韓国 経済 底力。 韓国経済危機&崩壊特集

韓国経済、〔韓国のライバルは台湾〕日本と韓国の経済力はどっちが上? 「比較できる次元になかった」

韓国 経済 底力

2009年は日本が2位、韓国が3位 2016年は日本が2位を維持する一方、韓国は8位まで順位を下げる 3.第4次産業革命への備えに必要なもの 労働市場の柔軟性、技術水準、教育システム、SOC(セキュリティー運用)水準、法的保護の5つの要素を評価したところ、韓国は5項目全てで日本より順位が低い 以上の3つだ。 自分たちが置かれている状態を客観的に確認するのは悪くないことだ。 ただ、何度も述べるが日本と韓国を比べても勝てるわけないんだよな。 GDPの規模で言えば韓国=東京都なのだから。 東京都は確かに大きいが、日本の技術は東北、関西、九州、中部といった様々な地方に広がっている。 日本の4大工業地帯を昔、学校の地理で勉強したと思うが、 京浜工業地帯、中京工業地帯、阪神工業地帯、 北九州工業地帯だって別に東京だけではないことを物語っている。 他にも日本の地方に新しい工業地帯となるものが誕生している。 北陸や東北地方だって頑張っている。 日本の科学技術は地方にも多いのだ。 韓国の場合は中小企業が財閥に潰されることが多くてほとんど育たないというのがある。 何か新しいアイデアをひらめいて事業にしても、すぐに財閥に真似されてしまうという。 実際、ベンチャー企業というのは3年以内でほとんど失敗して終わるものが多い。 それは日本でもそうなのだが、会社を成立させることは銀行で数十万払って手続きをすれば作れるのだが、それを維持するのに重要な経営ノウハウもないわけで難しい。 そういった意味で政府がベンチャー企業を支援する政策は間違っていない。 話が大分脱線してきたが日本と韓国を比べても勝負にならないんだ。 それは経済だけではなく科学技術はもちろんのこと、それ以外でも韓国が日本に勝つことはできない。 なぜなら、韓国は「先進国」ではないからだ。 先進国と途上国では発展の数値が異なる。 先進国から多額の援助を得て産業を発展させている間は成長率も高い。 現に韓国はこの十数年間で世界で第10位のGDPまで来た。 しかし、それ以降の経済成長を見ているともう3%すら成長してなく、低成長となり、いつか止まる。 なぜなら、そこが韓国の限界だからだ。 日本のGDPに追いつくという夢を追うのは良いのだが、日本と韓国では人口も違うし、歴史も異なる。 日本には成長の土台があり、その土台は何千年という歴史の中で造られた。 明治維新からの産業革命は江戸時代の技術なくしては成し遂げられるものでなかった。 韓国には何一つないだろ?韓国ができたのは今から60年ほど前だ。 