恐怖 の ママ 友。 【恐怖ママカースト】ママ友の為、入園願書の行列に徹夜で並ぶ妊婦さん

【恐怖ママカースト】ママ友の為、入園願書の行列に徹夜で並ぶ妊婦さん

恐怖 の ママ 友

まるでドラマの世界!恐怖のママ友トラブルエピソード集 ママ友関係のドラマではけっこうドロドロのイジメなど、ありますよね? そういう事が実際にも起こっています! いくつかエピソードをご紹介します。 すれ違いざまに挨拶しても無視!たまたまかと思ったけど毎回無視。 なんだか勝った気分です 笑 SNSを突然ブロック (28歳のママさん) 〈内容〉 インスタで仲良くしていたママ友。 そういえば最近いいねもコメントもない。 共通のフォロワーさんの投稿に私がコメントすると、直後に彼女がコメント! しかも私のコメントを否定するような内容。 それが何度も続き、しまいにはブロックされた。 フォロワーの数も彼女の3倍程になっていたのできっと妬みだろうと思いスルーしています。 虚言癖のサイコパス (41歳のママさん) 〈内容〉 幼稚園に新しく入ってきたママ友。 親しくしていたのにある日突然、私にいじめにあっていると周りにいいまわり、自分を悲劇のヒロインとして周りからの同情をかっていた。 彼女は周りの人たちからの同情をかうことに成功。 私はひたすら距離を置いて関わりを断ちました。 (その他) ・ピアノ伴奏の担当になっていた私の娘が直前に体調不良に。 代役としてママ友のお子さんがピアノ担当に。 当日失敗してしまった。 すると 「うちの子に押し付けたせいよ!」と皆んなの前で怒鳴ってきた。 ・仲良くしていたママ友グループはいつも誰かの陰口ばかり。 あまり関わりたくない私は少し距離を置いていた。 それが一番の対処法ですね! でも、どんなきっかけで自分が標的にされるか分かりません。 宗教、セールスくさい• 悪口や陰口が多い• 被害妄想のクセがある いかがでしょう。 なんとなく気づいたことありませんか? こんな特徴にはやめに気づけると、トラブルに巻き込まれるのを防げるかもしれません! よく知らない内から仲良くしてしまうと、セールスの話をされても断りにくくなったり、永遠に陰口を聞かされる。 または自分の陰口をどこか違うところで言われたり、自分のちょっとした言動で、被害者ぶってありもしない噂を流される。 職場の人とも、ご近所の人とも、その場に適した距離感ってありますよね。 近づき過ぎると、なにかにつけて相手があなたを頼ってきたり、逆にいつ敵に回るかわかりません! 本当に良い人もきっといます。

