ソウル メイト。 ソウルメイトとは?11個の特徴と出会い方

ソウルメイトに出会ったしるしとは?出会い方や見分け方を解説

ソウル メイト

どんな人が本当にソウルメイトなのかは、特徴を確認することでその輪郭が明らかになっていきます。 運命の人(=ソウルメイト)が人生に与える影響は計り知れないものがあり、落ち着いてソウルメイトかどうかを確かめることで、安心して関係性を深めていくことが出来ます。 また、ソウルメイトの見分け方だけではなく、巨大な影響力を持つソウルメイトとは一体どういう存在か、ということを含めて知り、既に知り合っている人や、かこれから知り合う人との縁を結ぶ役に立てていただければと思います。 ソウルメイトとは何なのか?意味解説 「ソウル・メイト」とは「魂の仲間」のことで、少し仲が良い程度の人ではなく、運命的に引き寄せられて出会っているような、特別な人たちのことです。 一般的に、ソウルメイトというと恋人や結婚相手のことと捉えられていますが、実はそれ以外の間柄のことも含んでいます。 ソウルメイトの種類 ソウルメイトとの間柄(ソウルメイトの種類)は多岐にわたります。 結婚相手・配偶者• 家族(親・兄妹・子ども)• ビジネス・パートナー• 仕事に就くきっかけをくれた人• 友人 など、様々な種類の人がソウルメイトである可能性があります。 ソウルメイトの性別 異性同士のこともありますし、同性同士の場合もあります。 セクシャルマイノリティの場合もあり、ソウルメイトは性別を超えて繋がっています。 また、ソウルメイトの間に、国境、人種、宗教、家柄、収入などの垣根は存在しません。 ソウルメイトの人数 魂の伴侶であるソウルメイトを探す時に、1人にターゲットを絞ることで葛藤することもありますが、実はソウルメイトは一人ではありません。 人数は固定されておらず、前世を含んだその人の人生によって変化します。 相手を一人に決めようという思いは、離婚をよしとしない宗教的価値観や、一夫一妻制の価値観から来ている場合が多いのですが、複数のソウルメイトとの出会いがあるというのも事実です。 それでも一人に決めようとする気持ちがある場合は、「ツインソウル」を探しているのかもしれません。 ツインソウルとソウルメイトの違い ツインソウルとは「魂の片割れ」のこと。 2人で1つになっている関係です。 映画『君の名は。 』でのセリフが的を射ています。 「会えっこ…ない…。 でも、確かなことがひとつだけある。 私たち、会えば絶対すぐに分かる。 私に入ってたのは、君なんだって。 君に入ってたのは、私なんだって。 」 このような感覚を求めて、たった一人のパートナーを探しているとしたら、無意識の内にツインソウルを求めています。 ソウルメイトはツインソウルと違い、現世で会うことを約束してきた人たちのことで、ツインソウルより人数は多くなります。 初めてお付き合いする時の相手が、ツインソウルの場合もありますが、ソウルメイトとの出会いを通じて、ツインソウルと出会う方もいます。 また、スピリチュアルな本などを通じて、「ツインフレーム」や「ツインレイ」と言う言葉を聞いたことがあるかもしれません。 それぞれの意味をご説明します。 ツインフレーム ツインソウルより親密な関係です。 「2つ組の炎」という意味で「炎」を守り合います。 「炎」とは「私たちが失ってはならない大切なもの」で「自分は誰なのか」、「自分の人生の役割は何なのか」という自分自身の本質のことです。 ツインフレームと過ごすことで「炎」が消えないように守られ、お互いの「炎」をさらに盛んに燃え上がらせ、周囲に好影響を与えられるようになっていきます。 また、この「炎」は自分の思考と感情に潜むエゴ(我欲)を燃やして、2人をよりピュアで幸せな状態に変化させるアルケミーを引き起こします。 ツインレイ ツインフレームより更に親密な関係で「2つ組の光線」という意味です。 全ては光から生まれます。 