どんな とき も wifi twitter。 お知らせ一覧

Mugen WiFiが新規受付停止に|クラウドWiFiは終了なのか?

どんな とき も wifi twitter

この記事でわかること• クラウドWiFiの中でも圧倒的な人気を誇っていた「Mugen WiFi」が新規の受付を停止した• 公式サイトには「コロナの影響で在庫の確保ができない」と書いてあるが、どうもクラウドWiFi自体の雲行きが怪しくなっている• これからポケットWiFiを申し込むのであれば、やはり「WiMAX」の方が安心かもしれない 本日(4月10日)21時頃、人気のクラウドWiFi(無制限ポケットWiFi)「」の新規受付が停止しました。 原因は 「コロナウイルスの影響で、端末の供給ができなくなったため」とされています。 おそらく理由としては本当ではあるものの、ここ最近のポケットWiFi業界の動きを見る限り、 どうも「クラウドWiFi」自体の存続を危ぶむ声が聞こえている。 2020年になってからの主なクラウドWiFi• 2月中旬、どんなときもWiFiで通信障害が発生• 3月上旬~下旬、どんなときもWiFiの通信障害が多発• 4月3日、どんなときもWiFiが新規の受付を停止• 同日、hi-ho GoGo WiFiが新規の受付を停止• 4月10日、Mugen WiFiが新規の受付を停止 トラブルの始まりは「どんなときもWiFi」でした。 そして、この1週間で3社も新規の受付が停止しております。 こうなってくると、 クラウドWiFi自体が「何かしらトラブルを抱えているのではないか」と思う人が出てきても不思議ではないでしょう。 どんなときもWiFiは違約金無料で解約も可能となっている クラウドWiFiの仕組みをおさらい クラウドWiFiとは何か。 ルーター(端末)にSIMカードを直接挿すのではなく、システムサーバー側にSIMカードを用意。 ユーザーの利用環境に応じて、自動的に最適なSIMを提供する。 それがクラウドWiFiです。 この画期的な技術により、大容量のデータ通信を使うことができるようになりました。 クラウドWiFiの懸念(キャパオーバー) クラウドWiFiは開始当初から様々な懸念をされていました。 その1つが「本当に無制限に使い続けることができるのか」というもの。 「いくらサーバー側で最適なSIMを提供するとはいえ、元となるのは同じSIMカードである。 であれば、いつか限界に達するのではないか?」 今回の「どんなときもWiFi」のトラブルについては、まさにこの状況に陥ってしまったと言えるでしょう。 「どんなときもWiFi」が公表しているところによると、はっきりと「キャパオーバー」と明記されています。 つまり「無制限」というのは実際には嘘で、上限がちゃんとあったことになるのです。 「hi-ho GoGo Wi-Fi」と「Mugen WiFi」はキャパオーバーで新規受付を停止したわけではなく、あくまで在庫切れが理由。 「どんなときもWiFi」のように通信障害が起きているわけではありません。 クラウドWiFi会社同士による共食い状態 少し表現が尖ってしまいますが、つまりは「クラウドWiFi会社同士によるギガの共食い状態」だったとも言えるかもしれません。 