次の

ママ友トラブル!中学お受験の恐怖

恐怖 の ママ 友

【ママ友トラブル:case5】恐怖!ストーカー化したママ友が自宅前で待ち伏せ 小学4年生のママ・Aさん 43才 の場合 保育園から一緒のママ友グループLINEの中に 小学校から一緒になったママ友Aを参加させた事がトラブルの始まりです。 当初から【嫌な予感】はしていたのですが、ママ友Aは毎日LINEでコメントをしていました。 最初は、Aを知らないみんなも返信をしたりして、楽しくグループLINEをしていましたが 仕事をしているママ友ばかりだったのもあり、毎回答えることが少なくなっていきました。 ちなみにママ友Aは専業主婦です ある時、ママ友Aが深刻な顔で近寄ってきたので「何かあったの?」と聞くと、 別口のグループLINEが存在する事を知って悲しいと言っていました。 よくよく聞いてみると、そのグループLINEで「自分の事を悪く言っているんじゃないか?」 と心配していて、私は「そんな事ないと思うよ!大丈夫だよ!!」となだめてはいましたが ママ友Aは日に日に酷く落ち込んでいきました。 しかもそれが悪化して、私を含めた ママ友の行動をストーカーのように監視するようになり そんな事はないと説明もしましたが、何を話しても被害妄想が酷くなってきたので ママ友Aには悪いけど、ママ友Aを除いた同じメンバーで別口のグループLINEを作りました。 するとそれを知ってか知らずか、ママ友Aの行動はさらにエスカレートして 色んなママ友の自宅前で帰宅を待っていたりするようになってしまいました。 思い切って向き合ってみるとママ友のストーカー行為の意外な理由が…? 次第にエスカレートするママ友Aの行動に流石に怖くなり 他のママ友とも相談しましたが、なかなか良い解決策も出ず…。 仕方なく私が1人でママ友Aと話し合いをする事になりました。 大勢で話しをすると、ママ友Aが萎縮して意見が出ないと思ったので 何時間も話しをして、延々とママ友Aの話しを聞いてあげたら どうやら彼女は1人だけ専業主婦だということや、途中から入ったということを気にして、 急いで打ち解けなきゃ!!と勝手に思い込んでしまい、焦って暴走していたとの事。 しかも、旦那さんともあまり上手くいってないようでそのストレスもあったらしいのです。 その後、色々話してすっきりしたのか、ママ友Aのストーカー行為はなくなり、 ママ友たちとの関係も徐々にですがよくなってきています。 今回のようなトラブルの解決策は、相手の性格や場面にもよると思いますが、 大人数で責めたり、話し合うよりは少人数、もしくは2人きりで話すことをおすすめします。 トラブルメーカーと思っていたママ友の本当の気持ちや意外な行動の理由が分かるかも。 じっくり話して、みんなにとっていい結果が導き出せるといいなと思います。 【ママ友トラブル:case6】断れないママ友のランチ会で息子を馬鹿にされてモヤモヤ 小学4年生のママ・Tさん 35才 の場合 私がママ友との付き合いで困っていたのは、頻繁なランチ会と先輩ママ友の言動です。 当時、幼稚園の役員をしており、かなり役員の仕事が多い幼稚園だったため、 役員をしているママ友同士で頻繁に集まっていました。 お弁当持参でもできるけど、ランチに行こうという流れによくなり毎回参加してました。 私は仕事もしていないし、なにか用事がない限りは お金がないという理由ではなかなか断れませんでした。。。 ファミレスの時もあればレストランの時もあり、正直金銭的には厳しかったです。 その集まりのなかに先輩ママとしてよく面倒を見てくれて、なにかあれば声をかけてくれて しょっちゅう家にも呼んでくれるママ友(Nさん)がいました。 そのママ友(Nさん)は息子の言動をばかにしたような発言をするところがあり、 最後には、かわいいよねーと言うのがまた嫌な感じがしていました。 ママ友って本当に必要?無理して作らないのも一つの選択 そのママ友(Nさん)とは幼稚園の卒園と共に、会う機会かぐっと減り 私も次男が生まれたりで今はほとんど会っていません。 