プレミアム 付き 商品 券 使える 店。 行田市/食べて!飲んで!買って!みんなで地域のお店を応援しよう!【行田版バイローカル】市内飲食店・商店で使えるプレミアム付共通商品券の販売及び取扱店舗の募集について

鹿沼市 「30%!かぬまプレミアム付商品券」発売!!

プレミアム 付き 商品 券 使える 店

令和元年10月1日(火曜日)~令和2年2月29日(土曜日) 6. 利用店舗 芦屋市内に店舗があり、芦屋市プレミアム商品券の取扱いを登録した小売店、飲食店、 サービス業、大規模店舗等、及び市内の医療機関、介護施設等 7. 購入引換券 9月中旬から順次発送しますので、商品券をお買い求めの際は、購入引換券と本人確認証 (運転免許証、健康保険証、パスポート等)をご持参のうえ、お越しください。 代理人の方は、被代理人の方の購入引換券とともに、代理人の方の本人確認証及び被代理人の方の本人確認証の写し又は委任状をご持参ください。 芦屋市プレミアム商品券の販売について 下記の販売所にて、販売します。 〈販売期間〉 令和元年9月17日(火曜日)~令和2年2月29日(土曜日) 〈 販売場所〉 1)芦屋市役所東館3階 販売時間:平日10時~12時、12時45分~17時 2)芦屋市シルバー人材センター(宮塚町2番2号) 販売時間:平日9時~17時 3)芦屋市内の全郵便局 12局) 販売時間:平日9時~17時 4 ダイエー東芦屋店(春日町24番15号) 販売時間:毎日10時~18時 5 グルメシティ芦屋浜店(高浜町6番1号) 販売時間:毎日9時~20時30分 芦屋市プレミアム商品券利用可能店舗について <9月8日時点でのお知らせ> 次の2店舗は、店舗都合により、芦屋市プレミアム商品券を利用いただけなくなりました。 19)炭火焼鳥専門店まさやJR芦屋西店 37)炭火焼鳥専門店まさやJR芦屋東店 <9月7日時点でのお知らせ> 「市立芦屋病院」で芦屋市プレミアム商品券が利用できます。 <9月20日時点でのお知らせ> 「アンレクレ芦屋店」で芦屋市プレミアム商品券が利用できます。 <10月11日時点でのお知らせ> 「潮芦屋温泉SPA水春」で芦屋市プレミアム商品券が利用できます。 <11月1日時点でのお知らせ> 「シャレード」で芦屋市プレミアム商品券が利用できます。 「ネイルサロン シャレード」で芦屋市プレミアム商品券が利用できます。 <11月18日時点でのお知らせ> 「ル・シャトン」で芦屋市プレミアム商品券が利用できます。 <1月27日時点でのお知らせ> 104)「ケーヨーデイツー南芦屋浜店」は、1月26日(日曜日)をもちまして閉店し、利用いただけません。 <2月5日時点でのお知らせ> 12)「Left Alone」は、1月31日(金曜日)をもちまして閉店し、利用いただけません。 80)「神戸スタンダード石油株式会社芦屋イーストサービスステーション」は、改装中のため、利用いただ けません。 利用可能店舗は下記のファイルにてご確認ください。 追加の店舗がある場合は、随時更新します。 また、店舗の電話番号につきましても、掲載可能な店舗は随時掲載します。 市内の協力店について 協力店の募集はすでに受付期間を終了していますが、何らかの形でご協力をいただける場合は、芦屋市プレミアム商品券担当までご連絡ください。 医療や介護の自己負担での支払いも対象になりますので医療機関のお申し込みもお待ちしています。 配偶者からの暴力を理由に避難している方の手続きについて 配偶者からの暴力を理由に芦屋市に避難している方で、事情により平成31年1月1日までに住民票を移すことができていない方が、一定の要件を満たしていて、その旨を申し出た場合は、芦屋市でプレミアム商品券を購入することができる場合があります。 詳しくは下記リンクをご確認下さい。 この期間経過後も受け付けますが、購入できなくなる場合がありますのでお気を付けください。 DVに関する相談は、下記のリンクをご覧ください。

次の

消費税増税に伴うプレミアム付き商品券(2019年)はいつから?対象者や購入方法、使えるお店は?

