君 が 笑っ て くれる なら 僕 は 悪 に でも なる。 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる(アカン)|ギリ|note

君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

君 が 笑っ て くれる なら 僕 は 悪 に でも なる

「ボーカルが1番好きです」 2018年9月3日、毎週月曜更新ジャニーズweb連載『ウチにおいでよ』の中で、内くんがそう書いていた。 ちょうど1週間前、Summer Paradise 2018のステージに立っている最中、内くんは「バンドのボーカル楽しいなあ」と思っていたらしい。 ボーカルはやりがいがある、とのこと。 ド直球の言葉が胸に、ずばん、と響いた。 嬉しくて泣きそうになった。 歌って踊る内くんにずっと出会いたくて、死ぬほど焦がれて、やっと出会えたその日に、内くんが「歌うの楽しい」って思ってくれていた。 それを知ってほっとした。 こちらからの一方的な願いではなかったということに、心の底から安堵した。 「歌っている内くんを望むことを許された」、そんな気がした。 しかし内くんは続く文章の中で「二度とライブやらないとは言ってないから」という旨の供述をしているのだが…… いやいやいや8月6日更新分の連載内での匂わせ発言みたいなの何だったの!? 「自分の中でこの夏のライブが最後かなって思ってる」みたいなこと言ってたじゃん!?!? と、ぎゃあぎゃあ騒ぎつつも、大人しく内くんがボーカルを務める次の現場を首を長くして待つことにする。 もちろん10月からの舞台『まさに世界の終わり』も楽しみにしてる(演技をする内くんに興味のある人はプレイガイドでもチケット売ってるからね!)。 去年の9月から月一ペースで書いている要望ハガキは、2年目も無理せずがんばりたい。 何かしらの形で内パラの映像化頼むよマジで。 月一要望ハガキ8月分その2。 どうか、どうか映像化して下さい。 今回から宛先を以下のサマパラ2018仕様にしたので参考までに。 だからまた、ライブで会わせてね。 ko-mochi.

次の

空と君のあいだにの歌詞

君 が 笑っ て くれる なら 僕 は 悪 に でも なる

中島みゆきさんが紫綬褒章にをもらいましたね。 中島みゆきさんのコメント 「思いがけずうれしいことの表現に『棚からボタもち』と申しますが、今の私の気持ちは、ボタもちどころではございません。 『棚から本マグロ』、これくらいの驚きでございます」 70年代,80年代,90年代,2000年代・・・長く永く活躍していますね。 小学生の時,中学生の時,高校生の時,大学生の時,就職したての頃・・・その都度,思い出の中島みゆきがいる。 「悪女」「世情」「春なのに」「タクシードライバー」「狼になりたい」「誕生」「夏土産」「ファイト」「あばよ」「Maybe」「地上の星」「かもめはかもめ」「黄砂に吹かれて」「群衆」「with」などと思いつくままに好きな歌を並べてみた。 中島みゆきの歌を道徳の時間に使ったことがある。 「空と君とのあいだには」 「空と君のあいだに」は「家なき子」の主題歌。 ドラマの方は見たり見なかったり。 その時間に家に帰っていることが少なかったからね。 辛い思いをしている大切な人が笑顔になるならば,悪にでもなる・・・(「容疑者xの献身」のような) この歌の「僕」は『家なき子』で安達祐実に寄り添っていた犬のリュウらしい。 リュウも,大切な人を守ってあげたいという気持ちが強かったんだなぁ。 道徳的な指導には力を入れている。 学級通信は年間100号。 その内3分の1は道徳かもしれない。 でも,道徳の時間は苦手。 価値項目が偏ってしまう。 「君が笑ってくれるなら,僕は悪にでもなる」についてどう思うか。 これだけで1時間話し合った。 (「話し合う」と言うより「意見を出し合う」だな) 価値項目は,なんだろう。 「正義」と「愛」か?.

