エクセル はがき 裏面。 パソコンで年賀状やハガキを作成する|初心者でも簡単な方法

エクセルではがきサイズを作る方法!画像つきでわかりやすく解説!

エクセル はがき 裏面

はがき(ハガキ)の宛名 テンプレート 本テンプレートは、 官製はがきの宛名書きの部分を手書きではなくプリンタで印刷できるようにワードを使用してテンプレート化したものです。 また、両面印刷にも対応しており、通信文を書く裏面の部分もあります。 したがって、ご使用のプリンターが両面印刷が可能であれば、このテンプレート一つで、ハガキの両面をパソコンで作成・印刷できます。 ワードで年賀状や暑中見舞いなどの定例的なハガキを作成するのであれば、差し込み印刷機能を使用すれば便利ですが、本テンプレートは単発での使用を想定したものです。 ワードの「はがき印刷機能」で作成したものをベースに微調整したものです。 以前より、単発で出すハガキをワードで一貫して作成したいと思っていました。 もちろん、ワードにはそのための専用の機能が備わっているのですが、位置がずれたりして、必ずしも満足がいくものではなかったので、使っていませんでした。 また、官製はがきの宛名テンプレートの類は、ネット上にいくらでもあるようでいて、意外とないタイプのテンプレートです。 そこで、この度一念発起して、テンプレートを作成した次第です。 ただし、郵便番号の箇所は番号枠に完全にフィットしていません。 郵便番号の箇所は手書きにしたほうがいいかもしれません。 手書きにしてもたいした労力はかかりませんし。 また、使用するプリンターによっても位置がズレる可能性がありますので、この点、ご了承ください。 それでも、この種のテンプレートはひとつあると、やはり便利です。 では、はがき(ハガキ)の宛名印刷のテンプレートの見本・サンプル・ひな形・たたき台としてご利用・ご参考にしてください。 なお、はがきの宛名の書き方については、次のページなどを参照してください。

次の

パソコンで年賀状やハガキを作成する|初心者でも簡単な方法

エクセル はがき 裏面

Excelではがきにフチなし印刷 余白なし印刷 をしたい:Excelの基本操作• Excelではがきにフチなし印刷 余白なし印刷 をしたい Excelではがきにフチなし印刷 余白なし印刷 をしたい スポンサードリンク はじめに• 年賀状などをどうしてもExcelで、しかも余白なしのフチなし印刷をしたいという無茶な要望があったりします。 ここでは、どうにかしてフチなし印刷を行った例を示して、手順を書いてみます。 完璧なフチなし印刷とは言えませんが、何とか印刷できたという感じです。 なお、通常はWordで作成すれば、変な力技など使う必要もなく簡単に作成できます。 に解説したページがありますのでご覧ください。 単位をmmで設定するために、画面表示をページレイアウトにします。 [表示]タブの[ページレイアウト]をクリックします。 A列とB列の境界線にマウスを合わせて、ドラッグすると列幅を調整することができます。 はがきの幅100mmにしたいのですが、100. 28mmが100mmを超えて100mmに一番近い値なので、この値でOKとしました。 つまり、A列の幅を100. 28mmとしました• 1行の高さをはがきの縦のサイズ148mmにしたいのですが、最大で144. 46mmまでしか設定できません。 2行目も使って148mmにするため、2行目は148-144. 54mm程度に調整します。 2行目は 3. 54mmに一番近い 3. 70mmに設定しました。 これで、はがきサイズで印刷するのは A1:A2のセル範囲になります。 16mmに設定しました。 ここに、画像を貼り付けました。 A1:A2に合わせるには[Alt]キーを押した状態で画像のハンドルをドラッグします。 するとセルに合わせて調整されます。 印刷する用紙のサイズや余白を設定します。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定ダイアログボックスが表示されます。 [ページ]タブで用紙サイズで「はがき」を選択します。 ここでは印刷の向きは「縦」としています。 [余白」タブで上下左右、ヘッダー、フッターをすべて 0 とします。 [オプション]ボタンをクリックします。 印刷に使用するプリンターと接続して、プリンターの電源を入れます。 プリンタードライバーの設定画面が表示されます。 「フチなし全面印刷」にチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックして画面を閉じます。 ページ設定のダイアログ画面も[OK]ボタンをクリックして閉じます。 [ファイル]タブをクリックして、バックステージを表示します。 [印刷]を選択します。 [印刷]ボタンをクリックして、印刷を実行します。 下図はプリンターのプレビュー画面です。 はがきにフチなし印刷ができているのがわかると思います。 ちなみに、プリンター ドライバーのフチなし印刷の設定をしないと下図のように、印刷されない部分ができてしまいます。 下図は印刷プレビューです。 ページ設定で余白は上下左右共に0 としています 下図はシートのページレイアウトにした状態です。 余白を0にしても、印刷時に余白ができるのがわかります スポンサードリンク ||Excelではがきにフチなし印刷 余白なし印刷 をしたい.

