阪神 競馬 場 グルメ。 阪神競馬場|競馬場レポート

阪神競馬場付近のグルメスポット一覧

阪神 競馬 場 グルメ

初めからお読みになる方はからどうぞ。 さて、阪神競馬場レポートも15回目となりました。 けっこうな数、来ましたね。 タイトルに阪神競馬場グルメとありますとおり、今回からしばらくは阪神競馬場で食すことができるグルメや、食堂なんかのご紹介をしていければと思います。 阪神競馬場は2016年6月現在、レストランが9軒、33軒ものテイクアウト店、売店が存在しており、まあ、かなりの数存在していると言ってしまって差し支えないだろう。 レストランも各テイクアウト店や売店も基本的には場内各所に点在しているのだが、一部のテイクアウト系店舗は「フードプラザ」なるフードコートとして集められている形を取っている。 フードプラザは場内に3か所存在しており、それぞれにお店が異なるので、もっとも利用者が多い施設だろう。 というわけでまずは3つあるフードプラザのうち、もっとも規模が大きい東ウイング1階のフードプラザからご紹介しておくことにいたしましょう。 ってなわけで、阪神競馬場グルメレポート、スタートでございます... 東ウイング1階フードプラザは、スタンド1階の4コーナー寄りにあるフードコートだ。 写真のとおり、さすがは中央競馬の基幹場のフードコートだけあって、けっこう広々としている。 立食のテーブルも数があり、回転も速い。 混雑時には重宝するグルメスポットだ。 フードコートの東西両サイドにテイクアウト系のお店が7軒、中央部分にドリンクを中心とした売店が2軒、計9軒のお店が常設で軒を連ねている。 これでも以前に比べたらお店の数は減っており、使われていない空き店舗もある。 阪神競馬場のメインのフードコートで空き店舗というのもなかなか深刻な話であるのう。 ちなみに、空き店舗は期間限定出店のお店が入ることもある(2016年春のダイナックなどで実績あり)ので、競馬場側も活用しようとしているふしはあるのだが・・・。 集客力のあるグルメというのはそう簡単に育つものでもないので、単なる業者選定に留まらず頑張っていただきたいところである。 それではまずは西サイドのお店を紹介していくことにしよう。 ちなみに、西サイドというのはここで便宜的に読んでいるだけで、実際は使われていない呼称なのであしからず。 左から「はいからや福三」「翠松樓」「モスバーガー」「宝塚カレー」の4軒が営業中だ。 まず一軒目は「はいからや福三」である。 ちょっと心得がある方ならご存知かと思うが、全国的に存在している福三の系列である。 福三らしく焼きそばがメイン。 さらに皿うどんが主食として存在しており、脇をかためる形で、アメリカンドッグ、焼き鳥、フランクフルトなどを備えている、スタンダードな競馬場の売店である。 値付けもコンビニ程安くはないが、競馬場グルメととしてはまあ許容範囲という無難な線を突いてくるのもさすがは福三だ。 コーヒーなども充実しているので、無難に活用できる一店と言えよう。 続いては翠松樓だ。 これで「すいしょうろう」と読ませる。 「樓」の字は「楼」と同じ意味なので、公式サイトはじめ、翠松楼としている記述も多いが、間違いではない。 これまたピンと来る方もいるかもしれないが、翠松樓は中山競馬場にも存在しているお店である。 見ての通り、ワンタンメン、チャーシューメンなど麺類を中心に販売しているお店だ。 サイドメニューもほとんどなく、硬派な麺処と言って障りないだろう。 こちらが翠松樓のチャーシューワンタンメン。 訪問時で600円也。 あっさりめで万人受けしそうなお味。 二日酔いでもイケてしまう味付けなのがありがたい。 テーブルコショーが合う感じも、日本人が好む中華感があってよろしい。 もちろん、ワンタンメン、チャーシューメン、わかめラーメンなど他のメニューもあるので、チャーシューワンタン両方はいらんという方はそちらもどうぞ。 麺も入っていないワンタンスープもあるぞ。 その翠松樓の隣はモスバーガーなのだが、まあどこにでもあるチェーンなので、ここでは割愛しよう。 そのモスバーガーの隣はこちらの宝塚カレーだ。 おそらくこの界隈では一番人気があるであろうお店だ。 荷桁も一度食べたのだが、写真撮り忘れてしまってアカン・・・。 メニューはカレー(520円)、ヒレカツカレー(720円)、エビカツカレー(720円)の3種類。 こちらもカレー単品で勝負する、モノカルチャー系の店舗である。 「全品大盛り」を標榜しているのも興味深いが、15時以降の閉店間際だけさらに大盛りになるサービスがあるのも有名である。 お味は無難に美味しいカレーだったと記憶している。 昔は混雑時になると左側の紙コップの水がとんでもない量ずらりと並んでいたものだが、上の写真では控えめだ。 