ソウル(魂)も、炎も、それ以外のものも、光がなければ、世界は真っ暗闇で見えなくなってしまいます。 この世界の始まりは全くの無でしたが、ビッグバンによって無から光が生まれ、世界が創られていきました。 始まりの光線には私たちの種子があり、その中で対になる1組が、ツインレイです。 最も親密なスピリット同士です。 「君の名は。 」では2つの光線が2人の主人公を示していました。 ソウルメイトと出会う意味 なぜ普通の人ではなくソウルメイトやツインレイとで出会うのか。 それは共に時を過ごす中で、愛し合ったり、争ったり、協力したり、遊んだりして、地球でたくさんの喜びを見つけ、周りの人が喜ぶ手伝いをし、学びを得るためです。 こうしたことはスピリチュアル的に「アセンション(次元上昇)」と言いますが、アセンションはソウルメイトやツインソウルと出会うと加速します。 いま目の前にいる人との出会いでさえ、奇跡的な確率のもとに生まれています。 ソウルメイトはその中でも深い関係性を持つ人に絞られますので、さらに希少で、その出会いは一生の宝でもあるのです。 また、ソウルメイトとの間には、カルマや輪廻転生との関連もあります。 カルマ、輪廻転生との関わり 出会いは偶然ではなく、必然的に起こるもの。 結果に必ず原因があるとするならば、ソウルメイトとの出会いは縁あって生まれることになります。 例えば、輪廻転生を繰り返す中、何回か前世で辛い別れをした2人が、現世になって再び幸せになるチャンスを掴むために巡り合っているかもしれません。 前世で持った「来世では幸せになろう」という意志が、2人を結びつけることもあるでしょう。 あるいは、本当は争いたくなかった敵同士だった2人がやむなく争ったことがカルマとなり、「来世では2人で必ず仲良くする」という決意を生み、2人が運命的な出会いをするかもしれません。 ただし、何百何千何万という数の前世で輪廻転生をしている方が少なくないので、ソウルメイトの人数はたった一人ではないということも、忘れてはいけないポイントです。 詳しくは『』をご覧下さい。 カルマメイトとソウルメイトの違い お互いに惹かれ合うのに、なぜか傷つけあってしまう人は、カルマメイトと呼ばれます。 ソウルメイトの中にカルマメイトとなる人がいるのですが、ソウルメイトも複数人いますので、因縁のある人がいるのも自然なことなのです。 例えば、前世で想い人から特別な記念にもらった、とても希少で美味しいフルーツを食べられてしまって、それが許せず根に持っているため、現世で無意識の内にいがみ合っているのかもしれません。 こうしたカルマを超越することで、より多くの愛、喜び、豊かさを手に入れていきます。 そうするためには、現世で会う人たちの誰がソウルメイトか知る必要があるので、その特徴と見分け方をご紹介します。 ソウルメイトの特徴と見分け方 気になる人、これから出会う人が、ソウルメイトかどうかを見分ける確認方法をご紹介します。 カルマメイトの場合は、この特徴が逆転する傾向にあります。 欠点が気にならない 普通の人は欠点や弱みが気になるのに、ソウルメイトの場合は良いところや長所に目がいきやすいです。 安心感がある 一緒にいるだけでホっとする安心感があります。 隣りにいると眠くなるかもしれません。 2人でいることで、1つの音と別の音が合わさって和音が奏でられたような調和を生むので、周囲の人にも好影響を与えます。 想いを伝えられる ソウルメイトとの会話は、社会的な仮面をつけた建前ではなく、本音を打ち明けやすくなります。 不思議と自分の弱音や想っていることも打ち明けられます。 言葉がなくても伝わる 言葉を言わなくても、アイコンタクトやその場の雰囲気で言いたいことが伝わることがあります。 相手の考えていることが、テレパシーのように分かることがあります。 気付きや学びが多い ソウルメイトといると安心するので、心を守るのではなく、心を開きはじめます。 そして本音で話すので、感情がよく動くようになり、新たな気づきを得やすくなります。 