プレミアム 付き 商品 券 使える 店

1.プレミアム付商品券の仕組み まずは「そもそもプレミアム付商品券とは どのような制度なのか」を解説します。 プレミアム付商品券の仕組みはこうです。 例えば、地方自治体が25,000円の額面のプレミアム付商品券を発行し、住民は20,000円で購入します。 最大5,000円のプレミアム(お得)が付くので購入者は購買意欲が高まります。 そしてプレミアム付商品券は、発行した地方自治体内でしか使うことができなので地元にお金が落ちます。 このようにプレミアム付商品券は、 経済の押し上げ効果と 地域振興を同時に達成できます。 ただ、プレミアム分は政府が支出しているので、税金が使われています。 そのため、プレミアム付商品券を 使った人は実質的な減税となり、所得税などを支払っていながらプレミアム付商品券を 使わなかった人は増税になります。 2019年10月に実施するプレミアム付商品券は、この「使う人は減税、使わない人は増税」になる性質を利用して、 子育て世帯と低所得者を救済しようとしています。 2.プレミアム付商品券の対象者 子育て世帯か、住民税非課税者 2019年版のプレミアム付商品券を購入できる人(対象者)は、 次の2つの条件どちらかに当てはまる人です。 住民税非課税世帯(年収約260万円未満)• 対象者の総計は2450万人とされており、国民の約5人に1人の割合です。 注:政府は、2019年4月2日、対象者となる「小さな子供がいる世帯」の範囲を拡大しました。 従来は、2019年9月30日時点で2歳児までが対象でしたが、3歳半の子供までが対象となりました。 対象者判定チェック 内閣府の専用WEBサイトで、支給者判定チェックのチャートが公開されていました。 自分が支給対象者になるか、気になる方は一度確認してみましょう。 4.プレミアム付商品券の購入方法 プレミアム付商品券の購入方法も、大きく分けると2種類あります。 住民税非課税世帯の場合 住民税非課税の世帯の場合、まず住民票のある市区町村から「 申請書」がとどきます。 市区町村によって形式に差があるようですが、申請書が届くようです。 書類のタイトルにもある通り、この書類は「商品券購入引換券」の「交付申請書」です。 申請書に必要事項を記入し、市区町村に提出する必要があります。 提出後、商品券の「購入引換券」が配送されるという流れです。 子育て世帯の場合 子育て世帯の場合、申請は不要です。 特別な申請をしなくても、市区町村から自宅宛てに、自動的に購入引換券が配送されます。 なお、2019年8月1日~9月30日までに生まれたお子様に係る引換券は、まだ判定が出来ないため、配送が少し遅くなります。 内閣府によると、この世帯に対する配送は11月頃を予定しているそうです。 引換券が届いたら 10月以降、窓口で購入する 引換券が届いたら、10月以降、市区町村が指定する窓口で購入します。 購入代金と引換券、本人確認書類が必要なので、忘れずに持参しましょう。 なお、要件重複する世帯などは、大きな金額を一度に用意出来ないかもしれません。 その場合、分割購入が有効です。 購入に当たっては、5,000円単位(10枚1セット)での分割購入ができます。 現金の用意が難しい場合には、面倒ですが分割購入を利用しましょう。 窓口と受付期間の確認方法 これも内閣府の専用サイトに、市区町村名から検索して窓口や受付期間を確認する機能が用意されています。 「横浜市」「名古屋市」などと入力するか、県名、市名をプルダウンから検索すると確認できます。 気になる方は一度確認してみると良いでしょう。 参考: 6.問題点 プレミアム付商品券には、問題点を指摘する声もあります。 対象者の限定方法に疑問 「0~3歳半の児童がいる世帯」は、住民税の課税・非課税に関係なくプレミアム付商品券の対象となります。 確かにこの世帯への支援は必要ですが、3歳半~大学生の子育て世帯もお金がかかるため支援が必要です。 子供の年齢条件を「0~3歳半」としていることは、3歳半~大学生の子育て世帯には納得できないかもしれません。 なお、子供の生年月日で制限するのは、 対象者の絞り込み(特定)のためです。 