ピーナッツ 名言 英語。 英語の名言・格言|努力し続けてきた著名人の言葉を噛み締めろ

スヌーピーの英語名言集~こころに響く一言から短文まで~

ピーナッツ 名言 英語

I can go to sleep and I know when I wake up, that leaf will still be there. — Snoopy 人生で何かしら当てにできるものがあるということを知るのはいいことだよ、あの木に生えた葉っぱのようにね。 眠りについて起きても、まだ葉っぱはそこにあるだろうから。 can count on~で「~を信用できる」、「~を頼りに出来る」といった意味になります。 2、I spend a lot of my time lying here on the doghouse. I often wonder what they do there all day. - Snoopy 僕は長い時間、この犬小屋で寝て過ごすんだ。 なぜなら 丸頭の男の子(チャリーの呼び名)と彼の友達は学校で何日も過ごすからね。 彼らは一日中あそこでなにやってるんだろう。 -スヌーピー to wonder what ~で「なにを~なのかなあ」といった自問の文章になります。 3、Sit up, lie down, roll over, play dead? What I need is a change. My life has become a bore. I need — a change. - Snoopy お座り、伏せ、ゴロン、死んだフリだって? 僕に必要なのは変化なんだ。 僕の人生は退屈になったよ。 なにもかも同じなんだ、毎日、毎日ね。 変化が必要なんだって。 - スヌーピー What I need is ~で「私に必要なのは~だ」という表現になります。 4、Y-y-yes, the clouds are beautiful. Look at all those different shapes. - Snoopy イエース、雲は美しいよ。 見てごらん、あの色々な形をさ。 - スヌーピー 5、Sometimes we writers take hours finding exactly the right word. - Snoopy 僕たち小説家はときどき、これっていう正しい言葉を見つけるのに何時間もかかるんだ。 - スヌーピー 「writers」の前に「we」を付けることで、「私たち小説家は」といった文になります。 - Snoopy 優れた小説家というのはときどき言葉が速く浮かびすぎて紙に書くこともろくにできないんだ。 - スヌーピー can hardly+動詞で「ほとんど~できない」、「ろくに~できない」といった表現になります。 In fact, sometimes being a dog can be a distinct advantage. - Snoopy 僕だって学校に行って教養を得ることもできたよ。 オデッセイ、ロード・ジム、ブリーク・ハウスなんかを勉強することもできた。 でも僕が犬だっていうだけで、彼ら(人間)の馬鹿げた学校には行けないって言うんだ。 一方でちょっと休憩したいときには彼らは僕が犬だろうと気にしない。 それどころか犬であることがときどきすごく有利になったりもする。 - スヌーピー on the other handには「他方では」、「一方」、「それに対して」などの意味があります。 8、I think there must be something wrong with me, Linus. I just dont understand Christmas, I guess. I always end up feeling depressed. -Charlie Brown 思うに僕はどこかおかしいみたいなんだ、ライナス。 クリスマスが近づいてるっていうのに嬉しくないんだ。 感じるはずの感情が沸かないんだよ。 ただクリスマスが理解できないんだ、と思う。 プレゼントをもらうのも、クリスマスカードを送るのも、クリスマスツリーに飾り付けをするのも好きなんだけど、それなのに嬉しくないんだ。 いつも結局は落ち込んじゃうんだよ。 - チャーリー・ブラウン be supposed to +動詞で「~するはずだ」、「本当は~しなければならない」、「~するべきだ」という言い回しになります。 9、Nothing takes the taste out of peanut butter quite like unrequited love. -Charlie Brown どんなものもピーナッツバターの味を取り除くことはできない、ちょうど片思いの味のように。 - チャーリー・ブラウン unrequited loveで「片思い」 10、I know nobody likes me. Why do we have to have a holiday season to emphasize it? -Charlie Brown 誰も僕のことなんて好きじゃないってことは分かってる。 なんでそのことが強調されるホリデーシーズンなんてあるんだろう? - チャーリー・ブラウン to emphasizeは「強調する」という動詞です。 -Charlie Brown 新しい哲学を開発したよ。 一度に一日分しか心配しないことにする。 - チャーリー・ブラウン to developは「開発する」、「作る」などを意味する動詞です。 one day at a timeは通常「一日一日を」、「 その日その日を」、「 一度にできるだけ」などの多くの意味がありますが、この場合は「一度に一日だけ」といった意味で使われています。 -Charlie Brown 夜、僕は横になって聞くんだ、「何がいけなかったんだろう」って。 すると声がして僕に言うんだ、「それは一晩じゃ分からないよ」って。 - チャーリー・ブラウン to go wrong で「うまくいかない」、「間違った方向に進む」という表現になります。 15、Absence makes the heart grow fonder, but it sure makes the rest of you lonely. -Charlie Brown 人の不在はあなたのハートを愛情深くさせるけど、それ以外の部分は寂しくさせるんだ。 - チャーリー・ブラウン Absence makes the heart grow fonderは英語のことわざで、「遠ざかるほど思いが募る」といった意味です。

