ワイマックス デメリット。 Broad WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

WiMAX(ワイマックス)のメリットとは?契約前に確認しておきたい12の重要点!

ワイマックス デメリット

WiMAXは2年で乗り換えるべき?乗り換えのメリットとデメリット、オススメ乗り換え先を解説 「WiMAXを使っているけど、乗り換えたい」と思ったとき、「契約期間」でこのように迷う人が多いです。 今解約したら損するのか?• 逆に、今解約しないと損するのか? 現在、WiMAX契約の多くが2年縛りの契約形態です。 2年以内に解約すると、何らかのペナルティー(ほとんどのケースで「解約金」)があるのです。 つまり、契約からちょうど2年のタイミングで解約しないと解約金が発生します。 自動更新の場合は「うっかり解約するのを忘れていた」という方はさらに2年は使い続けることになってしまうことになりかねません。 次に疑問に浮かぶのが、 WiMAXの乗り換え先はどこがいいのか?という問題。 乗り換えたいと思うのは、元のサービスに不満があったり、もっといいサービスがあるのでは?という方だと思います。 この記事ではこんな疑問に答えます!• もうすぐ契約から2年なので、乗り換えたいけど本当に乗り換えても大丈夫か?• 乗り換えたほうがネット環境が改善されるのだろうか?• 乗り換えた時のメリットとデメリットは?• 乗り換えるとしたらどこがいいのだろうか? 結論から言うと、 WiMAXは2年のタイミングで乗り換えた方がお得になる事がほとんどです。 そこで当記事では、WiMAXを乗り換える時のメリットとデメリット、また乗り換えるのであればどこがおすすめなのかについてお伝えします。 自分に合ったサービスを選びましょう! また、以下の記事でWiMAX契約を検討している方にお得なキャッシュバック情報や28社比較をした上でのおすすめプロバイダ5社などについて詳しくご紹介していますのでご参考ください。 WiMAXを乗り換えた場合のメリット・デメリット この章ではまず、 WiMAXを乗り換えた際に生じるメリット・デメリットについて詳しく解説します。 WiMAXの契約更新時期に差し掛かったユーザーの方は、継続契約をすべきか新たにプロバイダーを乗り換えるべきか考えていることでしょう。 乗り換える際に生じるメリットはもちろん、デメリットも知っておくことで乗り換えの判断を正確にすることができます。 まずはしっかりと、メリットとデメリットについて理解しておきましょう。 WiMAXを乗り換えるメリット WiMAXのプロバイダーを乗り換える、あるいは他の回線に乗り換える際のメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。 新規契約特典• 乗り換え契約特典 新規契約特典は、WiMAX回線から新たに他の回線へと乗り換える際に受けることができる特典です。 ほとんどのプロバイダーでは、キャッシュバックをはじめとした何かしらの新規契約特典を用意しています。 乗り換え契約特典は、WiMAX回線を使い続けながらプロバイダーのみを乗り換える際に受けることができる特典です。 スマホなどでは、よく「乗り換え割」といったような名前でキャンペーンを行っていますので、そちらをイメージしていただくとわかりやすいと思います。 こちらは、プロバイダーによっては行っていないところも存在します。 特典の内容自体は、現金やポイントなどによるキャッシュバックや、パソコンや電化製品などのプレゼントといったものが中心です。 プロバイダーによって特典の内容はさまざまであるため、「新規契約」か「乗り換え契約」かといった部分も含めて検討してみるとよいでしょう。 2017年4月現在のオススメについては、最後で説明していますので、このまま読み進めてください。 更新月に解約すれば、解約金がかからない WiMAXの契約を25ヶ月目で解約せずに自動継続にしてしまうと、その後さらに24ヶ月間の間に契約解除をする際には、解約金がかかってしまいます。 解約金をかけずにWiMAXを解約するためには、2年契約が満了した後の契約更新月、つまり25ヶ月目に解約しなければならないのです。 