消化 し やすい 食べ物。 病院で「消化にいいものを」と言われたら何食べる? 「栄養と食事の専門職」管理栄養士にイチから解説してもらう(1/4)

太りたい女性におすすめの食べ物を紹介!速効で太れる?

消化 し やすい 食べ物

サッと見る目次• 消化酵素と代謝酵素の働き 酵素とは、 人間のあらゆる活動の潤滑油のようなもので、健康を支えています。 その中で消化酵素は食べ物を吸収しやすいような消化するための酵素で、 代謝酵素は日々のあらゆる生命活動を行うために働いています。 一般的な食生活をしている人は、その1日の消化に使うエネルギーが、フルマラソン(1600kcal)以上と言われています。 消化にエネルギーを使いすぎては、代謝(ターンオーバー)や、仕事や勉強に使うためのエネルギーが足りなくなってしまいます。 1日に使う消化エネルギー あなたはこれまでに、こんな経験をしたことはありませんか?• ランチを食べたら 眠くなって午後の仕事や勉強がはかどらなかった。。。 重たい食べ物を食べた後は お腹が張ってしまう。。。 焼肉にご飯、ステーキとポテトなどを食べて、 胸焼けで苦しい。。。 胃酸過多で胃の調子が悪い。。。 実はこれらの問題は、食べ物の食べ合わせ方が間違っているために、消化に大きな負担をかけていることが原因です。 ランチ後に眠くなるのは、 消化にエネルギーを取られているためです。 (もしくは、インスリンインパクトの原因も考えられます。 ) 風邪を引いた時に、食欲が減りませんか?これは、 代謝にエネルギーを使うために、消化に回すエネルギーを減らそうとしているためとも言われています。 代謝酵素を活発化させるメリット 食べ合わせを改善すれば、消化酵素の負担が減り、代謝酵素がより活発になります。 代謝酵素を活発化させることによって、• 肌のターンオーバーが活発化され、 美肌効果が期待できる。 運動の効果がより期待できるようになる。 消化活動がうまくいくことで、 腸の働きが改善され、お通じが良くなる。 脳の活動も活発化されるため、 記憶力や集中力のアップに繋がる。 このように、たくさんのメリットが期待できます。 体の消化に優しい1日の食事のリズム 体に優しい食習慣は、食べる順番がとても大切です。 1日の中で、消化の早い果物や野菜を早いうちに食べ、ご飯やお肉、魚、乳製品を1日の仕事が終わった後にいただきましょう。 食べ物は、種類によって消化のスピードが違います。 一番速いのが「果物」です。 自己消化もできるので、30分ほどで胃を通過してすぐにエネルギーになります。 次に速いのが「野菜」です。 1〜2時間で消化でき、自己消化もできます。 炭水化物は8時間ほど、肉などのタンパク質は12時間かかります。 この時に注意して欲しいのが、 消化の早い果物を、遅い物の後に食べてしまうと、胃の中で渋滞が起き、果物の消化が進まなくなってしまいます。 果物を食べるときは、できるだけ胃に食べ物が溜まっていない状態で食べることで、正しい消化をしてくれます。 新鮮な果物は朝がオススメ 新鮮な果物を食べるときはできるだけ胃の中が空の状態にしてください。 特に 朝のフルーツは、消化のためのエネルギーをほぼ使わずに、1日のエネルギーの補給ができるので、大変オススメです。 果物の消化が渋滞しないためには胃の中を空けておかなければなりませんでした。 朝ごはんは無理に食べなくても良い 朝ごはんを食べなければ、1日の活力が出ないと思っていませんか?実は 消化にはかなりのエネルギーを必要とするので、色々なものを朝から食べてしまうと、1日のエネルギーが消化に回されてしまいます。 それを強いブラックコーヒーで無理やり体を目覚めさせるよりも、消化に良いものを中心に食べましょう。 朝には新鮮なフルーツを食べると、消化にもよく、 すぐにエネルギーとして使える糖分も補給することができて、活動的になれます。 