パチスロ 悪魔 城 ドラキュラ 天井。 悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow

パチスロ悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow(悪魔城ドラキュラ4ロードオブシャドウ) 新台,天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

パチスロ 悪魔 城 ドラキュラ 天井

どちらも高設定ほど優遇されている。 設定 スイカ 弱チェリー 強チェリー 1 4. 3% — 12. 5% 2 4. 3% 0. 4% 12. 5% 3 5. 1% — 12. 5% 4 7. 0% 1. 2% 14. 5% 5 7. 8% — 16. 0% 6 7. 8% 2. 0% 16. 全8種類あり、中には高設定確定画面あり。 1% 強チェリー 50.

次の

悪魔城ドラキュラ4 |天井・狙い目・スペック・設定判別・フリーズ

パチスロ 悪魔 城 ドラキュラ 天井

1枚という強力なART「バトルゾーン」だ!このARTは1セット30ゲームで、規定ゲーム数消化かボーナス成立まで継続する。 高い連チャン性があり、突入後は66%、77%、88%、99%のいずれかの確率で継続抽選が行なわれる。 99%継続の振り分け率も平均25%を誇るので、ART突入後は大連チャンを期待してもいいだろう。 また、ボーナス中の成立役にも秘密があり、BIG中にチェリーが入賞すればチャレンジゾーン中のパンク回避ナビが発生し、REG中にハズレを引けばART継続率アップのチャンスとなるぞ。 まずは パチスロ「悪魔城ドラキュラ」攻略 の基本となる機械割から要チェックだ! 基本仕様- 悪魔城ドラキュラ KPE 5号機 パチスロ「悪魔城ドラキュラ」-ボーナス抽選確率&機械割 7. 払い出し枚数が348枚を超えると終了、純増枚数は約260枚。 終了後はRT(チャレンジゾーン)へ突入。 ・REG 「赤7・赤7・青7」揃い、「青7・青7・赤7」揃い。 払い出し枚数が59枚を超えると終了、純増枚数は約45枚。 終了後はRT(チャレンジゾーン)へ突入。 RT(チャレンジゾーン)について 本機には、ARTの契機となる「チャレンジゾーン」と呼ばれるRTが搭載されている。 ボーナス成立時にARTに当選していなかった場合に、チャレンジゾーンへ突入する。 RT中に、規定ゲーム数(最大40G)を消化することによりARTへ突入。 滞在するステージにより、規定ゲーム数が異なる。 倉庫<大聖堂<回廊 となっており、 回廊まで来ればARTは目前! 通常時に獲得できる十字架を多く持っていればいるほど、ART突入率が高くなる。 RT中のナビは、BIG中の3択チェリー入賞により獲得できる。 ナビがある場合は、チェリー成立時に「左リールに狙うべき絵柄」のナビが入る。 コウモリの色と同じ色のボーナス絵柄を左に狙えば、チェリー入賞を回避できる。 RTは、チェリー入賞により終了する。 ARTまでの規定ゲーム数が違うだけで、あとはチャレンジゾーンと全く同じ仕様。 ART(バトルゾーン)について 本機には、バトルゾーンと呼ばれるART機能が搭載されている。 ボーナス成立時にART抽選に当選した場合、またはRT中に規定ゲーム数を消化した場合にARTへ突入する。 ARTは30Gワンセット。 ARTは、「ボーナス成立時」・「ART継続抽選に漏れた時」・「チェリー入賞」により終了。 チェリー入賞に関しては、チェリー成立時には必ずナビが入るため回避可能。 コウモリの色と同じ色のボーナス絵柄を左リールに狙い、中・右リールは適当打ちでOK。 ART終了後は、リベンジモードと呼ばれるRTへ突入。 ART中は、1Gあたり約1. 1枚のペースでコインが増加していく。 編集後記 設定が見抜ける上に99%ループの機種となれば、お知らせしないわけにはいかない!! ということで、「悪魔城ドラキュラ」大公開です。 まず本機で勝つために、下記事項を覚えておこう。 ・リプレイ+赤REGの重複フラグが頻出したら設定6の期待大! ・ARTの継続率に大きな設定差がある!突入率は参考程度に。 ・天井は次回ボーナスまでのART+ボーナス後は必ずART突入! (間近の台があれば積極的に狙って行こう) ・十字架は5個以上溜まってれば狙い目?! 「リプレイ+赤REG」の出現率は設定6の看破に活用しよう! ART継続率は設定の高低を探るのに役立つので、詳しくは2P「高設定のポイント」を参考に、高設定を掴んでいくようにしよう。 勝利への近道だ! また天井に近い台、十字架が多くたまっている台を狙うのも有効なので、台チェックは欠かさずにしよう。 「 24時間現金で打って換金できる 」ので、家打ちスロッターが急増中だ! 激熱のボーナスゲームは、 5分間で10万円〜20万円 万枚相当 が狙える!.