どこまでいっても提供元のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は同じです。 その限られた容量を各社で奪い合った形になっていたのではないでしょうか。 結果として、割り当てられた容量を超えてしまった「どんなときもWiFi」では通信障害が起きた。 同じ轍を踏まないために、「hi-ho GoGo Wi-Fi」や「Mugen WiFi」は限界に達する前に新規の受付を停止した、と考えられます。 hi-ho GoGo Wi-FiやMugen WiFiで「通信障害が起きている」という声は全く聞こえてきません。 今選ぶべきポケットWiFiは「WiMAX」なのか? ここまで「無制限ポケットWiFi」が浸透してしまった以上、今さら「WiMAX」では心もとないのは事実です。 ですが、これだけトラブルが立て続けに起きている以上、このまま「クラウドWiFi」を追い求めるのはリスクが高すぎると思います。 とはいえ「WiMAX」には 「3日間で10GB使ったら、翌日の18時~26時まで速度が1Mbpsに低下する」という特殊な速度制限があります。 また、 これまで全く通信障害が起きなかったわけではありません。 そもそも 全国どこでも使えるわけではなく、僻地や田舎では圏外になり、地下や建物内でも電波が届かないことが多々あります。 つまり、「クラウドWiFi」にも「WiMAX」にも、メリットとリスクの両方がついてまわるということなのです。 「クラウドWiFi」と「WiMAX」の比較 かなりぶっちゃけた「クラウドWiFi」と「WiMAX」の比較を行なっておきましょう。 WiMAXがエリア内ならWiMAX、エリア外ならクラウドWiFiか がエリアに入っているのであれば、正直の方がいいでしょう。 速度が低下するとはいえ、1Mbps出ればYouTube動画くらいならなんとか見れます。 最低限の利用は保てるということです。 参考記事: ですが、そもそもWiMAXがエリア外なら、もう選択肢はクラウドWiFiしかありません。 なるたけ 「信頼できるクラウドWiFi」を選ぶようにするしかないでしょう。 とはいえ、なるたけ「信頼できるクラウドWiFi」というのも、正直なところ「使ってみないとわからない」のが現状ではあります。 会社の規模から言えば、GMO社の「」やスマモバ社の「」辺りが信頼度が高いわけですが、こればっかりはどうなるかわかりませんからね。 参考記事: 何を今さらと思うかもしれませんが、そもそもポケットWiFiというのはそういうものです。 どこでも繋がって、バシバシ速度が出るものというのは、通信システムの構造上なかなか作れるものではありません。 そんな中、追い打ちをかけるようにコロナウイルスの影響で、圧倒的にモバイルトラフィックが増えてしまった。 こういった状況下であるがため、残念ながら多少の我慢を強いられてしまうのが現状ということなのです。 「絶対に速度が必要なんだ。 ギガが大量に必要なんだ。 」という方は、を引っ張るしかないでしょうね。