一応阪神競馬場オリジナルという意味ではおススメかも。 中身はどうか知らないけどね・・・。 続いて西サイドに移ろう。 こちらは2016年6月現在、「吉野家」「KASUYA」「阿わた」の3軒が入っている。 西サイドには、昔はこちらのベンテンをはじめ、さらに2軒ほどあったのだが、撤退してしまっている。 残念だが、時代の流れだ。 次世代の奮闘に期待するしかない。 さて、もっとも手前にある吉野家もモスバーガーよろしく触れなくても問題ないだろう。 ご存知のとおり、間違いのない味だ。 というわけで、真ん中にあるKASUYA(かすや)をご紹介しよう。 こちらは2014年にオープンした比較的新しいお店だ。 株式会社グローバルキッチンという大阪府堺市に本社を置く会社の運営だ。 このKASUYA(加寿屋)ブランドでかすうどんの店や焼肉店を運営している外食・食肉加工の企業である。 ちなみに荷桁の自宅からほど近いところにも一軒店舗がある。 こちらの名物は看板にもあるかすうどんである。 かすうどんというと大阪の人間は比較的ピンとくるのだが、その他の地方の方にはよく分からない食べ物かもしれない。 大阪には、牛の小腸 ホルモン を細かく刻み、油でじっくりと揚げ、水分や余分な脂分を飛ばした「油かす」という食べ物が存在している。 あんまり言うとそれはそれでややこしいんだけど、荷桁の自宅近くでは肉屋にもフツーに置いている比較的ポピュラーな食べ物である。 たんに「かす」とも言ったりする。 似たようなものが大阪以外の地域にもあるので、この説明で、ああ、あれかと思う人もいるだろう。 売られている油かすは文字通り水分がないため、カピカピのするめみたいな状態なのだが、こいつを炒め物に入れたり、煮炊きすると、コクが出てなかなか美味いのである。 これを関西風のあっさり出汁にいれたものが、ご覧のかすうどんである。 ある意味、関西エリアのご当地グルメと言えよう。 ごらんのとおり、うどんに油かすとネギがのったシンプルなうどんだが、油かすのコクが出汁に溶け出し、なかなか旨いのである。 昼にはおにぎりをこのうどん出汁と共に食べるのもオツであろう。 またひとしきり酒でも飲んで小腹がすいた夕方あたりに食べてみてもよいかもしれない。 KASUYAはもともと食肉に強い外食チェーンなので、どて煮、ホルモン丼やぼっかけうどん、肉めしなど、競馬場オヤジたちが好みそうなほかのメニューも充実している。 ぼっかけうどんとは何ぞやという点については以前にで取り上げたので、そちらをご参照いただきたい。 チェーン店であっても関西らしい尖ったギャンブル場メシを出してくれる店は歓迎である。 先日ことだし、今後関西2場の名物的なお店になってくれることを祈りたい。 ちなみに、のこったお出汁はこちらにジャーしてください。 お次は阿わた。 粉もんと串揚げという、いかにも大阪っぽいお店である。 荷桁は実はここは利用したことがないのだが、気になっているのは100円から揃う串揚げ。 作り置きではあるが、大阪らしいパン粉の細かい串揚げで間違いがなさそうな雰囲気を醸し出している。 またお好み焼き、たこ焼き類もしっかりしていそうな雰囲気なので、次回訪問時は食してみたいお店である。 さらに、フードプラザの中央にはキリンとサントリーの売店が並んで競い合っている。 おおよそのドリンクはこちらで揃う。 サントリーは通常のモルツ(大530円)に加えてプレミアムモルツ(大570円)もいる布陣。 プレモルはハーフ&ハーフも可能(大570円)。 さらにウイスキーも角(ハイボールで380円)、山崎(同500円)、白州(同500円)を揃えている。 銘柄は樹氷ではあるが焼酎(250円)、酎ハイ(250円)と酒類がかなり豊富なラインナップになっており、だいたいの酒好きの心を満たしてくれる。 対するキリンは王道のキリン一番搾り(大530円)のほか、黒生(大530円)、ハーフ&ハーフ(大530円)で応戦。 さらに最近はサントリーよろしく一番搾りプレミアムも導入した(大570円)。 ほか、チューハイ、やワインなども取り揃えている(値段失念)こちらも酒飲みは是非ご活用を。 ちなみに、阪神競馬場は焼酎の銘柄が店によって微妙に異なり値段も大きく違うので、少しでも安くないとイヤダイヤダというサケダイスキな方は、是非お店をまわってチョイスしてください。 荷桁の実地調査では、東ウイングフードプラザ250円、two days 410円、西の売店が260円という感じだった。 また追加情報があれば適宜修正してまいります。 というわけで東ウイングフードプラザをご紹介しました。 次回以降も阪神競馬場グルメの話を続けたいと思います。 *この競馬場が好きな方はこちらの競馬場もお好きだと思われます。 *阪神競馬場に関する記事は以下にもあります。 *テーマが近い記事はこちらから。

