真希波・マリ・イラストリアス 名言。 【エヴァンゲリオン】エヴァンゲリオンのパイロットについて一覧形式でまとめてみた!|まんが人気考究

真希波・マリ・イラストリアス (まきなみまりいらすとりあす)とは【ピクシブ百科事典】

真希波・マリ・イラストリアス 名言

キャラ: 真希波・マリ・イラストリアス(まきなみ・マリ・イラストリアス) 声優:坂本真綾 アニメ: 原作: ジャンル:、 制作:GAINAX、 放送局: 放送時期: 【プロフィール】 EVA仮設5号機・8号機パイロット。 『破』より登場する新キャラクター。 イギリス出身でユーロ支部所属。 EVAでの出撃時に「三百六十五歩のマーチ」や「ひとりじゃないの」といった日本の1970年前後の歌謡曲を歌ったり、興奮時には「にゃっ! 」という掛け声や語尾を時折発する癖がある。 自身がEVAに乗ることについては全く疑問を持っておらず、戦闘中に痛みを堪えながらも「面白いから、いい! 」と楽しんでいる。 名言・名台詞 エヴァにのるかなんかなんて、そんな事で悩む奴もいるんだ。 なら早く逃げちゃえばいいのに。 ほら、手伝うからさ…。 そうやってイジけていたって、何にも楽しいことないよ。 めがね、めがねぇ~ しゃーない、腕の一本くれてやる! モード反転! 裏コード! ザ・ビースト!! 君、いい匂い、LCLのかおりがするけど…面白いね。

