ディーゼル発電機。 発電機の選び方

ディーゼル発電機の販売特集【通販モノタロウ】

ディーゼル発電機

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2016年3月) ディーゼル・エレクトリック方式(ディーゼル・エレクトリックほうしき)とは、や、が推進力を得る方式の一つ。 でを駆動し、その発生電力でを回し推進する方式を指す。 では電気式、電気式と呼ばれる。 発電用のがの場合は、と呼ぶ。 の供給を絶たれた状態での稼働を前提とした以外では、通常、などの推進用エネルギーを蓄える装置を持たず、エンジンを停止した状態でのが出来ない点がとの相違となる。 においては、などで稼働する haul truck などのに採用されているほか、少数ではあるが一般的な自動車にも採用例がある。 概要 [ ] ディーゼルエンジンで発電機を回して発電させ、その電力を制御して、希望する回転数で電動機を回転させ推進力を得る。 が発展していなかった時代は可変速電動機としてはしか使えなかったため、ディーゼルエンジンで(・)を回す、一種のが一般的であった。 しかしパワーエレクトロニクスの進化に伴い、でを発生させ、でして直流電動機を回すを経て、現在では直流電動機に代えて、メンテナンスが容易なやを使用するが速度制御方式の主流になっている。 利点 [ ]• 技術が未発達だった古い時代においては、との操作が無く、ハンドル操作も軽く、が簡単という利点が大きかった。 大重量、大出力のほど変速機の製造が困難になるが、変速機が不要なのでこの問題を回避できる。 電動機はに比べ、特性上一時的な過や過回転に強い(短時間の概念)。 ディーゼルエンジンのもっとも効率の良い回転域で運転でき、経済的である。 エンジンをほぼ一定回転で使えるため、、対策や浄化が比較的容易。 の場合、が不要で、複数台の車両のが容易となり、ではが不要で、かつ、連結位置の制約も無くなる。 鉄道車両や自動車ではやの使用が可能となる(、、、一般的なでは、エネルギーの回生は行えない)。 船舶の場合、の回転数制御をで行える。 特に船舶において、動力部のが比較的自由にできる。 ディーゼルエンジン直結方式ではエンジン、ギアボックス、はほぼ直線で並んでいなければならない(Vドライブ、を除く)が、ディーゼル・エレクトリック方式であればディーゼル発電機と電動機の間は電気のみとなり、配置の自由度が高い。 潜水艦では、エンジンを止め、あらかじめ充電しておいたのみで航行することで性が高まり、燃焼時の空気も必要としないため潜航を続けることができる。 欠点 [ ]• に比べ、発電機の質量や体積が大きくなる場合があり、システム全体では重量や搭載性で劣る場合がある。 以外にを必要としないディーゼルエンジンに比べ、追加された品のトラブルによるが増える。 銅線の塊である発電機とモーターを作るために大量の銅を必要とする。 また、磁石に()を用いる場合、軍用では戦略物資の大量消費が問題になる。 鉄道車両の場合、かつては質量と体積の大きさからには向かないとされていた。 用途 [ ]• 静粛性が特に求められるなどの対潜水艦作戦に従事するや、、大型客船。 のような頻繁な前後進や強大な推進を要求される船舶。 の 架線などの線路側の工事を伴わない 大化。 大型のなどで使用されるコンテナキャリアカー。 やなど特殊な用途のため、重量が膨大で、強力な動力を必要とし、通常のでは耐久性に難がある、もしくはトータルではモーター制御のほうが小型軽量で済むもの。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

