子供 足 の 皮 むける。 子どもの手足の皮むける!それ、水虫じゃないかもしれません

季節の変わり目、手と足の皮むけの理由がやっとわかりました

子供 足 の 皮 むける

手の平や指の皮が丸くむける 手や足の皮が1-2mm大に丸くむけ始め、それが少しずつ拡大してくる。 かゆくも痛くもない。 赤みもない。 でも気持ち悪い。 友人に「それ水虫じゃないの?」などと言われたりする。 水虫でしょうか? 関連記事 手の平や指の皮が丸くむける 手や足の皮が1-2mm大に丸くむけ始め、それが少しずつ拡大してくる。 かゆくも痛くもない。 赤みもない。 でも気持ち悪い。 友人に「それ水虫じゃないの?」などと言われたりする。 水虫でしょうか? 菌を調べても見つからないことが多いのです。 こんな症状で受診される患者さんは少なくありません。 特に高熱を伴う病気や手術のために入院し、回復し、もうそろそろ退院という時期にある患者さんが多いような気がします。 また、手袋をする仕事につき、汗をかくようなことの多い方にもみられます。 もちろん家事で手を酷使する主婦の方にもよくみられます。 原因は汗がうまく出れずに皮膚内にたまってしまうことからくる症状だと思います。 汗の出口からか丸く皮膚(鱗屑:りんせつ)がむけてきます。 治療:皮はむかないようにしましょう。 まだ大人になれない未熟な皮膚が表に出されてしまい、症状が続いてしまいます。 むしろ保湿クリームなどで浮いてきた皮膚をくっつけるようにしてみましょう。 浮いている皮膚ははさみで切ってもいいです。 普通汗は体温の上昇でかきますが、手足は精神的な緊張でも発汗します。 噓発見器として使われています。 サルが木から落ちないために発達した機能だと、聞いたことがありますが、本当でしょうか? 最近の投稿• コメント• に uharahifuka より• に 横浜のムズムズ より• に uharahifuka より• に ロートル皮膚科医 より• に kameyama より• に みさにゃん より• に hirai より• に kojima より• に kiku より• に uharahifuka より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

子供の足の裏の皮むけで困っています六歳の男の子です水虫かと思い皮膚科...

