うな重 と うな丼。 うな重とうな丼の違い・せいろ蒸し・ひつまぶしとの違い

うな丼とうな重とひつまぶしの違いとは?松竹梅の値段は何が違うの?

うな重 と うな丼

土用の丑の日に食べる人も多いうなぎ。 「土用の丑の日」は平賀源内が夏に売れない知人のうなぎ屋のために張り紙をした説が有力とされ、大田南畝が知人のうなぎ屋のために「土用の丑の日にうなぎを食べたら病気にならない」という狂歌を作って宣伝したという説もあります。 また、「土用の丑の日」は各季節にあるものですが、うなぎを大々的に売り出すこともあって夏の土用の丑の日のことを指すことがほとんどです。 人によっては「土用の丑の日」が1年に何回もこないと思っている人もいるかもしれません。 そして、うなぎの旬は秋冬。 そのため、平賀源内が始めた宣伝に踊らされているというような人もいます。 でも、秋冬が旬なのは天然物のこと。 うなぎは99%以上が養殖で、養殖技術が進んだ今は梅雨から夏にかけてが旬といえ、土用の丑の日に食べるのは正解です。 1%未満の天然物をいただくときは土用の丑の日ではなく、秋から冬にかけて食べた方がよく、通ぶって天然物を土用の丑の日に食べるのは無知をさらすことになるのでやめたほうがいいでしょう。 さらに、うなぎの調理法は関東と関西で違います。 関東は背開きで素焼きしてから蒸したものをタレを塗ってから焼くのが主流、関西は腹開きでそのまま焼いてタレを塗るのが主流。 前置きが長くなってしまったのでやっと本題に入りますが、うなぎをお店で食べる際に「うな丼」と「うな重」があります。 この2つの違いは一体何なのでしょうか? うな丼 「うな丼」は どんぶりに入れた熱い飯の上に鰻のかば焼きをのせ、タレをかけたもの。 うなぎの量などはお店によってまちまちで、お吸い物や味噌汁、お新香などがつくかどうかもお店によって違います。 また、入れるどんぶりも安物のところが多いですが、有田焼や信楽焼の丼鉢を使っているお店もあって一概にはいえません。 うな重 「うな重」は 重箱の中に入れた熱いご飯の上に鰻のかば焼きを載せ、タレをかけたもの。 「うな丼」同様に、うなぎの量やお吸い物やお漬物がつくかどうかはお店によって違います。 関西ではご飯とご飯の間にうなぎを入れるお店も。 また、「うな重」の場合は、並や上、特上などがあり、値段も左から順に高くなります。 並と上、特上の違い うなぎの質が変わると思っている人もいるかもしれませんが、並と上、特上の違いは うなぎの量だけ。 例えば、並で1匹分のうなぎを使った「うな重」を出しているお店なら上は1. 5匹、特上は2匹と量が変わります。 お店によってはお吸い物が肝入りになったりなどするかもしれませんが、基本的には量が違うだけとおぼえておくといいでしょう。 また、「松」「竹」「梅」も一緒です。 「うな丼」と「うな重」の違い 「うな丼」と「うな重」の違いは 容器。 一般的には、重箱の方が高級で老舗店も多く、丼は注文しやすくて気軽に食べてもらいやすい町の定食屋に多いです。 でも、有名な焼き物を使った「うな丼」専門店や頼みやすい値段で「うな重」を提供しているお店もあり、そのイメージは絶対ではありません。 また、「うな丼」と「うな重」の両方を提供しているお店の場合、どちらを頼んでもうなぎの質は一緒のことが多いです。 その場合は、お吸い物が肝いりになったり、お漬物のグレードが変わったりという部分で微妙な差をつけていることがあります。 そして、結局のところはそのお店次第の部分があるため、違いに関してはお店の人に聞くのが一番です。 いかがでしたか? 今回は「うな丼」と「うな重」の違いについてお伝えしました。 養殖の技術が進み、安定したエサで梅雨から夏にかけて旬を迎える養殖ウナギ。 それでも、卵から孵化させる完全養殖は難しく、成功例もありますが、まだまだ一般化・実用化はされていません。 完全養殖が確立され、うなぎがもっと安い値段で提供されるようになるといいですね。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

