喪中はがき いつまで。 喪中はがきはいつまでに出す?文例も合わせて詳しく解説

喪中や忌中はいつまで?してはいけないことってどんな事?

喪中はがき いつまで

スポンサーリンク 喪中ハガキが友達から来たら返事は必要? そもそも喪中ハガキってなんでしょう? 喪中ハガキとわ、1年以内に親や兄弟近親者に不幸があった場合 私は喪に服している(身を慎んで生活します)ので新年のはがきを書くことができません。 年賀状が書けませんという理由をお知らせしているという趣旨のものなので、 「喪中はがき」を出した人から年賀状が送られてきても構いませんが 私から、年賀状を書くことはできませんって意味です。 喪中ハガキは、だいたい9月から12月の前半に届きます。 ここで本題の喪中ハガキが友達から来たら返事は必要?かどうかですが、 基本的に、返事をする必要はありません。 しかし、何か友達のためにしてあげようって思うことは自然な事です。 そんな人は、2つの返事の方法がオススメです。 喪中はがきできて、メールで返してもいいのと思われる方もいると 思いますが、友達の場合特に決まったマナーやルールはなく 相手を思いやるメールをするといいでしょう。 喪中はがきで初めて知った方は 線香なども一緒に送るといいかもしれませんね。 スポンサーリンク 喪中ハガキが友達から来たら返事はいつまでに返すの? 喪中ハガキは、だいたい早くて9月~遅くても12月の前半に届きます。 特に、決まった日はありませんが。 相手にお悔やみを伝えるという気持ちを込めて すぐに返事をしましょう。 メールやSNS、LINEで返事をする場合は 喪中ハガキが来た後に、出来るだけ早く返しましょう。 喪中見舞いで、はがきや、手紙を送る場合もすぐに送るようにして下さい。 どんなに遅くても年内には届くようにしておくといいと思います。 年末には間に合わない場合は、 1月7日以降に寒中見舞いとして出すのも一つの手です。 寒中見舞いとは、季節のご挨拶や近況報告や健康面に気を遣う 挨拶状になります。 これは、お祝いの意味が含まれていませんので 喪中見舞いとしても使われます。 もし喪中はがきが、12月末に来た場合には寒中見舞いとして返事をするといいでしょう。 喪中ハガキが友達から来たら返事の文例はどう書くの? これまで、メールや喪中見舞いを説明してきましたが、 これから、詳しく文例を紹介していきます。 メールでの返事の文例の前に抑えてほしい事3つを紹介します。 1 友達だかといってあまり崩したメールにしないように 2 お悔やみの言葉は丁寧にする 3 相手を気遣う事を忘れない この3つを考慮して例文をご紹介します。 例文 挨拶状、ありがとうね。 はがきをみて初めて知ったよ。 これから、寒くなるけど身体に気をつけて、 何かあったらすぐ連絡してね。 喪服中って事なので、新年の挨拶は遠慮しとくね。 なんてメールをすれば 友達にも喜ばれると思います。 続いて、喪中見舞いですが。 ここでは、友達にはがきや手紙を 送っても相手の親族に見られてしまう可能性も ありますし、わざわざ喪中見舞いとして 送るわけですからここは丁寧に常識ある喪中見舞いを 送ってあげるといいでしょう。 ここがポイント 1 ハガキの場合は句点、読点を使わない 2 ご挨拶状を頂いた御礼と、ご不幸を知らずに居た失礼をお詫び 3 お悔やみの言葉と慰めや励ましを 4 こちらからも年賀状を遠慮させて頂く旨をお伝えします 5 家族が寂しい新年を迎えることへの慰めと励ましの言葉 6 最後に日付をつける これらを考慮して、例文をご紹介します。 お香典や生前好きな物を選んで送ってあげるのもいいでしょう。 まとめ 喪中ハガキの返事は、一般的に 必要ではありません。 ただ、何かお悔やみの気持ちを伝えたい人は、 メールや喪中見舞いで気持ちを伝えるのは全然ありだと思います。 友達から喪中はがきが来たら出来るだけ早めに返事してあげましょう。 友達なので、そんなにかしこまった形で返事をしなくてもいいともいますが、 親しい仲のも礼儀ありという事で、メールでの返事を送る方が多いと思います。 その際には 1行でも丁寧な文を入れておくと友達に より真剣な気持ちが伝わると思います。 大事なのは、気持ちです。 どんな形でも、友達であればちゃんと伝わるんじゃないかと思います。 たいへんな時期や不安で寂しい時期は誰でもいずれはやってくるものです そんな時、助けあえる友達というのは かげないのない財産だと思います。

次の

喪中や忌中はいつまで?してはいけないことってどんな事?