次の

「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi(無限WiFi)」どっちがおすすめできるの!?

どんな とき も wifi twitter

今回は、データ容量完全無制限WiFiとして人気の高い「どんなときもWiFi」と、最近話題になることが増えてきた「Mugen WiFi」を比較し、どっちが良いのかを詳しく見ていきます! どちらもクラウドSIMを採用し、利用場所に最適なキャリアを自動的に選択してくれます。 また、適宜SIMが変わることで、 月間データ容量も3日間制限もない完全無制限Wi-Fiです。 月間データ容量が無制限のポケットWi-Fiは数多くありますが、完全無制限Wi-Fiはまだサービスの絶対数が少ないですよね。 さらに公式サイトを見比べても、どっちが良いのか判断に困ることも。 ここで各サービスの違いをチェックして、どちらがピッタリなのか見極めましょう! 目次• どんなときもWiFiとMugen WiFiの料金比較 画像引用元: まずはどんなときもWiFiとMugen WiFiの月額料金などの費用面を比較していきましょう。 ポケットWi-Fiを契約するなら、料金の安さはかなり重要な要素ですよね。 月額料金はもちろん、解約することになった場合のコストもしっかりチェックしておきましょう! 月額料金はMugen WiFiが安い! どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランで月額料金を比較すると、 Mugen WiFiの方が安く利用できます。 どんなときもWiFiの料金 プラン名 支払い 方法 月額料金 1~24 ヶ月目 月額料金 25ヶ月目 以降 ベーシック データ放題プラン クレジット カード払い 3,480円 3,980円 口座振替 払い 3,980円 4,410円 詳細 どんなときもWi-Fiの月額料金は、2年契約のベーシックデータ定額プランのみです。 初めの2年目までが1番安く利用でき、 25ヶ月目から月額500円高くなることに注意しましょう。 また、料金の支払い方法によっても月額料金が変わります。 どんなときもWiFiを契約するなら、クレジットカードを作っておいた方がいいですね! Mugen WiFiの料金 プラン 月額 税込 格安プラン 3,608円 アドバンスプラン 4,268円 詳細 Mugen WiFiの月額料金はU2sを利用する格安プランと、G4を利用するアドバンスプランがあります。 どんなときもWiFiのように 25ヶ月目から利用料金が上がることが無いので、格安プランならMugen WiFiの方がランニングコストが安くなりますね。 なお、2019年12月25日まではアドバンスプランも3,280円で契約でき、ずっと月額料金が変わりません。 スマホのようなモバイルWi-Fiルーターを利用してみたい方は、アドバンスプランを契約してみてもいいかも知れません。 初期費用は同じ 契約時の初期費用は、どんなときもWiFiもMugen WiFiも同じで事務手数料のみです。 初期費用比較 項目 どんなときもWiFi Mugen WiFi 事務手数料 3,000円 3,000円 端末代金 0円 0円 初期費用はどちらも3,000円で、初回請求時に合算されます。 また、端末代金もかからないので、契約時のコストは最小限で済みますね! 解約金はMugen WiFiの方が安い どんなときもWiFIは2年自動更新契約、Mugen WiFiは初回2年契約でそれ以降は縛りなしになります。 もし途中解約することになって解約金が必要になった場合は、Mugen WiFiの方が安くなっています。 返却を忘れてしまう・故障等で返却できない状態の場合は別途違約金が加算されることに注意しましょう。 半年以内の解約で端末分の違約金がかかる場合のみ、Mugen WiFiの方が解約費用が高くなってしまいます。 すぐ解約することはないでしょうが、解約時には端末返却を忘れずに行ってくださいね! どんなときもWiFiは「いつでも解約サポート」がある! どんなときもWiFiの方が解約金が高く設定されていますが、 「いつでも解約サポート」を利用すれば解約費用なしにできます。 いつでも解約サポートでは、どんなときもWiFiの提案するサービスに乗り換えてから解約することで、解約金が免除されるサービスです。 固定回線でもポケットWi-Fiでも乗り換え先はある程度希望が通るので、使ってみて速度やエリアに満足できなかった場合に活用したいですね! Mugen WiFiはたっぷり30日間無料お試しできる! Mugen WiFiは解約金無料になる特典はありませんが、 初回30日間なら違約金なしで解約できる「30日おためし全額返金保証」があります。 