シンクロニシティ シンクロニシティは偶然の一致という意味ですが、デートをする前に何を着ていくのかは言わなくても、上下が同じ色の服を来ていたり、美容室に行くタイミングが同じだったりします。 食事をした時に、同じ食べ物を同時に食べようとして箸がぶつかってしまうこともあるかもしれません。 事あるごとに同じ様な行動をしていることがあります。 真っ直ぐなケンカが出来る ソウルメイトといっても、いつでもラブラブという訳ではなく、ケンカもします。 ただし、途中で投げ出したり、有耶無耶にしたり、スネて相手から逃げるようなケンカではなく、真正面から向き合うケンカが出来ます。 しっかりと本音を話し合い、お互いの考えていることや、感じていることを知り、受け入れていきます。 分かって欲しい・理解して欲しいという想いのあるパートナーとは衝突があるかもしれませんが、ソウルメイトの場合は互いを受け入れていくことが出来ます。 どんな相手でも、年収・地位・性別・国籍・周囲の評価・性格・価値観などに関係なく、受け入れられます。 共感できる 以下のような共感できることがあります。 この人が楽しそうに話すと、私も楽しくなる!• この人の話しは心に響いて何だか感動する!• この人の思いや夢がいいなあと思う• この人正直でいいな、私も正直に言ってしまおう!• 出会う前は『君の名は。 』のような感覚があるかもしれません。 「ずっと何かを、誰かを、探しているような気がする。 」 「俺は、どうしてここに来た? あいつに…あいつに逢うために来た!助けるために来た!生きていて欲しかった!…誰だ?誰…!?誰に会いに来た…!?大事な人、忘れたくない人、忘れちゃだめな人!誰だ…誰だ…誰だ…誰だ…!?名前は…!! 」 「誰? 誰?あの人は誰?…大事な人。 忘れちゃだめな人。 忘れたくなかった人!誰? 誰!?君は誰!?君の、名前は…!!」 (映画『君も名は。 』) 出会った後の変化 夢から覚め、足りなかったピースが埋まったような状態や感覚になります。 今まで自分になかった発想や考え方をし、自分の内側から変化が始まります。 別れた時やその後に大きな学びをする 辛いことですが、幾人もいるソウルメイト全員とずっと一緒にいることはできないので、別れもあります。 自分の目的のためや、やむを得ない理由などで、別れなければならない時もあるでしょう。 しかし、別れることで自分自身をより深く知るきっかけが生まれ、更にお互いに高め合えるソウルメイトとの出会いへと繋がっていきます。 目に惹かれる 目には魂が宿っていると言われ、ソウルメイトとの眼をみると何故かその人に惹かれるような感覚になります。 また、スピリチュアル的には、おでこに第三の目があるとされて、額をくっつけることでお互いを感じます。 第三の目はチャクラの一つになっています。 チャクラについては『』をご覧ください。 仕事のソウルメイトを探す場合(パートナー以外のソウルメイト) 仕事を一緒にするソウルメイトは、一緒にいることで新たなアイディアが生まれたり、企画がスピーディーに現実化されていきます。 恋人としては相性が良いわけではないのですが、仕事の話になると話が進みやすく、意気投合してしまうような人は、仕事上でのソウルメイトです。 特徴に当てはまらなかった場合 ソウルメイトの印象的な特徴を記載しましたが、特徴に当てはまらなかったからと言って、腰が引けて相手と本音で向き合えなくなってしまっては本末転倒です。 本音で相手と接すること。 そうすれば、相手が本音をさらけ出した時に、びっくりせずに自分も本音で接することができます。 あまり情報に左右されず、自分を持つことが、ソウルメイトに近づく秘訣でもあります。 まとめ ソウルメイトは自分にとって大きな意味を持つ存在で、その特徴もまたそれを裏付けています。 気になっている人や、これから出会う人との関係を大切にすることで、ソウルメイトとの縁が結ばれていくことに繋がっていくでしょう。