喪中はがき いつまで

喪中はがきはいつまでに出せばいいの? 喪に服すとは 家族や近親者が亡くなった時に、その死を慎み、静かに過ごすことを「喪に服す」と言います。 そして喪に服す期間を「喪中」と言います。 明治時代には法律で喪中期間が決まっていました。 それが現代にも引き継がれ、一般的に父母の場合は亡くなった日から49日間を喪中とし、その間は亡くなった方の死を慎み、喪服を着用し、お祝い事を慎む期間になります。 喪中の範囲は2親等です。 忌中は故人をお祀りして供養する期間で、1年間が一般的です。 さすがに喪服を1か月以上も着るというのは現実的ではないので、実行されていません。 喪中に際して 喪中や忌中の期間は、故人の身内は慶事や祭事を避けて、神社への参拝や、結婚式などの祝い事、海外旅行、家の新築・改築なども慎み、祝い事への招待があった場合、先方の了承を得るのが基本でした。 さすがに、招待について先方の了解を取ることは、あまり聞いたことがありませんが、今でもこの考え方は健在です。 もともと「喪中」は「死者が出たことによって、ケガレが親族にうつったので、まわりに拡げないために、一般社会との関係を絶つ」という土着信仰からスタートしています。 そこに、仏教の49日や神道のケガレの思想などが入り、現在の形が出来上がりました。 地域によっては喪中の期間に、夜明けまでお酒を飲むことを禁止するところや、殺生を禁止していることから、釣りや調理なども禁止の地域もあります。 地域によって大きく異なるので注意してください。 喪に対する宗教。 国の違い 宗教によっても違いがあります。 キリスト教やヒンズー教などには、喪中という発想はありません。 韓国は仏教の影響で喪の発想がありますが、誰でも3日間です。 イスラム教では女性のみに喪の期間がありますが、男性は3日間の追悼だけです。 ちなみに仏教も喪という概念はありません。 古来中国では、親が死ぬと3年喪に服すと言われましたが、春秋戦国時代には、とっても3年も生産的な活動をしないようでは生きていけないと、1年に簡略化しています。 漢の時代に入ると、喪はさらに縮小されて、36日になっています。 しかし、後漢の時代には政府が官僚に対し、現在の価値で3億円に相当するような莫大な助成金を拠出し、3年の喪が復活しています。 喪中はがきの意味 本題の喪中はがきの話にもどりますが、喪中はがきはいつまでに出せばよいのでしょう。 喪中はがきが、単に喪中であることをお知らせするだけのためなら、不幸があった時にすぐに出せば良いのですが、実は喪中はがきの最大の役割は、年賀状を欠礼するお知らせです。 年賀はがきが誕生したのは1899年です。 それ以前には喪中はがきは存在していません。 年賀状がお年玉付きになった1949年から年賀状ブームとなり、喪中はがきも「年賀状欠礼の挨拶状」として、一般家庭に拡がっていきました。 喪中はがきと寒中見舞い 年賀はがきの受付期間は普通12月15日からなので、喪中はがきは年賀はがきを書き始める11月中旬から12月初旬頃に到着するように投函します。 ただし、不幸は突然にやってきます。 年末に亡くなられた場合は、喪中はがきは当然間に合いませんし、場合によっては年賀状を投函した後になることもあります。 このような場合には、年賀状への返信や寒中見舞いとして対応します。 寒中見舞いは通常松がとれる1月8日から立春の2月8日までに到着するのが一般的です。 喪中の人への寒中見舞いに加えて、もらった年賀状への返礼、喪中に来た年賀状への返礼、喪中と知らず送ってしまった年賀状のお詫び、年賀状を送ってしまった後に不幸があった場合のお詫びなどに利用されます。 立春を過ぎてしまった場合は「余寒見舞い」とします。 まとめ 今回は喪中についてのミニ知識と喪中はがきについて説明しました。 ここにあげたような、一般的なマナーを守って、喪中はがきを出しましょう。

次の

喪中はがきはいつまでに出す?適している時期や出す範囲を解説!

喪中はがき いつまで

喪中はがきを用意する前に、喪中とはいつまでを指すのかを改めて確認しておきましょう。 故人との続柄によって異なりますが、およそ1年間といわれています。 例えば、1月1日の年始めに家族が亡くなった場合も、翌年のお正月は喪中となります。 また、年末に家族が亡くなり喪中はがきが間に合わず、年賀状が届いてしまった場合は後に紹介する「寒中見舞い」を出します。 喪中の対象となるのは、配偶者(0親等)、両親や子供(1親等)、兄弟姉妹や祖父母(2親等)の2親等以内の親族だけです。 基本的には、伯父(叔父)や伯母(伯母)、いとこなどは含まれませんが、2親等以外でも故人との関係や、その家ごとの考え方によって対象は変わります。 喪中はがきを出す基準は、「毎年年賀状のやり取りをしているか」です。 直接会う機会がない人でも、年賀状での繋がりがあれば身内に不幸があったことを知らせておくと無難です。 また、親しい友人や同僚など、身内の不幸を知っている人にも出しておきましょう。 親戚の場合は改めて喪中はがきを出さない人も増えています。 葬儀に参列していれば喪中であることを承知しているためです。 基本的に喪中の場合は年賀状のやり取りをおこないませんが、仕事上不可欠という理由で、喪中であっても年賀状を出す人は少なくありません。 もし仕事関係や取引先の人に喪中はがきを出すのであれば、プライベートで付き合いのある人にとどめましょう。 勤務先の同僚や上司も、年賀状をやり取りしていなければ、口頭で伝えるだけで十分です。 寒中見舞いを出すときは「賀正」などのおめでたい言葉を使わないようにします。 冒頭に「寒中見舞い」の言葉を置き、こちらの事情の説明や、喪中はがきを出さなかったおわびの文章を続けます。 そして最後に締めの挨拶を入れます。 また、喪中であることを知らずに年賀状を出してしまったときは、おわびの一文を記載しておきましょう。

次の