WiMAXの解約料に関しては、ほとんどのプロバイダーで以下のように定められています。 契約期間 解約金 1ヵ月目~12ヵ月目 19,000円 13ヵ月目~24ヵ月目 14,000円 25ヵ月目(更新月) 無料 26ヵ月目以降 9,500円 つまり、25ヶ月目に解約しなければ自動更新が成立してしまい、49ヶ月目までの2年間はいつ解約したとしても解約金として9,500円がかかってしまうのです。 この点を回避したいという方は、解約金のかからない25ヶ月目に解約してしまった方が良いでしょう。 端末機種の変更が可能 2年目以降もWiMAX回線を使い続けたいという方の場合でも、プロバイダーを乗り換えることでWiMAXのルーター機器を最新のものに変更することが可能となっています。 この点も、乗り換える際のメリットのひとつです。 ただ、「So-net」や「Broad WiMAX」をはじめとする一部のプロバイダーは、契約更新時に最新のルーター機器へ機種変更できるプランを持っています。 これらのプランの場合、このメリットは当てはまりません。 WiMAXの場合には、最新のものに機種変更を行うメリットがそれほど多くない点も押さえておきましょう。 機種変更の際のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。 WiMAX同士の乗り換えで、月額料金が高くなる場合がある• 他回線の場合、通信環境が変化することで回線の安定性が落ちる場合がある• 申し込み手続きが面倒 これらのデメリットについて、詳しく解説していきます。 WiMAX同士の乗り換えで月額料金が高くなる場合がある WiMAX回線を使い続ける際には、 現在よりも高い月額料金のところと契約してしまい月額料金が割高になってしまう場合があります。 特にプロバイダーごとの料金やプランをよく調べないで乗り換えてしまうと、現在よりも数百円から千円近く月額料金が高くなってしまうことも。 高額なキャッシュバックなどに釣られてプロバイダーを変更してしまった結果、前に契約していたプロバイダーの方が支払う総額は割安だったということにもなりかねません。 WiMAX回線を使い続けながら プロバイダーだけを乗り換える場合には、乗り換え先やプラン内容などをよく確かめておくことが大切です。 他回線の場合、通信環境が変化することで接続の安定性が落ちる場合がある WiMAX回線自体の利用をやめ、光回線やモバイルWi-Fiルーターなど他の回線と契約する場合には、回線の種類によって接続の安定性などが落ちてしまう可能性があります。 光回線など固定回線の場合には、回線の安定性は比較的保たれていると言えます。 しかし、モバイルWi-Fiルーターなどのモバイル回線を、 新たにWiMAX以外のモバイルWi-Fiへ乗り換え契約する場合、安定して快適にインターネットを楽しめなくなってしまうこともあるのです。 実際に乗り換える回線が安定的に利用できるのかどうかについては、住んでいる地域や住環境、回線のサービスエリア内か否かといった点によって大きく違ってきます。 WiMAXからの回線切り替えを考える場合には、新しく契約する回線が安定的に接続できるか否かをきちんと見極めて、契約を行う必要があるでしょう。 同じWiMAXであれば、プロバイダーがどこであっても、通信環境は変わりませんので、この点は心配いりません。 申し込み手続きが面倒 WiMAX回線を使い続けてプロバイダーだけを変更する場合でも、WiMAX回線自体から乗り換える場合でも、 乗り換えの際の申し込み手続きは面倒なものとなっています。 WiMAX回線を使い続けてプロバイダーのみを変更する場合は、申し込み契約を新しいプロバイダーと一から結ばなければいけません。 必要事項の記載やプランの選択などには、当然手間と時間が必要となります。 WiMAX回線自体から固定回線へ乗り換える場合には、新たに回線工事を行う必要も出てくる場合があるためさらに面倒です。 モバイルWi-Fiルーターの場合など、回線工事を行わなくてよい場合もありますが、その場合でも新しく契約する際の手間はかかります。 ただしこれは、乗り換える以上はどうしようもありません。 