次の

ツインレイ、ツインソウル、ソウルメイトの違いと特徴見分け方とは?偽ツインレイやツインソウルはソウルメイトって本当?

ソウル メイト

魂には親戚のようなグループがあり、魂グループごとに大きな目的があるのだとか ソウルメイトとは何か、というお話をする前に、「魂」という見えないものについて、お話ししなければなりません。 私たちはなぜ生まれて、なんのために生きて、どこへ行くのか。 科学的に証明できることではありませんよね。 ゆえに「魂」については、見えないけれども存在するであろうとわかりながらも、憶測で話をすることしかできません。 つまり、いずれにせよ「人間」が伝えることですので、その情報には偏りや限界が生じるということです。 つまり「魂」を前提とした「ソウルメイト」についての情報は、そもそも、非常に曖昧で不確かであることが大前提であるということを、再度、お伝えしておきたいのです。 そのうえでまず、筆者の「魂」の捉え方についてお伝えします。 ・魂はなんらかの「目的」を持ち「成長」するために生まれてくる ・自分の人生のストーリーは自分で決めて生まれてくる ・目的も成長のスピードも度合いも魂によって異なる ということを、筆者は子供のころから感じてきました。 これは書物ではなく、筆者が感じてきたことですので、根拠を聞かれてもわかりません。 ただ、同じ考えの人や書物に、大人になってからたくさん出会ってきました。 宗教や心理学にも似た考えがあるようです。 そして、信頼している霊能者さんに教えていただいたのは ・魂はもともと「大きなひとつの魂」である ということ。 宇宙のなかにいくつもの銀河があり、私たちは太陽系のグループとしての地球に存在していますよね。 そんな風に、それぞれに魂のグループが存在し、同じグループの人となんらかの約束事を決めて、それに適したタイミングと場所に生まれてきている……のだそうです。 これらを前提に考えると、ソウルメイトとは、この「魂の成長のストーリー」のために出会う、「魂の仲間」と推測できます。 つまり、 ソウルメイトは「お互いに学び合い成長し合う魂の仲間」を指すのではないでしょうか。 ソウルメイトと出会っても第一印象ではわからない 運命の赤い糸の相手は一本ではないかもしれません。 そして、辛く悲しいストーリーかもしれませんし、甘く切ないけれど短いストーリーなのかもしれません よく聞かれるのですが、「わかる人にはわかるが、わからない人には全然わからない」と考えられます。 一般的にはわからない人のほうが多いようです。 筆者も3人のソウルメイトと出会いましたが、第一印象でズキュン!ときたのは1人だけです。 ただ「懐かしい」とまで感じるには時間がかかりました。 いずれにしても、気づけるのは普段から「五感」をよく使っていて、感度の高いアンテナを立てている人だけでしょう。 いつも頭を使い、「視覚」ばかりを重視している都会暮らしの人たちの多くは、 体感覚や 直感が鈍っているのでわかりにくいものです。 しかし、それぞれの魂の「成長」や「目的」が異なるということは、「気が合わない」から始まるソウルメイトもあり得ると考えたほうがよいでしょう。 また、偶然の一致は多いと思います(本人や親族の誕生日や命日が同じや近いなど)。 これは前提として「自分を助けてくれる王子様」を夢見る人が生み出した説ではないかと筆者は予測します。 助けてくれる人=運命の人、とは限りませんので注意して。 むしろどん底から1人でがんばった後に、ご褒美としてソウルメイトが現れる経験を筆者はしています。 「成長し合うための関係」ですので、わからないことがあっても当然です。 異なる価値観を認め合い受け止め合うことほど、成長できることはありません。 共感度の高いソウルメイトが存在することはあり得ますが、共感できる=ペアとなるソウルメイト、とは限らないのです。 ソウルメイトと必ず結婚するとは限らない 壮大な魂の目的を考慮すると「結婚」が男女の最高の形とは限らない……とも思えてきます ソウルメイトとわかるかどうか。 それは、あなた自身が、普段から自分に嘘をついていないか、自分の感覚を信じているかどうか……に大きく関わっています。 普段から「条件」で人を見たり、「あの人と一緒にいると得しそうだから、仲良くなっておこう」という打算や思考で人付き合いをジャッジしている人には、運命の人を見抜くのは難しいでしょう。 自分の「直感」を大切にして、自分の欠点をごまかさずに生きている人は、おそらく数回会っているうちに、「この人を逃してはいけない気がする!」と、なんとなく気づけるはずです。 要は、自分がしっかりとした「軸」を持っているかどうかが、見極めのための大きなポイントになるのです。 ソウルメイトとは必ずしも結婚するとは限りません。 特に、ツインソウル(ツインレイ)といわれる、1つの魂だった相手とは、「激しい恋愛の後に別れる」ということはあり得ます。 筆者自身、ツインソウルとは別れました。 「この人と別れたら、もう人生は真っ暗だ」と思えるほどの相手で、肌を重ねているとき「身体が邪魔だ」と感じたことさえありましたが、それでも「学び」が終わると驚くほど「別れ」に抵抗を感じませんでした。 その後、自分と顔も体型も似た共感度の高いソウルメイトを経て、今の夫に出会いました。 夫もソウルメイトですが、彼とは公私共に、2人で共同作業をする仲という感じです。 1人目:魂を互いに成長させ合い異なる価値観を受け入れるきっかけ 2人目:彼は筆者の1人目の魂との別れをサポートし筆者は彼の転機の成長を見守る 3人目:互いに魂レベルがそっくりで共に何かを築くパートナー という感じで、それぞれに役割の違う3人のソウルメイトと出会ってきたことになります。 人によってストーリーが違うので、何人と出会えるかは各自のストーリーによります。 まとめると、ソウルメイトは存在するが、その関係性や特徴は「魂の成長ストーリー」によって異なる。 見分けはつかない人が多いが、なんらかの偶然の一致はあり得る(自分や親族の誕生日や命日などが似ているなど)。 結婚するソウルメイトもいれば、離婚するソウルメイト、そして、残念ながら不倫関係で出会うソウルメイトもいる……ということです。 ただ、それもきっと「自分が決めたストーリー」なのです。 また、魂はくっついたり離れたりを繰り返すといわれています。 ツインソウルも異性の場合だけではなく、同性のツインソウルもいます。 ロマンティックな響きへの憧れだけで「ソウルメイトは1人」と決めつけないこと。 そして、人の目を気にしすぎて、「条件」で人を選ぶのはやめましょう。 まずは「自分がどう生きたいのか」にフォーカスして、「本来の自分」になっていけば、あなたのストーリーのなかで、ぴったりのソウルメイトと出会っていけるはずです。 【関連記事】•