次の

悪魔城ドラキュラ

パチスロ 悪魔 城 ドラキュラ 天井

ボーナスに当選すればART確定となる。 内部状態は背景ではなく、後者の3パターンで示唆される。 滞在中のレア役はおもにCZを抽選する。 レア役(チャンス目以外)を引けばART直撃のチャンス、高確中に当選したボーナスもART期待度がアップする。 [魔力石モード] レア役時に魔力石を獲得すれば、下パネル(下液晶)にメダリオンが表示され、ART前兆の魔力石モードに移行する。 滞在中は魔力石の数が増えるほどエフェクトの色が変化し、赤までいけば大チャンス。 ラストは専用の連続演出(魔力石バトル)に発展してARTの当落が告知される。 「魔力石モード中の抽選解説」 魔力石モードはいわゆる前兆状態であるため、突入した時点でARTの当落は決まっているが、当選していなかった場合でも滞在中のレア役でART当選への書き換え抽選がおこなわれる。 もちろんすでに当選していた場合はARTのセット数をストック。 また、滞在中にボーナスを引けばART確定となるところもポイントといえる。 エフェクトが消えたら残りは押し順に従ってフリー打ちでOK。 消えなかった場合は次のリールにも黒BARを目押し。 当選時はART開始直後にエンカウントゾーンへ突入する。 ストックバトルからはセット数だけでなく、特化ゾーンへの移行もあるため、いかにストックバトルへ突入させるかが勝利のカギを握っている。 「継続バトルによる抽選」 ラスト10Gの継続バトルはセット数ストックがあれば勝利確定。 当選すれば砂時計が出現して減算がSTOPされる。 「BAR高確との違い」 ART中にレア役で移行するBAR高確との違いは「残りゲーム数」が表示されているかいないかのみ。 基本的な性能はほぼ同じ。 【継続率を参照した10G間のジャッジ演出】 ARTのラストに突入する10G間の継続演出。 対戦相手はカーミラ固定で、消化中は多彩なチャンスアップが存在。 バトルは開始時に勝敗が決まっているが、消化中のレア役やSINによる勝利書き換えやストック抽選もある。 ただし、継続バトル中は当選しても告知が発生しないため、裏ストック扱いとなる。 【セット数ストック獲得をかけたバトル】 おもにBAR揃いから突入するバトル。 機械獣〜シルバーウォリアーの期待度は同じだが、勝利時のエクストラチャンス獲得率が異なる。 「2回チャンスをものにすればエクストラチャンス確定」 バトル中は複数回のジャッジ演出が発生。 対戦相手によって回数は異なるが、1回成功すればセット数ストック、2回成功すればエクストラチャンス突入が確定する。 ストックした場合は継続バトルと同じく目に見えない「裏ストック」扱いとなる。 【ストックバトル勝利の報酬として突入する可能性あり】 ストックバトル勝利の一部で移行する、「3種類の恩恵」を決定する1G完結のルーレット演出。 基本的に移行した時点でセット数ストックは確定しているため、ここでさらなる追加特典をゲットできるわけだ。 ボーナスを引いた場合は最強の特化ゾーン「ヴァンパイアキラーボーナス」が開始する。 「チェインバトル解説」 停止時は再びストックバトルに突入するため、勝利すればセット数複数ストックやエクストラチャンス再突入の好機となる。 第1or第2停止時にボイスが発生したり、レア役が成立すれば継続確定。 また、コンボ中にボーナスを引けば最強の特化ゾーン「ヴァンパイアキラーボーナス」が確定する。 「ヴァンパイアロード決戦解説」 上乗せ期待度が大幅にアップする1セット20Gの上乗せ特化ゾーン(最上位ART)! [ボーナス当選でヴァンパイアキラーボーナス] ストックコンボ中と同じく、滞在中にボーナスを引けば最強の「ヴァンパイアキラーボーナス」に突入。 ストックコンボでボーナスを引く…というのはゲーム数的にも難しいため、キラーボーナスへのメインルートはヴァンパイアロード決戦といえる。 フラッシュはショート・ロングの2種類があり、ロングなら強レア役の期待大。 見た目上ではちょっとわかりづらいが、フラッシュしている時間が長ければロングと思っておけば比較的、判別しやすい。 リール左にある魔力石ランプの色でエンカウントゾーン期待度が示唆される。 ただし、レア役確率は通常のボーナス中と同じく大幅にアップしているため一撃超大量上乗せに期待できる。 つまり、レア役に偏れば凄まじい上乗せに期待できるわけだ。 強い示唆セリフは、ポイントとなる文字(『6』なら設定6など)が青色で表示されるためかなりわかりやすい。 また、魔力石モードは突入時だけでなく、滞在中も成立役でARTを抽選するため、前兆ステージというよりCZに近い性格を持っている。 【高確移行に影響するHi・Loモードの抽選】 Hiモードへの昇格は弱チェリーでおこなわれ、高確ゲーム数の獲得はHi・Loモード共通でチャンス目時に抽選。 Hiモード中はチャンス目による高確ゲーム数獲得率が高いのだが、同時にLoモードへの転落も抽選される。 確率的にもクリアのメインはSINとなるのだが、SINは見た目上、ハズレとの区別がつきづらい。 そのため、レア役を引かなくても毎ゲームアツくなれるゲーム性となっている。 【ボーナス当選状況によっても期待度が変化】 ボーナス中は消化中のレア役でART(見た目上はジャッジ演出である魔力石バトル)を抽選するのだが、各ボーナスが低確or高確中のどちらで当選したかによっても滞在中の期待度が変化。 高確中に当選したボーナスならART当選率が大幅にアップする。 ボーナス終了後に魔力石バトル発生でチャンス! 勝利すればART突入が確定! 「小役によって当選時のバトルが変化」 ボーナス中はレア役によって当選時のバトルの種類(A〜C)が変化。 バトル当選タイミングでバトルの種類に応じて勝敗(ART当否)の抽選がおこなわれる。 勝敗はボーナス終了後のバトルで告知されるためボーナス中に判別することはできないが、内部的に当選していた場合は以降のレア役でARTのセット数ストックが抽選される。 ボーナス中のオールベルも魔力石バトル当選が確定する。 【ART中はレア役でBAR高確を抽選】 エンカウントゾーンとほぼ同性能であるBAR高確はレア役で抽選。 当選時は契機となった役によってAorBという2つのテーブルが選択され、決定したテーブルに応じてBAR高確自体のゲーム数が振り分けられる。

次の