数千年の歴史を持つ日本と60数年の韓国で勝てるわけないだろうに。 ええ?朝鮮半島に5千年の歴史があって、韓国は日本に技術を伝えた?よく言われる左翼の嘘主張だな。 ならなんで日本より中国に近い韓国が何の発展性もなかったんだ?日本に技術を伝えたということは韓国にもその技術があったんだろ?なんで失われているんだ?日本では継承されているぞ。 ずっとずっとな。 の応援(1日1回クリック)をお願いする。 韓国経済、韓国と日本の経済格差、再び拡大か 技術競争力で後れを取る韓国、日本との経済格差再び拡大か 現代経済研究院が分析 日本と韓国の経済的格差が再び広がる可能性が高くなってきた。 現代経済研究院は26日「韓国経済、どのくらい日本に追い付いたのか」と題するリポートを発表し「韓国の潜在成長率が徐々に低下している一方で、日本はわずかながら成長を続け、両国間の経済格差は再び拡大する恐れがある」と分析した。 韓日の格差は1980年代以降、徐々に縮小した。 世界の総生産に両国が占める割合は、1980年当時は9. 2ポイントだった。 しかしこの差は徐々に縮まり、2016年には6. 4ポイントまで縮小した。 16年現在、両国の1人当たり国内総生産(GDP)の差は9671ドルで、最も差が開いていた1995年(3万196ドル)に比べて大幅に縮まった。 しかし、技術競争力、第4次産業革命への対応能力などの面で、韓国は日本に後れを取っており、経済格差は再び拡大する可能性があると現代経済研究院は指摘した。 まず、内需の総量のうち付加価値によって創出した部分の占める割合が、韓国は2000年の45. 9ポイント減少したのに比べ、日本は同期間に53. 8ポイントの減少にとどまった。 付加価値創出の面で依然として日本の方が能力が高い上に、韓国の付加価値創出能力の方が低下速度が速いというわけだ。 科学・技術の競争力も依然として大きな差があるようだ。 スイスのIMD(国際経営開発研究所)の基準で、2009年の技術競争力は日本が2位、韓国が3位だったが、昨年は日本が2位を維持する一方、韓国は8位まで順位を下げた。 昨年、投資銀行UBSが第4次産業革命への備えに必要なものとして労働市場の柔軟性、技術水準、教育システム、SOC(セキュリティー運用)水準、法的保護の5つの要素を評価したところ、韓国は5項目全てで日本より順位が低かった。 現代経済研究院のイ・ブヒョン北東アジア研究室長は「産業競争力を向上させる戦略を根本的に見直さなければならない」と指摘した。 孫振碩(ソン・ジンソク)記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版.