もしくは、 午前中は人間本来のリズムでは「排泄」の時間にあたるので、無理に食べなくても良いのです。 「まず野菜から食べる」は理にかなっている 「野菜から食べると太らない」という話を聞いたことはありませんか?ここまで読んでもらえたら気がつくかもしれませんが、それが消化を助ける食べ方なのです。 効率的に栄養を吸収し、胃の中に残留物も残らなくなります。 それが結果的に適正な体重にストンと落としてくれる食べ方です。 お肉はディナーで味わう 消化するのに大きなエネルギーも時間もかかるお肉や魚などは、夕食に食べるとエネルギーを浪費しない食べ方ができます。 1日の仕事を終えてから、残っているエネルギーで消化だけに集中できる時間に食べた方が、体にとっては負担が少ないということです。 炭水化物とたんぱく質の組み合わせ ステーキとベイクドポテトの付け合わせを食べた例を挙げます。 ステーキを分解するためには、酸性の消化液を必要とします。 同時にベイクドポテトはアルカリ性の消化液を求めます。 これらが同時に分泌されると、酸とアルカリが接触して中和。 どちらもうまく消化が進まないことになってしまいます。 結果として消化不良や、胸焼けをする、といったことが身体の中で起きているのです。 ですので、加工されたたんぱく質、炭水化物は、同時に摂取することはお勧めしません。 同時に食べるなら、野菜やサラダをお勧めします。 自己消化をする食べ物を 野菜や果物は、自らを消化する酵素を持ち合わせています。 納豆や漬物などの発酵食品も同じように自らを消化する酵素を持っています。 さらにこれらは胃の中でも特定の種類の消化液を必要としないので、どんな食べ物と一緒に食べても消化することができます。 しかし、焼くなどの加工をされたたんぱく質や炭水化物は別です。 よくある質問 無理のある食生活をして、ストレスがかかってしまっては逆に体にとっては負担が大きくなってしまいます。 できるだけ効率的な食生活を送るために、よく聞かれる質問についてまとめました。 何事も「摂りすぎ」なければ大きな害はない お酒の飲み過ぎが良くないのは周知の事ですが、コーヒーや紅茶などのカフェインも、飲みすぎると中枢システムを刺激する物質ですのであまり良い事ではありません。 心臓の鼓動を速め、血管に負担がかかり様々な疾患を引き起こす原因となり得ます。 とは言っても、それは1日に数杯程度なら悪影響は低いと言えます。 リラックス効果をもたらすので、嗜好品はほどほどに嗜むのが心身にとって一番良い付き合い方です。 果物で果糖を摂りすぎないのか 果物の果糖は、お菓子とは違った性質の糖分ですし、正しく食べている限り(タンパク質などの直後には食べないなど)、 食べたいだけ食べても血糖値を上昇させる心配はありません。 果物の中の糖分は、肝臓や体に吸収される際にインスリンを必要としないので、インスリンを枯渇させたり膵臓を弱めたりする事がありません。 また、 同時に果物の水分も同時にとっているので、お腹がきつくなり、白砂糖入りの菓子と違い食べすぎる事がありません。 また、 アミノ酸、ファイトケミカル、ビタミン、ミネラルを豊富に摂取することで満腹中枢が満たされやすくなります。 万が一食べ過ぎても、菓子の場合のような悪影響はほとんど起こりません。 米を主食としないと力が出ないのではないか 朝だけは腹持ちが良いお米を食べないと力が出ないのではないかと心配される方もいます。 しかし、腹持ちが良いことが、栄養が十分に摂れるということではありません。 食べ物からエネルギーを得るには、まず消化をしなければなりません。 果物を空腹時に食べれば、だいたい30分以内に消化され、すぐにエネルギーとして利用されます。 お米の場合は消化に3時間はかかりますから、まず3時間は仕事や勉強などの活動ではなく消化にエネルギーが使われてしまいます。 まとめ 同じものを食べるにしても、食べる時間帯、順番によっては、消化にかかる負担が変わるという事をお分りいただけましたでしょうか? 厳しい食事制限をするのではなく、1日の中で食べる時間やタイミングの見極めをするだけで、体重はストンと落ちていきます。 健康的な食生活を是非送ってくださいね! 参考文献 『フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