次の

【彼は運命の人!?】ソウルメイトの特徴と見分けるたった4つの方法

ソウル メイト

ソウルメイトが運命の人 ソウルメイトとツインソウルのうち、人生の伴侶となる可能性が高いのはソウルメイトのほうです。 ソウルメイトが果たす役割について、『恋愛』『人間関係』の両面から紐解いていきましょう。 恋愛から見るソウルメイト そもそもソウルメイトとは、『繰り返される転生のなかで、お互いの学びのために出会いや別れを繰り返しては影響を与え合っている存在』です。 数多く存在し、親子・兄弟・親友・ライバル・敵など、さまざまな形で巡り合うでしょう。 そんなソウルメイトですから、出会った瞬間にほかの人とは違う懐かしさや愛おしさを感じることがあります。 そんな特別な感覚が運命を感じさせ、たちまち恋に落ちることも珍しくありません。 人生のいっときを共に過ごす恋人として、あるいは生涯のパートナーとして、お互いの魂の学びに深い影響を与え合うでしょう。 人間関係から見るソウルメイト ソウルメイトに出会ったら、必ずしも恋愛関係になるわけではありません。 恋愛に限らないさまざまな関係性やシチュエーションのなかで、お互いに果たす役割を持った存在がソウルメイトなのです。 ソウルメイトとの関係性は、『人を傷付ける経験と傷付けられる経験』『愛する経験と拒絶される経験』『教え導く経験と教えを乞う経験』『育てる経験と育てられる経験』など、魂が必要とする学びに応じてさまざまなパターンが存在します。 何度も転生を繰り返す『魂の存在』としてのあなたにとって、ソウルメイトはかけがえのない『同士』です。 しかし、今世の学びのテーマ次第では、顔も見たくないほど憎い相手として存在している可能性も十分考えられるでしょう。 ツインソウルは魂の双子 お互いに深く関わり合うものの、あくまでも別の魂であるソウルメイトに対し、ツインソウルは、一つの魂が分かれた『魂の双子』ともいうべき存在です。 その詳しい特徴を確認していきましょう。 前世で同じ魂を持った人 『前世で一つの魂だった存在が、より深い学びを得るため複数個に分かれたもの』がツインソウルという存在です。 『ツイン』は『双子』を意味するものの、必ずしも二つに分かれたとは限りません。 分かれた数によっては、ツインソウルが2人以上存在することもあります。 もともと一つの魂だった存在ですから、ツインソウルとは基本的にものごとの考え方や性質が同じです。 あまりにも近すぎるため、多くの場合、ツインソウルに出会うと懐かしさと同時になんともいえない抵抗や反発を感じるでしょう。 これは、本来一つの存在である魂同士が共鳴し合い、同化しようとするのを防ぐ防御反応です。 別の存在として生まれた今世を全うしようとする潜在意識の働きといえるでしょう。 ツインソウルは結婚できない? もともと一つの魂であったツインソウル同士が結婚することは、基本的にはありません。 というのも、出会ったらまず反発してしまうことに加え、そもそもツインソウルに出会う可能性自体が極めて低いものだからです。 ツインソウルが存在する背景には、一つの魂を分割することで学びをより高速・効率化させるという目的があります。 その目的を達成するには、別々の場所でたくさんの経験を重ねることが必要です。 夫婦として隣に寄り添うことは、本来の目的に合致しないといえるでしょう。 ソウルメイト・ツインソウルに共通する特徴 『ソウルメイト』と『ツインソウル』は異なる存在ですが、共通する特徴も複数存在しています。 主なものを四つ紹介していきましょう。 会った時から懐かしく感じる 『会った時から懐かしく感じる』のは、ソウルメイト・ツインソウルに共通する特徴です。 ソウルメイトがいくつもの過去生で出会ってきた同士であること、また、ツインソウルがもともと一つの魂であったことを考えると、『懐かしさ』はごく自然な感情といえるでしょう。 初対面の人物に対して「前に会ったことがあるような気がする」「他人のような気がしない」と感じた場合、相手がソウルメイト・ツインソウルである可能性は高いでしょう。 