ニッセイ グローバル。 ニッセイ グローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の評価や評判は?今後の分配金の見通しはいかに?

ニッセイ グローバル好配当株式プラス(毎月決算型):商品概要

ニッセイ グローバル

2020. 15 70円 2020. 15 70円 2020. 15 70円 2020. 16 100円 2020. 17 100円 2020. 15 100円 2019. 16 100円 2019. 15 100円 2019. 15 100円 2019. 17 100円 2019. 15 100円 2019. 16 100円 2019. 17 100円 2019. 15 100円 2019. 15 100円 2019. 15 150円 2019. 15 150円 2019. 15 150円 2018. 17 150円 2018. 15 150円 2018. 15 150円 2018. 18 150円 2018. 15 150円 2018. 17 150円 2018. 15 150円 2018. 15 150円 2018. 16 150円 2018. 15 200円 2018. 15 200円 2018. 15 200円 2017. 15 200円 2017. 15 200円 2017. 16 200円 2017. 15 200円 2017. 15 200円 2017. 18 200円 投資信託トータルリターンの通知について• 「投資信託トータルリターン通知書」は、投資信託を保有している口座ごとに通知されます。 投資信託取引に関する重要事項 <リスク> 投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。 投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> 投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引で購入される場合を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大計1. 2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。 また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2. 38%(税込2. 618%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。 また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。 その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。 手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。 なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3. 5%(税込3. 85%)の申込手数料がかかります。 詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「」をご確認ください。 <その他> 投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。 また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。 投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。 お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。 各情報のご留意事項について• 各情報のメンテナンスには万全を期しておりますが、その正確性、確実性、安全性等を保証するものではありません。 当画面に表示される運用実績等は過去のものであり、将来の値動きを予想するものではなく、また運用成果等を保証するものではありません。 当画面に表示される分配金は税引前のものです。 金額は運用会社によって決められますが、運用成績等によって支払われない場合もあります。 また、評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社ならびに情報提供会社(株式会社NTTデータエービック)は一切の責任を負いません。 各情報の定義、基準日等の詳細については、PC版画面のヘルプにてご確認いただけます。 当サイトで提供する各情報は、お客様ご自身のためにのみご利用いただくものであり、第三者への提供、お客様ご自身において加工すること、複写もしくは加工した文言やデータ等を第三者に譲渡または使用させることはできません。 また、「ファンドタイプ(分類)」「基準価額」「純資産総額」「分配金」「トータルリターン」「騰落率」「シャープレシオ」「レーティング」「リスクメジャー」等は株式会社NTTデータエービックから提供を受けておりますが、当該データの著作権等の知的所有権、その他一切の権利は株式会社NTTデータエービック、その他の権利者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することが禁じられております。 レーティングは、「株式会社NTTデータエービック」により評価された情報です。 当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではありません。 各情報は、記載した銘柄の取引を推奨し、勧誘するものではありません。 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でおこなってください。 各項目のデータ基準日は、以下のとおりです。 上記データを掲載する他ページと更新タイミングが異なりますので、ご留意ください。 原則、データ基準日が前月最終営業日の項目(カッコ内は更新日):トータルリターン(月初第3営業日までに)、 騰落率(月初第3営業日までに)、シャープレシオ(月初第6営業日までに)、レーティング(月初第5営業日までに)、 リスクメジャー(月初第5営業日までに) データの取り込み状況等により、上記とならない場合があります。 更新が大幅に遅延する場合は、ウェブサイト等でお知らせいたします。 ご購入にあたって必ずご確認いただきたいこと• 「月次レポート」および「投資信託説明書(交付目論見書)」は随時更新されます。 また、掲載している銘柄を含めて、当ページの記載内容は、予告なしに変更されます。 本サービスでは当社が信頼できると判断した情報源より入手した情報を提供しておりますが、ご購入に際しては、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容を必ずご確認ください。 投資信託をご購入される場合は、事前に、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」の内容についてご確認いただく必要がございます。 当社では、当社でご用意した方法により、目論見書をご覧いただいたことをご確認させていただき、ご注文をお受けしております。 なお、「請求目論見書」が合本されていない銘柄について、「請求目論見書」の交付を受けたい場合は、当社コールセンターまでご連絡ください。 償還された投資信託の償還金で、別の投資信託をご購入される場合、「償還乗換優遇制度」により申込手数料が無料になる場合がございます。

