オーバン 14 年。 オーバンの味やおすすめの種類/おいしい飲み方/14年・18年・21年・32年・リトルベイ・ディスティラーズエディション

【楽天市場】田地商店 オーバン14年

オーバン 14 年

当社は半世紀にわたり和風ファーストフードをはじめ様々な業態のお客様へ、 独自の食材・機材・資材を総合的に提供してまいりました。 その経験を活かして、「薄皮たい焼き たい夢」をはじめその他ブランドを全国に展開しております。 時代とともに日本人の嗜好も変化しておりますが、いつの時代も「懐かしい味」というものは決して変わることなく求められるものであります。 我々はそうした「懐かしい味」を忘れることなく、「新たな日本の味」を創造すべく昭和産業グループの一員としてグループの力を結集し、日々研究開発・店舗開発に励んでおります。 社員ひとりひとりが安心安全な食品を提供することを意識し、お客様との親密なコミニュケーションにより信頼関係を築き、地域社会に貢献するオーバンを目指します。 今後とも、より一層のご愛顧を賜ります様よろしくお願い申し上げます。 代表取締役社長 沿革 昭和34年4月 東京都荒川区にたい焼き店を開業。 昭和37年5月 東京都豊島区に有限会社大判屋を設立。 昭和42年5月 株式会社大判屋に改組。 昭和44年1月 新社屋を板橋区に建設、本社移転。 昭和47年4月 資本1,800万円に増資。 横浜に直営1号店をオープン。 坪効率全国1位となる。 昭和49年2月 昭産商事㈱と業務提携、同社が全額出資。 昭和51年8月 資本金3,600万円に増資、各地に営業所を開設。 およげたいやきくん大ブレイク。 昭和59年4月 和風ファストフードショップ「やっこ凧」チェーン店展開開始。 昭和62年5月 商号を株式会社オーバンに改称。 平成2年4月 当社土地に昭産商事㈱が新社屋建設、当社入居。 平成6年4月 洋風ファストフード業界に進出。 「グッディーズ」チェーン店展開開始。 平成14年12月 オムライス専門店「PIMO」チェーン店展開開始。 平成15年7月 直営たい焼き専門店「やっこ凧」を東京都北区赤羽にオープン。 「薄皮たい焼き」を本格的にスタート。 平成18年1月 ラーメン専門店「麺くら」チェーン店展開開始。 平成18年10月 薄皮たい焼き専門店「たい夢」直営1号店を千葉県美浜区にオープン。 本格的に「たい夢」の展開を開始する。 平成20年9月 たい夢100号店オープン。 平成26年9月 たい夢400号店オープン。 平成28年10月 新業態「カリタコ楽」を学芸大学駅前にオープン 平成31年4月 「いっぷく庵」を仙台市内にオープン。 令和元年10月 新業態「たいサンド Fu・Wa・Ri」を松戸市内にオープン。 営業所 本社 〒173-0004 東京都板橋区板橋1-9-3 TEL: 03-3963-5311 FAX:03-3963-9391 東京営業部 〒173-0004 東京都板橋区板橋1-9-3 TEL: 03-3963-5315 FAX:03-3963-9391 関西営業部 〒663-8142 兵庫県西宮市鳴尾浜2-4-1 TEL: 0798-45-7680 FAX:0798-45-7681 東日本物流センター 〒300-2635 茨城県つくば市東光台5-8-4 TEL: 029-847-3955 FAX:029-847-3933 仙台営業所 〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町1-5-1 昭和産業 株 内 TEL: 022-238-7303 FAX:022-283-7867 福岡駐在所 札幌駐在所.

