。 そして右シフト。 ロイヤルエンフィールドで高速は走れるの? 結論:走れるよ!追い抜きは出来るけど苦手! メーターは160kmまであるけど140kmくらいが限界だと思う。 80kmくらいで走行車線を走っているのが一番気持ちいいね! 90km~辺りからちょっと不快な振動になってくる。 ただし 120くらいまでは普通に出るので追い越しも出来るよ。 峠で速い奴が一番かっこいいんだ。 イケてるぜ、お前! とガチで思ってた人間です。 でもね、 バイクってスピードだけじゃない。 と教えてくれたのはロイヤルエンフィールドでした。 覚えてるのは道だけとかざらにあったけど、 エンフィで走ると同じ道なのにこんなにキレイな景色があったんだ。 って発見をくれてバイクの新しい楽しさを知れた。 どうしても写真を撮るために停車すると 「車が後ろから来ちゃうかも。 せっかく今気持ちよく流してるのに勿体ない!」 って気持ちが先行してしまって写真なんか撮る気にならなかったけど、 エンフィだと前に車がいても丁度いいペースなのでガンガン写真とか取るようになったかな! ただ右のバンク角が浅くてマフラーは割とスグ擦る。 ロイヤルエンフィールドで街乗りは? 結論:一番コイツが輝く時! 俺はバイクで 街乗りって峠に行くまでの捨て時間って思ってたけど エンフィでの街乗りは最高の一言! まず何度も言ってる鼓動感! 信号待ちから1速に入れて進むと ドコッドコッドコドコッドコドコドコドコ!!!!!! 純正なのにマフラーがスゲーいい音。 交差点一つ曲がって加速するたびに心地よい鼓動。 ビッグシングルならではの贅沢が常に味わえる! ロイヤルエンフィールドの故障頻度は? 結論:2年乗って故障なし。 現行のUCEエンジンは全然壊れない。 メンテはオイル交換くらい。 ただちょっと アイドリングがFIなのに悪いね。 暖気しようと放置すると結構止まってる。 個体にもよるけど海外の排ガス基準に適合させるためにかなり薄めのセッティングされてるらしい! 俺は サブコンを入れてだいぶ症状が改善された! ロイヤルエンフィールドの思わぬ副産物• ライディングポジションが神• 純正マフラーでめちゃくちゃいい音• 燃費良 エンフィに乗ってこりゃいいや!って思ったのが ライディングポジションがスゲー疲れない! 椅子に座って手を出したらハンドルがある。 それくらい自然! シートも程よい厚みと弾力感。 ステップがフロントともバックともいえない絶妙な位置! 実際3泊4日3000kmツーリングをしてもライポジで疲れるってことはなかった! 足つきは身長170cmで少しカカトが浮く。 女性でも問題なく乗れると思う。 それと純正マフラーがめちゃくちゃいい音する! 俺はバイク乗ったらまずマフラー変えなきゃ気が済まない人間だけど、マフラーは後回しでいいやってなるレベル! 2年くらい乗ってるけど 未だにほぼノーマルで満足してるのはエンフィくらい! あとは単発なんでリッター32kmくらい走る。 燃料タンクが13.5L。 380km前後で給油することが多いかな! ロイヤルエンフィールドの悪いところ 基本的に走行性能に関してデメリットは見られない。 強いて言えば• アイドリングが安定しない。 塗装やチリは国産に比べれば雑。 ガソリン残量がわかりにくい。 そんなところかな! UCEエンジンになって本当に 普通の輸入車って感じ! 正直、国産バイクが凄すぎるだけで比べれば落ち度はあるけど、細かな部分なので意外と気楽に乗れるよ! インド製だし仕方ねぇなって感じで不思議と許せる! ロイヤルエンフィールドのインプレまとめ.

次の

名車「ロイヤルエンフィールド」がインドから輸出された理由を探れ!

ロイヤル エン フィールド クラシック 500

UCEクラシック500EFIの中古車です。 ロイヤルマルーンがキレイな車体です。 まだ名称がブリット500クラシックであった頃のモデルです。 お気軽にお問い合わせください。... UCEクラシック500EFIの中古車です。 ロイヤルマルーンがキレイな車体です。 まだ名称がブリット500クラシックであった頃のモデルです。 お気軽にお問い合わせください。 ロイヤルエンフィールド正規輸入元ウイングフットでは多くのエンフィールドを手がけた経験をいかし、お客様に対する整備、ドレスアップのアドバイスを行っています。 パーツに関しましてはロイヤルエンフィールド社の他に、イギリス、インドのパーツサプライヤーにもネットワークを持ちより迅速に入荷するシステムとなっています。 整備部門もお客様に素早く、十分なサービスが行えるよう体制が整っています。 続きを見る イギリスで生まれ、現在はインドで生産されるロイヤルエンフィールドの日本総輸入元として、新車、中古車の販売から修理、車検、そしてカスタムまで、エンフィールドにかかわることなら何でもやっています。 ロイヤルエンフィールドのことならお気軽にお問合わせ下さい。 年に数回、ツーリングなどのイベントも行っております。 皆様の御来店心よりお待ちしています。... イギリスで生まれ、現在はインドで生産されるロイヤルエンフィールドの日本総輸入元として、新車、中古車の販売から修理、車検、そしてカスタムまで、エンフィールドにかかわることなら何でもやっています。 ロイヤルエンフィールドのことならお気軽にお問合わせ下さい。 年に数回、ツーリングなどのイベントも行っております。 皆様の御来店心よりお待ちしています。 2011年12月1日より新住所にて営業いたしております。 新住所:東京都足立区鹿浜5-19-19 TEL:03-3897-7255 続きを見る.

次の