プロテイン 女性 効果。 【最新】おすすめプロテイン12選。ダイエット効果も!【痩せたい女性向け】

【女性向け】ダイエットにより効果的なプロテインの飲み方!

プロテイン 女性 効果

筋トレなどトレーニングをしている人には欠かせない「プロテイン」。 ムキムキマッチョな筋肉ボディを作るために飲むサプリメントのイメージですが、最近は、ダイエットや健康、美容をサポートする飲み物として女性からの注目も集めています。 今回は、筋肉を増やしたい、体を絞りたい人向けのプロテインの選び方やおすすめメーカー、効果的な飲み方を紹介します。 プロテインとは 「protein(プロテイン)」は、英訳で「たんぱく質」。 いわゆる「プロテイン」は、たんぱく質をたくさん含んだパウダーやドリンクなどの加工食品を指します。 牛乳や大豆を原料に作られています。 女性が飲んでも大丈夫? たんぱく質を効率よく摂るために作られたのが「プロテイン」なので、ただ飲むだけでは、筋肉ムキムキになることはありません。 しかし「プロテイン」には男性・女性の区別はありません。 性別でチョイスする必要はなく、目的別に選んで、自分に合ったものを探すのがよいでしょう。 プロテインの種類と飲むタイミング 牛乳や大豆が原料になっているプロテインですが、国内で販売されているものには、大きく分けて3つの種類があります。 ホエイプロテイン 牛乳から作られるプロテインです。 ヨーグルトの上澄み「乳清」のことをホエイと呼び、水溶性ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。 「プロテインを飲むと太る」はホント? 飲み過ぎると可能性はある 「運動による刺激がない、足りない状態でプロテインを飲むと、使われないタンパク質は脂肪に蓄えられるため太る可能性は高いと言えます」(管理栄養士・宮本さん) より プロテインにもカロリーはあるので、1日に何杯も飲むと単純にカロリーオーバーにもなります。 管理栄養士の深野祐子さんいわく、1日に必要なタンパク質量の個別目安は以下の通り。 8~0. 2~1. それが、「ウエイトゲイン」と呼ばれているプロテインです。 たんぱく質と一緒に糖質が多く含まれているのが特徴で、手軽に摂取カロリーを増やすことができます。 海外製のものでは1回の摂取で900~1200kcalも摂れる商品もあります」(スポーツトレーナー・和田さん) より ウエイトゲインタイプにはパッケージに「ウエイトゲイン」「ウエイトを増やす」などの文字が書かれてあるので、見落とさないようにしましょう。 女性におすすめのプロテイン ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティー プロテインのブランドとして、さまざまな商品を出しているザバスから発売されている「シェイプ&ビューティー」。 運動しながら美しく引き締めたい女性に、うれしい成分を配合したソイプロテインです。 コラーゲンや、カルシウム、マグネシウム、鉄、さらに11種類のビタミンが入っています。 ミルクティー風味で飲みやすいのもうれしいですね。

次の

ホエイプロテインのダイエットに有効な飲み方【女性の効果は?】

プロテイン 女性 効果

プロテインなら何を飲んでもいいというわけではありません。 プロテインにも種類があり、成分やカロリーが大きく違います。 体重を増やしたい人向けとダイエットしたい人向けでは2~3倍カロリーの差が出ることもあります。 ダイエット目的なのに300kcalのプロテインを飲んでいたり、がっしりした体にしたいのに70kcalのプロテインを飲んでいたのでは本末転倒です。 たんぱく質だけでなく、体から失われやすいアミノ酸やビタミンが摂取できるプロテインも数多く販売されているのて、食事が偏っていたり、食事をとるタイミングがない人は要チェックです。 口に入れるものなのでしっかりと成分表を確認してから購入しましょう。 76 102 76. 4 51 48 194 たんぱく質(g) 16. 8 5. 77 14 14 7. 2 10 27 炭水化物(g) 0. 9 4. 45 6. 2 3 4. 8 2. 7 23. 7 脂質(g) 0. 9 0. 43 2. 3 0. 9 0. 3 - 2. 5g)の場合 たんぱく質(g) 21. 2 16. 5g)の場合 炭水化物(g) 4. 5 1. 2 3. 5g)の場合 脂質(g) 2 0. 9 0. 5g)の場合 おすすめの摂取タイミング 起床時、運動後、就寝前 運動後 食事にプラス、運動後 商品リンク.

次の

50代の女性にこそ必要なプロテイン、本当の選び方を知っていますか?