次の

オーバン14年の感想や味は?│お酒弱いけどウイスキー飲んでみるブログ

オーバン 14 年

7 最近の記事• 2019-01-20• 2018-09-24• 2018-07-29• 2018-07-16• 2018-03-21• 2018-01-21• 2018-01-08• 2018-01-07• 2018-01-07• 2018-01-04• 2018-01-03• 2018-01-03• 2018-01-02• 2017-12-31• 2017-12-10• 2017-12-09• 2017-11-26• 2017-11-05• 2017-11-05• 2017-11-05 FaceBook Page オーバン14年について オーバン14年は、社のにおいて西ハイランドを代表する銘酒。 より一般的な分類ではになります。 オーバンといえば、とにかくクラシック・モルト・シリーズのひとつというイメージが強いです。 クラシック・モルト・シリーズとは、UD社が提唱していた、蒸溜所各地域の特徴を代表する蒸溜所ごとの銘柄で、• 北ハイランドの• 西ハイランドの オーバン• の の6つが数えられています。 クラシック・モルト・シリーズ以外の一般的な分類では、ハイランドを北と西に分けるかわりにキャンベルタウンがあり、• の6点で分けられます。 そもそもハイランドは非常に広い範囲であり、当然ながらその蒸溜所も「ハイランド風の味わい」と一言で括れるものではありません。 北と西で2つに分けてもかなり無理があります。 とはいえ、このオーバンは、たしかに西ハイランドの息吹を感じるのも確かです。 それはピートの存在です。 海沿いの蒸溜所でのライトピート蒸溜と貯蔵を経ることで、とまでは行かないまでも、やはり潮風の存在があります。 オーバン14年の香りと味わい クラシック・モルト・シリーズのひとつとしての存在感ゆえに、その味わいや特徴についてはあまり語られることが少ない(と思われる)銘柄。 ここではあらためて記録を残して行きたいと思います。 さて、まずは香りから。 さすがはシングルモルトらしい香り立ちの強さ。 力強いエタノールにバーボン樽由来と思われるスイートさ、フルーツ感が押し寄せます。 奥の奥に、ほのかなピート感、潮風もあり、たしかに海沿いの蒸溜所らしさも感じられます。 オーバン14年の総評 オーバン14年は、クラシック・モルト・シリーズの中でもスイートさ、フルーツ感の濃厚さは白眉で、さらに微妙なピート感もあるということで、全体的に振り幅が大きい力強い酒であるといえるでしょう。 文句なしの逸品。 オススメです!.

次の

オーバン14年のテイスティング・海のタッチと微かなピート。アイラの風も漂う港町のハイランドモルト

オーバン 14 年

口コミ Amazon 寛ぎたい時の友のような酒 正直これが5000円の商品かと思うくらい上質のウィスキーです。 変にプレミアムが付いた日本のウィスキーと比べると安価で味も勝っている。 よくできたモルト 普段はアイラモルトやバーボン等、比較的個性が強いウィスキーを愛飲しています。 たまには違う系統のモルトも飲みたいと思い、品格を感じるボトルが気に入り購入しました。 フレッシュなピート香とどこかのレビューで書いてありましたが、微香という感じです。 逆に非常に芳醇で軽やか、フルーツの香り、塩気や甘みも後から来る感じで、非常にバランスのよい旨味です。 僕にとっては、どストライクでした。 これは、ストレートで飲むことをお勧めします。 とてもフローラルで香り高い。 味:フレッシュなフルーティな甘み。 滑らかでトゲトゲしさが全くなく、水のように飲みやすい。 かと言って飲みごたえがないわけではなく、ほのかにピートが効いていて潮っぽい余韻が続く。 感想とまとめ まず、本当に香りがとても上品で何度でも嗅ぎたくなるような匂い。 華やかだけど奥にはスモーキーさがあって、とてもバランスがいい。 14年熟成ということもあってアルコール感も全くなく、香りだけでも感動しました。 ただ、香りでハードルを上げすぎたせいか味わいは少し物足りなく感じてしまいました。 開栓直後ということもあるかもしれませんが、思っていたよりも甘味は薄かったです。 しかし、とても飲みやすく初心者の方にこそ強くオススメしたいボトルだと思いました。 スコッチウイスキーの特徴であるフローラルな味わいとピートの効いた味わい。 その両方を楽しむことができるので、やはりボトルとしての完成度はとても高いと感じました。 パッと見、お値段は高めに見えるかもしれないですけれど、十分その価値はある一品でした。

次の