ネギ 保存。 ネギの保存方法は冷凍でもOK?賞味期限・保存期間は?刻みネギでは?|健康♡料理♡美容♡恋愛

さっと便利に取り出せる、青ネギ/万能ねぎの保存方法

ネギ 保存

冷凍保存が可能なねぎ 香り高い ねぎは、いろいろな料理に使える万能選手。 いつも冷蔵庫に備えておきたいものですが、家族の人数によっては少量しか使わず、うっかりするとしなびてしまうことになりがち。 最後までイキイキした状態でねぎを使いたいなら、 冷凍保存がおすすめなんです。 小ねぎと長ネギ、どちらでも冷凍が可能。 「ねぎ同志がくっついたり、霜がついたりするんじゃない?」という予測も、冷凍前に ちょっとひと手間かけることで避けられますよ。 試してみる価値のある方法をお伝えします。 最後まで快適に使える万能ねぎ 1度に少量ずつしか使わない万能ねぎは、そのつど切るより、時間のあるときにまとめて切っておくと、使うときが楽です。 冷凍保存前の秘訣は、キッチンペーパーにあり!最後まで、ぱらっと快適に使えますよ。 洗った水気をキッチンペーパーでとる ねぎを洗ったあと、水気をキッチンペーパーで取っておきます。 ねぎを切ってタッパーに入れ、冷凍庫へ。 入れた後、30分後と1時間後に数回、タッパーをフリフリします。 この手間でぱらぱらのねぎに。

次の

ネギは冷凍保存で長持ち!解凍後にパラパラになる方法や臭いを出さない冷凍保存のテクニックとは?

ネギ 保存

【長ねぎの冷蔵保存】立てる&保湿が長持ちのカギ! 野菜は自然の状態に近い形で保存すると、鮮度を保ちやすくなるため、長ねぎなら立てて保存を。 その際、ペーパータオルで包んで保湿するのが、新鮮な食感をキープするコツです。 買ったまま冷蔵庫に入れると、乾燥した庫内で水分が蒸散し、みずみずしさも香りも失ってしまいます。 【冷蔵方法】 1 長ねぎを洗って根元を切り落とし、3等分する 長さを3等分にすると、冷凍庫で立てて保存するのに便利な高さになります。 2 たっぷり水を含ませたペーパータオルで下半分を包む 白い部分2本の下半分(根に近いほう)を、濡らしたペーパータオルで包みます。 ペーパータオルはびしょびしょの状態でOK。 3 軽く水を含ませたペーパータオルで上半分を包む 上半分は軽く水を含ませたペーパータオルで包みます。 長ねぎの水分が蒸散するのを防ぐと同時に、適度な水分を与え続けてみずみずしさを保ちます。 4 2つの冷凍用保存袋に分けて入れる 青い部分も同様にペーパータオルで包みます。 青い部分は白い部分より早く傷むので、保存袋を分け、傷みが白い部分にうつらないようにします。 5 野菜室で立てて保存し、ペーパータオルは週に1度取り替える 2Lのペットボトルを半分に切ってふちにテープを巻いたものや、市販の野菜収納用のケースなどを利用して立てます。 ペーパータオルは週に1度取り替えましょう。 白い部分は冷蔵庫で3週間程度、青い部分は冷蔵庫で2週間程度保存可能です。 【POINT】保存袋は、冷蔵庫でも「冷凍用」を使う 保存袋の「冷凍用」と「冷蔵用」では厚みが異なります。 長ねぎを冷蔵庫に入れるときは、より厚みがある「冷凍用」の保存袋を使用すると水分が蒸散しにくく、鮮度が長持ち。 さらに匂いもうつりにくくなります。 06mm以上の厚みがある保存袋を使用することをおすすめします。 【長ねぎの冷凍保存】細かく刻まず、長いまま冷凍する 長ねぎは長いまま冷凍することで、含まれる成分「アリシン」が飛ぶのを防ぐのがポイント。 アリシンは、長ねぎの香りのもととなるほか、殺菌・抗菌などの働きがある成分です。 アリシンの効果は空気に触れることで高まりますが、揮発性なので、長時間おきすぎると成分が飛んでしまいます。 そのため、長いまま冷凍保存して、使うときに用途に合わせて切るのがおすすめです。 【冷凍方法】 1 長ねぎを洗って根元を切り落とし、3等分する 長ねぎは長さを3等分し、乾いたペーパータオルで水気を拭き取ってからそれぞれをラップで包み、冷凍用保存袋に入れて、空気を抜くように袋の口を閉じます。 冷凍の場合は長ねぎの白い部分と青い部分の傷む速度が変わらないので、同じ袋に入れてOK。 2 バットと保冷剤ではさみ、冷凍する 金属製のバットの上に1をのせ、その上に凍らせた保冷剤をのせて冷凍庫で冷凍します。 白い部分も青い部分も、冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 【解凍方法】 凍ったまま切り、料理に入れる 冷凍した長ねぎは調理前に解凍すると水分が出てしまい、旨みも逃げ出してしまうので、凍ったまま加熱調理に使いましょう。 【豆知識】青い部分は「冷凍」すると、食べやすくなる! 青い部分は生で食べるとイガイガした印象を受けますが、一度冷凍して細胞を壊すことで食感が良くなり、食べやすくなります。 凍ったまま小口切りにして卵焼きやみそ汁に入れたり、斜め切りにして炒め物に加えたり、5cm長さのぶつ切りにして鍋や煮物に入れたりするのがおすすめです。