うな重・うな丼|福岡市で弁当の宅配、配達、デリバリーなら福びん

うな重 と うな丼

「うな重」と「うな丼」の違いって? よく聞くのは、「名前と容器が違うだけ」という説だけど、これ、本当にそうなのだろうか。 かつてはそうだったとしても、そば屋では「ざる」と「もり」の麺やつゆを変えている店もあるという。 そんな感じに、今では「良心的な店では、使ううなぎの種類や部位を分けてる」とか「うなぎの量が違う」とか、あったりしないだろうか。 たとえば、通常メニューが「うな重」の店で、ランチメニューだけ少しお手軽な素材にして、「うな丼」を出したりすることはないのか? 都内のあるうなぎ屋さんに聞いてみると……。 「うちでは、通常メニューが『うな重』で、ランチだけ値段がちょっと手軽な『うな丼』を出してますが、これはうなぎの質も量もまったく同じですよ」 とのこと。 では、具体的な違いは名前と容器だけ? 「大きな違いは名前と容器だけど、うちの場合、うな重にはお新香と肝吸いがつくのに対し、ランチのうな丼にはお新香はなく、肝の入ってない普通のお吸い物になります」 ちなみに、一般的に、やはり「うな重」「うな丼」では、うなぎの質・量は全く変わらない店がほとんどで、「名前と器だけが違う店」か、もしくは、「お新香やお吸い物で微妙に差をつけている店」が多いということだった。 ところで、このお店のように「うな丼」をランチだけにするなど、時間帯をかえて出す店もある一方で、「うな丼だけしかない」あるいは「うな重だけしかない」店もけっこうある。 「うな丼=定食屋など、庶民の店」で、「うな重=素材にこだわった高級な店」ということ? 「いや、それはないですね。 もともとうなぎは庶民の食べ物で、丼で食べていたのが、きれいな漆器のお重に入れて、高級感を出すようになったといわれてます。 でも、必ずしも、『丼』が安い店で、『重』が高級な店というわけではなくて、たとえば、何千円もする『うな丼』だけのお店もありますよ。 そういう店では、『うな丼』が有田焼の立派な丼で出てきたりしますからね」 他に、うな重のほうが少し高い理由として、「容器の大きさの違いで、うなぎの大きさがちょっと違う」と説明する店、うな重とうな丼が同額で「容器の違いだけ」と説明する店もあった。 つまり、「うな重」「うな丼」は、うなぎの種類や部位という大きな違いはなくとも、「大きさの違い」「オプションの違い」など、店によって微妙に異なるよう。 気になる場合は、恥ずかしがらず、ズバリ聞いてみるのもアリかもしれません。 (田幸和歌子) あわせて読みたい•

次の

うな重| なか卯の商品 | 丼ぶりと京風うどんのなか卯

うな重 と うな丼

今年は7月24日と8月5日が土用の丑。 うなぎを自分で調理したり、コンビニで購入したりして家で食べるのもいいけど、やはり外食でうなぎを食べたいという人のために、安くうなぎを食べられるチェーン店をピックアップしました。 厳選した1㎝ほどある肉厚のうなぎを使用し、独自の製法でじっくり炭火で焼き上げた後、蒸しの工程を加えることで、ふっくりまろやかに仕上げたという。 ・うな丼 並780円、大盛820円、特盛1180円 ・うな牛 並880円、大盛920円、特盛1280円 ・うなたま丼 並840円、大盛880円、特盛1240円 ・うなとろ丼 並900円、大盛940円、特盛1300円 おいしいと評判のすき家のうな丼。 三度付け焼きしたうなぎは、ふっくらとして香ばしく口に含むととろけるような柔らかさということ。 うな牛丼、うなたま丼などアレンジメニューも選べるのが牛丼チェーンならでは。 ・うな丼 999円(税別) ・うな丼 味噌汁・漬物セット 1099円(税別) ガストのうなぎは、伝統的なおいしさにこだわったタレが特徴ということ。 ふっくらと柔らかく、特選タレの風味たっぷりの香ばしさが楽しめる。 家族で訪れやすいファミリーレストランでこの価格のうなぎ料理はありがたい。 持ち帰りも可能。 ・鰻重 一枚盛 750円(みそ汁・漬物付820円) ・鰻重 二枚盛 1150円(みそ汁・漬物付1220円) ・鰻重 三枚盛 1650円(みそ汁・漬物付1720円) 手ごろな価格から鰻重を用意する吉野家。 白子(シラス)のころから中国大陸の南部にある池で一貫して育てたうなぎを使用している。 丼ではなくお重として提供。 豪華な三枚盛まである。 ・うな重 790円 ・特うな重(2枚) 1190円 ・うなまぶし 890円 ・特うなまぶし(2枚) 1290円 とろり柔らかい肉厚のうなぎを使用し、京風山椒で楽しめるというなか卯のうな重。 以上、うなぎが安いチェーン店まとめでした。 丑の日に向けてうなぎを食べて夏バテ対策をしましょう! 商品の詳細は各公式サイトをご確認ください。 お詫びして訂正いたします。 この記事を書いたナベコです!よかったらFacebookページをのぞいてください。

次の