次の

SMTグローバル株式の運用コストと評価

ニッセイ グローバル

まだ純資産総額は20億円にも達していないのだが、急激な資金流入が見られ今後人気が集まり出すと巨大なファンドに変貌する予感。 定期収入を底上げするためにデリバティブ取引に手を出す始末。 が、アクティブ運用のくせにパフォーマンスが鼻くそ状態。 運用(価格の上昇含む)利回り約17%に対して、現時点の分配金利回りは19%• 相場が良い為に基準価額が下落していないが、詳細を見るると過剰分配の状態• 無分配から突如月200円、300円と増額するような投資信託は明らかに怪しい まず第一に、運用目標に対して完全に劣る投資信託 ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の投資対象は、新興国を含めた全世界の株式です。 配当利回りの高い銘柄を選別して投資する、の投資信託です ですが、運用目標の参考指数「MSCI World 配当込 」に、過去6カ月程度の短い期間で、すでに大きく負けていて、投資価値が皆無です。 投資信託の過去の運用成績をもって、将来を占うことはできませんが、最初からダメなやつは将来もダメな可能性が高いのは、リアルな現実社会ではよくある話です。 次に、デリバティブ取引を多用して、焦げ臭い香りが漂う ニッセイグローバル好配当株式プラスですが、プレミアムプラス戦略という名のデリバティブ取引を多用している、焦げ臭い香りが漂ってくる投資信託でもあります。 具体的には、下記のようにオプション取引を採用しています。 オプション料という名のプレミアム収益が安定した収益源と明記されていますが、オプション取引によって全ての利益を吹き飛ばす、ギャンブル的な要素のある事を。 皆さん本当に理解しているのでしょうか。 ま、このイメージ図を見ただけでは、まったく想像も出来ないですね。 じゃあなんでギャンブルを抱き合わせるのかというと、投資信託としての定期収益を底上げするのが目的です。 株式の配当利回りだけではインカムゲインが全然足りないので、オプション取引による収益を合わせて、無理やり7. 7%の利回りに仕立てあげています。 それにしても運用収益が底上げされているのに、運用パフォーマンスが参考指数を下回るって、何を意味するのでしょうね。 まったく理解ができません。 ちなみにこんなことやったとしても、月額300円の分配金をコンスタントにねん出するのは難しいです。 というか、そんなことがふつう、できるわけないでしょうが。 上記にように無理矢理に分配原資をねん出するために、デリバティブ取引で多大なリスクを背負っているという事を、もっと認識するべきですね。 相場が良い時は、みなそれを忘れてしまいます。 相場には、良い時もあれば悪い時もあるのですから。 で、分配金の出し方が、極めて異常と言わざるを得ない件 で、ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の分配金の出し方ですよ。 このファンドは設立から2年は無分配を続けてきたのに、2013年7月から突如200円の分配金を出すようになり、2014年の10月には更に月300円の水準にまで増額しています。 も当然、凄まじい勢いで上昇しています。 元々、無分配を貫きとおしていたため、0%の利回りから急激に上昇していき、2015年5月時点では20%に近い分配金利回りになっています。 このような利回り操作、おそらく意図的にやってるんでしょうが、このようなことをすると、面白いくらいに庶民が殺到します。 こんな具合に。 ほんと、分配金を増額するってのは、カモの餌付けですね。 というか、ふつうにインデックスファンド買えばいいでしょうが さてこの投資信託、いろんな問題点を抱えていることが分かったと思います。 そもそも全世界の株式に投資するファンドですから、単純に、同じような対象に投資する低コストのインデックスファンドと比べてみれば、ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)にお金をつぎ込んでも良いのかどうか、一発で分かります。 という事で、(除く日本)に素直に連動する低コストインデックスファンドのと、運用成績を比較したのがこれ。 は、日本への投資が無くて新興国への投資が含まれます。 一方、ニッセイグローバル好配当株式プラスは、日本を含む先進国のみへの投資です。 この点の違いがあることだけは、ご理解ください。 が、この程度の違いは、オプション取引を入れるような無茶苦茶な投資信託を買っちゃうあなたにとっては、ほとんど蚊が飛んでいるかいないかの違いくらいです。 (ちょっと強引) それよりeMAXIS全世界株式インデックス、買い付けの手数料が無料です。 さらに、毎年の信託報酬が超絶に安くて、たったの0. 65%程度です。 ニッセイの超絶に高いコストに比べると、天と地の差があるといってよいでしょう。 だとしたら eMAXIS全世界株式インデックスをSBI証券で購入して、を使えば、ニッセイの投資信託と同じように資金を取り崩せますので、毎月のお金を手元に戻すことが可能になります。 なにも、高いコストを支払って高いリスクを負って、運用成績が劣るものを買うなんていう、愚かな事をしなくても済んでしまうのです。 ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の概要 ・ 購入手数料:上限3. 24%(税込み) ・ 信託報酬:年率1. 9765%(税込み)(運用管理費用込) ・ 信託財産留保額:なし ・ 分配金の取扱:年12回 ・ 償還日:平成29年10月16日(設定日 平成23年11月1日) ・ 運用:ニッセイアセットマネジメント株式会社 運用成績がとてつもなくヘボいのに、これほどまでの高コストを取るなんて、運用側と販売側は恥を知ってほしいですね。 (なお、こんなもんを買うほうにも問題があります。 何が問題なのか、自分の頭で、しっかりと考えてみてください) ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の購入先 それでもニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)を購入したい場合、対面型の金融機関では上記の手数料を支払う必要があります。 せめて、購入手数料が無料になる、下記の証券会社を使いましょう。 ・ 手数料無料:、、、.

