ディオス クロイ 剽窃。 FGO、ディオスクロイの剽窃・盗用疑惑でサービス終了の危機だと炎上

ディオスクロイとは

ディオス クロイ 剽窃

ディオスクロイ Fate とは、に登場したの一騎である。 :・ : については の記事を参照。 概要 クとは「の子」を意味する言葉。 航のとして崇められたの。 への習合の結果、徐々に設定が変わって・・・・本来はのであったのがのとして落していった。 ー号の船員としての逸話も有名。 とクス、二人で一騎の。 カストロ。 スパルタレダとスパルタ王テュンスの子。 にュネースーがいる。 (イア軍総アガメムノンの妻) 原典時点におけるの子という立場から、における設定変更のあおりを受けタダのへ落した。 その怒りからとしての霊基を持つ。 の逸話からくる扱い。 ポルクス ・・・ではなく。 スパルタレダとに化けたの子。 にヘーがいる。 (イアの発端となった) が死んだことで自らの不死を返上しへ昇された。 突っ走りがちなを引き留めるできた。 卓越した技からとしての霊基を持つ。 ステータス• 名:ク• /体重:・kg(クス) ・kg()• 出典:• 地域:• :混沌・中庸 :• ] 1T &攻撃を[Lv. ] 3T &性を[Lv. 本来は古き双であるためAないし規格外のを有するはずだが、後年に形作られたにけるのを受けた結果、Bに留まる。 特に、が後世ので「の血を持たない」とされた故だと考えられる。 の:A 二者一体の存在としてとなった双の在り方を示す。 航の守護者:B 船にてゆく者たちへの守護をもたらす。 双の存在は、困難を乗り越えるとして周囲の人々を賦活させる。 の航者に似たであり、本来は軍略とを含む複合である。 人系の一部が有する魔とは似て非なる。 の形態をとった魔をし、を増強する。 として名高い二人の攻撃。 また、名解放の時に限っては、二人はのとしての格をほぼ全に取り戻し、一時的に核が最高のものとなる。 純然たる霊規模の魔を行使した上での攻撃は、的・的なあらゆる障と防御とを視して、対を粉砕するだろう。 ゲーム内性能 恒常5。 構成は Q2 A2 B1。 が七つもあり素殴り性も良い。 性別識別系の効果を効化する。 (の的なを除く) 関連動画 関連静画 関連項目• そうなった理由としてはこういう説が挙げられてたりします」ってのをやる担当で、 設定担当は「じゃあ、一般的な伝承のとそのとか説からこういうボーンと性格のを考えてみました」ってやる担当って事なんじゃねえの?って踏んでるのがやの意見 設定を作る=史実の解説部分も担当してるだろう、ってのがそっちのだけど、 手元のを見る限りでは史実の解説と作中の像の紹介とでに文体に差があるが見られるから別なんじゃね?って言ってる アヴィケブなんかは史実の人物像の所にさんってハッキリ書いてあるけど、他はバベッジとかとかが分かりやすいと思う (前者は史実解説がアッサリ三行で作中解説がリ、は史実解説が見開きで作中解説が1) 77 ななしのよっしん.

次の

FGO、ディオスクロイの剽窃・盗用疑惑でサービス終了の危機だと炎上

ディオス クロイ 剽窃

ディオスクロイ Fate とは、に登場したの一騎である。 :・ : については の記事を参照。 概要 クとは「の子」を意味する言葉。 航のとして崇められたの。 への習合の結果、徐々に設定が変わって・・・・本来はのであったのがのとして落していった。 ー号の船員としての逸話も有名。 とクス、二人で一騎の。 カストロ。 スパルタレダとスパルタ王テュンスの子。 にュネースーがいる。 (イア軍総アガメムノンの妻) 原典時点におけるの子という立場から、における設定変更のあおりを受けタダのへ落した。 その怒りからとしての霊基を持つ。 の逸話からくる扱い。 ポルクス ・・・ではなく。 スパルタレダとに化けたの子。 にヘーがいる。 (イアの発端となった) が死んだことで自らの不死を返上しへ昇された。 突っ走りがちなを引き留めるできた。 卓越した技からとしての霊基を持つ。 ステータス• 名:ク• /体重:・kg(クス) ・kg()• 出典:• 地域:• :混沌・中庸 :• ] 1T &攻撃を[Lv. ] 3T &性を[Lv. 本来は古き双であるためAないし規格外のを有するはずだが、後年に形作られたにけるのを受けた結果、Bに留まる。 特に、が後世ので「の血を持たない」とされた故だと考えられる。 の:A 二者一体の存在としてとなった双の在り方を示す。 航の守護者:B 船にてゆく者たちへの守護をもたらす。 双の存在は、困難を乗り越えるとして周囲の人々を賦活させる。 の航者に似たであり、本来は軍略とを含む複合である。 人系の一部が有する魔とは似て非なる。 の形態をとった魔をし、を増強する。 として名高い二人の攻撃。 また、名解放の時に限っては、二人はのとしての格をほぼ全に取り戻し、一時的に核が最高のものとなる。 純然たる霊規模の魔を行使した上での攻撃は、的・的なあらゆる障と防御とを視して、対を粉砕するだろう。 ゲーム内性能 恒常5。 構成は Q2 A2 B1。 が七つもあり素殴り性も良い。 性別識別系の効果を効化する。 (の的なを除く) 関連動画 関連静画 関連項目• そうなった理由としてはこういう説が挙げられてたりします」ってのをやる担当で、 設定担当は「じゃあ、一般的な伝承のとそのとか説からこういうボーンと性格のを考えてみました」ってやる担当って事なんじゃねえの?って踏んでるのがやの意見 設定を作る=史実の解説部分も担当してるだろう、ってのがそっちのだけど、 手元のを見る限りでは史実の解説と作中の像の紹介とでに文体に差があるが見られるから別なんじゃね?って言ってる アヴィケブなんかは史実の人物像の所にさんってハッキリ書いてあるけど、他はバベッジとかとかが分かりやすいと思う (前者は史実解説がアッサリ三行で作中解説がリ、は史実解説が見開きで作中解説が1) 77 ななしのよっしん.