次の

年賀状の宛名印刷が無料でできるソフトやエクセル・ワードでの作り方

エクセル はがき 裏面

はがきの宛名を特別なソフトを使わずに作成できたら便利ですよね? 今回ワードとエクセルを使って、はがきの宛名印刷をしてみたいと思います。 はがきの宛名作成には、「Microsoft Word」の「差し込み印刷」の機能を使い、宛名にする住所録データを文面に読み込みます。 「はがき宛名面印刷ウィザード」を使えば、比較的スムーズに宛名を作成することができます。 「はがき宛名面印刷ウィザード」では「差し込み印刷」の機能が自動的に使われ、宛名のデータが入った住所録ファイル(ここでは「Microsoft Excel」ファイル)を参照します。 Word文書とExcelデータを連携させていますので、Office系ソフトの操作に慣れていないと戸惑うところもあるかもしれません。 住所録データの作成も含め、作業時間は余裕をもって用意しておきましょう。 お持ちのExcelの住所録データを使うこともできますが、シートの最初の行(1行目)は宛名に差し込むフィールド名(項目)を記入しておきましょう。 ただし、ウィザードで使用するフィールド名にしないと上手く宛名に割り当てられない場合がありますので、ここでは、ウィザードで生成されるExcelシートに新たに宛名データを入力する手順で進めます。 まずWordを起動させ、「はがき宛名面印刷ウィザード」を開始します。 はがき宛名面印刷ウィザード• はがきの種類を選びます。 宛名の書式を設定します。 [次へ N ]をクリックします。 のステップで「縦書き」を選択した場合は[宛名住所内の数字を漢数字に変換する]と[差出人住所内の数字を漢数字に変換する]両方にチェックを付け、「横書き」を選択した場合は両方のチェックをはずすのがおすすめです。 差出人の住所などの情報を入力します。 宛名面にご自分の氏名・住所などを載せる場合は、[差出人を印刷する I ]にチェックを付け、データを入力します。 [次へ N ]をクリックします。 差し込み印刷を指定します。 [次へ N ]をクリックします。 これで終了です。 ウィザードの終了画面になります。 [完了 F ]をクリックします。 通常文書と同じ印刷操作では全ての宛先が印刷されません。 「はがき宛名面印刷」用の印刷を行います。 「はがき宛名面印刷」タブを開きます。 「プリンターに差し込み」ウィンドウが表示されますので、必要に応じて印刷するレコードを指定し、「OK」をクリックします。 「印刷」ウィンドウで「OK」をクリックすれば、いよいよ印刷開始! この場面では印刷プレビューができませんので、印刷操作を行う前に確認しておきましょう。 プリンタプロパティの出力用紙サイズと給紙設定の• 給紙トレイの設定を手差し• 用紙タイプをはがきに設定• コピー機のほうでも用紙を厚紙1、はがきサイズに変更する• 印刷 これではがきの印刷が出来ます。 皆さんもお試しあれ!!.

次の