次の

ネギの日持ち常温では何日くらい?冷蔵庫や冷凍庫で保存するには?

ネギ 保存

・使いたいときに、使いたい分量だけを取り出せる。 ・冷凍することで、 ねぎの辛み成分である「硫化アリル」が抜けて、 甘みが増す。 ・凍ったままでも、サクッと切れるので、面倒な みじん切りはむしろ冷凍後の方がしやすい。 冷凍するとメリットがいっぱいのねぎ。 「安かったから3本もいらないのに、長ネギを買っちゃった!」なんて時は、即冷凍! ねぎをいろんな形に切り分けてから冷凍しておけば、使いたい時に美味しい状態で、すぐに料理に使えますよ。 そのまま冷凍しておくと、使いたい料理に合わせて、切り方を自在に変えられるからです。 洗ってよく水気を拭き取ったら、1本ずつラップにしっかりくるみ、ジッパー付きの保存袋に入れます。 できるだけ空気を抜いてからジッパーを閉め、冷凍します。 使う時は、凍ったまま用途に合わせてカットしてください。 サクッサクッと切れます。 カットした長ねぎは、水分を拭き取った後、ジッパー付きの保存袋にできるだけ重ならないように平らに並べ、冷凍します。 小口切りやみじん切りにして冷凍する場合 長ねぎも小口切りやみじん切りで冷凍しておくと、薬味などとして使う時に重宝します。 冷凍ねぎの方が、みじん切りしやすいくらいです。 カットした後、キッチンペーパーなどで水分を取り除き、保存袋に入れて冷凍します。 一度に使い切れない薬味用のみじん切りのねぎは、1回分ずつ、ラップにくるんで保存袋にしまうと使いやすくておすすめです。 料理のアクセントで使用する場合 小口切りに刻んでから水洗いし、キッチンペーパーで水分を十分に取り除きます。 水分が残ったまま冷凍すると、くっついて大きな塊になってしまうので、注意。 その後、冷凍できる保存容器やジッパー付きの保存袋に入れて、冷凍します。 金属のトレイなどの上に載せて冷凍すると、急速に冷えるので、おすすめです。 使う時は、解凍が進むとべちゃべちゃしてくるので、凍ったまま使ってください。 チヂミなどに使う場合 あらかじめ5センチくらいの長さにカットしてから洗い、水分をよく取り除いてから上記同様、保存袋などに入れて冷凍します。 方法は2通りあります。 これを2回くらい繰り返します。 一度に使い切れずまた冷凍庫に戻すなど、冷凍と解凍を繰り返すような温度変化は霜が付き、風味や栄養、味が落ちてしまいますので、注意。 一度解凍したものは、再冷凍せずに使い切りましょう。 冷凍したねぎが臭い原因は? ねぎの臭いの元は「硫化アリル」という物質です。 カットすることで、その成分が気化して臭いになります。 この成分は水溶性なので、カットした後、よく水にさらすとだいぶ収まります。 ただし、そのあと十分に水気を切ってから冷凍保存しましょう。 冷凍することで「硫化アリル」が抜けて甘みが増すと言われていますが、解凍が進むと、抜け切れていなかった「硫化アリル」成分が溶け出し、臭いの元になることも。 料理する際は、 凍った状態ですぐに使うことをおすすめします。 文/斉藤和美(フードコーディネーター).

次の