次の

【エヴァ】真希波・マリ・イラストリアスは何者なのか?正体はエヴァの開発者?【新世紀エヴァンゲリオン】

真希波・マリ・イラストリアス 名言

エヴァQで登場した「エヴァの呪縛」とは? 「エヴァの呪縛」とは、 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の式波・アスカ・ラングレーの台詞から登場した言葉です。 アスカが自身の外見が14年前から変わっていない理由を碇シンジに説明する際に「エヴァの呪縛」という言葉が出てきており、アスカだけでなくシンジも真希波・マリ・イラストリアスも新劇場版の初めから見た目が変わっていません。 「エヴァの呪縛」は新劇場版において 重要な伏線である可能性が高いです。 旧劇場版との明らかな違いとしても挙げられ、 EVAパイロットが人間とは異なる存在であることを示唆している可能性もあります。 それでは、「エヴァの呪縛」の考察についてご紹介していきます。 この際に赤木リツコはシンジを止めており、 「ヒトに戻れなくなる」ということを言っています。 結果的にシンジは止まることなく、サードインパクトを起こす寸前で渚カヲルに止められています。 エントリープラグの深度が高くなることでEVAとパイロットが同化してしまうのかどうかはまだ明らかになっていませんが、それに似た現象が起きていることは間違いないと言ってもいいでしょう。 「神に近いもの」、「ヒトに戻れなくなる」、この2つの言葉から、 シンジはヒトの次元より上の存在となり、言葉通り神に近い存在となった可能性があります。 シンジに限らずこの現象は他のEVAパイロットにも当てはまり、なんらかの理由でエントリープラグの深度が高くなることでヒトならざるものになっている可能性があります。 考察:式波・アスカ・ラングレーと「エヴァの呪縛」 惣流・アスカ・ラングレー 式波と迷うとこですがテスト用プラグスーツ着用時がめちゃめちゃ可愛いので惣流派です。 しかし、EVA3号機には使徒が侵入しており、エントリープラグの深度が上昇します。 精神汚染濃度も危険域に突入し、またリツコから 「ヒトではなくなってしまう」という言葉が出ています。 結果的にEVA3号機は第9使徒となり、ダミーシステムを使ったEVA初号機にアスカが搭乗したエントリープラグごと噛み砕かれてしまいます。 とはいえ、アスカはなんとか一命を取り留めており、 精神汚染が疑われて「貴重なサンプル体」として隔離されます。 ここでの要素としましては、エントリープラグの深度に加えて精神汚染濃度となります。 シンジは自らの意志でエントリープラグの深度を上昇させていましたが、アスカのように事故的にエントリープラグの深度が上昇して精神汚染濃度が上昇することもあるということがわかりました。 しかし、EVA2号機では第10使徒には敵わず、マリは EVA2号機の裏コード「ザ・ビースト」を発動します。 この際にマリは 「ヒトを捨てたエヴァの力」と発言しており、自身もヒトではなくなることを示唆している可能性があります。 結果的にエントリープラグの深度は測定不能となり、精神汚染濃度も危険域に到達しました。 この際、マリの 目が光るという演出があり、ヒトではなくなったことを表しているのではないかと考えられます。 この目が光るという演出は前述したシンジの際にも発生し、ヒトではなくなったことを表しているという説の信頼度が上がります。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の予告にも「エヴァの呪縛」の伏線が! 搭乗者無しで初号機が動く=落下物からシンジを守る場面は無くなっちゃったのね…? 【公式】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 — にぶにー NiBuNi 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の予告にも「エヴァの呪縛」の伏線が隠されています。 この予告ではEVAや使徒が紹介されており、最後に 「LILIN+?」の字幕の後に加持リョウジ、碇ゲンドウ、赤木リツコ、葛城ミサト、式波・アスカ・ラングレー、綾波レイ、碇シンジ、渚カヲル、真希波・マリ・イラストリアスが表示されます。 LILIN(リリン)というのは 第18使徒を指し、人類全体のことを意味しています。 「+?」となっているということは、 人間ではないものが混じっていることが示唆されている可能性があるということです。 これまでの考察に当てはめていくと、 「+?」にはアスカ、シンジ、マリが入ります。 では、カヲルとレイはどうなのでしょうか。 「LILIN」に当てはまるのか、「+?」に当てはまるのか、次の項目でご紹介していきます。 綾波レイと渚カヲルと「エヴァの呪縛」の関係 5渚カヲル 新世紀エヴァンゲリオン 主人公の元へ歌とともに現れる少年。 「歌はいいね、歌は心を潤してくれる。 リリンの生み出した文化の極みだよ」など1話のみの登場に関わらず、数々の名言を残していき、絶大な人気を誇る人物。 まずカヲルですが、その正体は 第17使徒タブリスです。 魂は第1使徒アダムのものであり、肉体もまたアダムによって生み出されたと言われています。 次にレイですが、 魂は第2使徒リリスのものであり、肉体は碇ユイとアダムの遺伝子が半分ずつ受け継がれたものとなっています。 カヲルとレイの魂はいずれも使徒のものとなっており、既に人間ではないのではないかと考えられます。 そのため、2人が「エヴァの呪縛」と関係しているかどうかはわかりません。 「エヴァの呪い」にかかると人間ではなくなる! いかがでしたでしょうか。 「エヴァの呪縛」について少しでも知ることができましたでしょうか。 「エヴァの呪縛」は、 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』にて式波・アスカ・ラングレーの台詞から登場した言葉で、年を取らなくなるなどの人間ならざるものの概念が示唆される重要な伏線でした。 「エヴァの呪縛」は旧劇場版にはなかった要素でもあり、人間から人間ならざるものに変貌する際には目が光るという演出が追加されました。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の最後には人間では近付けない場所にシンジとアスカがいることから、確実に人間ではなくなっていることがわかります。 新劇場版はまだ第4部が残っていますので、最後に真相が全て明らかになるのではないでしょうか。 結末に関係する伏線だと考えられていますので、真相判明の時まで期待です。 公式アイテムをご紹介!.