次の

偉人 スヌーピー(ピーナッツ) 名言集(英訳付)|心の常備薬

ピーナッツ 名言 英語

そもそもスヌーピーのストーリーをあまり知らないという人は多いのではないでしょうか? 世界的漫画であるのは知っているけれど、どうして有名なのか知らず、何となく知っているという人もいますよね。 今回はそんなスヌーピーの知らなかった情報などもご紹介します! 漫画:ピーナッツ 1950年に連載がアメリカで開始した漫画「ピーナッツ」 そのピーナッツの主人公としてスヌーピーが誕生した。 ビーグル犬のオスで、デイジーヒル子犬園で誕生した。 8匹兄弟で、チャーリー・ブラウンがスヌーピーを引き取り、一緒に生活をする。 スヌーピーはSnoop(=うろうろする)という英語から来ていると言われています。 スヌーピーはチャーリー・ブラウンとの絆はすごく固いものですが、なかなか名前を覚えず「丸頭の男の子」と、チャーリー・ブラウンの見た目でどういう人物か認識しているんです。 ピーナッツの作者、スヌーピーの生みの親はチャールズ・M・シュルツ。 チャールズは1922年11月26日に生まれ、2000年2月12日に永眠した、アメリカの漫画家を代表するひとりとされています。 代表作は「ピーナッツ」で、自分の人生とピーナッツの物語を重ねて来た部分が多く見受けられます。 チャールズは貧しい過程で生まれ育ち、アメリカのミネソタ州で生まれ育ちました。 チャールズは小さい頃から絵がとても上手く、幼い頃から画家を志すようになりました。 チャールズが13歳のときに初めて飼った雑種犬が、とっても頭がよく、まるで人間の言葉を理解しているかのようで、それを元にまんがを書いた。 それが紛れもないピーナッツのスタートであり、スヌーピーはチャールズが当時飼っていた犬で、チャーリー・ブラウンはチャールズ自身を描いてることがよくわかります。 チャールズは働きながらも、漫画家になる夢を諦めきれず、まんが投稿を続けます。 1947年についに夢が叶い、ピーナッツの元になった原作「リル・フォークス」が地元新聞に掲載されました。 その3年後、ついにピーナッツの連載が開始しました。 ピーナッツは食べ物のピーナッツという意味であるとよく勘違いする人が多いですが、実は「Peanuts(困っている人たち)」という意味があるんです。 子供の頃に誰もが持った悩みなどをピーナッツで表現することで、どんな葛藤も乗り越えてほしいというメッセージを込めたのです。 そしてピーナッツは瞬く間に人気な作品となり、世界中で読まれる作品となりました。 貧しい家庭で生まれ育ってきたチャールズでしたが、瞬く間に有名人になったのです。 