次の

風邪・病気の時に最適な食事は? 子供の消化に良い物・悪い物

消化 し やすい 食べ物

口から食べ物・飲み物を摂取する• 飲み込むと、食道を通って、胃に流れ込む• 胃酸(酸性)が食べ物をさらに分解する• 分解された食べ物は十二指腸に入り、十二指腸で分泌される消化液(アルカリ性)で中和される• 続いて十二指腸から続く小腸の一部、『空腸』に入り、腸壁を通して栄養素が吸収され、全身に運ばれる• 栄養祖が吸収され残ったカスは大腸に行き、排泄物として体外に出される 大まかですが、上記のようなフローで食べ物・飲み物は体に消化・吸収されます。 食べ物を消化するのにかかる時間 続いては、食べ物を消化するまでにかかる時間はどれくらいなのか見ていきましょう。 一般的に、食べ物が口から入って、体内の消化器官を通り、排泄するまでにかかる時間は、 1日~3日程度と言われています。 1日~3日と差が大きい理由は、 食べた物の種類・量、また、性別や基礎代謝の量、消化器系に病気や不調があるか等、様々な要因があるから。 ちなみに、1980年代にアメリカのメイヨークリニックによって行われた実験によると、平均して 男性は33時間、女性は47時間程度、食べ物を消化するのに時間がかかったと報告されています。 食べ物によって、消化にかかる時間はどう変わるか? では、食べ物によってどれ程消化にかかる時間に差があるのでしょうか? 食べ物・飲み物別に胃で消化される時間を表にまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。 5~2時間 牛肉、ラム肉 3~4時間 豚肉 4. 5~5時間 注意:消化が良い食品が、体に良いわけではない! 上記のようになっていますが、ここで誤解してほしくないのは、 消化の良い食べ物が必ずしも体に良い食べ物ではないということです。 例えば ジュースはなどの糖質が過剰に含まれており、体を極端に酸化させる毒性の強い飲み物です。 逆に消化の悪い ナッツ類ですが、抗酸化作用の高い栄養素であるやが豊富で、様々な病気の予防やアンチエイジングに効果的な、非常に優れた食品です。 消化の良い・悪いはひとつの指標であり、単純に消化のスピードが早いか遅いかを表す数値でしかありません。 消化されやすい・消化が早い 栄養素・食べ物 消化されやすい栄養素は、 糖質です。 体内で消化される栄養素は主に3つありますが、それぞれ 糖質は2~4時間、タンパク質は4~6時間、脂質は7~8時間程度、胃で消化されるのに時間を要するとされています。 そのため、 糖質が多いうどんやパン、甘いお菓子なども消化されやすい食べ物の代表です。 ただし、糖質の多い食べ物= GI値の高い食品であり、消化されやすい反面、 消化器系には負担をかけやすい食べ物でもあります。 また、糖質が豊富で水分の含有率が高い果物や野菜は、肉・魚、乳製品に比べ消化にかかる時間が短くなります。 消化されやすい食品例 パン、うどん、豆腐、味噌、火を通した(煮た)野菜、じゃがいも、かぶ、大根、キャベツ、バナナ、リンゴ、お菓子類全般等 消化されにくい・消化が遅い 栄養素・食べ物 糖質に対し、 タンパク質と脂肪は消化されにくい栄養素です。 そのため、この2つの栄養素の豊富な肉・魚類や牛乳・乳製品は、消化するのに時間を要します。 