次の

【FGO】ディオスクロイの評価と再臨素材

ディオス クロイ 剽窃

彼らの高尚な格言の数々を見て学び、我々も次のステージへ歩みを進めましょう。 今は公式側の言葉信じて、取り敢えず見護るのが大人の対応だと思いますけどね。 どんどん粗探して燃料投下するのは少なくとも違うと思います。 みたいな事件ですけど大した問題じゃないんですよ、外圧の粗探しですよね。 それが生粋の型月ファン、真の型月ファンのアスマさん在り方です。 ではここでもう一度このツイートを読んでみましょう。 害圧のゲームへの罵倒は許せないのに選手への罵倒は平気で吐けちゃうんですね。 さすが真の型月ファン。 外圧討伐団筆頭、黒きのこ氏 これと同類に見られたくないと考えて発言できない古参は間違いなくいるよ。 本当にファンで型月に変わって欲しいと思うなら誹謗中傷や気に入らない人をスクショで晒しあげるべきではない。 自分で自分の活動の意義を貶めてどうするの? — 黒きのこ yoshikinokofate 例のブログ。 ぶっちゃけ言いますと賛同できない理由がこういうこと言う人が書いたからなんですよね・・・・まず、一つの理由が— ヤクト・動画店 jagddoga10 はっきり言って失望しました。 もう勝手にすればといった感じですね。 — 黒きのこ yoshikinokofate このやり取り、雑な仕事で騒動を起こす型月、、脱税table等にぶっ刺さるの芸術的で素晴らしいと思いました。 特に型月さん、本当に原典に敬意を持って英霊(笑)をデザインしているなら、 "意図せぬ"なんて起きるんですかね? まぁ信用を失っても大正義青天井ガチャ売上1位で全員黙らせられるから簡単ですね。 DWに感謝。 私の所感 ディオスクロイ騒動も、MUGEN BLOOD問題も、ぶっちゃけ当事者間で解決すれば良いって主張は理解できます。 しかし、その彼等への嘲笑や批判を悪と断じて、他人の口を塞ごうとする人々が居るということに一抹の不安を抱いてしまう。 これはで何かしら騒動が起きる度によく見ていた光景ではありますが、私の意見としては 盲目な擁護も、妄想の非難も総じて減らしていくべき物であるという事です。 MUGEN BLOOD問題を「の不祥事が〜」と話すバカ外圧には考えて口を開けと思うし、ディオスクロイ疑惑を「なんて大した事無い〜」と恥ずかしげもなく語るキッズ こどおじ? もバカはお勉強してから発言しろって思う。 また、おらふのブログに関して「彼の普段の発言のせいで〜」という旨の批判を見て、それは一理ある話だなと思ったが、同様にして型月やその他関連企業への不信感や、それらへ溜まる諸々のヘイトの説明も出来るのではないだろうか? 彼らは延々と批判する気持ちを理解できないらしいが、本当にそうだろうか? 嫌なものから目を背けることが出来ない、どうしても愚痴りたい、何かしら言及したいという気持ちは誰もが持つように思える。 自分がどうしても言いたいこと、それを誰かに認めて貰いたいという感情、それが肯定的な内容であれ否定的な内容であれ、根底にあるのは同じ物だと思う。 どちらかの方が優れている劣っているというものでは無い。 追記 さらに言わせてもらうならば、久世明日真のように実在の人物に繰り返ししねしね言い続け、アイツらは、人間じゃない(から何言ってもいい)とまで言っている人間の吐く「吐き出すだけ吐き出したらもう触れない〜」という発言の薄っぺらさと言ったらこれ以上にないと思う、普段から「批判=悪」と断ずる様な人の酷いヘイト撒き散らし装置としての一面が発覚して、残念に思う人も多いのでは。 ゲームのプロデューサーへのヘイト発言は許せない、関連の人物には罵詈雑言を浴びせ続ける、"本当の彼"はどちらなのだろう。 なんなら前者は史実に基づく存在もあれど所詮は架空の存在、それらを貶されることは許せない!と言いながら実在する 今現実に生きている 人々に対して「アイツらはゴキブリ、人間じゃない、だからどれだけ貶しても無問題、死ね」と大っぴらに宣うその面の皮の厚さだけは羨ましいと感じる。 まぁ彼のように言いたい気持ちもわかるが、お前が死ねよ奇形鯉カス、害圧の様にはなりたくない?安心しろよお前はもっと酷いから、お前こそさっさとおっちんでその生き恥晒しの敗北者人生に終止符を打つべきだろ。 いい歳したオッサンが嫌いなプロ球団に粘着して死ね死ねネットでほざいてるの見苦し過ぎる、社会の底辺は身の程を弁えろ。 Nam13.

次の