アカンサス モリス。 アカンサスの育て方!開花時期や花言葉など7つのポイント!!

【楽天市場】アカンサス ‘ホワイトウォーター’:おぎはら植物園

アカンサス モリス

幅広の「掃出窓」は、幅4mを超えるマンション特有の大型窓でした。 ここにウィリアム・モリスの作品を題材としたカーテンで、「アクセント・ウィンドゥ」仕立ての迫力ある演出をしたいというご相談をいただき、最終的にご採用いただきましたのが、 『いちご泥棒』です。 納品時は、お引越し前でしたが、お子様の新学期に合わせて最終的なお引越しをされるとのことで、既に新たに購入されたアンティークを含む家具や照明が配置されていました。 ダイニング側にアンティーク家具を多めに揃えたため、テーブルの位置を既成の位置より少し室内寄りにレイアウトし、ダイニングの照明をこれから移設されるとのことでしたが、実生活の家具レイアウトがお引っ越し前に概ね完成いたしました。 こちらは、リビング奥側の「腰高窓」エリアのインテリアです。 小さなお子様が二人いらっしゃるとので、こちらの窓には、優しい配色のカーテンを合わせたいとのご相談をいただいた結果、最終的に 『レスターアカンサス』をご採用いただきました。 現地お打合せの様子。 当社展示縫製サンプルをふんだんにお持ちして、採寸時に大小の窓の組合せをご検討いただいている様子です。 「間取り」と「内装仕上げ」のイメージを直接確認ができるのが現地お打合せのメリットです。 ご採用生地の組合せ。 念入りなご検討をいただきました結果、「掃出窓」でご採用いただきましたファブリックは、 『いちご泥棒』・色番:FF4503(DO)となりました。 これは、お客様が当初考えられていた生地とは異なるもので、「やっぱり現地で見比べてみると新しい発見とインスピレーションが生まれる」とのご感想をいただきました。 「掃出窓」で当初の予定と異なる生地が決まりましたので、「腰高窓」の生地もそれに合わせて選ぶことになりました。 「腰高窓」にご採用いただきましたファブリックは、1912年にウィリアム・モリスの一番弟子である、ジョン・ヘンリー・ダールが、木版壁紙としてデザインした 作品、 『レスターアカンサス 原名:レスター 』 ・色番:FF4504(BE) となりました。 『装飾タッセル』のコーディネート こうして、それぞれの窓でのご採用生地が決まりました。 川島織物セルコン製品の場合、共布生地で使った『タッセル』も付属いたしますが、やはりモリスのカーテンには『装飾タッセル』が映えるということで、生地に合わせてカラーコーディネートをしながら決める事になりました。 さながら、洋服に合わせてネクタイやスカーフを合わせるといったイメージです。 実際に決まった『装飾タッセル』色の組合せです。 『いちご泥棒』にはピンク、『 レスターアカンサス』にはグリーンの装飾タッセルを組合わせましたが、気分によって色を交換しても良いコーディネートといたしました。 『いちご泥棒』と実際にコーディネートされた納品時の様子。 そして、『レスターアカンサス』と実際にコーディネートされた納品時の様子です。 納品後のインテリアイメージ。 最後に、夜間をイメージした、カーテンを閉じたイメージです。 『いちご泥棒』の作品の魅力が、アンティーク家具と見事に調和しています。 こちらは後日、ダイニングテーブルのレイアウトに合わせて、既設の照明の配置を移動したときのお写真です。 照明屋さんがアドリブを効かせて、「ジャンプ」と言われる設置スタイルで調整してくださいました。 優しいイメージを持たせた「リビング」エリアの窓もお客様のイメージ通りにおさまりました。 また、川島織物セルコンの織物生地と、英国・サンダーソン社の本家「プリント」生地 マナトレーディング取扱い の比較もできる、充実のショールーム構成となっておりますので、ご来店予約、出張コーディネートのご相談はお気軽にお問合せください。 ミツワインテリア:•

次の

アカンサス

アカンサス モリス

11月初旬の横浜、午前中しか日が当たらないマンションの庭の隅に植えました。 とても小さいけどしっかりした苗で、三週間たち、葉がどんどん増え、ふたまわりくらい大きくなってます。 期待大です。 追記 一年経ちました。 すごく大きくなってます。 株張り80センチはありそう。 一日数時間しか日が当たらない場所なのに、立派な葉を現在15枚つけています。 追記 二年経ちました。 この春には立派な花首を三本たて、この夏の猛暑で?一度は地上部が全部なくなりましたが、秋になり何事もなかったかのように元の姿に戻りました。 そして小さな子株がふたつ、、、育っています。 切れた根っこからも芽を出すといわれる植物ですし、憧れだけで手を出した自分に少々後悔をかんじています。 このレビューは参考になりましたか? 1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg? レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 予めご了承ください。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。 ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