次の

韓国経済、〔韓国のライバルは台湾〕日本と韓国の経済力はどっちが上? 「比較できる次元になかった」

韓国 経済 底力

韓国経済、〔韓国のライバルは台湾〕日本と韓国の経済力はどっちが上? 「比較できる次元になかった」 記事要約:相変わらず、ぼけているとしかいいようがない。 日本と韓国の経済力を比較なんてできるわけないだろう。 そもそも韓国のGDPは東京都と同じぐらいだ。 東京都だけなら良い勝負できるが、日本にはたくさんの県が存在するんだよな。 だから、お話にならないのだ。 そして、経済を扱う人間には韓国のライバルは台湾辺りだという認識しか存在しない。 今も昔だ。 その台湾にもそろそろ韓国は負けるかもしれないが。 だってサムスン電子だけだもんな。 そのサムスン電子だって日本製の機械や部品がなければ半導体の製造工場の稼働だってできない。 サムスン電子がいくら設けても儲けは外資が半分ほど持っていく。 その構造は何も変化していない。 管理人が韓国経済を特集し出して10年経過しているわけだが、規模が大きくなっても、輸出依存であるファンダメンタルズは変わらない。 日本と比較する以前にさらに差が開いているんだよな。 ノーベル賞とか以前に韓国には何一つ世界での最先端技術や分野がないだろう。 その時点で日本と経済力を比較する方がおかしいのだ。 アジアのパワーバランスでも日本は3位。 韓国は7位だったが、それはあくまでも軍事力がないことへの外交の弱さが出ているだけ。 その辺の点数加算を抜けば、中国に追いつくぐらいの力は存在しているはずだ。 しかも、その韓国が旧世代の核技術やミサイル技術ぐらいしかない北朝鮮と統一しようとしている。 確かに人口そのものは増えるかも知れないが、経済力が全然、違うのだから、どのみち内部で分裂する。 統一して凄い国家の誕生とか、考えているのは北朝鮮シンパだけだ。 アジアで最低レベルの北朝鮮と統一したら、さらに酷いことになるのは誰でもわかるとおもうんだが。 統一、平和とか、そんな甘い言葉に欺されて金正恩を良い人とか言い出すんだ。 韓国人のほとんどが。 しかし、あれだけ反日教育をしてきているのに、北朝鮮については何も教育で教えていないのか。 韓国は。 ・・・国が滅びるのも納得だな。 韓国経済、〔韓国のライバルは台湾〕日本と韓国の経済力はどっちが上? 「比較できる次元になかった」 日本と韓国はサッカーや野球などではライバル関係にあると言われることが多いが、経済の実力でもライバル関係にあると言えるのだろうか。 中国メディアの今日頭条はこのほど、「経済的な実力が上なのは日韓のどちらか」と題する記事を掲載し、日韓両国の経済を比較している。 記事は、韓国の国土面積は約10万200平方キロと、約37万8000平方キロの日本の3分の1以下であることを強調。 そのうえで2016年の国内総生産(GDP)は韓国が1兆4110億ドル、日本が4兆9390億ドルだったことを伝え、 GDPでは規模でも1人あたりGDPでも日本のほうが韓国を上回っていることを紹介した。 続けて、韓国は香港やシンガポール、台湾と並んで「アジア四小龍」と呼ばれ、その経済力が評価されていると紹介する一方で、 「小龍」が存在するということは「大龍」も存在するということだと強調。 ここに日本が入っていないのは「日本は『小龍』ではないからだ」と伝え、 日本と中国の経済力は「大龍」と呼ぶにふさわしいものだと論じた。 さらに、日韓の経済力を「側面」から比較しても、日韓の差は非常に大きいことがわかるとし、 日本はこれまでに自然科学分野でノーベル賞受賞者を数多く輩出し、米医学界最高の賞とされるラスカー賞の受賞者も日本は複数輩出していると強調。 他にも日本は世界的権威のある賞の受賞者を多数輩出しているが、韓国には自然科学分野のノーベル賞受賞者はおらず、 世界的権威のある賞の受賞者も日本人より圧倒的に少ないのが現状だと指摘した。 一方で記事は、韓国の製造業はディスプレイパネルや半導体などの分野で日本を上回る競争力を持つと指摘する一方 、国全体の国際競争力ではやはり日本のほうが韓国を上回ると指摘。 その根拠として、 世界経済フォーラムが発表している「世界競争力報告」のデータを挙げ、年によって変動はあっても日本のランキングは一桁台であるのに対し、 韓国は20位台であることを指摘し、総括として「韓国と日本を比較すること自体が間違いであり、日韓の競争力は同じ次元にあるものではない」と論じた。 左翼・サヨクは、この7つの変化に目を瞑っています。 もう、 時代は変わったということです。