プロテイン 女性 効果

筋肉を付けるためにプロテインを飲んでいる人は多く、ダイエットに推奨されることもあります。 プロテインを上手く使うと、筋肉を成長させることができ、ダイエット・ボディメイクの成功も近づきます。 しかし、商品を売るための過剰な効果も多く、 プロテインの正しい効果はトレーナーでもほとんど知っていません。 確実に体を変えられるように、この記事で プロテインの正しい効果・使い方を紹介します。 Plez(プレズ)では、公平な立場から情報を発信できるよう、プロテインの販売もアフィリエイトなどの広告出稿も行っておりません。 科学的な根拠をもとにした正しい情報を、分かりやすく紹介します! この記事は、科学的な知見と医師やトレーナーへの指導経験も持つ、Plez(プレズ)のコンサルタントが作成しました。 (ダイエットの結果には個人差があります) 目次• プロテインと筋トレ効果 プロテインを上手く取り入れると、筋トレの効果を高め、筋肉を成長させることが出来ます まずは、筋肉を成長させるプロテインの効果を紹介します! 1. 1筋肉を成長させる効果 プロテインには筋肉を成長させる効果があります。 これは、プロテインの特別な効果ではありません。 プロテインは、牛乳や大豆から脂質・糖質・水分などを飛ばして作った、タンパク質のカタマリです。 タンパク質は筋肉を作る材料であり、多く摂取すると、筋肉を増やす働きをします。 プロテインはタンパク質が豊富で、タンパク質をたくさん摂ることが筋肉を成長させるのに効果的なのです。 2プロテイン=食事のタンパク質 筋肉を成長させるために大事なのは、タンパク質をしっかり摂ることです。 タンパク質は、プロテインだけでなく普段の食事からも摂っています。 食事のタンパク質もプロテインも、大きな違いはありません。 そのため、プロテインを特別視する必要はありません。 タンパク質の摂取は、 食事とプロテインのトータルで考えましょう。 食事で十分タンパク質を摂れていれば、プロテインは必要ありません。 タンパク質は肉・魚介類に多く、卵・大豆製品・乳製品にも含まれます。 食事だけではなかなか十分なタンパク質を摂れない場合、プロテインは非常に役立つアイテムです。 プロテインは調理の必要もなく、水に溶くだけで手軽にタンパク質を摂れます。 参考記事: 1. 3プロテインと筋トレの効果 筋肉を成長させるには、 タンパク質の摂取と筋トレを併せることが効果的です。 筋肉は、タンパク質が筋肉に合成されることで大きく成長していきます。 タンパク質が筋肉に合成されることを、筋タンパク質の「同化」と言います。 筋トレは、トレーニング後に同化を高める効果があります。 筋トレで同化を高め、実際に筋肉の材料になるタンパク質をしっかり摂ることで、筋肉は効率的に成長していきます。 4筋トレなしでのプロテインの効果 筋肉を大きくするには、筋トレ+タンパク質摂取が効果的です。 しかし、筋トレをしないとタンパク質やプロテインの摂取がムダになるかというと、そういう訳ではありません。 タンパク質を摂ること自体に、筋肉を成長させる効果があります。 根拠論文: 「筋トレもタンパク質摂取も、それぞれ筋肉を成長させる効果があり、両方行うのが最も効果的」というのが正しい理解です。 筋トレをしない場合でも、プロテインや食事でタンパク質を摂ることによって、筋肉を成長させる効果を得られます。 参考記事: 1. 5プロテインの効果を高める飲み方 プロテインの飲み方は、いろいろと熱い議論が交わされる所です。 しかし、実際のところ、 プロテインの飲み方で大事なポイントは1つだけです。 それは、 タンパク質を多く摂るということです。 筋トレ後の30分以内や、寝る前にプロテインを飲んでも、トータルのタンパク質の量が変わらなければ、特に効果は変わりません。 根拠論文: 飲むタイミングを変えるだけで効果が倍増したり、効果が半減したりすることはありません。 そのため、飲むタイミングを気にして神経質になったり、飲むのが遅れたからといって、後悔する必要はありません。 タイミングではなく、 タンパク質の量を摂れるようにプロテインを飲みましょう! 筋肉を成長させるために、1日に摂るタンパク質の目安がこちらです。 タンパク質の必要量は脂肪を除いた体重で変わるので、 Plez(プレズ)の食事方法では、体重と脂肪量をもとに目安を決めます。 体脂肪量 体重1kgにつき 摂るタンパク質 体脂肪:少ない 2. 0g 体脂肪:普通 1. 75g 体脂肪:多い 1. 