次の

浦和競馬場グルメ特集 前編

阪神 競馬 場 グルメ

阪神競馬場はどこにあるの? 阪神競馬場は宝塚市駒の町にあり、ちょうど兵庫県宝塚市と西宮市の間に位置しています。 近くには関西学院大学という私立大学があるのも特徴ですね。 他に特徴的な建物は少なめですが、競馬場周辺にはファミレスや居酒屋、コンビニなど最低限の店は揃っている場所にあります。 阪神競馬場までは電車がオススメ! 阪神競馬場までどうやって行こうか悩むところですね。 電車やバス、車など色々な交通手段がありますが、 管理人のオススメは断然電車です! バスの場合はJR甲子園口から出ているものの、本数が少なく非常に不便です。 車はというと、阪神競馬場の駐車場は競馬開催時だと1日 2000円、非開催時は1日 1000円取られます。 これだけ見ても電車より大きく割高であることがわかりますね。 しかもこの駐車場は競馬開催時だと早くから満車になるケースが多く、GI開催日は日付が変わる0時には満車になることも…! 「じゃあ近くのコインパーキングに止めたらいいんじゃないの?」 と思いますが、最寄り駅近くのコインパーキングも早くから満車になるケースがほとんどです。 仮に駐車できたとしても…. 競馬開催時は通常料金の倍くらいかかる上に、帰りは周辺道路が渋滞して出るのにも時間がかかります! 以上の理由から可能な限り電車で行くようにしましょう! 電車でのアクセス方法! 阪神競馬場の最寄り駅は 阪急仁川駅です。 阪急仁川駅で下車して改札を出て、だいたい徒歩7~8分くらいで競馬場まで着くことができます。 そんな不安をお持ちの方にわかりやすく写真付きでルートを解説していきます! 阪急仁川駅へまずはGO! 阪神競馬場の最寄り駅は阪急仁川駅ですね。 まずはここで下車して改札を抜けましょう! その際は 東改札から出るようにしてくださいね! 西改札から出ると遠回りになるのでご注意を…! 土日は地下通路から、それ以外は地上を 土日及び競馬開催日は仁川駅東改札を抜けてすぐにある地下通路から雨に当たらずに阪神競馬場正門前に着くことが出来ます! それ以外の日の場合は地上をテクテクと歩いて向かうことになります。 ローソンとたこ焼き屋さんを横目に真っすぐ進みます。 テクテク進むと、信号の近くにとんこつ臭が漂うラーメン屋が見えてきます。 こちらのしぇからしかは行列ができる人気ラーメン店! しぇからしかの前の信号をわたって左に曲がりましょう~。 こちらの大将は大の競馬好き! 店名も海外の名馬 フランケルから取ったそうです。 店内には競走馬実施用ゼッケンや名馬の写真など数多く展示されており、名馬を見ながら美味しいうどんがすすれます。