次の

【エヴァンゲリオン】マリに隠された4つの秘密

真希波・マリ・イラストリアス 名言

零号機とは!? 零号機が建造された当初の目的は、エヴァンゲリオンの期待能力を確認するためのテストという使い方が中心でした。 そのため零号機は機体に計測機器が設置されていて、頭部にあるメーターのようなものが特徴的になっています。 一度テスト中に暴走したために使用中止になりますが、使徒が頻繁に来襲するようになったために攻撃を行えるように改造されています。 零号機のパイロット「綾波レイ」について ごめんなさい。 こういうときどんな顔をすればいいかわからないの。 綾波レイは零号機とのシンクロ率が高く、初号機にも搭乗することができます。 無表情で笑顔を見せることがなく、ネルフの司令である碇ゲンドウ以外には自分から話しかけることはほとんどありません。 実は初号機パイロットになる碇シンジの母親である碇ユイのクローンであり、心は第一使徒であるリリスから受け取っているため、人間的な感情が欠落しているのです。 初号機とは!? どうでも良い話 : 配信も無いので甥 4 に頼まれた絵を描くべく 年末からダラダラ描いてた初号機 途中で絵を描く意欲もなくす体たらく 一応描き上げたし 勘も戻った さて、お坊ちゃんの描くか その前に夕食のカツを揚げねばならん — 拷問職人Mk-2 武奇屋 aik00585766 ネルフが前身であるゲヒルン時代に、ヒト型人造決戦兵器として初めて完成させたのが初号機です。 それ以前に何体もの失敗作があり、それらは地下の倉庫に廃棄されています。 初号機が優れているのは、持っている力が強過ぎているために拘束具を装着している点です。 また最大の特徴として、初代パイロットには碇シンジの母親の碇ユイが乗り込みましたが、機動実験の際にエヴァンゲリオンに取り込まれてしまいます。 そこでユイの人間としての肉体は滅びますが、その精神はエヴァンゲリオンと融合し、息子であるシンジに危険が迫ると暴走という形で助けています。 えっと特技はチェロ演奏と、料理ですよろしくお願いします — 碇シンジ sinji200166 幼い頃は普通のどこにでもいる子供でしたが、母親であるユイが初号機に取り込まれてから父親であるゲンドウが変わり、育児放棄をしたために親せきの家で生活を行っています。 そこで内にこもる性格になってしまい、父親に対する強い反感も持つようになりました。 父親であるゲンドウが自分を初号機に搭乗させるだけの目的で呼び寄せたことに怒りを感じ、最初は搭乗することを拒否します。 しかし重症を負った綾波レイをパイロットとして乗せようとしたことに奮起し、全くの未経験なのにエヴァンゲリオンとシンクロして起動させることに成功します。 それからは仕方なくパイロットを行っていましたが、ネルフ本部が使徒に襲撃されたことで人を守る使命感に目覚めます。 基本的な性能は初号機と変わらないのですが、ネルフ本部が製造に関与していないからか多くのパイロットが操縦可能になっていて、ほとんどのオプションも装着することができるようになっています。 ドイツ人の父親と日本人のハーフであり、エヴァンゲリオンに搭乗することを生きがいにしていて、そのために天才的な能力の高さを誇っていました。 しかしシンジが頭角を表したことで焦りだし、使徒からの精神攻撃もあってシンクロできないほど能力が低下してしまいます。 その後釜として、ゼーレが直接にマルドゥック機関を通じて送り込んだパイロットが渚カヲルです。 カヲルはどんな状況下でも弐号機とシンクロすることが可能であり、研究主任である赤木リツコは疑問視していました。 その正体は使徒であり、そのために使徒の能力を元に作り上げたエヴァンゲリオンにも容易にシンクロできたというわけです。 ただゼーレの誤算はカヲル自身が自分の運命を受け入れてはいましたが、簡単には従う気が無かったということです。 そのため自ら死を求めるような行動を取り、テレビ版の最期は初号機によって握り潰されて絶命しています。 参号機とは!? エヴァンゲリオンのバルディエル 参号機 、こいつが血管びきびき攻撃をしたり、ゴムゴムの実食ってんのかよというくらいの腕のやわかさ、初号機に頭潰されてたりしてるのを見て何故かバルディエルが好きになりグロ耐性がついた。 人は変わるものだな。 ところが空輸途中で使徒に乗り移られてしまい、本来の役割を果たせないまま使徒として処分されてしまいます。 参号機のパイロット「鈴原トウジ」について 【鈴原トウジ】シンジのクラスメイト。 大阪弁で話す熱血少年でシンジの親友になっていく(CV:関智一) — アンク@金曜ロードSHOW! 最初はシンジが使徒と戦った時にその瓦礫によって妹のサクラが怪我をしたため、シンジに強い怒りを覚えていて険悪な関係でした。 ところがシンジ自身も好きでエヴァンゲリオンに搭乗していないことを知り、そこからはシンジと友達になります。 このシンジが転校してきたクラスというのは、実はエヴァンゲリオンに適合性の高い生徒ばかりを集めたクラスでした。 参号機が来たことでパイロット候補をこのクラスから選定し、その時に最も高い数値を出していたトウジが選ばれます。 