春分の日 スピリチュアル。 【春分の日】運勢アップできる過ごし方4つ【スピリチュアル】

[2018スピリチュアル]3月21日(春分の日)宇宙から光の柱が降ります。

春分の日 スピリチュアル

Contents• 春分の日とは? 春分の日は、昼と夜の長さが同じになる日です。 1948年 昭和23年 から制定されている国民の祝日で、『 自然をたたえ、生物をいつくしむ日』 春は再生、蘇り、新しいスタートのエネルギーに溢れています。 気持ち的にも前向きになれると思います。 日本人にとって春分の日は、 『生きるために最も重要だった農耕を始める日』として古来から大切にされてきました。 春分の日を祝う風習は、日本だけでなく世界で広く浸透しています。 (ペルシア帝国時代の風習が、中国を経て日本に伝わってきました) キリスト教のイースター(復活祭)の日の基準になっているのも、春分の日です。 春分の日とスピリチュアルな話 春分の日は大きな区切りのタイミングであり、 宇宙の豊かさに繋がる大きな扉が開く日だと私は感じています。 陰と陽のエネルギーが入れ替わる時、ちょうどゼロになるのが、春分の日です。 宇宙の視点から見たとき、春分の日が新たなる宇宙の始まりであり、元旦になります。 そのため、2020年の本格的な始まりは3月20日からと言えるでしょう。 西洋占星術の世界でも、春分の日を 『宇宙元旦』と呼びます。 それは、12星座のトップバッター牡羊座が太陽に入る=牡羊座0度になる瞬間が、春分だから。 宇宙元旦の天空図は、 『今後1年間に渡って私たちに大きな影響を与える』とされています。 もちろん、大きな宇宙イベントは他にもありますが、1年のベースになるのは宇宙元旦のエネルギーなのです。 もし、2019年は納得のいく結果が得られなかったとしても、ここから仕切り直せばOKです。 「宇宙のエネルギーが私に降り注いでいるのだ!」と意識すればするほど、人生に勢いが出てくるでしょう。 春分の日は、生まれ変わったように、今ここから新しい流れに乗っていける、新たな始まりなのです。 春分の日・宇宙元旦までの過ごし方 占星術的に、2月24日(月)の魚座新月を含む2月19日~3月20日ごろまでは『魚座の季節』とされます。 魚座が得意とするのは 『浄化』『見直し』です。 これまでの自分や、身の回りのことを一度リセットして、新しく始めるのに良いときなのです。 春分の日は、意識が急激に拡大する時ですから、インスピレーションが入ってきたり、アイデアも湧いてきやすくなったります。 ですが、その前に新しいエネルギーが入ってこれるスペースを作る必要があるのです。 何かを手放す、捨てることは、何かを「新しく手に入れる」よりもずっと難しかったりしますね。 でも、余計なものを手放してスペースを作らなければ、何も入ってこれないでしょう。 身の回りを浄化する 開運の鍵は、古いものを思い切って手放すこと。 あなたが成長していくにつれて、必要のなくなってくるものが出てくるはずです。 身の回りの大掃除して、春分の日に備えましょう。 心地良い空間には、良いエネルギーが循環しますから、この機会にスッキリさせてみてください。 また、川や海を眺める、水分をこまめに取ることや、マッサージ、瞑想も浄化の効果を高めてくれます。 望むものを見直す 自分の『本音』に素直になれる期間でもありますから、あなたの目標や望みを見直してみることをオススメします。 本当の望みだと思っていたものが、そうではなく「周りの目線を気にした望みだった!」と気付くこともあるでしょう。 違和感があるものは修正して、今のあなたが、心からワクワクする望みだけに集中してください。 春のエネルギーに乗って、今ここから人生がより幸せに好転していければ嬉しいなと思います。 いらないものや考えを外に出して、スッキリとした気分で春分の日をお迎えください! あなたの望む現実が目の前に広がっていく。

次の

2020年・魚座新月→乙女座満月→宇宙元旦(春分の日)・・何かが起きる??