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国 経済 底力

2009年は日本が2位、韓国が3位 2016年は日本が2位を維持する一方、韓国は8位まで順位を下げる 3.第4次産業革命への備えに必要なもの 労働市場の柔軟性、技術水準、教育システム、SOC(セキュリティー運用)水準、法的保護の5つの要素を評価したところ、韓国は5項目全てで日本より順位が低い 以上の3つだ。 自分たちが置かれている状態を客観的に確認するのは悪くないことだ。 ただ、何度も述べるが日本と韓国を比べても勝てるわけないんだよな。 GDPの規模で言えば韓国=東京都なのだから。 東京都は確かに大きいが、日本の技術は東北、関西、九州、中部といった様々な地方に広がっている。 日本の4大工業地帯を昔、学校の地理で勉強したと思うが、 京浜工業地帯、中京工業地帯、阪神工業地帯、 北九州工業地帯だって別に東京だけではないことを物語っている。 他にも日本の地方に新しい工業地帯となるものが誕生している。 北陸や東北地方だって頑張っている。 日本の科学技術は地方にも多いのだ。 韓国の場合は中小企業が財閥に潰されることが多くてほとんど育たないというのがある。 何か新しいアイデアをひらめいて事業にしても、すぐに財閥に真似されてしまうという。 実際、ベンチャー企業というのは3年以内でほとんど失敗して終わるものが多い。 それは日本でもそうなのだが、会社を成立させることは銀行で数十万払って手続きをすれば作れるのだが、それを維持するのに重要な経営ノウハウもないわけで難しい。 そういった意味で政府がベンチャー企業を支援する政策は間違っていない。 話が大分脱線してきたが日本と韓国を比べても勝負にならないんだ。 それは経済だけではなく科学技術はもちろんのこと、それ以外でも韓国が日本に勝つことはできない。 なぜなら、韓国は「先進国」ではないからだ。 先進国と途上国では発展の数値が異なる。 先進国から多額の援助を得て産業を発展させている間は成長率も高い。 現に韓国はこの十数年間で世界で第10位のGDPまで来た。 しかし、それ以降の経済成長を見ているともう3%すら成長してなく、低成長となり、いつか止まる。 なぜなら、そこが韓国の限界だからだ。 日本のGDPに追いつくという夢を追うのは良いのだが、日本と韓国では人口も違うし、歴史も異なる。 日本には成長の土台があり、その土台は何千年という歴史の中で造られた。 明治維新からの産業革命は江戸時代の技術なくしては成し遂げられるものでなかった。 韓国には何一つないだろ?韓国ができたのは今から60年ほど前だ。 数千年の歴史を持つ日本と60数年の韓国で勝てるわけないだろうに。 ええ?朝鮮半島に5千年の歴史があって、韓国は日本に技術を伝えた?よく言われる左翼の嘘主張だな。 ならなんで日本より中国に近い韓国が何の発展性もなかったんだ?日本に技術を伝えたということは韓国にもその技術があったんだろ?なんで失われているんだ?日本では継承されているぞ。 ずっとずっとな。 の応援(1日1回クリック)をお願いする。 韓国経済、韓国と日本の経済格差、再び拡大か 技術競争力で後れを取る韓国、日本との経済格差再び拡大か 現代経済研究院が分析 日本と韓国の経済的格差が再び広がる可能性が高くなってきた。 現代経済研究院は26日「韓国経済、どのくらい日本に追い付いたのか」と題するリポートを発表し「韓国の潜在成長率が徐々に低下している一方で、日本はわずかながら成長を続け、両国間の経済格差は再び拡大する恐れがある」と分析した。 韓日の格差は1980年代以降、徐々に縮小した。 世界の総生産に両国が占める割合は、1980年当時は9. 2ポイントだった。 しかしこの差は徐々に縮まり、2016年には6. 4ポイントまで縮小した。 16年現在、両国の1人当たり国内総生産(GDP)の差は9671ドルで、最も差が開いていた1995年(3万196ドル)に比べて大幅に縮まった。 しかし、技術競争力、第4次産業革命への対応能力などの面で、韓国は日本に後れを取っており、経済格差は再び拡大する可能性があると現代経済研究院は指摘した。 まず、内需の総量のうち付加価値によって創出した部分の占める割合が、韓国は2000年の45. 9ポイント減少したのに比べ、日本は同期間に53. 8ポイントの減少にとどまった。 付加価値創出の面で依然として日本の方が能力が高い上に、韓国の付加価値創出能力の方が低下速度が速いというわけだ。 科学・技術の競争力も依然として大きな差があるようだ。 スイスのIMD(国際経営開発研究所)の基準で、2009年の技術競争力は日本が2位、韓国が3位だったが、昨年は日本が2位を維持する一方、韓国は8位まで順位を下げた。 昨年、投資銀行UBSが第4次産業革命への備えに必要なものとして労働市場の柔軟性、技術水準、教育システム、SOC(セキュリティー運用)水準、法的保護の5つの要素を評価したところ、韓国は5項目全てで日本より順位が低かった。 現代経済研究院のイ・ブヒョン北東アジア研究室長は「産業競争力を向上させる戦略を根本的に見直さなければならない」と指摘した。 孫振碩(ソン・ジンソク)記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版.

次の