キャンペーン特典の手間賃だと考えて、諦めましょう。 ここまでは、WiMAXを乗り換える際に生じるデメリットについて解説しました。 次は、WiMAXの乗り換えをオススメする人としない人について、詳しく解説していきます。 WiMAX乗り換えをオススメする人/しない人 実際にWiMAXの乗り換えをすべき人、すべきでない人は、具体的にどのような人なのでしょうか。 以下に解説していきます。 WiMAX乗り換えをオススメする人 現在使っているWiMAX回線の乗り換えをオススメする人としては、以下のような方が当てはまります。 将来的にWiMAX回線の解約を考えており、更新月が間近な人• 契約の際の特典を得たい人• インターネット回線の料金を見直したい人• WiMAX回線自体に不満があり、環境を変えたい人 将来的にWiMAX回線の解約を考えている、あるいは 解約する可能性がある方は、解約金を支払わないためにも更新月で回線の解約をしておくべきでしょう。 前述したとおり、WiMAXの解約金が不要なのは、契約してから25ヶ月目などの更新月のみです。 この期間以外では価格の差があるとはいえ必ず解約金がかかるため、解約金を支払いたくない方は2年間での乗り換えを行っておいた方が良いでしょう。 また、契約の際などに様々な特典を用意しているプロバイダーと契約し、特典を得たい方も乗り換えを行うのがオススメです。 プロバイダーによっては数万円単位のキャッシュバックを用意しているなど、お得に乗り換えることができるところも多くなっています。 さらに、月々のインターネット回線の料金を見直したいという方も、乗り換えを行うのが良いでしょう。 WiMAX回線自体を快適に利用できておらず、 ネット環境自体を変えたい人も更新月での乗り換えをするべきでしょう。 他の回線にチェンジする際に、解約金なしで乗り換えることができます。 WiMAX乗り換えをオススメしない人 逆に、WiMAX回線の乗り換えをオススメしない人としては、以下のような方が当てはまります。 将来的にもずっとWiMAX回線を使いたい方• 乗り換えの手続きが面倒だと感じる方 将来的にもずっとWiMAX回線を使い、現在のプロバイダーの料金にもおおむね満足しているという方にとっては、WiMAX回線の乗り換えはオススメできません。 WiMAX回線はモバイルインターネット環境の中でも比較的安定しており、使い勝手も良くなっています。 加えて、すでに最安値やそれに近い月額料金でWiMAX回線を利用できているという場合には、WiMAX回線を乗り換える理由はなくなるでしょう。 また、回線や料金に不満はあるものの、乗り換えの手続きが面倒だと感じている方にとっても、WiMAX回線の乗り換えはオススメできません。 プロバイダーだけを乗り換える場合でも新しく契約を結ばなければなりませんし、回線自体を乗り換える場合には回線工事の手間もかかります。 これらの 手間や時間が惜しい方にとっては、WiMAX回線の乗り換えは良い選択肢とは言えないでしょう。 ここまでは、WiMAXの乗り換えをオススメする人としない人について解説しました。 次は、実際にWiMAX回線でプロバイダーを乗り換える場合、どのプロバイダーを選べばよいかという点について、詳しく解説していきます。 今、乗り換えるならこのWiMAXを選ぼう WiMAX回線は使い続けつつ、新しいプロバイダーに乗り換える場合は、どのプロバイダーを選ぶべきなのでしょうか。 実際にプロバイダーのプランや料金について比較し、おすすめのプロバイダーを紹介します。 回線の種類とプランの内容を解説 どのプロバイダーも共通している点として、 2つの回線の種類と2つのプランを持っているということが挙げられます。 回線の種類 まず回線の種類については、以下のようになっています。 「WiMAX」は、下り最大13. 加えて、モバイルWi-Fiルーターなど他のモバイルインターネットサービスの普及もあり、 「WiMAX」回線は役割を終えようとしているのが現状です。 サービスの内容 次にサービスの内容については、以下のようになっています。 サービス名称 特徴 ギガ放題 通信量制限がない(3日で10GBの通信制限はあり)/月額料金が割高 (表記なし) 月間7GBの通信量制限がある/月額料金が割安 「ギガ放題」は、通信量無制限で毎月使い放題となっているサービスです。 