5g 1. 6プロテインの効果的な飲み方 Plez(プレズ)の食事方法でのプロテインの飲み方は、非常にシンプルです。 プロテインのダイエット効果 プロテインは、筋肉を成長させる以外に、ダイエット効果が謳われることもあります。 プロテインを上手くダイエットに取り入れれば、キレイでカッコイイ体を作ることが出来ます。 しかし、プロテインも取り入れ方を間違えると、効果が無いどころか、 ダイエットに逆効果になることもあります。 確実に体脂肪を落とし、理想の体を作れるように、プロテインの正しいダイエット効果を紹介します! 2. 1ダイエットとプロテイン プロテインにはダイエット効果があると言われがちで、実際にダイエットに取り入れている人もいるかもしれません。 しかし、 プロテインそのものにダイエット効果は全くありません。 ダイエットで最も大事なことは、 摂取カロリー<消費カロリーの状態を作ることです。 プロテインはタンパク質のカタマリで、タンパク質は100g当たり約400kcalのカロリーを持ちます。 そのため、プロテインを追加で摂ると、摂取カロリーが増えてしまい、 ダイエットにはむしろ逆効果なのです。 これは、ソイプロテインや「減量用」「ウエイトダウン」という名称のものでも同様です。 プロテインを摂ること自体に特別なダイエット効果はなく、追加で摂ると、むしろ逆効果になってしまうのです。 2プロテインのボディメイク効果 プロテインに体脂肪を減らす効果はありません。 しかし、ダイエット中にプロテインを摂ることはオススメです。 それは、 タンパク質をしっかり摂ると、筋肉をキープしながら痩せやすいからです。 ただ摂取カロリー<消費カロリーの状態を作るだけでは、脂肪と筋肉は3:1ぐらいの割合で減ってしまいます。 そこで、タンパク質をしっかり摂るようにすると、筋肉が減りにくくなり、脂肪だけを落としやすくなります。 Plez(プレズ)のボディメイク方法では、 筋トレとタンパク質摂取をしながら、摂取カロリー<消費カロリーの状態を作るようにします。 筋肉をキープしながら体脂肪を落とせば、筋肉のラインが浮かんできて、まるで筋肉増+脂肪減になったように体が変化します。 参考記事: 2. 3プロテインの正しい使い方 プロテイン自体にダイエット効果はありませんが、上手く使うと、ダイエットに非常に役立ちます。 ポイントは、 食事で摂るカロリーを抑えながらタンパク質を摂れるように、プロテインを使うようにすることです。 プロテインは、トータルのカロリーを抑えながらタンパク質を摂りやすい、高タンパク低カロリーの食品です。 ロース・乳製品・大豆製品などと比べて、プロテインははるかに高タンパク低カロリーです。 例えば、卵3個を食べると、タンパク質を約20g摂れる一方、カロリーも300kcalぐらい摂ってしまいます。 一方、プロテインであれば、タンパク質を20gぐらい摂っても、カロリーは100kcalぐらいに抑えられます。 タンパク質の含有率が高いものを選べば、余分なカロリーを摂らずにタンパク質を摂取できます。 カロリーを抑えながらタンパク質をしっかり摂るために、プロテインを使いましょう! プロテインを上手く使うと、筋肉をキープしたまま、体脂肪だけを落としやすくなります。 4女性のボディメイクとプロテインの効果 女性の中には、「筋トレやプロテインによってムキムキになりたくない!」と心配している方がいるかもしれません。 Plez(プレズ)の女性のクライアントさんの中にも、初めは、筋トレやプロテインを摂ることに抵抗がある方もいらっしゃいます。 しかし、その心配は無用です。 プロテインは筋肉増強剤などの薬物ではなく、ただの加工食品です。 そして、 1日で増える筋肉は、多くても男性で30g・女性で15g程度です。 十分と思えば、そこで止めれば大丈夫です。 むしろ、筋肉を増やしたり、筋肉をキープしながら体脂肪を落とすことで、ハリのあるキレイな体を作れます。 プロテインを上手く使えば、女性のダイエット・ボディメイクも成功に近づいていきます! 3. プロテインの効果まとめ いかがでしたでしょうか? プロテインは筋肉の成長に効果的で、上手く使うと、ボディメイクもダイエットもグッと成功に近づきます。 プロテインの本当の効果・正しい使い方はシンプルです。 Plez(プレズ)の食事・ダイエット方法では、効果のないことを実践したり、細かいことに気を使う必要はありません。 しっかり本質を理解すれば、効果的な方法を確実に実践できます。

次の