次の

アカンサス 'ホワイトウォーター' の育て方。。スピノサスでもモリスでもなく交配種です。斑が消える原因や育て方なども。

アカンサス モリス

アカンサス・モリス(Acanthus mollis)はよく知られたハーブですが、大型の多年草なので個人で栽培している例は少ないかもしれません。 羽状に深く切れ込む深緑色の葉もスタイリッシュだし、大きな花穂には赤紫色の萼と棘の生えた苞に挟まれたお花を多数付けエキゾチック。 ケロの狭い駐車場向きではないのを承知で、苗から育てているのですが…。 春に発芽して葉を伸ばし、今度こそ開花するかと期待しました。 でも、そのまま梅雨〜真夏に地上部分は枯れちゃった。 秋に復活して、地面にへばりつくように常緑で越冬中です。 このサイクルを5年以上繰り返しているの。 何がいけないのかな〜。 ここからは「2011-02-16 成長の遅い大型ハーブ アカンサス・モリスの耐暑性」の転載です〜。 かつては葉や根が利尿、止血、下痢止めに効果ありとして利用されたみたいですが、現在では観賞用ですね。 同属に30種類ほどがあるそうですが、流通しているのはアカンサス・モリスとアカンサス・スピノサス(Acanthus spinosus)くらいでしょうか。 後者は「羽状に裂ける葉の切れ込みが深く、やや小型で鉢植えにできる」とあったけれど…。 花茎を伸ばすと草丈は1mほどになるのですから、やはり地植え向きに思える。 「葉には深い切れ込みがあり、光沢があり、根元から叢生して長さ1m、幅20cmほどになる。 晩春から初夏に高さ2mほどの花茎を出し、緑またはやや紫がかったとがった苞葉とともに花をつける。 花弁は筒状で、色は白、赤などがある。 乾燥にも日陰にもまた、寒気にも強い。 (中略)アカンサスは多年草であるが、子株が出ないため、実生で増やす。 タネは1cm以上ある大きなもので、よく発芽する。 ソメイヨシノが咲く頃、直まきにし、2cmほど覆土をする。 耐寒性は比較的強く、東京あたりなら霜よけはいらない。 大きな苗は移植が難しい〜Wikipediaの」 日当たりのほうが花つきがよいけれど、ある程度の耐陰性もあって半日陰のシェードガーデンでもOK。 湿り気のある場所を好むが乾燥にも耐えるらしい。 確かに、霜に当たっても、雪が積もっても、1ヶ月以上降水量ゼロの異常乾燥でも枯れませんでした。 耐寒性、耐暑性がある強健なハーブです。 「土壌センチュウがつきやすい」とありますが、今のところ経験なし。 病害虫も特にないと言えそう。 繁殖は春or秋の株分け、実生、根伏せなどが可能。 「切れた根から発芽するほど繁殖力が強い」そうなので、根伏せを試してみたいと思っているの。 植え付け適期は春か夏で、水はけをよくして根腐れさせないことがポイント。 直根性で1mくらいの太い根が伸びますが、多湿でこの根が傷んで枯らすケースがあるのです…。 株元から生える60cm以上になる大きな葉は肉厚で光沢があり、羽状に深く切れ込んで細かい棘があります。 「草丈は花茎をのぞけば40〜80cmくらいだが、横に1m以上も広がってボリュームがある。 葉アザミに似ているので和名はハアザミ」花期には2m近くに達する長い花茎を立ち上げて穂状花序をつけます。 「花序に沿って多数の唇形の白花が付き、それを赤紫色の萼が覆っている。 大事をとって室内管理。 直根性で植え替えを嫌いますから半日陰の水はけのよさそうな所を選んだつもりだったのですが…。 もっと葉数が増えないと開花は無理な気がする。 夏に枯れるのがダメージになっているのでしょうね。 う〜ん、暑さに弱くて強健とは言えませんね。 環境に順応して大株になってほしいな。 アカンサス・モリスの葉は長さ1mとでかいはずなのに、ケロのはせいぜい40cmと株に勢いがありません。 寒さは問題なし。 乾燥や湿り気も順応できないほどではないはず。 風通しのよい半日陰を選んだつもりですが、夏に枯れるところを見ると西日で地温が上がるのがよくないのかも。 過去記事では「子株を作らない」と引用しましたが、「栽培環境がよければ地下茎を伸ばして、その先で芽を出す」という情報もあります。 苗から育てると1〜2年でお花が咲くそうです。 環境があっていないのか、多湿で根が傷んでしまっているのか、どちらかかもしれないな〜。 堀り上げて移植とか、株分けは自信がないの。 根の一部から新しい株を作って、もっと涼しい場所に植えてみようと計画中。 ほんとは開花して種子が採集できると手間なしなのにな〜。 ええと、「アカンサス・モリスの株分け」で検索すると、You Tubuの動画がヒットします。 こんなアバウトでいいんですね。 長く伸びた主根もカットしちゃうんだ。 びっくり…。 今年もお花が咲かなければ、思い切って移植したほうがよいのかもしれません。 関連記事「」 「」 6 29 30 30 24 30 30 30 30 17 30 19 30 30 30 30 30 30 17 30 30 30 12 11 32 32 33 36 30 31 29 19 32 32 32 32 32 32 32 31 33 34 22 30 30 24 30 26 29 30 24 34 28 41 30 31 33 31 29 36 24 17.

次の