プラン名の後ろに「ギガ放題」という表記があるものを、各プロバイダーが用意しています。 毎月の通信量制限はないものの、 3日間で10GB以上を利用してしまった場合には一時的に通信速度が制限されてしまうため、その点は注意しておきましょう。 一方、プラン名の後ろに「ギガ放題」という表記がない場合には、月間7GBの通信量制限が存在しています。 通信量制限があるかわりに、月額料金が「ギガ放題」に比べると割安に設定されている点が特徴です。 また回線を快適に使うためにも、「ギガ放題」のプランを選ぶべきだと言えます。 「ギガ放題」は確かに若干月額料金が割高になっているとはいえ、その差は月々わずか数百円。 数百円プラスして使い放題ならば、ぜひとも快適なプランを選ぶべきでしょう。 月額料金をアップさせないためにも、25ヶ月での解約・他のプロバイダーへの乗り換えが必要になってくるのです。 25ヶ月目に他のプロバイダーへ乗り換える場合には、「Broad WiMAX ギガ放題」を選ぶのがオススメです。 「Broad WiMAX ギガ放題」は主要プロバイダーの中で2番目に月額料金が安くなっています。 さらに「とくとくBB ギガ放題」のように、25ヶ月目以降に月額料金がアップするということもありません。 最初のWiMAXの乗り換えの際には「とくとくBB ギガ放題」を選択し、25ヶ月目に再度他のプロバイダーへ乗り換える際には「Broad WiMAX ギガ放題」を利用するのが、最も賢いWiMAXの乗り換えルートではないでしょうか。 まとめ WiMAX回線の乗り換えについてまとめます。 オススメのプロバイダー乗り換えルート• まず「とくとくBB ギガ放題」を24ヶ月目まで契約• 25ヶ月目に「Broad WiMAX ギガ放題」へ再度乗り換える WiMAX回線は乗り換える際に様々なメリットを得られるうえ、月額料金を見直すこともできるなど数多くの利点が存在します。 数あるWiMAXのプロバイダーの中でも特に安価な料金を提供している「とくとくBB」や「Broad WiMAX」のプランをうまく利用し、 よりお得にWiMAX回線を乗り換えてみてはいかがでしょうか。 ぜひ、この記事を参考に検討してみてください。 また、以下の記事「【28社比較】WiMAX契約におすすめのプロバイダ厳選5社」で後悔しないプロバイダ選びを徹底解説していますのでご参考にしてください。

次の

WiMAXとは?メリット・デメリットやWi

ワイマックス デメリット

製品名 WiMAX HOME 02 製造元 NECプラットフォーム株式会社 対応ネットワーク• WiMAX2+• au 4G LTE 対応OS• Windows10、Windows8. 1、Windows7 SP1以降• MacOS 10. IEEE802. IEEE802. 4Hz帯 最大同時接続数 最大20台 LANポート:2台、2. L02は接続台数が40台であったなか、この端末は20台。 とは言え、そこまで同時接続することはめったにないのできにすることはありませんね。 今までと大きく違う点!WiMAX HOME02の特徴とは ではこのHOME00の最も違う点についてご紹介していきます。 一見、デザインは変わっているものの速度が変わってないので、 疑問は持ちましたがご安心ください。 電波受信を向上させ、さらに独自技術を採用し、いままでよりも通信速度が約70%向上しています。 つまり、良くなっているということです。 電波の広がりを強化したWi-Fi機能 前期モデルであるHOME01よりも最大約25%アップ。 バンドステアリング機能が搭載されました。 自動で2. 4Gと5Gを切り替え最適な通信を実現します。 あらゆる方向からのWiMAXの電波を逃さずにキャッチします。 WiMAXの電波は家の中でも強いところもあれば弱いところもあります。 それを効果的に電波をキャッチすることにより通信を快適にすることができる技術ということですね。 データ通信量や電波状態をスマホで確認 スマホのアプリをダウンロードして、通信量や電波の強さを確認することができる。 