発電機 レンタル本舗は大型から小型まで全国対応します

ディーゼル発電機

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2016年3月) ディーゼル・エレクトリック方式(ディーゼル・エレクトリックほうしき)とは、や、が推進力を得る方式の一つ。 でを駆動し、その発生電力でを回し推進する方式を指す。 では電気式、電気式と呼ばれる。 発電用のがの場合は、と呼ぶ。 の供給を絶たれた状態での稼働を前提とした以外では、通常、などの推進用エネルギーを蓄える装置を持たず、エンジンを停止した状態でのが出来ない点がとの相違となる。 においては、などで稼働する haul truck などのに採用されているほか、少数ではあるが一般的な自動車にも採用例がある。 概要 [ ] ディーゼルエンジンで発電機を回して発電させ、その電力を制御して、希望する回転数で電動機を回転させ推進力を得る。 が発展していなかった時代は可変速電動機としてはしか使えなかったため、ディーゼルエンジンで(・)を回す、一種のが一般的であった。 しかしパワーエレクトロニクスの進化に伴い、でを発生させ、でして直流電動機を回すを経て、現在では直流電動機に代えて、メンテナンスが容易なやを使用するが速度制御方式の主流になっている。 利点 [ ]• 技術が未発達だった古い時代においては、との操作が無く、ハンドル操作も軽く、が簡単という利点が大きかった。 大重量、大出力のほど変速機の製造が困難になるが、変速機が不要なのでこの問題を回避できる。 電動機はに比べ、特性上一時的な過や過回転に強い(短時間の概念)。 ディーゼルエンジンのもっとも効率の良い回転域で運転でき、経済的である。 エンジンをほぼ一定回転で使えるため、、対策や浄化が比較的容易。 の場合、が不要で、複数台の車両のが容易となり、ではが不要で、かつ、連結位置の制約も無くなる。 鉄道車両や自動車ではやの使用が可能となる(、、、一般的なでは、エネルギーの回生は行えない)。 船舶の場合、の回転数制御をで行える。 特に船舶において、動力部のが比較的自由にできる。 ディーゼルエンジン直結方式ではエンジン、ギアボックス、はほぼ直線で並んでいなければならない(Vドライブ、を除く)が、ディーゼル・エレクトリック方式であればディーゼル発電機と電動機の間は電気のみとなり、配置の自由度が高い。 潜水艦では、エンジンを止め、あらかじめ充電しておいたのみで航行することで性が高まり、燃焼時の空気も必要としないため潜航を続けることができる。 欠点 [ ]• に比べ、発電機の質量や体積が大きくなる場合があり、システム全体では重量や搭載性で劣る場合がある。 以外にを必要としないディーゼルエンジンに比べ、追加された品のトラブルによるが増える。 銅線の塊である発電機とモーターを作るために大量の銅を必要とする。 また、磁石に()を用いる場合、軍用では戦略物資の大量消費が問題になる。 鉄道車両の場合、かつては質量と体積の大きさからには向かないとされていた。 用途 [ ]• 静粛性が特に求められるなどの対潜水艦作戦に従事するや、、大型客船。 のような頻繁な前後進や強大な推進を要求される船舶。 の 架線などの線路側の工事を伴わない 大化。 大型のなどで使用されるコンテナキャリアカー。 やなど特殊な用途のため、重量が膨大で、強力な動力を必要とし、通常のでは耐久性に難がある、もしくはトータルではモーター制御のほうが小型軽量で済むもの。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