春分の日 スピリチュアル

家の中の片づけ。 不要なものを処分する。 それだけでなく、 自分自身の抱えている感情や人間関係も断捨離しときましょう。 「月」をテーマにしたブログ、「」にちょうどがありますので、人間関係や負の感情の断捨離に活用してみてください。 あとは「 」や「 」なんて本もおすすめです。 自分の部屋は自分の内面を映し出す鏡ですから。 部屋を片づけることで自分の感情も上手に整理できるようになってきますよ。 何を始めるか。 どうスタートを切るか。 sponsored links 新しいことを始めると言っても、いったい何をどう始めたらいいのかわからない… なんて人も中にはいるかもしれない。 そんな時は、パソコンの中、携帯の中、手帳の中、頭の中を一回掘り起こしてみましょう。 前々から始めようと思っていたこととかアイディアとかメモに書かれてたりブックマークに保存してたりしませんか?(そういうのがまったくない人もいるかもしれませんが…) あとは、完全に未体験のことを始めようと思わなくていいです。 再スタートでもいいのです。 途中まで進めていたテキスト、三日坊主で終わらせてしまっていた趣味の手芸。 それらを春分の日までにかき集めて、もう一度再スタートを切る。 とかね。 春分の日のスタートのポイントは、「 とりあえず手をつけるだけでもOK」という点。 たとえばブログを新しくはじめようとします。 実際にブログを開設して記事を投稿するまでできれば1番いいですけど、時間がなくて間に合わないなんてこともありますよね。 そんな時は、春分の日にブログのURLだけでも取得(ブログサービスに登録)するとか。 ツイッターなどのSNSで「今度ブログはじめます!」って宣言するだけでもいい。 大切なのは「 何かしら外に向かってアクションを起こす」こと。 この「外に向かって」というのがポイントですからね。 自分だけが読む日記帳に「ブログ始めようと思ってます」って書くみたいな自己完結型じゃなくて、ちゃんと外の世界とつながっている何かしらのスタートの形が重要。 これについての理由は次回詳しくご説明します。 水星逆行前のスタートダッシュの日。 遅れるのはNGです 春分の日をちょっと過ぎてしまったけど、前からやろうと思ってたことをこの機会にスタートしておこう。 と、数日遅れでスタートを切ろうとする人もいるかもしれませんが、これは今年はNGです。 なぜなら、春分の日から2日後の3月23日には恐怖の水星逆行がスタートしてしまいますから...。

次の

2020年・魚座新月→乙女座満月→宇宙元旦(春分の日)・・何かが起きる??