一緒にいることが自然、安心感がある 一緒にいて自然に感じたり、安心感を覚えたりするのもソウルメイト・ツインソウルの特徴です。 これは、前世の縁によってお互いについて深く理解しているからこその感覚といえるでしょう。 ツインソウルの場合、出会った当初は反発や抵抗を感じることが多いものの、一緒にいるにつれソウルメイト同様の安心感を覚えるようになります。 たとえライバル同士のような関係性で出会ったとしても、不思議な仲間意識や親近感でつながっているのがソウルメイト・ツインソウルならではの特徴といえるでしょう。 お互いを成長させる ソウルメイト・ツインソウル共に、『巡り合うことでお互いを成長させられる』という特徴を持っています。 ソウルメイトの場合、そもそもお互いの魂の学びに協力し、成長し合うという目的で再会しています。 関わりを持つことで成長できるのはむしろ当然といえるでしょう。 対してツインソウルの場合、出会うことそのものが珍しい存在ではあるものの、仮に出会うとするならそのテーマは『総決算』です。 なんらかの魂の課題をクリアするタイミングで巡り合い、成長を認め合いながら共に人生を見つめ直すことになるでしょう。 シンクロニシティを実感しやすい 『シンクロニシティを実感しやすい』のも、ソウルメイト・ツインソウルに共通する特徴です。 『シンクロニシティ』とは『共時性』のことで、なんらかの関連性を持つ出来事が同時多発的に発生することを意味します。 スピリチュアルの世界においては、引き寄せなどにまつわるなんらかのサインとしての意味合いが強い言葉といえるでしょう。 ソウルメイト・ツインソウルとの出会いが運命的なものになりやすいのは、このシンクロニシティが大きく関わっています。 『旅先で道に迷っていたら、親切に道案内をしてくれたのが未来の夫だった』『転職を考えていたときに知り合った人の影響で進むべき道が明確になった』 このように、まるであらかじめすべてが決められていたかのような完璧なタイミングで巡り合うのがソウルメイト・ツインソウルという存在なのです。 ソウルメイトの種類 広い視点から見てみると、同じ魂のかけらである『ツインソウル』は、深い縁で結ばれた魂を意味する『ソウルメイト』のうちの一種類です。 さまざまなソウルメイトのなかでも、特別な役割を担った存在について確認していきましょう。 ツインレイ 『ツインレイ』とは、一つの魂が二つに分かれた存在を意味する言葉です。 同じ魂を源とする点ではツインソウルと同じですが、ツインソウルが2人以上存在しうるものであるのに対し、ツインレイの場合、自分ともう1人しか存在しません。 お互いにとって唯一無二の存在であることから、いったん出会ってしまうと激しく共鳴し合い、離れられない関係となります。 異性として出会った場合、生涯のパートナーとなる可能性が極めて高い存在といえるでしょう。 ツインフレーム 『ツインフレーム』は、直訳すると『双子の炎』で、同じ目的や使命を持って共に転生を繰り返している仲間を表す言葉です。 これを実社会でたとえるのなら、ソウルメイトが同じ会社に勤める同僚全体であり、そのなかでも同じ部署に所属している仲間がツインフレームといえるでしょう。 一説によると、ツインフレームは7人存在しています。 比較的出会いやすい存在であるため、これまでの人生のなかですでに出会っている可能性も高いでしょう。 まとめ 「結婚するのなら、相手は運命の人がいい」そんなふうに感じている人は多いのではないでしょうか。 運命の相手として語られる存在に、『ソウルメイト』や『ツインソウル』がいます。 結婚相手となるのは、多くの場合ソウルメイトです。 人生の学びを与え合うという使命を持つソウルメイトに対し、ツインソウルはもともと一つだった魂がより多くの経験や学びを得るために分かれた存在であるため、身近に寄り添う相手としては適さないのでしょう。 ソウルメイト・ツインレイの違いや特徴への理解を深めて、人生の旅をより有意義なものにしていきましょう。 関連記事•

次の