子供 足 の 皮 むける

ストレスや汗をかくことによって 靴の中が蒸れてしまっていることが 原因です。 よく 汗をかく子供はなりやすいんです。 治るまでには、時間もかかってしまう ので病院を受診するよいにしましょう。 【私の息子の症状】 息子の足はこの症状で、汗をかきやすくて 小さい頃は転んだ時に足をケガしてしまう ので夏でも靴を履くようにしていました。 靴なのに靴下は履かないで、素足で 靴をはいていたのでそのせいもあるのか 足が蒸れてしまって小水疱ができ、 それがつぶれて皮がむけて赤くなって しまっていました。 お風呂に入ったりしたときに、痛かった らしく「痛いー」と言っていました。 汗疱状湿疹と似ていて間違えてしまう ことがあるんです。 どの状態でも痛がったりしていたら、 病院を受診するようにしてあげて くださいね。 お風呂などで染みて痛がるときは、 絆創膏や ビニールを足首につけて 輪ゴムで止めるなど 工夫をすると、 傷口には染みることなく お風呂に 入ることができます。 子供はどんどん大きくなっていくので 靴のサイズも変わってきます。 そんなしょっちゅう買い替えるのもって ついつい家計を見てるママだと、長く 履いてもらうために大きめの靴を選ぶこと もしがちなんですけどね、、。 その気持ちは、すっごくわかりますが、 ここはコラえて、大きいサイズを買うならば、 せめて 1サイズ上にして、大きいようで したら中敷きを使って靴の大きさを調整して あげてください。 中敷きの金額と靴そのものの金額と強度など 比較して、なにが一番安価に抑えられるかも 検証して決めてみるといいかもしれません。 受診すると軟骨の【リンデロン -VG】という ステロイドお薬を処方してくれて、朝と晩に 皮がむけてしまっているところに塗るように と言われます。 対策としては、足を蒸れさせないように することです。 靴を履くときには靴下を必ず履かせる ようにして、家に帰ってきたら靴下も 脱いで過ごすようにするといいですよ。 足の保湿クリームを塗ってあげて足が 乾燥しないようにしてあげてください。 【私の息子の場合】 春、秋、冬は、靴下を履かせて靴を しっかり履くようにしてもらうように しました。 家に着いたら靴下は脱がせて裸足で 過ごすようにして、夏はどうしても 靴を履いていることで汗をかいて しまうのでサンダルを買ってあげて 履かせるようにしました。 今までは皮がむけて歩くだけでも 痛がっていたのですが通気性をよく しただけで足の皮がむけることが なくなりました。 まとめ 足の皮がむけてしまうのは、靴ずれだったり 乾燥、水虫、汗疱状湿疹などが原因で皮が むけてしまいます。 子供の足の皮がむけないようにすることで、 1番大事なのは足を蒸れさせないことです。 私の息子は元気で止まっていることが ご飯の時くらいで、常に部屋で動いて いて寝ているときと寝返りをして、布団の 上をゴロゴロしていてすぐ汗をかいて しまうので、身の回りをすべて通気性が いいものにしないとダメかと思うくらいです。 サンダルは、夏になると砂場で水遊びなどを して泥だらけになってしまっても、すぐに 洗うことができて干して置けばすぐに乾く のでとても楽です。 泥だらけになってしまった靴や靴下を ゴシゴシ洗うのはとても大変ですよね。 でも、うちの子のように、しょっちゅう 転んで足にけがをするなど、けが対策と して靴を履かせる場合もあると思います! そんな時は、足の皮がむけないようにする 効果として、 靴はメッシュの素材を選らんで 大き過ぎない 1サイズ上までの靴を履く。 靴の場合は、必ず靴下は履くようにする。 出来れば、夏はサンダルなどを利用する ようにして足が蒸れないように通気性が いい状態にしてあげたいです。 今や、サンダルもバックストラップや靴に 近いものもあるので、探してみてください。 子供の足の皮がむけてしまっているよう でしたら、原因を考えてあげて早く良くなる ように協力してあげてくださいね。

次の

お子さんの足の裏、チェックしてますか??我が家の娘たち(...