次の

空と君のあいだに【COVER】君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

君 が 笑っ て くれる なら 僕 は 悪 に でも なる

「空と君のあいだに」は犬目線で書かれた曲 Wikiには以下のように書かれています。 歌詞は同ドラマの主人公すずの愛犬リュウの目線から歌ったもの。 そのためミュージック・ビデオにも多数の犬が登場する。 また、中島が主題歌を依頼された時点で設定が「犬を連れた家のない少女が主人公」しか決まっておらず、唯一の手掛かりである犬の写真だけでイメージを膨らませて曲を書いた。 中島曰く「犬の気持ちで見れば、犬が見えているのは『空』と『君』しかないんです」 引用元: 歌詞の内容があまりにもドラマにピッタリだったので、てっきり台本を最初から最後まで読み込んで作った曲かと思ってましたが、まさか 「犬を連れた家のない少女が主人公」という設定と 「犬の写真」だけを手がかりに作っていたとは驚きでした。 みゆきさんならどんなテーマでお願いしても名曲に仕上げてくれそうですね。 いずれにしてもみゆきさんのコメントから察するに「空と君のあいだに」は犬目線で書かれた曲であることが濃厚です。 今回はそのことを前提に歌詞の解釈をしていきたいと思います。 スポンサーリンク 君が涙のときには僕はポプラの枝になる 個人的な意見ですが、みゆきさんは「歌い出し」のワンフレーズに命をかけてるんじゃないかと思うような曲が沢山あります。 そしてそんな曲は例外なく超がつく名曲です。 「空と君のあいだに」もそんな超名曲のひとつ。 実はこの曲の中で一番好きな部分が歌い出しのワンフレーズだったりします。 君が涙のときには僕はポプラの枝になる 孤独な人につけこむようなことは言えなくて 「ポプラの枝になる」という表現が非常にみゆきさんっぽくていいですよね。 解釈には色々とあるようですが、個人的には 「防風林としてのポプラ」という解釈が好きです。 防風林とは家屋を強い風からの守る木々のことを指します。 そう解釈すると「君が悲しいときは僕がそばにいて君を守るよ」と読み取ることができます。 これだけでも十分ロマンチックなのですが、続く 「孤独な人につけこむようなことは言えなくて」というフレーズがあるからこそ冒頭の歌詞がみゆきさんらしいなと感じられます。 「孤独な人につけこむようなことは言えなくて」とはつまり、悲しんでる君に安易に優しい言葉をかけたくないという心情が感じ取れます。 例えば、落ち込んでる人にやさしい言葉をかければ簡単に取り入ることができます。 本当は相手を思いやる気持ちが全くなかったとしても。 だから僕はただ黙ってそばにいることを選んだのだと私は解釈しています。 なぜなら僕の目的は君に気に入られることじゃなく君を守ることなのだから。 みゆきさんの歌は 「人知れず誰かを支えている誰か」にスポットを当てることが多いように感じます。 例えば「タクシードライバー」という曲では、顔を泣きはらして乗車してきた女性に対して、何があったのか聞くわけでもなく、天気予報が外れた話と野球の話を何度も繰り返すという歌詞がありますし、「蕎麦屋」という曲では、友達との他愛もない会話の中の一言に救われたりする場面が描かれています。 直接的ではなくとも、人知れず自分を支えている誰かがいることをみゆきさんの歌は気づかせてくれます。 歌い出しだけで随分と長い考察になりましたが、それだけ重要なフレーズだと個人的には感じています。 スポンサーリンク 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる そしてもうひとつハッとさせられるのがサビの最後。 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる この歌詞本当に台本見ないで書いたんですか?笑 と言いたくなるくらいドラマにドンピシャな歌詞です。 「家なき子」の中で主人公のすずはお母さんの治療費を稼ぐために沢山の悪いことをします。 ときには盗みを働いたことも。 でも全ては誰かを守るためなんです。 誰かを守るために悪いことをするのは果たして本当に悪なのか? そんな問いかけをされているようにも感じます。 自分のための悪行は悪。 誰かのための悪行は愛。 正しいかどうかは別として、そんなふうに考えることも出来るかもしれませんね。 少なくとも物語の中で愛されるヒール役はほとんど後者のように思います。

次の