ある一定のデータ量を超えるとポップアップで教えてくれます。 見えて安心ネット 不信接続のブロック、子供の使い過ぎを防止する「こども安心ネットタイマー」機能で利用時間をコントロールすることができます。 スマートスピーカー「Alexa搭載」と連携ができる AmazonのAlexa搭載で話しかけることで現在の通信量を教えてくれたり、モードを切り替えたりしてくれる。 もしAlexaを持っている人はお試しあれ。 旧端末であるWiMAX HOME01の仕様であった機能は追加される? 以下はHOME01に搭載されていた機能。 HOME02 に搭載されているかは不明。 ですのでいままでそういったことを理解せずに利用していた方もつながりが改善するので全体的な底上げになりそうです。 WiMAXハイパワー このWiMAXハイパワーは以前からある技術で、最近のWiMAXルーターには搭載しませんでした。 評判の良かったWiMAXハイパワーがホームルーターに搭載されれば非常に心強いですね。 WiMAXハイパワーとは かんたんに言えば弱い電波でも回線環境が向上するということです。 これが無いのとあるのとでは体感でも変わってくるのでこれは非常にうれしいことです。 IOT機器を接続してちょっと便利で快適な生活を手に入れましょう! 話題のスマートスピーカー生活、これから一般的になっていくIOT家電と連携していきましょう。 HOME01は様々なIOT機器と接続の確認を行っています。 この辺は特にHOME01がというよりも、Wi-Fi環境のことを指しているのでHOME02でも問題はないと思います。 接続を確認したIOT機器一覧 公式より スマートスピーカー• LINE Clova WAVE• SONY LF-S550G スマートリモコン• RS-WFIREX3(ラットシステム)• eRemote mini / eRemote RJ-3 (リンクジャパン)• Remo mini / Remo (Nature Japan) 人感センサー付きWi-Fi中継器 Aterm W1200EX-MS (NECプラットフォームズ) Wi-Fi家電 iRobotルンバ690 アイロボット HOME01はIOT時代を見越して、IOT機器との接続確認を行っています。 HOME02は特に情報なし 「 WiMAXってIOT機器にも問題なく使えるのか? 」 これからIOT機器が一般的になる中でWiMAXは利用できるか、できないかが曖昧になってしまうと今後に大きな影響をきたしてしまいます。 ですので、このIOT機器の接続確認をこれからも増やしていき、 【IOT機器接続でもWiMAXは利用できる】ってことを打ち出し浸透させていかなければならないということです。 つまり、WiMAXはIOT機器の利用も問題なく利用ができるってことです。 そもそもWiMAXのホームルーターってどんな位置づけなの? 自宅のインターネット回線を引こうと考えたときに、光ファイバー、それかモバイル回線という選択肢が出てきます。 持ち運び自体はしないけど、光ファイバーを引くのは面倒だと感じているかたにとって、 モバイル回線は申し込んだすぐその日から利用ができるのはうれしいことです。 ホームルーターは実際に通常のモバイルルーターと大きく変わることはないものです。 ですが、単純に大きくして家用にする意味はどこにあるのでしょうか? それは持ち運びの必要のないご家庭、自宅のインターネット回線と考えたときにモバイルルーターは名前の通り、 持ち歩きってことを売りにしている分、自宅のインターネット回線としては選択から外れやすいのが現状です。 なので、これを変えるべく発売されているのが自宅用のホームルーターです。 本来モバイルルーターもモバイルルーターも違いはないのです。 位置づけとしては、 自宅専用のモバイル回線 ホームルーター つまり自宅で利用で使えるインターネット回線だということですね。 光ファイバーVSモバイル回線 モバイル回線は、速度が遅いイメージがあり、エリアが入らなければ利用ができず、3日10Gの通信制限もあります。 そういったことを踏まえるとインターネット回線を利用するには光ファイバーが良いという声も確かにあります。 また、持ち運び用途のない人から見れば、わざわざモバイル回線にしなくてもいいのではないか!