子供 足 の 皮 むける

スポンサーリンク 足の皮、かかとがよくむけるのはなぜ? 足の皮、特にかかとの皮が剥けてこまってるって方多いみたいです。 そうしたら水虫ではなかったのでホッとしました。 数年前、水虫かしらって皮膚科に行ったら、水虫ですって言われてショックだったんです。 その時は塗り薬ではなく飲み薬を処方してもらいました。 というのも爪にも白癬菌が入って行ってたからなんです。 なのになぜ・・・って、思ってたんですが、結果水虫ではなくて、年齢とともになったりするし、まずは硬くなったところを柔らかくしましょうって塗り薬を処方されました。 でも足の皮、かかとの皮がむけるのはなぜなんでしょう。 そもそも足の裏には皮脂腺というものがないんです。 皮脂腺というのは皮脂を分泌する器官。 毛穴とつながってるんです。 なので毛穴から皮脂が出て皮膚の表面に広がって行くんですね。 この皮脂はお肌から蒸発する水分を防いでくれたりしてお肌の潤いを守ってくれたりしてるんですが、足の裏って毛穴はないですよね・・・ なので皮脂腺がないってことで乾燥しやすい部分でもあるんです。 しかも足の裏は体重を支えているところでもあって圧迫されてますでしょ。 摩擦も多いので、体は皮膚を守ろうとして分厚くするということになるんですって。 足の皮が剥ける原因って色々あるんですね。 でも水虫なら治したほうが絶対いいので、一度皮膚科に行って診てもらうほうがいいと思います。 足の皮を剥く癖をなおすには 足の皮が剥ける原因が水虫でないとわかって安心してました。 水虫だったら注意して足の皮を剥かないようにしてましたが、そうでないとわかったら足の皮をむく癖がでてしましました。 足の皮をむくクセ、あれってなんなんでしょうね。 そこで足の皮を剥く癖をなおすにはどうしたらいいんだろうって考えました。 その結果足の皮というか足の裏の表面が凸凹しないようにすることで解消できるんじゃないかって思ったんです。 自分の行動を振り返ってみました。 お風呂から上がってゆっくり床に座ってテレビを見ながらくつろいでいる。 何気に足に手が行く。 指に引っかかるところがある。 あっ、皮か剥けてる。 この段差が気になる。 よし剥こう。 皮をむくと剥いた先に段差ができる。 また指や爪に引っかかりを感じる。 気になる。 気に入らない。 又剥く。 これを何度も何度も繰り返したあげくに血が出て・・・となっちゃう。 スポンサーリンク 私の場合、この引っ掛かりが気になることで皮を剥いちゃうようなきがするんです。 というわけで皮をむく癖を少しでも無くすように、皮が剥けたところがあったら、手で剥くのではなく爪切りでキレイにカットするようにしました。 指で皮をむくとどうしても段差はできてしまいますよね。 拡大したイメージでいうと、みかんの皮をむいたらどうなるかを想像してみてください。 剥いたところとまだ剥いてないところ、段差が出来ますよね。 その段差が気になる。 だから、そこを無くすように爪切りで切ればいいんじゃないかって思ったんです。 でも爪切りって、当然爪を切るように作られているので、一部分はキレイに皮を切ることが出来ても全てキレイにという訳にはいきませんよね。 段差ができないように皮をキレイに剥くことなんですよね。 足の皮をキレイにむく方法とは では足の皮をキレイにむく方法とはどんなものかしら? まず私はお風呂でヤスリを使ってみました。 先日手でむいて段差ができたところをまずヤスリの粗い方の面でこすって、その後仕上げの方の細かな面でこすりました。 段差がなくなるまでキレイにこすりました。 はじめのうちはわからずに粗い面で結構ゴシゴシやって、仕上げは軽めにゴシゴシ。 でもこれって間違った方法だったんですね。 私の場合まずは段差を取りたいためにやってました。 それから硬くなった角質を取ろうとしてもやるよになりました。 その際ゴシゴシと往復させてやってたんですがこれがNGだったんです! 早く取りたいって思ってゴシゴシ往復させることで足を擦り過ぎてしまうんですね。 なので一気に取りたい気持ちを抑えて、少しづつやるようにしてください。 正しい使い方は、ゴシゴシ往復させるのではなく、一方向に優しく擦ることなんです。 お風呂でのヤスリは冬場は寒くて大変です。 ヤスリをかけてる間に体が冷え切ってしまいます。 ヤスリの後もう一度湯船に浸かるか熱いシャワーを浴びないといけません。 その前に風引いちゃうかも ToT お風呂の入浴中でヤスリをかける時の注意は冬場の風邪だけではありません。 おフロ入ると足の皮はやわらかくなってるので削り過ぎてしまうかもしれないってことですね。 なので入浴中ではなくて乾燥しる状態のほうが削りすぎることが少なくてお肌にはいいかと思いますよ。 その他にも、キレイに剥く方法としては、 電動角質リムーバを使う ハガネがついた角質削り 足の裏全体の皮をズルっと剥がす液体を使うやつ 軽石 などがあります。 軽石は昔からよく使われていますが、最近ではあまり使わないようです。 というのも軽石にはたくさんの穴が開いてるでしょ。 そこに雑菌やカビが繁殖してしまうことがあるからということで敬遠されるんでしょうね。 電動角質リムーバについては実際に買って使った感想をこちらに掲載していますのでよかったら参考にしてみてください。 まとめ 足の皮が剥けることについてお伝えしました。 私の場合、足の皮を剥きたくなるのは、指先で感じる段差が気になることで、ついつい剥いちゃうって理由でした。 その段差が出来ないように日頃からケアすることが大事だと思います。 でも角質ってできちゃうから、そのときは削り方を間違わないようにして削ってくださいね。 尿素の入った保湿クリームをたっぷり塗ってあげてください。 そのままでもいいんですが、歩くと床にクリーム足跡がついたりするでしょ。 なので靴下を履くといいといいと思います。

次の