胃で消化されるのに1時間半以上の時間を要し、 排泄までには1日~2日程度はかかると言われています。 つまりそれだけ体内に留まる時間が長くなるため腐敗もしやすく、 「肉を食べると排泄物やおなら、体臭が臭くなる」というのは、肉や魚の消化しにくいという性質も関係しています。 野菜や果物も麺類やお菓子に比べ消化に時間がかかり腸内に留まりますが、これらは食物繊維を豊富に含むため、腸内に留まることで腸を清掃し、腸内環境を整えるのに役立ちます。 消化されにくい食品例 玄米、もち米、そば、大豆、ナッツ類、牛乳・乳製品、ごぼう、さつまいも、こんにゃく、きのこ類、柑橘系の果物、肉・魚類、スイカ、パイナップル等 消化器系に負担がかかると起こる病気・症状 では、続いては消化器系に負担がかかると起こる病気・症状を見ていきましょう。 胃や腸、肝臓などの消化器系に負担がかかると、以下のような病気や症状を発症する場合があります。 1:逆流性食道炎 暴飲暴食で消化不良などが起こると、胃酸が食道まで逆流する『逆流性食道炎』を起こすことがあります。 主に胸焼けや吐き気、食道や胸が傷んだりなどの症状があります。 2:便秘 主に糖質や消化に悪いものを摂り過ぎると、便秘になります。 水分や食物繊維が不足し、腸内の善玉菌を殺してしまい、悪玉菌が増殖することで腸内環境が悪化。 この結果、排便を妨げ、腹痛などの症状を伴います。 3:ラクトース不耐性 ラクトース不耐性は、乳製品に含まれる乳糖(=ラクトース)を分解するのに必要な酵素が体体内に存在しない状態のこと。 牛乳を飲んだり乳製品を食べると、腹部が鼓脹したり、ガスが貯まる、下痢などの症状が出ます。 日本人のほとんどはこのラクトース不耐性で、元来日本人は牛乳を飲んではいけない体なのです。 4:セリアック病 セリアック病は、小麦に多く含まれる『グルテン』を食べることで、免疫機能が狂って腸を攻撃し、栄養失調などの状態に陥る病気。 さらにセリアック病は、度々うつ病、パニック障害、自閉症、ADHDなどの症状を併発することも報告されています。 5:クローン病 クローン病は、口から肛門に至るまで全ての消化器官で炎症を起こす病気です。 現在までのところ根本的な治療法は確立されておらず、しかも、年々増加傾向にあります。 主な症状は腹痛や下痢、全身のだるさ等ですが、関節炎などの合併症を起こすこともある恐ろしい病気です。 6:大腸憩室症 大腸憩室症は、大腸内の『憩室』と呼ばれる場所が炎症を起こし便通異常(下痢、または便秘など)、お腹が張る、または痛むなどの症状を起こす病気。 肉食が多く、食物繊維が不足することが最も大きい原因と言われます。 7:過敏性腸症候群 過敏性腸症候群は、言い換えれば腸の知覚過敏。 大腸が過剰に反応し、ガスが貯まったり、下痢や便秘を交互に繰り返す等、不快な症状を引き起こします。 20〜30代の若年層に多く発症する病気です。 消化を良くする・消化を早める方法 では、上記の症状・病気を防ぎ、食品をスムーズに消化するにはどんな方法が最適なのでしょうか? 消化器系の機能を高める、代表的な例をいくつかご紹介します。 1:野菜、果物を意識して食べる 野菜、果物は 食物繊維が豊富。 食物繊維は、言うなれば 腸や消化器系の栄養であり、消化器系を食べ物がスムーズに流れる助けになり、腸のぜん動運動を促し便通を良くする役割があります。 また、小麦粉を使った食品(パンやうどん)を食べる際にも、精製された白い小麦粉ではなく、 全粒粉を使うなどすれば、消化器系への負担が軽くなります。 2:糖質や加工食品を避ける 糖質や、食品添加物の温床である加工食品を避けましょう。 前者は、先程も書いたように腸内の善玉菌を殺し悪玉菌を増やしてしまい、腸内環境を大きく乱す原因となり、依存性が高いこと。 後者は、食品添加物は体内で分解できず、脂肪に蓄積していくのが理由です。 