って声もあります。 ですが、 モバイルの良さは別にあります。 開通までの時間が無く、最短その日から直ぐに利用できる! マンションタイプでも1週間~戸建てタイプだと早ければ3週間~遅くなると3か月以上かかった例もあります。 筆者はそれくらいかかりました。 工事費用がない そもそも、工事費などを考えることはありません。 引っ越しが面倒くさくない 光ファイバーなどの引っ越しに関しては若干面倒なところがあります。 引っ越し先に同じ系統の光ファイバーが対応しているかなども関係しますし、もし入っていなければ解約金や工事費の残金を請求されたりもします。 また引っ越ししたその日から使うことができません。 開通までは待つ必要があります。 その点、 モバイル回線はそんなことは一切ありません。 コンセントにさすことにより、その日から利用することができます。 光ファイバーの速度に匹敵し、実際はなんの問題もない。 実際筆者はインターネット回線で固定、モバイル回線の業界合わせて15年以上携わっていますので、 いろんなインターネット回線は実際に利用してきましたし、多くの声を聞いております。 実際に自身でも光ファイバーのルーター横にWiMAXを置いて速度比較もしましたが、 光ファイバーの実測値が99Mにたいして、WiMAX回線が108Mです。 WiMAXが勝利。 つまり、「 速度は問題ない 」ってことです。 とはいえ 注意点はありますので、それは後ほど。 設定が簡単! 以前光ファイバーを契約したときの設定には時間がかかりました。 しかし、WiMAXのHOME01はコンセントにさして、Wi-Fi設定をするだけ。 初めての人でも簡単にできます。 これがモバイル回線の良いところです。 上記のことを踏まえて光ファイバーにするか、モバイル回線であるWiMAXにするかは検討しなければなりませんね。 WiMAX HOME02を選ぶ上でのデメリットと注意点 注意点 1. 利用する場所に電波がちゃんと入るのか? これは重要です。 あらかじめエリアチェックをしましょう。 仮に、つながらなかったなどがあれば初期契約解除制度もあるので心配はいりません。 解約金などの負担は免除されます。 本当にホームルーターで良いのか? 根本はモバイルルーターもホームルーターも変わりません。 もし、あなたがスマートフォンの通信制限で困っていたり、パソコンやタブレットなどを外でも利用したいと考えている場合はモバイルルーターのほうが良いかもしれません。 また、持ち運びができるようにすることで、スマートフォンのデータ量を見直し、料金プランの変更、もしくは格安スマホに変更して通信料金の見直しをしても良いかもしれませんね。 モバイル回線のデメリット 3日10G制限です。 3日で10Gを超えると翌日の午後18時から翌日午前2時まで速度が落ちます。 複数人で利用することがあるなら気を付けなければなりません。 またFPSなどのゲームを行うひとはおすすめできません。 PING値がおそいのでゲームがカクツキます。 WiMAX HOME02はこんな方におススメです! 実際に光ファイバーが良いのか、WiMAXなどのホームルーターが良いのか悩む人も多いと思います。 WiMAXのHOME02は工事いらずで、簡単にインターネット回線をひくことができます。 手間いらずで、引っ越しなどの面倒さも改善できるのがおススメポイントです。 こんな人はWiMAX HOME02が対象です!• エリア状況が悪くない人• 3日で10Gはいかない人• ゲーマーさんじゃない人 そんなあなたは、 WiMAXのHOME01はおススメなインターネット回線です。 工事いらずで、コンセントさしてすぐに利用できますし、 速度も高速で快適、引っ越しのわずらわしさからも解放されます。

次の

WiMAXのHOME 02ってどうなの?デメリットと注意点

ワイマックス デメリット