発電機|建設機械・エネルギー|ヤンマー

ディーゼル発電機

【特長】エコスイッチ、ACコンセント、計器類など操作しやすい前面パネルに集中配置しています。 1【使用燃料】軽油【名称】 エンジン クボタ水冷サイクルディーゼルZ402【力率】1【定格出力 kVA 】3. 大型吸気チャンバー、ダブルマフラーの採用で低騒音を実現しました。 新開発のL-Vエンジンの搭載、またマフラーを横出しすることで、雨水の浸入を防ぎ、青白煙・黒煙を大幅に低減しました。 当社比 【用途】夜間の照明用電源。 災害などの非常用予備電源。 建設・建築・土木作業。 【仕様】日本陸用内燃機関協会排出ガス自主規制適合品【トラスコ品番】466-4779【全長 mm 】713【質量 kg 】145【タイプ】セルスタータ【全幅 mm 】598【全高 mm 】687【騒音値 dB 】61【連続運転時間 h 】15【交流定格出力 kVA 】100V-2. 大型吸気チャンバー、ダブルマフラーの採用で低騒音を実現しました。 新開発のL-Vエンジンの搭載、またマフラーを横出しすることで、雨水の浸入を防ぎ、青白煙・黒煙を大幅に低減しました。 当社比 【用途】夜間の照明用電源。 災害などの非常用予備電源。 建設・建築・土木作業。 【仕様】日本陸用内燃機関協会排出ガス自主規制適合品【トラスコ品番】466-4795【全長 mm 】713【質量 kg 】146【タイプ】セルスタータ【全幅 mm 】598【全高 mm 】687【騒音値 dB 】61【連続運転時間 h 】13【交流定格出力 kVA 】100V-2. パルス溶接装備です。 インバーター制御の交流電源です。 環境に優しい低燃費・低騒音です。 エンジン無段階回転制御機構付です。 回転制御機構です。 【用途】パイプラインの敷設工事および一般配管工事に。 【その他】国土交通省「第3次排出ガス対策型建設機械」、国土交通省「超低音型建設機械」【付属品】車輪止め【トラスコ品番】462-5552【幅 mm 】1320【質量 kg 】335【高さ mm 】1000【奥行 mm 】630【電圧 V 】単相100【騒音値 dB 】59【適合溶接棒 mm 】1. 0〜2. 4 TIG 、2. 0〜5. アーク性能が一段とアップします。 DAW-180SS、DAW-300SSは、永久磁石式回転界磁形新ブラシレス方式です。 DAW-300SSはeモード機能付で、燃費・騒音がさらに改善されました。 【用途】重量鉄骨・構造物など電源のない現場での溶接作業に。 【仕様】スローダウン機能付【その他】国土交通省「第2次排出ガス対策型建設機械」、国土交通省「超低騒音型建設機械」【トラスコ品番】462-5561【幅 mm 】990【質量 kg 】181【高さ mm 】750【奥行 mm 】590【電圧 V 】100【方式】セルスタータ方式【騒音値 dB 】65【適合溶接棒 mm 】2. 0〜4. 大型吸気チャンバー、ダブルマフラーの採用で低騒音を実現しました。 新開発のL-Vエンジンの搭載、またマフラーを横出しすることで、雨水の浸入を防ぎ、青白煙・黒煙を大幅に低減しました。 当社比 【用途】夜間の照明用電源。 災害などの非常用予備電源。 建設・建築・土木作業。 【仕様】日本陸用内燃機関協会排出ガス自主規制適合品【トラスコ品番】466-4868【全長 mm 】910【質量 kg 】180【タイプ】セルスタータ【全幅 mm 】527【全高 mm 】740【騒音値 dB 】73【連続運転時間 h 】8【交流定格出力 kVA 】220V-5. スクエア型の新デザインと使いやすさを追求。 視認性に配慮した大型コントロールパネル採用。 メンテナンスを向上させたオイルドレン採用。 使用時の騒音も考慮した、人に優しい環境設計。 マフラー容量アップや構造改善等により耳障りの少ない優しい音質を実現。 排出ガス規制、リサイクル等の環境に配慮した設計。 【用途】レジャーから業務、バックアップ電源までさまざまな用途に対応。 【定格電圧 V 】100 交流出力 【燃料タンク容量 L 】2. 6kVAクラスと同等レベルのボディーサイズながら、発電出力1. 8kVAを実現しました。 EU18i専用エンジンの余裕ある出力特性により、コンプレッサーや電動グラインダーなど、高い起動電力を必要とする機器への対応も可能としています。 ジェネレータ部は、ローター側へ磁束密度の高い薄型マグネットを採用し、ステーターの外径を拡大。 発電性能に大きく影響するコイルの巻き数を増加させたことで高い発電性能を実現しています。 インバーターには熱抵抗を抑制して高出力に対応したパワーモジュールを内蔵。 インバーターの放熱性を高めるとともに、電子回路基盤の小型化を実現しています。 発電中の筐体内温度の上昇を抑えるため、フロントカバーの吸気口を上部と下部に配置。 これにより筐体内の吸気経路の最適化を実現し、冷却効果を高めています。 同時に、熱の影響を受けやすいインバーターを集中的に冷却することで安定した電気の供給を可能としています。 5〜3. 3【始動方式】リコイルスターター 手動 【電圧調整方式】PWM【変換方式】多極式インバーター【定格出力 kVA 】1. 8【潤滑油量 L 】0. パソコンなどの精密機器や情報通信機器にも安心して接続できます。 運搬時の負担を軽減する軽量さ。 さらに、Hondaの高い基準で採用された高剛性フレームにより、エンジン振動や外部の衝撃から本体を守ります。 使用機器の消費電力に合わせてエンジン回転数を自動制御。 余分な燃料消費を抑えて長時間運転が可能に。 騒音の低減にも効果的です。 使用中のエンジン振動を抑え、振動によるフレームの損傷も軽減するエンジンフローティングマウント、フレームフローティングマウントをダブルで採用。 さらに、専用マフラーにより排気音も低減。 初心者の方でも簡単に操作できるよう、5ステップの手順をパネルに表示。 リコイルスターターの引き荷重を低減した設計で始動も簡単です。 工具を使わず、2つのツメを外すだけでエアクリーナーの取り外しが可能。 お手入れしやすくなっています。 9【連続運転時間 h 】約12. 1〜約5. 5【潤滑油量 L 】0. 正弦波を要求する精密機械やマイコン制御機器まで、幅広いニーズに対応します。 多極オルタネーターの採用やエンジンと発電体の冷却ファンを一体化させるなど、大幅な軽量化・コンパクト化を実現。 【連続運転時間 h 】約11. 9〜約4. 5〜60. 7【燃料タンク容量 L 】2. 5 [赤レベル]【エンジン形式】4サイクルエンジンオイル【定格出力 kVA 】0.

次の