加工食品は、ウインナーやハムなどの加工肉が代表的ですが、 コンビニで販売されているもののほとんどはこれに該当します。 (特に加工肉には、WHOも警鐘を鳴らす という物質が含まれるため要注意) 糖質と加工食品に含まれる食品添加物は、消化器系に大きな負担をかける物質で、多くの食品・飲み物に含まれますので、意識的に避けることが肝要です。 3:善玉菌を意識して摂る 乳酸菌などの 善玉菌が豊富な食品を意識して摂りましょう。 具体的には、牛乳ではなくや、 日本伝統の発酵食品(味噌や漬け物など)です。 善玉菌を増やし、腸内環境を改善することで、消化・吸収がスムーズに行われるようになります。 中でもおすすめなのが 菊芋。 菊芋はと呼ばれるが豊富ですが、このイヌリンは、 食物繊維と善玉菌の利点を併せ持った、腸にとって最も理想的な成分。 腸内を清掃し、ぜん動運動を促すだけでなく、 それ自体が善玉菌のエサとなり、腸内で善玉菌を増やす作用を備えています。 無農薬の菊芋を食べるか、風味が苦手な方は無農薬の菊芋を使用した下記のサプリメントを摂ることを推奨します。 4:十分な睡眠を取る 睡眠中は、自律神経のうち体や神経の疲れを癒やす作用のある 『副交感神経』が優位にはたらいています。 副交感神経は、口から大腸に至るまですべての消化器官を動かしていますので、 十分に睡眠を取らないと、消化不良に陥ってしまうのです。 特に胃への影響は大きく、胃酸の過剰分泌で吐き気や胸焼けを起こしたり、腹部が張ったり、胃が重く感じたりなど、様々な不調をもたらします。 また、睡眠不足は肥満とも関連しており、肥満は多くの消化器疾患の発症につながります。 十分な睡眠は、 消化器官の健康に直結していると言えるでしょう。 なお、不眠にお悩みの方は、不眠改善に用いられる安眠ハーブ『バレリアン』、もしくは『不眠症の改善に効果のある食べ物』を取り入れてみましょう。 5:毎日、運動する 毎日の運動も重要です。 運動して体を動かすと、それに 連動して消化器官も動くからです。 たとえば、食後に軽い散歩をするだけでも、ガスが腹部に貯まったり、腹部の膨満を防ぐことができます。 また、ジョギングやウォーキング、ヨガや筋トレなどの軽めの運動を続けることは、脂肪燃焼を促しダイエット効果があるだけでなく、大腸ガンなどの消化器系のガンやや他の病気の発症リスクを低下させることもわかっています。 空き時間をうまく使い、これらの軽めの運動を行いましょう。 6:ストレスを貯めない 過剰なストレスは 自律神経のバランスを乱し、胃をはじめ消化器官の機能を低下させます。 胃酸などの消化液の過剰分泌、異常な収縮、知覚過敏などが起こり、その症状がまたストレスになるという悪循環を招きます。 前述のヨガや軽めの運動はもちろん、ストレスを和らげる効果のあるホルモン 『セロトニン』を分泌しやすくする食べ物を食べることもおすすめです。 他に、 身体的・精神的なストレスを軽減するアダプトゲンと総称される特別なハーブ・食品も存在します。 この代表例が 『ロディオラ・ロゼア』です。 ロディオラ・ロゼアは、コルチゾールを減らし、抗うつ剤の代用品としても使用される安全性の高いハーブ。 こちらをお試しいただくのもおすすめです。 消化を良くする『腸にいいサプリメント』 腸内環境を整え、消化を良くするためにはサプリメントを摂るという方法もあります。 ここでは、 腸内環境を改善するのに役立つサプリメントをいくつかご紹介します。 上記で挙げた食べ物や睡眠、運動などの生活習慣の改善が困難な方は、ご参考にいただければ幸いです。 1:金の菊芋 まずは、先程もご紹介しましたが、 です。 無農薬栽培の菊芋を98%使用し、それ以外はつなぎ材として使用している二酸化ケイ素のみ。 