ランニングコストはMugen WiFiの方が安い• どちらも端末レンタルで初期費用は3,000円のみ• 解約費用はMugen WiFiの方が安い• それぞれ解約費用負担を軽減する施策あり どんなときもWiFiとMugen WiFiの速度を比較 続いてどんなときもWiFiとMugen WiFiの通信速度や速度制限など通信面を比較します。 通信速度はどんなときもWiFiもMugen WiFiも同じですが、通信の安定性を考えるとどんなときもWiFiの方がいいかも知れません。 通信速度のスペックは同じ どんなときもWiFiとMugen WiFiは共に下り最大150MbpsのモバイルWi-Fiルーターを利用しています。 そのため、スペック面ではどちらのサービスも同じ通信速度と言えますね。 端末の通信速度比較 項目 どんなときもWiFi Mugen WiFi 下り速度 最大150Mbps 最大150Mbps 上り速度 最大50Mbps 最大50Mbps スマホと同じく電波を利用した通信なので、最大速度の150Mbpsはまず出ることはありません。 実行速度はどちらも 10Mbps〜30Mbps程と考えていいですね。 数値だけを見ると遅いのではないかと心配する方も多いのですが、Google検索やLINEトーク・通話やYouTube等の動画視聴なら、まず問題なく使えます。 一方、アプリのダウンロードやOSの更新など、数GB〜数十GBの通信はかなり時間がかかります。 1GB:約4分半• 5GB:約23分• 50GB:約3時間48分 特にPS4やNintendo Switchなど、最近のゲームはダウンロード販売が多いですよね。 タイトルによっては約50GBのゲームもざらにあるので、10〜30Mbpsではかなりダウンロードに時間がかかることには注意した方がいいでしょう。 ゲームで利用するならモバイルWi-Fiルーターではなく、光回線を検討した方がいいいかも知れませんね。 速度制限の基準は同じ どんなときもWiFiとMugen WiFiは、月間のデータ量も3日間制限もなく 完全無制限で利用できます。 ただ、次の条件に該当すると通信制限を受けることに注意しましょう。 利用者もクラウドSIMのリソースも業界一!• トラブル対処のノウハウが蓄積されている• これまでの接続障害の経験から安定性を高める対処が進んでいる どんなときもWiFiは2019年3月からサービスが開始され、爆発的に利用者を増やしてきました。 その影響でクラウドSIMのリソースが不足して繋がりにくくなるといったトラブルも何度かありましたね。 障害が発生する毎にリソースを惜しみなく増強しているので、最近はどんなときもWiFi側が原因の障害はほとんど発生していません。 つまり、どんなときもWiFiは、 他のクラウドWi-Fiより安定性が高いと考えて良いでしょう。 一方、Mugen WiFiは2019年10月開始の新しいサービスです。 利用料金を抑えるため広報活動も最小限に抑えているので、利用者の増加はどんなときもWiFiより緩やかです。 その分クラウドSIMのリソースも少ないと言えるでしょう。 現時点ではそこまで問題はありませんが、利用料金の安さに惹かれて契約者はどんどん増え得ていくと予想されます。 今後リソース不足になった時、「すぐ対処されるのか?」「速度が遅くならないか?」といった部分は現時点では未知数です。 これらのことから、どんなときもWiFiの方がリソース不足の障害の可能性が低く、通信速度も安定しやすいサービスと考えていいでしょう。 スペック上の速度は同じ• 通信制限の基準も制限速度も同じ• どんなときもWiFiの方が通信が安定して使える可能性大 口コミでの速度はどんなときもWiFiの方がいい? 最後にどんなときもWiFiとMugen WiFiの口コミを見ていきましょう。 全体的な評判というより速度測定結果を公開している方を中心に比較しました。 まずはどんなときもWiFiの速度測定を見ると、30Mbps前後で安定している方が多いですね。 12月上旬はあんまり調子が良くなかったけど、最近は復調したらしく、24時間常時このぐらいの速度が出るようになりました。 — noveem Noveem2019 今も利用者がどんどん増えていますが、リソース増強したのか速度が改善していると感じている方もいました。 一方、Mugen WiFiの速度測定の口コミでは十分な速度の方もいますが、どんなときもWiFiより遅い測定結果が多いように見受けられます。 全てソフトバンク電波の速度結果 — ヘイゾウ ae86gtapex MUGEN wifi 今ちょっと遅いかなー — ひぃろ ya78216 スペック上は同じ環境のはずですが、やはり料金が安く広報活動が弱い分、クラウドSIMのリソースが少なく混雑気味なのかも知れません。 完全無制限かつできるだけ速度も欲しい方は、どんなときもWiFiを契約した方が安定しそうですね! どんなときもWiFi vs Mugen WiFiまとめ 今回は完全無制限Wi-Fiである「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi」を比較しました。