いつも決まった数人で集まったりしましたが 3年ぶりにみんなでご飯に行こうという話になった時に その中の1人が「彼女も呼ぶの?今回は私達で行きたい。 」と言ったため あぁ、私だけじゃなかったんだなぁ。 と思いました。 元々悪い人ではなく、ただちょっと人のことをネタに笑いすぎたり 自分が自分が、うちの子がうちの子がという話が多すぎて疲れることがありました。 会わない、距離を置くことで、相手への嫌な感情も薄れ、今では何ともないです。 距離を置けない場合もあると思いますが。 最近感じるのは、ママ友を作らなきゃ!の精神を捨てること。 1人でいることを気にしない。 たしかにぽつんとなると寂しかったりしますが、 子どもは3歳くらいまでは母親とだけ過ごせれば心は満たされると言います。 いずれは幼稚園などでいやでも社会へ出ます。 私が知り合いを作らないとこの子に遊び相手ができないと感じる必要はないかなと。 遅かれ早かれ、子供は友達を作るので大丈夫です。 自分が無理をしなきゃ付き合えない関係には足を踏み入れず、 程よい距離を保ちつつ、本当にいい友人に会えたら、大切にしたらいいと思います。 【ママ友トラブル:case7】え?なんで?よかれと思って言った一言でママ友が激怒! 小学4年生のママ・Mさん 33才 の場合 小学四年生になった息子が地元のスポーツクラブに入ったばかりの頃です。 練習を見に行くと、いつも監督の奥さんも練習を見ていました。 監督夫妻のお子さんもチームに所属していて、練習時はよくお話ししていました。 何か連絡事項がある時は奥さんが中心となって親同士が連絡を取り合い、 子供達をサポートしていました。 ある日、試合用のユニフォームに付けるゼッケンが配られ当然ながら縫い付けました。 配られてから2~3ヶ月位はそのゼッケンを使用していましたが、 ゼッケンを回収しそれぞれに別の番号を割り当てると言われたので取り外して持たせ、 別のゼッケンをもらいまたユニフォームに縫い付けました。 その2日後に、またしてもゼッケンを回収すると連絡がありました。 『またなの?随分頻繁だな…』と面倒臭く思いましたが、取り外して持たせました。 その後も同じようなことがあり、結局この繰り返しが4回、5回と頻繁に行われました。 そんな事に困っていたある日、私の母が「ゼッケンの四つ角にスナップボタンを付ければ、皆さんこんな面倒な思いしなくていいんじゃない?」と、アイディアをくれました。 私は純粋に良いアイディアだと思ったのですぐに奥さんにそのアイディアをメールしました。 メール送信した直後に奥さんから電話があり、出ると 「ちょっと!あれどういうことなの!?あんな事言う人、あんたが初めてだよ!みんな同じで、忙しい中やってくれてんだよ!?スナップボタンって意味分かんないんだけど!そんなの出来るわけないじゃん!」と、奥さんはびっくりするくらい大激怒! 皆さん忙しいのは重々承知してましたし、忙しいからこそ少しでも簡単に出来ればと思い アイディアを提案したつもりでしたが、まさかこんなにも怒るとは思ってもみませんでした。 元々ママ同士の付き合いが苦手だった私はスポーツクラブに迎えに行っても、 他のお母さん方の所へは怖くて行けなくなりました。 未だにお母さん方の中に溶け込めず、壁を作っています。 納得できなくても「口を出さない」が正解? そのトラブルから半年程経った時、また別の番号のゼッケンが渡るはずだったのが 息子には渡らず 監督が渡し忘れた 、奥さんが届けてくれたことがありました。 私は気まずかったのですが、奥さんは何事もなかったかのようにケロッとしてました。 それからは、スポーツクラブの用事がある時のみ連絡するようになりましたが、 前のようにお話しは出来なくなりましたし、私の中では未解決のままです。 この一件から、ママ同士で何かする時は中心人物の言う事は絶対で、何か意見があっても よほどのことがないかぎりは言わない事が無難なのだと思いました。 正直、腑に落ちない部分はたくさんありますが、仕事をしながら家事も育児もして、 更にママ同士の問題にまで力を注げるほど暇ではないし、体力も気力もありません。 続きを読む.