それでも十分お得ですね! 8日以内なら無料でキャンセルできる さらに、Broad WiMAXは 端末到着から8日以内である場合に、キャンセル・返送することが可能です。 実際に利用をスタートしてみたけれど、自宅や外出先では電波が届かない、速度が遅すぎて使いにくいなどの場合に利用できる制度です。 キャンセル方法は、サポートダイヤルに電話をすることが手続きを行います。 キャンセル申請をしてから7日以内に、商品を返送先へ送付します。 端末配送時の箱に入れるのが良いため、端末が到着した時の箱を捨てないようにしましょう。 期限までに商品の返送がBroad WiMAX側で確認が取れたら、キャンセル受付が完了となります。 山間部や離島では使えないことも多い• 速度制限にかかることがある• 違約金に注意 山間部や離島では使えないことも多い 通信エリアについては都市部が中心となっているため、山間部や離島といったエリアでは通信できないことも多いです。 WiMAXもエリア拡大を進めてはいますが、これらの場所で都市部と同じように通信をするのはやや難しいのが現状です。 使いたいエリアがある場合は、公式サイトの「エリア確認」でチェックしておくことをおすすめします。 速度制限にかかることもある 速度制限についても注意が必要です。 ギガ放題プランでは3日間で合計10GB以上を使うと、翌日の夜だけは速度制限を受けてしまいます。 1Mbps程度なので通常のネット閲覧などは問題ありませんが、オンラインゲームや高画質での動画閲覧などの利用は難しくなるでしょう。 そうだったー!! WiMAXと他社と比較 他社のモバイルルーターサービスとWiMAXを徹底比較!他社のサービスはau、Y! mobile 、docomo、スマモバをピックアップしました。 料金については、Broad WiMAXの料金で比較しました。 速度を比較 理論上の速度 Broad WiMAX 下り最大708Mbps W05を使用する場合 au 下り最大708Mbps W05を使用する場合 Y! mobile 下り最大612Mbps 603HWを使用する場合 docomo 下り最大375Mbps スマモバ 記載情報無し WiMAXとauでは、 下り速度が最大708Mbpsとなっていて、他社を凌駕しています。 W05以外でも最大440Mbpsなので他社と十分対抗できる速度です。 そうよ! Mbpsが高ければそれだけ早いということね! まり Y! mobileは603HWであればかなりの速さですが、それでもWiMAX・auのW05よりは下です。 その他の機種になると200Mbps以下になってしまうので物足りなさがあります。 docomoはY! mobileの半分ほどのスピードです。 スマモバは2種類の機種がありますが、いずれも速度の情報の記載はありません。 料金を比較 月額料金 データ容量 Broad WiMAX 3ヶ月まで:2,726円 4ヶ月目以降:3,326円 7GB 24ヶ月目まで:2,726円 25か月目以降:3,411円 無制限 au 3,100円 7GB 3,658円 無制限 Y! 無制限プランと7GBではそれほど大差がないので、容量の心配を一切することなく利用したいと考えるなら無制限プランである、ギガ放題を選ぶのがおすすめです。 ルーターは大体2年スパンで新しいのがでるから4年はちょっと長いわね まり 対応地域を比較 人口カバー状況 WiMAX カバー人口1億人以上 au カバー人口1億人以上 Y! ポケットWi-Fiもアドバンスモードではエリアが狭まるとはいえ、そうでなければほぼドコモのエリアと同様です。 ただし、 この程度の差であれば大きな問題にはなりません。 WiMAXもエリアを広げる取り組みは継続的に行っているため、今後は差もさらに小さくなると予測できます。 こういったキャンペーンでの割引とかはとても大事で利用するのとしないでは料金はかなり変わってくるわよ まり スマモバは入会者の家族や友達がスマモバに加入すると、人数に応じてenGIFTカードをもらえるキャンペーンを実施しています。 1人紹介するごとに10,000円で、最大50,000円割引となります。 しかし、それだけ多くの人に紹介できる人は限られているでしょう。 誰も紹介しなくても利用できるキャンペーンの方が手軽に利用できますね。 外でもネットを格安で使いたい人 外出先でそれほどインターネットを利用しないなら、通常のスマホ接続などで十分でしょう。 