次の

どんなときもWiFiとMugen WiFiを徹底比較!どっちがお得?

どんな とき も wifi twitter

届いたばかりのルーターD1 《2019年8月31日》 ( どんなときもWIFIからのメールを時系列に表示します。 ) なるほど、クラウドシムの特性による不具合が発生したのか。 と、他人事のように気にしていませんでした。 ところが 2020年2月21日の夜から どんなときもWIFIが急激に遅くなった。 2月21日の夜、ノートパソコンでAmazonPrimeVideoで「朱蒙」を見ていたら、 まともに視聴できなくなった。 ビデオ画面の真ん中にサークルがでて くるくる回って止まらない状態。 次の日、デスクトップパソコンでブログの更新をしようとしたが、 自分のブログもまともに表示されないほど極端に回線速度が落ちていた。 3大キャリアに接続と言ってるけど、実際はソフトバンク 以外の回線をつかんだことがない。 ところが回線速度は改善する様子はなく次のようなメールが 《2020年2月25日》 なるほど不具合の原因も分かって2月26日には復旧するのならまあいいか 待ってましょう。 と思っていたのですが、超低速の時間が長かったので、不具合の 申請をメールに記載の申請フォームより行いました。 『私自身のツイート』 どんなときも wifi正常になりましたが、トラブルの原因は何か?原因も分かってないのか?説明が欲しい。 クラウドシムの限界だとしたら、解約も考えたい。 私のルーターは依然として繋がったり、激遅になったりしているけど 改善されるなら少し様子を見ましょう。 《2020年2月28日》 この頃確かに武漢ウイルスが感染拡大し、ダイヤモンドフェリーの乗客が 次々と感染者を増やしていた時期ですなぁ。 それで どんなときもWIFIも シムの増強が十分にできないということか。 それにしても、以前のメールで不具合の原因について特定できて 解消できるようなことを言ってたのに、なんだか 雲行きが怪しくなってきたなぁ。 まあ、 不具合に対しては通信料の減額や違約金等検討しているし、 3月1日には不具合も解消できるようなので待ちますか。 《2020年3月2日》 ふむふむ、3月1日に トラブルは解決したのか。 で、対象の利用者には3月分の 通信料免除か無償解約が選択できると。 このころは どんなときもWIFIもまずまずの対応だったなぁ。 私はもう通信障害も起きないだろうと判断し、3月分通信料免除を 選択したのであった。 Twitterもこの頃には、批判のツイートがたくさん出てきて、 「 どんなときもWIFI被害者の会」などが盛り上がっていました。 「どんなときもWiFi繋がらないなぁ〜」と思ってTwitterで検索かけたら 『どんなときもWi-Fi被害者の会』 とかいうアカウント出てきて フォローしたら次から次への同じ系統のアカウントが発見されて笑ってる — 🎸🍳🏕🌌 BBQ🪓野兵キャンプ部長👻🍖🗻🔥 🔭 19080661693aa どんなときもwifi、10GB使うと通信制限がかかって、ゲキタクみたいなゲームはできなくなる。 容量無制限を謳っているwifiルーターなのに、明らかに虚偽広告だな。 容量無制限を期待するなら「どんなときもwifi」はやめたほうがいいと思う。 これを見ると、どんなときもWiFiが良心的に見える。。 というか、クラウドWiFiの問題が少し前に表面化したこの時期に、なんで限界突破WiFiとかを契約したんだろう・・。 またこの通信障害はどんなときもWIFIだけに限らず、クラウドシムを 利用していたギガゴリWIFI、限界突破WIFIなども同様の障害が 起きていたようです。 《2020年3月20日》 なるほど、サポートセンターの受付時間を延長して対応します。 という うわべだけの誠実さアピール。 どんなときもWIFIの親会社「グッドラック」、さらに上の 「オールコネクト」関連会社の「Link Life」(BroadWIMAX)、 に対しての印象に悪影響はあっても好印象をもたらすことはないと 思います。 同じクラウドシムを利用したネットサービスの提供会社はたくさんありますが 障害に対してのユーザーへの対応にかなりの差がありました。 相次いでトラブルを起こした「どんなときもWiFi」と「限界突破Wi-Fi」。 一方の限界突破Wi-Fiは条件を見直し、その後の業績は好調だという。 どこで差がついたのか。 「サポートをちゃんとすることが伝わり、不信感を払拭できた」ことが勝因のこと。 — みなみ まなぶ mcnang.

次の