まさに、苦悩を乗り越えた人生でしたが、成功をしてきたことを、ピーナッツのスヌーピー達のセリフを通して伝えてきました。 そんなたくさんの作者の思いが詰まっているスヌーピー。 そろそろ登場人物やキャラクターが気になりますよね! スヌーピーのメインキャラクターをご紹介します。 スヌーピー:チャーリー・ブラウンの犬。 チャーリー・ブラウンとスヌーピーの出会いは公園。 幼い頃チャーリー・ブラウンが公園の砂場で遊んでいると、知らない男の子に砂を振りかけられる。 突然のことにびっくりし、チャーリー・ブラウンは泣き出し、それを見たチャーリー・ブラウンの母親が翌日チャーリー・ブラウンを慰めるために子犬を引き取ることを決意する。 そのときの子犬がスヌーピー。 スヌーピーの誕生日は8月10日とされていて、公式的にも認められている。 性格はかなりのナルシストで、かなりナルシストなセリフが多く見られる。 好きな食べ物は、普通の犬なら食べないものが多い。 たとえばチョコチップクッキーやコーラなど。 ウッドストックという黄色い鳥がスヌーピーの親友で、ウッドストックはスヌーピーの言葉を理解できる。 チャーリー・ブラウン:スヌーピーの飼い主の男の子。 親友のライナスと一緒にいることが多い。 チャーリー・ブラウンはチャールズを描いたものであると言われているが、実際チャーリー・ブラウンは実在したチャールズの旧友。 けれども、チャーリー・ブラウンは自分自身とチャールズは語っているので、ふたりを合わせた架空のイメージでできているのだと考えられる。 あまり冴えない男の子。 女運があまり良くない。 同情してしまうことが多く、他者の気持ちを理解しようといつも試みている。 日本の大人気漫画「四月は君の嘘」では、スヌーピーの名言を言っているキャラクターがいます。 そのなかでも「海図にない海を帆走するには勇気がいるのよ!」と四月は君の嘘でかをりが言っているシーンがありますが、これはスヌーピーの言葉。 四月は君の嘘のようにスヌーピーに影響された漫画も多いんです!四月は君の嘘は日本でも人気の漫画。 四月は君の嘘も夢に向かう物語。 その中で、夢を掴むために必要なヒントがスヌーピーの名言に残されているんでしょうね。 まさか四月は君の嘘のスヌーピーのセリフがあったなんて思った人は、是非四月は君の嘘をチェックしてみてください。 四月は君の嘘は漫画だけでなくアニメの四月は君の嘘もありますので、まだ読んだことがないという人も四月は君の嘘をスヌーピーと一緒にチェックしてみてはいかが? スヌーピーの名言を見てから、四月は君の嘘を読むともっと面白いです!.