次の

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の評価って?利回りってどう?

ニッセイ グローバル

運用方針 主として、「シュローダー・インターナショナル・セレクション・ファンド・グローバル・ディビデンド・マキシマイザークラスJ」および「ニッセイマネーマーケットマザーファンド」への投資を通じて、実質的に日本を含む世界各国の好配当株式への投資およびコール・オプションの売り取引を行い、安定した収益と値上がり益の獲得をめざす。 実質的な組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。 ニッセイアセットマネジメント 533. 80億円 先進国株式(広域)-為替ヘッジ無し• 休業日の場合は、翌日以降の最初の営業日が分配日となります。 詳細情報 2011. 01 2025. 08) 1,937円 (2020. スポット購入:100円以上1円単位• 積立:100円以上1円単位• 注)金融商品仲介業者(IFA)と契約のお客様は下記「IFA用手数料」が適用されます。 詳細については下記の「リスクと費用について」をご確認ください。 基準価額の推移 2020年06月24日 2,171円 2020年06月23日 2,139円 2020年06月22日 2,159円 2020年06月19日 2,135円 2020年06月18日 2,180円 分配金(税引前)の推移 決算日 分配金 落基準 2020年06月15日 70円 2,159円 2020年05月15日 70円 1,937円 2020年04月15日 70円 2,151円 2020年03月16日 100円 2,139円 2020年02月17日 100円 3,173円 2020年01月15日 100円 3,410円 2019年12月16日 100円 3,542円 2019年11月15日 100円 3,455円 2019年10月15日 100円 3,381円 2019年09月17日 100円 3,575円• ファンドスコア推移 リスクリターン(税引前)詳細 2020. 19 更新 パフォーマンス 6ヵ月 1年 3年 5年 リターン 年率) -44. 15 -20. 17 -6. 03 -4. 63 リターン 年率)楽天証券分類平均 -12. 12 1. 91 4. 15 1. 87 リターン(期間) -25. 27 -20. 17 -17. 02 -21. 09 リターン(期間)楽天証券分類平均 -6. 25 1. 91 12. 97 9. 70 リスク 年率) 45. 45 34. 76 22. 42 21. 89 リスク(年率)楽天証券分類平均 44. 22 32. 33 21. 90 20. 98 1. 00 0. 92 0. 94 相関係数 0. 95 0. 93 0. 89 0. 53 -23. 57 -10. 17 -6. 34 トラッキングエラー(TE) 14. 38 12. 43 10. 18 10. 09 シャープレシオ(SR) -1. 04 -0. 47 -0. 16 -0. 10 インフォメーションレシオ(IR) -3. 10 -1. 90 -1. 00 -0. 63 相関係数 2つの商品の間に見られる、値動きの関係を表す数値のこと。 相関係数はマイナス1~1までの範囲の数値で表され、相関係数がプラスの場合は収益率が同じ方向に動くことをあらわし、マイナスである場合には、反対方向に動くことを意味します。 相関係数が1に近いほどベータ値の信頼度は高く、0に近いほどベータ値の信頼度は低いと言えます。 信頼度は以下を参考にしてください。 8 ~ 1. 0 非常に強い相関 0. 6 ~ 0. 8 かなり強い相関 0. 4 ~ 0. 6 やや強い相関 0. 2 ~ 0. 4 やや弱い相関 0. 0 ~ 0. 2 無相関 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。 シャープレシオ(SR)とは リスクを調整した後の収益率(すなわち超過収益率)で評価する方法の最も一般的な指標です。 シャープ・レシオは、負担するリスク1単位あたりで得られるリターン(超過リターン)の大きさを表します。 例えば、リターンが同じファンドA、Bがあった場合、ファンドAがシャープレシオが大きいとすると、ファンドAのほうがファンドBよりも少ないリスクでリターンをあげたことになり、 シャープ・レシオの数値が大きいほど、それだけ小さなリスクで高いリターンを獲得できたと評価されます。 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。 毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について 投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。 下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。 投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。 投資信託に関する情報提供について• 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。 投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。 (楽天証券分類およびファンドスコアについて)• 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。 最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。 情報提供:株式会社QUICK 各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。 本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。 また、予告なしに変更を行うことがあります。

次の