Broad WiMAXはギガ放題プランが格安なので、 外でオンラインゲーム・動画閲覧・ファイルダウンロードなど、データ容量を大量に消費する利用方法が多い方に向いています。 通常のネット閲覧、LINEなどのチャット、SNSの利用などの場合、よほど毎日長時間使うのでなければ大容量プランを契約する必要はありません。 固定回線でなくて良い人 固定回線には接続が比較的安定している・速度が早いというメリットがある反面、工事や引っ越しでの作業が面倒というデメリットもあります。 フレッツ光・auひかりと言った固定回線は、WiMAXより料金も全体的に高めです。 家ではそれほどインターネットを使わない、使うとしてもライトな方法が多いなどの場合、自宅でもWiMAXの利用で十分でしょう。 細かい住所まで指定できるし、地図も色で判別できるからわかりやすいですね! 判定結果が「〇」であれば通常問題なく利用できると考えられます。 エリア関連の相談窓口があるので、電話してスタッフに調べてもらってください。 このキャンペーンに適用されるには、 Webで申し込むことと支払い方法をクレジットカードにすることが必要です。 適用条件としては決して難しくなく、クレジットカードをお持ちの方であれば簡単に適用を受けられます。 クレジットカードなら、毎月の支払でクレジット会社独自のポイントなどの特典もあるため、口座振替に比べてさらにお得ですね。 ただしデビットカードは支払い方法として設定することはできませんので注意してください。 端末は申し込んでからどのくらいで届きますか? A1. Broad WiMAXは申し込んでから最短で即日発送を行ってくれます。 申し込みから到着までは3~5日と考えておくと良いです。 また店舗で受け取る場合は、申し込んだその日に端末を受け取ることができます。 渋谷・秋葉原・大宮・梅田に店舗があるので、これらのエリアに行ける人でどうしても至急で受け取りたい場合は利用すると良いです。 端末の故障が起きたらどうなりますか? A2. 端末には メーカー保証が1年間ついています。 1年以内に発生した内部の故障についてはこの保証でカバーすることができます。 ただしそれ以外の故障はカバーできないため、不安な場合は「安心サポートプラス」へのオプション加入をおすすめします。 月額550円で、端末を無料で修理してもらえます。 端末を紛失した場合はどうすれば良いですか? A3. メーカー保証や安心サポートプラスでは、 紛失は保証対象外です。 Broad WiMAXにすぐに連絡して端末の通信をストップしてもらいます。 交番に届けを出し、心当たりのある場所を探してみましょう。 見つからない場合は、いったん契約解除して再契約という流れになります。 違約金が発生するデメリットがありますが、契約更新月が近い場合はそこまで待ってから解約した方が安くなることもあります。 複数の端末があるけれど違いは何ですか? A4. 端末の主な違いは、サイズ・重量やバッテリー稼働時間です。 デザインの違いもあるため、持ち運ぶことを考えて機種選びをする方もいます。 通信スピードに関しては、最新機種である「W05」が、下り最大708Mbpsとなっていて最速です。 何よりも速度を重視する人はこちらを選びましょう。 ただしこの速度はあくまでも理論値であり、実際に出る速度は別です。 契約時に必要な物はありますか? A5. 口座振替を行う場合か、パソコンセット・タブレットセットを購入する場合は身分証明書の提示が必要です。 利用できるのは以下の5種類です。 運転免許証• 健康保険証• パスポート• 住基カード• 障碍者手帳 提出方法はメールかFAXです。 証明書の画像を撮影するときは、明るく平らな場所に置いて、四隅が写るように撮影してください。 文字がはっきり見えない場合、再提出を求められることもあります。 Broad WiMAXまとめ Broad WiMAXは家の中でも外でもインターネットが使える便利なサービス!特に外での利用が多い人におすすめです。 固定回線での面倒な開通工事は不要で、モバイルルーターが届いたらすぐに利用することができます。 ギガ放題プランを選べば、データ容量を気にすることなく存分に利用できるのでおすすめ。 この他にも様々なメリット、デメリットがあるのでちゃんと見極めてから申し込みましょう。

次の