次の

【恐怖ママカースト】ママ友の為、入園願書の行列に徹夜で並ぶ妊婦さん

恐怖 の ママ 友

ママ友いじめに悩む方も多い 空気の良い地方でのんびり育ち、就職で上京しご主人と出会ったMさん。 東京郊外の人気の住宅地で子育てを始めたのですが、長男の幼稚園選びでとても悩みました。 あれこれ吟味した結果、彼女が選んだのは延長保育や習い事などのサービスが充実し、中には私立小への「お受験」をする子どもたちもいる幼稚園。 環境もよく、楽しい幼稚園生活が期待されるはずでした。 先生も優しくて楽しい方ばかり。 同じクラスや園バス停のお母さん達同士で自己紹介し、園生活は穏やかにスタートしました。 以前は長男を保育園に預けて仕事を続けていましたが、次男が生まれたのを機に仕事を辞め、いわゆる「幼稚園ママ」としての生活にも少し興味があって、しばらくは自宅で勉強をしながら子育てに専念するつもりでした。 5人のバス停仲間、特にR子さんとは、同じ年少組の親、しかもご近所とあって、母子ともに仲良くなりました。 R子さんは、東京の有名企業でOLとして勤めた後、30歳前に結婚退社、30代後半で出産した専業主婦。 経済的に余裕のあるR子さんは、海外旅行も頻繁に行ってとてもお洒落です。 「バブルの最後の方」にギリギリ間に合ったという若い頃の武勇伝もたくさんあり、華やかで話上手なR子さんはあっという間にバス停のリーダー的存在に。 突然始まった、ママ友グループのいじめ ところが、M子さんが子どもを連れて実家で満喫した、楽しい夏休みが明けたときのこと。 2学期が始まってMさんがバス停に行き、久しぶりに挨拶をすると、お母さんたちが全員M子さんに背中を向けて話を続けるのです。 R子さんも、Mさんが空気であるかのように視線も合わせません。 「何かあったの?」と訊いても、みんな意味ありげに顔を見合わせるだけ。 理由もわからず、毎日顔を合わせざるを得ない場所での無視にショックを受けたMさんは、ストレスで母乳が止まりました。 長男の話では、仲が良かったはずのMさんの長男とR子さんの息子も、園で全く遊ばなくなったとのことでした。 リーダー格のママ友を怒らせた! Mさんはダウンしてしまい、母子で園を1週間休みました。 休み明けに、バス停の一人のママがこっそり打ち明けてくれたことには、「R子さん、『Mさんとは合わない。 子どものお友達は選ばなきゃ』ですって」。 小学校受験塾にも通う「お坊ちゃん」イメージのR子さんの息子と、のびのび育っているMさんの息子は、確かにカラーが違います。 また、流行に疎いMさんはR子さんを細かい事で何かとイライラさせていたようなのです。 R子さんが海外で入手してきた、ご自慢のファッションアイテムの価値を知らなかったり、お受験にも興味がなく「小さい子に無理させるのは可哀相だと思う」と率直なコメントをしたり。 R子さんがママ友を取りまとめて少し遠いレストランでのランチを企画した時も、Mさんは「次男がまだ小さいので」と丁重にお断りしたのですが、それもR子さんを「せっかく誘ってあげたのに」と怒らせてしまった模様。 狭い人間関係を卒業、仕事復帰へ ママ友関係に疲れたMさんは、同じバス停や近所にこだわらず、親子共に気兼ねなく付き合える友達と連絡を取るようになりました。 次男が1歳を過ぎると保育先を探し、仕事のスキルアップの講座にも参加するようになりました。 いつしか、R子さん達はそれぞれ自分や子どもの習い事に忙しくなり、自家用車で送迎を開始して、あんなに密だったバス停グループもあっさり解散。 バス停は本来の「バスを乗り降りするための場所」になり、Mさんの人間関係も次男の保育園や講座の仲間へと広がりました。 本当はみんな、ママ友グループ内の息苦しさに悩んでいたのかも 長男も今や小学生高学年となり、Mさんは当時を振り返ってこう言います。 「ママ友付き合いは拘束時間も長いし、噂話も息苦しかった。 彼女達も本当は自分に自信がなく、心の中では嫌だと思っていても言えなかったのでは。 次男は保育園だったので、親も子も気ままに過ごしました。 お母さんたちがみんな仕事に忙しくて、ねちねちとママ友付き合いするほどの時間の余裕なんかない、それって逆に健全だなと感じましたね」。 「私は空気が読めなくて、丁度いいスケープゴートだったのかも。 どこに行っても、過度にべったりしたり仲間はずれにしたりする、女子中高生みたいな精神のお母さんっているんですよね。 あらためて考えると、全くいい大人のすることじゃないのだし、相手にしなければよかったのだけれど、どうしてあの時は我ながらあんなに思い詰めたのかしら。 今思うのは、結局あの一件は仕事復帰への背中を押してくれたんだということ。 私には仕事があってよかった。 ママ友の『政治』にどっぷり浸かっているお母さん達には、逃げ道がありませんから」。 微笑むMさんの言葉には毅然とした響きがあり、母親として、社会人としての自信を感じさせるのでした。 ママ友トラブルの具体的な対処法については、記事「」をご覧ください。 新しい環境がスタートする人も、これまでの人間関係を整理したいと考えている人も、必見です! 【関連記事】.

次の