妹に最高の治療を受けさせるという条件でパイロットになることを受け入れます。 ところが使徒に機体が乗っ取られてしまい、ダミーシステムでネルフ本部が初号機を操作する中でエントリープラグを破壊され、重症を負ってしまいます。 ただし日本には移送されておらず、特に使用されたという形跡もありません。 Mark. 04という機体が新劇場版で登場していますが、関係性については特に言及されていないため、同じ機体なのかは不明です。 建造目的はロシア支部が永久凍土の中で捕獲した使徒を殲滅するためだけのものであり、そのためロシア支部の施設外では使用できなくなっています。 両腕が巨大な鉾のような形状になっていて、他の武器を持つことはできなくなっています。 六号機(Mark. 6)とは!? バハムートをMark. パイロットは渚カヲルであり、初期の頃はカヲルがエントリープラグに搭乗して操縦していましたが、改造されてからは自立制御が可能になったため、パイロットの介在は必要なくなっています。 七号機とは!? テレビ版では五号機以降は量産型で頭部が爬虫類のような形状です。 パイロットを必要とせず、エヴァンゲリオンでは特殊装備を施さなければ飛翔できませんでしたが、量産型は翼を持っているので空を飛ぶことができます。 ただし新劇場版では正規パイロットがいて操縦できる機体になっていますが、詳細については不明になっています。 八号機とは!? エヴァンゲリオン八号機のデザインこれかよ予告ではオレのアイコンだったのによ — マイケルゲリオン8号機 minnakiraid 新劇場版で登場した機体であり、ネルフの反対勢力として葛城ミサトが中心になって活動しているヴィレがネルフから奪い取った機体です。 銃器を用いた攻撃を得意にしていて、専属パイロットは真希波・マリ・イラストリアスになっています。 劇場版パイロット 劇場版はテレビ版とは同じパイロットであっても設定が変化していて、アスカは名前も変わっています。 シンジも死亡して肉体を再構成したような扱いになっていて、テレビ版よりも複雑になっているのは間違いありません。 弐号機のパイロット「真希波マリ・イラストリアス&アスカ」 アンダーリム型のメガネって 何か色っぽく見えるんだよなあ…… 男の人も女の人も。 丸顔だけど、アンダーリム眼鏡欲しい。 最初の専属機体は仮設五号機でしたが、その機体が使徒との闘いで使えなくなってしまったため、ロシアからネルフ本部に移って来ました。 そこでアスカと共に弐号機を操作しますが、最初はアスカが専属パイロットでした。 アスカが使徒からの精神攻撃でエヴァンゲリオンに乗れなくなったため、マリが弐号機の専属パイロットとして搭乗しています。 マリはアスカができなかった弐号機の獣化をすることができ、強敵に出会うと裏コードを発動して、背中からいくつもの制御棒のようなものを突出して獣のような動きをするようになります。 この獣化はパイロットにも影響を与えるようで、マリ自身も凶暴性を増すようになります。 参号機のパイロット「式波・アスカ・ラングレー」 なんだか楽になったわ。 誰かと話すって心地いいのね。 知らなかった【式波・アスカ・ラングレー】 — エヴァbot takatanien10 劇場版では参号機の搭乗パイロットは志願からアスカになっていて、トウジではありません。 参号機についてはテレビ版と同じで使徒化したために初号機によって殲滅されてしまい、アスカも重症を負って機体に取り付いた使徒の精神攻撃で精神汚染をされてしまったため、しばらくはエヴァンゲリオンの搭乗者にはなれませんでした。 機体が壊れても使徒を殲滅することを優先する無茶な部分がありますが、高いエヴァンゲリオンの操縦技術を持っているのは確かです。 はっきりしていませんがパイロット以外にネルフ本部を探る諜報員のような役目も持っているようで、頻繁にどこかに連絡する姿があります。 原作では大学生だったゲンドウやユイと同級生であり、同性でありながらユイに恋心を抱いていて、ユイの心を奪ったゲンドウを嫌っていました。 六号機(Mark. 6)のパイロット「渚カヲル」 周りに追い越されたって焦る事はないよ。 みんなゴールは違うんだから。 6に、渚カヲルはパイロットとして登場しています。 その目的はサードインパクトを起こして人類補完計画を実現するためであり、当初は使徒であるカヲルが専属パイロットになりますが、改造されてパイロットが不用になるとカヲルは搭乗しなくなります。 シンジと交流することで少しずつ変わっていき、Mark. 9ではツインエントリーシステムであったのでシンジと一緒にエントリープラグに乗り込み、使徒になってしまったMark. 6の殲滅を行います。 まとめ 今回はエヴァンゲリオンのパイロットについて詳しくまとめました。 エヴァンゲリオンではテレビ版のパイロットは分かりやすく描かれていますが、劇場版になってマリが参加したこともあり、その人間像がとても複雑になっています。 裏話としてはシンジは当初は女性にするつもりだったのですが、そうするとパイロット全員が女性になってしまい、当時に女性中心のアニメが多かったので男性に変更されたという逸話があります。

次の