次の

短い英語の名言・格言集。覚えやすく心に残る言葉!

ピーナッツ 名言 英語

そもそもスヌーピーのストーリーをあまり知らないという人は多いのではないでしょうか? 世界的漫画であるのは知っているけれど、どうして有名なのか知らず、何となく知っているという人もいますよね。 今回はそんなスヌーピーの知らなかった情報などもご紹介します! 漫画:ピーナッツ 1950年に連載がアメリカで開始した漫画「ピーナッツ」 そのピーナッツの主人公としてスヌーピーが誕生した。 ビーグル犬のオスで、デイジーヒル子犬園で誕生した。 8匹兄弟で、チャーリー・ブラウンがスヌーピーを引き取り、一緒に生活をする。 スヌーピーはSnoop(=うろうろする)という英語から来ていると言われています。 スヌーピーはチャーリー・ブラウンとの絆はすごく固いものですが、なかなか名前を覚えず「丸頭の男の子」と、チャーリー・ブラウンの見た目でどういう人物か認識しているんです。 ピーナッツの作者、スヌーピーの生みの親はチャールズ・M・シュルツ。 チャールズは1922年11月26日に生まれ、2000年2月12日に永眠した、アメリカの漫画家を代表するひとりとされています。 代表作は「ピーナッツ」で、自分の人生とピーナッツの物語を重ねて来た部分が多く見受けられます。 チャールズは貧しい過程で生まれ育ち、アメリカのミネソタ州で生まれ育ちました。 チャールズは小さい頃から絵がとても上手く、幼い頃から画家を志すようになりました。 チャールズが13歳のときに初めて飼った雑種犬が、とっても頭がよく、まるで人間の言葉を理解しているかのようで、それを元にまんがを書いた。 それが紛れもないピーナッツのスタートであり、スヌーピーはチャールズが当時飼っていた犬で、チャーリー・ブラウンはチャールズ自身を描いてることがよくわかります。 チャールズは働きながらも、漫画家になる夢を諦めきれず、まんが投稿を続けます。 1947年についに夢が叶い、ピーナッツの元になった原作「リル・フォークス」が地元新聞に掲載されました。 その3年後、ついにピーナッツの連載が開始しました。 ピーナッツは食べ物のピーナッツという意味であるとよく勘違いする人が多いですが、実は「Peanuts(困っている人たち)」という意味があるんです。 子供の頃に誰もが持った悩みなどをピーナッツで表現することで、どんな葛藤も乗り越えてほしいというメッセージを込めたのです。 そしてピーナッツは瞬く間に人気な作品となり、世界中で読まれる作品となりました。 貧しい家庭で生まれ育ってきたチャールズでしたが、瞬く間に有名人になったのです。 まさに、苦悩を乗り越えた人生でしたが、成功をしてきたことを、ピーナッツのスヌーピー達のセリフを通して伝えてきました。 そんなたくさんの作者の思いが詰まっているスヌーピー。 そろそろ登場人物やキャラクターが気になりますよね! スヌーピーのメインキャラクターをご紹介します。 スヌーピー:チャーリー・ブラウンの犬。 チャーリー・ブラウンとスヌーピーの出会いは公園。 幼い頃チャーリー・ブラウンが公園の砂場で遊んでいると、知らない男の子に砂を振りかけられる。 突然のことにびっくりし、チャーリー・ブラウンは泣き出し、それを見たチャーリー・ブラウンの母親が翌日チャーリー・ブラウンを慰めるために子犬を引き取ることを決意する。 そのときの子犬がスヌーピー。 スヌーピーの誕生日は8月10日とされていて、公式的にも認められている。 性格はかなりのナルシストで、かなりナルシストなセリフが多く見られる。 好きな食べ物は、普通の犬なら食べないものが多い。 たとえばチョコチップクッキーやコーラなど。 ウッドストックという黄色い鳥がスヌーピーの親友で、ウッドストックはスヌーピーの言葉を理解できる。 チャーリー・ブラウン:スヌーピーの飼い主の男の子。 親友のライナスと一緒にいることが多い。 チャーリー・ブラウンはチャールズを描いたものであると言われているが、実際チャーリー・ブラウンは実在したチャールズの旧友。 けれども、チャーリー・ブラウンは自分自身とチャールズは語っているので、ふたりを合わせた架空のイメージでできているのだと考えられる。 あまり冴えない男の子。 女運があまり良くない。 同情してしまうことが多く、他者の気持ちを理解しようといつも試みている。 日本の大人気漫画「四月は君の嘘」では、スヌーピーの名言を言っているキャラクターがいます。 そのなかでも「海図にない海を帆走するには勇気がいるのよ!」と四月は君の嘘でかをりが言っているシーンがありますが、これはスヌーピーの言葉。 四月は君の嘘のようにスヌーピーに影響された漫画も多いんです!四月は君の嘘は日本でも人気の漫画。 四月は君の嘘も夢に向かう物語。 その中で、夢を掴むために必要なヒントがスヌーピーの名言に残されているんでしょうね。 まさか四月は君の嘘のスヌーピーのセリフがあったなんて思った人は、是非四月は君の嘘をチェックしてみてください。 四月は君の嘘は漫画だけでなくアニメの四月は君の嘘もありますので、まだ読んだことがないという人も四月は君の嘘をスヌーピーと一緒にチェックしてみてはいかが? スヌーピーの名言を見てから、四月は君の嘘を読むともっと面白いです!.

次の