二酸化ケイ素は人体に自然に存在し、摂取しても吸収されず体外に排出される成分のため、ほぼ100%天然のサプリメントです。 主成分であるイヌリンは、前述のように、 腸の清掃と善玉菌を増やすはたらきを兼ねる優れた成分。 効果の面、安全性の面、そして 『全額返金保証』という気軽に試すことのできる制度があるため、迷われる場合はまずはこちらをお試しいただくのがいいでしょう。 消化について:まとめ 私たちは普段、『消化』について考えることはなく、下痢や吐き気を催したその時にしか意識することはありません。 しかし、ここまで読んでいただけるとわかるように、消化器官は人間にとって極めて重要であり、その調子の良し悪しは普段の生活習慣で決まります。 ときには、消化にかかる時間から逆算して食べるものを選んでみたり、野菜・果物を意識して食べたり、軽めの運動をしてみたり等、『消化』について意識してみましょう。 『消化』の関連記事 胃や腸のはたらき、胃腸に良い食べ物など、『消化』に関連する記事もあります。

次の

消化しやすい食べ物17選:胃腸が弱い私が体重アップで食べた食品とその使い方(痩せ型の人向け)

消化 し やすい 食べ物

穀類 粥、おじや、雑炊、煮込みうどん、フレンチトースト、やわらかいパンなど 卵 半熟卵、茶わん蒸し、卵豆腐、炒り卵、温泉卵、スクランブルエッグ、ふわふわ卵、卵とじ煮、オムレツ、かきたま汁、プリンなど 魚類 たい、ひらめ、かれい、あじ、たら、まぐろ、さけ、かきなどの煮物・焼き物など 肉類 グラタン、シチュー、つくね煮、蒸し鶏、肉団子スープ煮・うま煮、ロールキャベツ、そぼろ煮など 乳製品 クリーム煮、シチュー、ババロア、牛乳、ヨーグルト、チーズ、アイスクリーム、牛乳ゼリーなど 豆類 湯豆腐、煮奴、冷や奴、豆腐あんかけ、みそ煮、炒り豆腐、白和え、納豆、みそ汁、生揚げ含め煮など いも類 含め煮、そぼろ煮、粉ふきいも、クリーム煮、茶巾絞り、マッシュポテト、ポテトサラダ、とろろいもなど 野菜類 煮物、スープ煮、クリーム煮、煮浸し、卵とじ煮、みそ汁、あんかけなど 飲物 お茶、麦茶、紅茶、乳酸飲料、ジュースなど 菓子類 ビスケット、クッキー、キャンディー、カステラ、菓子パン、和菓子、ゼリーなど 5)エネルギー、タンパク質、そして微量栄養素も十分に 魚 わが国では、昔から魚介類を主要なタンパク源としてきました。 魚は「食べる薬」ともいわれています。 体にとても良いので、毎日1回は意識的に食卓にのせましょう。 肉 コレステロールなどで肉類を敬遠する方がいらっしゃいますが、肉類も良質なタンパク質です。 肉の脂身(あぶらみ)の気になる方は、ヒレ、もも、ササミなど脂の少ない部位を選択するとよいでしょう。 卵 卵は、体内では合成できない必須アミノ酸をすべてそろえた、良質のタンパク質です。 乳製品 1日に200~400ccはとりたいものです。 また、乳製品は腸内のビフィズス菌を増殖させ、悪い菌を抑え、腸の働きを活発にし、便秘を解消させます。 大豆・ 大豆製品 大豆は「畑の肉」ともいわれている良質のタンパク質です。 大豆に含まれている脂肪は、血中コレステロールを下げる働きがあります。 その他リジン、カルシウム、食物繊維などを含み、生活習慣病や老化防止に効果があります。 豆腐、油揚げ、生揚げ、納豆など、いろいろな大豆製品をとりましょう。 (3)野菜のとり方• 食べられるものから食べましょう。 少量でエネルギーの高い食品を利用しましょう。 間食を上手にとりましょう。 ・牛乳にクッキー、ババロア、ケーキ、チーズなど• 油を使用している料理はエネルギーが高いので、食べやすく工夫しましょう。 ・あげたあと:煮る、おろしかけ、マリネ、南蛮づけなど ・野菜や肉:サラダ、シチュー、クリーム煮など• 主食に変化をつけましょう。 ・ご飯:すし、まぜご飯、おにぎり、いなりずし、雑炊、おじや、粥など ・めん類:冷や麦、そうめん、焼きそば、スパゲティーなど ・パン:トースト、フレンチトースト、菓子パン、サンドイッチ、ホットケーキなど ・その他:焼きもち、揚げもち、辛みもち、コーンフレークなど• はちみつ、ジャムなどの糖類もエネルギーを高めます。 ・レモン水や紅茶、冷水などに加えましょう。 エネルギーの高い食品や料理を選んでみましょう。 ・お茶:ジュース、乳飲料、はちみつ入り冷水などに ・すまし汁:みそ汁、ポタージュ、コーンスープなどに• 食事をする雰囲気を変えてみましょう。 化学療法、放射線療法(頭頸部や胸部照射)の副作用で起こります。 味付けの濃いもの(甘味、塩味、酸味、苦味)、冷たすぎるもの、熱いもの、硬いもの、水気の少ない料理などにより、口内が刺激され痛みが増します。 症状を和らげる飲み薬やうがい薬もありますので、担当医に相談しましょう。 口あたりよく、さっぱりした食事にしましょう。 ・茶わん蒸し、卵豆腐、奴豆腐など• 味つけはだしを利かせ薄味にしましょう。 ・塩味・甘味・酸味の強いものは避けましょう。 炎症部位に食事が触れても痛くないように、とろみをつけたり、あんかけにしたり、ゼリー寄せにするなど工夫しましょう。 軟らかく、水分のある料理にしてみましょう。 酸味の強い果物、甘味の強い飲み物は避けましょう。 ・りんごは、おろしたり、煮たりするとよいでしょう。 ・メロンは、口内炎にしみることが多いようです。 食事の温度は、人肌程度がよいでしょう。 3)吐き気や嘔吐(おうと)のあるとき 吐き気は消化管の通過障害のある人、化学療法や放射線療法の副作用、便秘、消化管の閉塞、胃内食物の停滞による膨満、胃の痛み、脳にがんがあるとき、血液中のカルシウム値が高くなっているときなどに起こります。 においや見た目なども誘因になりますので、食材料を吟味したり、盛りつけ、食事量にも配慮することが必要です。 また、吐き気や嘔吐の原因によっては食べないほうがよい場合もありますので、担当医に相談しましょう。 少量ずつ、気分の良いときに食べましょう。 冷たく、口あたりが良く、飲み込みやすいものをとりましょう。 ・冷や麦、卵豆腐、茶わん蒸し、絹ごし豆腐、ヨーグルト、プリンなど• 味付けはあまり薄くしないで、自分の好みに合わせましょう。 好みにもよりますが、においの少ない食品を選びましょう。 ・にんにく、ねぎ、生たまねぎ、にら、たくあん、納豆などは避けましょう。 脂肪の多い食品や、油っぽい料理は避けましょう。 食事の量を減らし、品数を多くしましょう。 水分はこまめにとりましょう。 温かいものと冷たいものを同時に食べないようにしましょう。 ゆっくり食べるようにしましょう。 4)味覚異常があるとき 口内炎、のどのはれや痛み、飲み込む力がなくなったとき、神経麻痺、のどや食道が狭くなっているときに起こります。 料理は軟らかく、よく煮ましょう。 片栗粉、くず粉などでとろみをつけてみましょう。 ・カスタードクリーム、くずあんかけ、くず煮などをつくってみましょう。 ・飲み物、吸い物などにも、とろみをつけてみるのもよいでしょう。 ゼラチンや寒天などを利用して、ゼリー状にしてみましょう。 ・魚や肉はすりつぶし、テリーヌにするとよいでしょう。 ・果物はミキサーにかけ、かぼちゃはマッシュ(すりつぶしてうらごしする)などにするとよいでしょう。 ・牛乳や乳製品、ジュースなどはゼリーにするとよいでしょう。 とろろいもなども食べやすいので試してみましょう。 むせないように、ゆっくり少量ずつとりましょう。 ・飲み込むとむせてしまうときには、水気のものは避け、ゼリー状のものがよいようです。 <食べやすい食品> ゼリー、プリン、ヨーグルト、卵豆腐、茶わん蒸し、絹ごし豆腐など <食べにくい食品> とうもろこし、こんにゃく、のり、わかめ、フライ類、野菜、ナッツ類など 7)下痢のあるとき.

次の