春分の日 スピリチュアル

【2020年版の記事】 今年の19年ぶりの夏至・日食の影響は既に出ているようです。 なお、症状の出方は人によって差があります。 1 眠気・睡眠欲 寝ても、寝ても、寝足りない。 いくらでも寝ていたい。 人の意識が変化するときに、起きて活発な状態だとなかなか変化がしづらいことがよくあります。 変化するために、寝てしまう・眠らされてしまうということが起きます。 ヒーリングセッションや富士山ワークなどでよくあることです。 ヒーリングセッションに参加をすると寝落ちしてしまう。 過去の富士山ワークで、ワンボックスカーに参加者を載せて走ると、走り出したとたんにみんな寝落ちして、次の神社に付くともそもそと起き出す。 そして、次の神社に出発すると、とたんに寝落ちする。 眠たい場合の対処としては・・・ 「ねる」 笑 19年ぶりの夏至日食だと考えれば、19年に一度のことですから、夏至前後の一週間は寝て過ごすのも一つの方法です。 2 断捨離 何か、片づけたくなる・売りたくなる。 理由はよくわからないけど、身の回りの整理を始めたりします。 私の場合は、車を売り!ます。 身の回りの片づけや整理も変化の為の準備になります。 だけど、それを行う理由を考えてみてもあまり思いつきません。 変化後の状態を変化する前には思いつかないので、理由なく片づけたくなったりします。 そんな時は、理由はともかく、片づけを始めてしまいましょう。 【2018年版の記事】 夏至とその前後には体調を崩すことがよくあります。 このころは梅雨時期にあたるため気温変化や湿度が原因と一般的に言われています。 確かに気温や湿度も原因の一つなのですが、スピリチュアルなエネルギー変化が原因にもなっているので、そのことについて説明します。 2018年の夏至は、6月21日19時07分です。 スピリチュアルな意味では、太陽のエネルギーが最も強くなる時期になります。 一年を通じて、冬至が太陽エネルギーが最も弱い時になり、夏至が最も強い時になります。 これを東洋思想の陰陽で表すと、 夏至:陽が極まる 冬至:陰が極まる 春分と秋分:陰と陽がバランスする となります。 夏至で、太陽エネルギー(陽)が最も強くなると、身体はそのエネルギー変化に対応しようとして身体を夏型に変化させます。 夏至の頃は季候もまだ春から夏への変化の途上にあるため、夏型の太陽エネルギーが強い季節に身体にようやく変化した時に、気温が下がって春の季候になってしまい、太陽エネルギーが弱くなったりします。 そうなると、太陽エネルギー不足という状態になり、それが体調の変化となった現れてきます。 人によって出方が異なるので正反対の症状になることもあり、自律神経失調症に似ています。 眠気:あくび、だるさ 緊張:夜眠れない、眠りが浅い 体調:風邪のような状態、アレルギー症状 痛み:頭痛、背中痛 精神的には、 やる気のなさ、集中力がなくなる、頭がスッキリしない、考えがまとまらない、などがあります。 西洋医学的な原因がある訳ではないので、医者に行っても原因が分らず、症状を抑える対処療法的な薬が処方されることがあります。 太陽フレアでも同じ様な事になりますが、2018年は太陽活動の静穏期になり体調に直接影響するような太陽フレアは発生していません。 ただ、太陽活動そのものが静穏期になるため、夏至の頃には太陽エネルギーの不足状態が起きやすい傾向にあります。 そういったこともあるので、やる気を出そうとしても出ない時期になりますが、これはあなたに責任があるわけではありません。 身体・精神面での変化の途上にあるから起きることです。 こういう時は、頑張っても頑張れないので、休める人は思い切って休む。 休めない人は、無理をしないことが大切です。 そうすることで太陽エネルギー不足の解消になります。 仕事の関係などで朝日を浴びることが難しい場合は、なるべく 太陽の光がある所に出掛けることです。 それも難しい場合は、 暖かい飲み物を飲む、 熱い風呂に入る、など温度の高いものを飲んだり入ったりすること。 また、精神的にはやる気が出ないので、 好きなことや 楽しい事、 面白いことに気持ちを向けることが良いです。 【2016年版の記事】 今年2016年の夏至で体調を崩している人も多いようです。 昨年2015年の夏至は、太陽フレアによる体調不良が出ていたのですが、 2016年の場合は、満月が夏至の前日にあるため、月と太陽のエネルギーが共に高い状態になります。 そのため、眠い、だるい、頭がボーっとする、考えるのがめんどくさいなど、高いエネルギーの時期特有の気怠さが出てきやすい状態です。 夏至と満月が連続するというのは珍しく、前回は2005年(この時は夏至の翌日が満月)なので11年ぶりです。 11年前の夏至がどんなだったのかをはっきりと覚えている人は、たぶんいないと思います。 なので、今年の夏至は初めて経験する状況であるかのように感じられます。 この次に夏至と満月が連続するのは、計算上では2024年になるので8年先になります。 また、先日から急に気温が高くなり、大気の状態が不安定で豪雨などにより湿度・温度共に高い状態ですから、さらに気怠く感じることになります。 こういう状態では、頑張っても頑張れないので、休める人は思い切って休む。 休めない人は、無理をしないことが大切です。 カテゴリー• 656• 359• 239• 105• 105• 2,726• 1,195• 771• 177• 128• 113• 233• 204• 999• 124• 328• 283• 21 アーカイブ アーカイブ.

次の