次の

競馬を楽しみながらのグルメ。阪神競馬場でおすすめのレストラン7選

阪神 競馬 場 グルメ

阪神競馬場とは? 阪神競馬場は、兵庫県に位置しますが、大阪の主要駅、 梅田からも30分ほどの好アクセスな競馬場です。 仁川駅より、競馬場までの直通通路を歩き、5分ほどで入口に到着します。 入場料は200円。 日本で唯一、 パドックに屋根がある競馬場としても有名です。 場内には、セントウルガーデンと呼ばれる広い敷地もあり、キッチンカーや噴水なども楽しむことができます。 またマスコットキャラクターのターフィーくんも、セントウル仕様になっているのが、阪神競馬場の特徴です。 毎年、桜花賞の時期に合わせて、コースの外側にある桜の木が綺麗に咲き誇り、レースに華を添えるのも、阪神競馬場の魅力です。 阪神競馬場のコースの特徴を紹介! 阪神競馬場は、 2006年に改修工事がされ、日本最大級のスケールに生まれ変わりました。 予想するときには、2006年以降のデータを取り入れるようにするといいでしょう。 ここからは現在の阪神競馬場の特徴をご紹介いたします。 内回りと外回りがある 阪神競馬場の芝コースは、内回りと外回りが存在します。 外回りは、直線が473. 6m(Aコース使用時)あるのに対し、 内回りは356. 5mしかないのがポイントです。 直線が長い 外回りの直線の長さ473. 6mは、日本国内では、新潟(外回り)658. 7m、東京525. 9mに次ぐ3番目の長さです。 右回りの競馬場の中では、日本一の長さ! そのため、差し馬の直線一気も決まりやすいコースになっています。 2014年の桜花賞では、最後方にいたハープスターが、直線で全ての馬を差し切る芸当を見せました。 ゴール前に急坂がある ゴール前の200m地点には、 高低差1. 8m 勾配1. この坂のタフさは、中山、中京に次ぐもので、 「急坂適性」が試されます。 予想する際は、急坂のあるコースで実績があるかどうか、に注目するのも面白いでしょう。 芝の種類 基本的には、 野芝と洋芝を混合した「オーバーシード」という状態で開催されています。 ただし例年9月の開催だけは、野芝のみで使用され、阪神競馬場の中でも速い時計が出やすい傾向にあります。 そのため、予想する際は、阪神競馬場の実績だけを重視するだけでなく、9月の阪神か、それ以外の阪神か、で考える必要があります。 また阪神競馬場は、馬場の悪化が激しく、 パワーが要される競馬場でもあります。 宝塚記念を2度制覇したゴールドシップが、パワー型の名馬として有名でしょう。 その理由としては、阪神競馬場は、3月、4月、6月、9月、12月とコンスタントに使用されていることが挙げられます。 (2020年は7月以降は例年と違い、7月、11月、12月に開催) また、夏に芝の張替え作業が行われますが、6月末の宝塚記念が終わり、その張替え作業に充てられる時間は、9月開催までのたった2カ月です。 芝の張替え作業に充てられる時間は、東京が7~9月の3カ月間、京都が6~9月の4カ月間、中山が5~8月の4カ月間であることと比べても、阪神競馬場の馬場管理が難しいことは明白でしょう。 排水性も他の競馬場に比べると良くないので、 雨が降ると乾きにくい、ということも覚えておきたいところです。 阪神競馬場のコース一覧 阪神競馬場で主に使用されているコースの一覧です。 阪神競馬場のコース一覧• 芝(内)1200• 芝(内)1400• 芝(外)1600• 芝(外)1800• 芝(内)2000• 芝(内)2200• 芝(外)2400• 芝(外)2600• 芝(内)3000• ダ1200• ダ1400• ダ1800• ダ2000• ダ2600• 障害2970• 障害3000• 障害3110• 障害3140• 障害3800• 障害3900 コース別で見る!阪神競馬場の予想傾向 阪神競馬場のレースを予想するときに役立つポイントを紹介します。 坂が得意な馬が来る? 上記でも紹介したように、阪神競馬場は、最後のゴール前に急坂があるのが特徴です。 そこで坂を得意にしているか、苦手としているか、の適性が分かれます。 坂を得意にしていた馬として挙げられるのが、ゴールドシップ。 同じく急坂のある中山競馬場でも、皐月賞、有馬記念といったビッグレースを制しました。 同じように、 直線に急坂のある中山や中京での成績を重視して予想すると、得意不得意が見えてくるかもしれません。 ダート1400m戦の中では、阪神と中京は瓜二つ!? ダートの1400m戦は、東京、京都、中京、阪神の4場で開催されていますが、この中でもコースが似ているのが、阪神と中京です。 阪神は右回り、中京は左回り、という違いこそあるものの、同じ馬が両コースで好走することが多いです。 ここからは専門的な話になりますが、数字的に見ても、阪神と中京は近いことが証明できます。 レースの前半3Fと後半3Fの差を比較すると、 東京36. 0-37. 3秒 京都35. 3-37. 1秒 阪神35. 1-38. 9秒 中京35. 0-38. 1秒 のようになり、中京と阪神は、前半のペースが速く、後半はスタミナ比べになることがわかります。 (データは2019年の良馬場) 中京と阪神は、ともに芝スタートで、前半3Fが非常に速いコース。 そして直線も急坂があるため、似たような適性が要求されるのです。 プロキオンSに2度出走し、2着、3着と好走したキョウワダッフィーは、プロキオンS出走前までは、阪神ダ1400mで【4・0・1・0】と、ほぼパーフェクトな成績でした。 10番人気3着と穴をあけたガンジスも、阪神ダ1400mで2戦2勝の実績を持っており、5人気2着のセイクリムズンも【2・0・2・1】という成績を残していました。 2017年の覇者キングズガードも【5・5・1・0】という完璧な成績をおさめていたんです! 2019年も、阪神ダ1400mで【5・1・0・3】の実績があったヴェンジェンスが、4番人気で3着と好走しました。 阪神のダート1400mを予想するときには、中京ダート1400mでどんな成績だったのかチェックすると、おいしい馬券がゲットできるかもしれません。 阪神競馬場で行われる重賞一覧 2020年に阪神競馬場で行われる重賞競走をまとめておきます。 すぐ近くには地方競馬の園田競馬場もあるので、旅行がてらに合わせて行くのもありかもしれません。 阪神競馬場のコース特徴を理解して、高配当をゲットしてください。

次の