例えば、2019年10月1日に生まれた子供のいる世帯もプレミアム付商品券を購入できるとしたら、10月1日になった時点で、地方自治体は急遽その人にもプレミアム付商品券を販売しなければなりません。 それでは現場が混乱してしまうので、どこかで線引きをするのです。 ただ、子供の誕生日が1日ずれただけでもプレミアム付商品券を利用できません。 「線引き」は必要ですが、1日違いで対象外となった世帯の不満は高まるでしょう。 プレミアムの金額が少ない プレミアムの額が 最大5,000円「でしかない」ことも、施策の実効性として問題視されています。 消費税が8%から10%に上がるインパクトに比べ「5,000円は少なすぎる」ということです。 たとえば税別250,000円の買い物をすると、税率8%なら消費税は20,000円、税率10%なら消費税は25,000円で、差額が5,000円です。 今回のプレミアム付商品券による消費税増税緩和効果は、税別250,000円分の買い物をした段階で使い切ってしまう計算になります。 児童がいる世帯の平均家計支出は「28. 例えば、 「非課税」「子育て」両方の要件を満たす4人家族(成人2名、3歳未満2名)を想定しましょう。 しかし、そもそも住民税が非課税な世帯なので、一度に12万円分を現金で購入することは難しいかもしれません。 一応、5,000円単位で分割購入することも出来ますが、その場合、何度も窓口に行く手間が発生します。 窓口が開いている時間に、時間を取って何度も足を運ぶのは、正直大変です。 お釣りが出ない またプレミアム付商品券には お釣りが出ません。 お釣り目的で低額商品をプレミアム付商品券で購入し、貯蓄に回さないようにするためです。 財源を負担するのは政府(国) プレミアム付商品券を実際に発行するのは地方自治体ですが、その財源は政府(国)が負担します。 内閣府は1,723億円の予算案を財務省に提出しています。 発行・販売にかかる事務費用等が巨額になるため、「 費用対効果が十分にある施策なのか」を問題視する声もあがっています。 【参考】2015年にも発行された 実は、プレミアム付商品券は、今回が初めてではありません。 政府は2015年にも、プレミアム付商品券制度を実施しています。 2015年のプレミアム付商品券制度は「低所得者対策」ではなく、「 消費刺激策」として実施されました。 したがって対象者は限定していません。 このときは全国で97%の自治体がプレミアム付商品券を発行しました。 プレミアムは2~3割の上乗せが多かったようです。 事業費は1,589億円でした。 つまり1,589億円分のプレミアムが国民に配られ、1,589億円分の税金が使われたのです。 ところが経済効果は640億円程度しかなかったといわれています。 では差額の949億円(=1,589億円-640億円)はどこに消えてしまったのかというと、貯蓄などです。 例えば、ある人が25,000円のプレミアム付商品券を20,000円で買い、それで25,000円分の生活必需品を買ったとします。 生活必需品はプレミアム付商品券がない場合でも購入しなければならないので、この人はプレミアム分の5,000円を「貯蓄したようなもの」と考えられるのです。 したがってこの人の25,000円の買い物は、プレミアム付商品券による経済効果に貢献していない、と評価されてしまいます。 ただ、プレミアム付商品券を実施しなければ640億円の経済効果は生まれなかったので、差額の949億円が消えたからといって、それだけで「よくない制度」とはいえません。 Ad Exchange.

次の

プレミアム付き商品券を「誰が・いつ・どこ」で使えるのか解説

プレミアム 付き 商品 券 使える 店

1.プレミアム付商品券の仕組み まずは「そもそもプレミアム付商品券とは どのような制度なのか」を解説します。 プレミアム付商品券の仕組みはこうです。 例えば、地方自治体が25,000円の額面のプレミアム付商品券を発行し、住民は20,000円で購入します。 最大5,000円のプレミアム(お得)が付くので購入者は購買意欲が高まります。 そしてプレミアム付商品券は、発行した地方自治体内でしか使うことができなので地元にお金が落ちます。 このようにプレミアム付商品券は、 経済の押し上げ効果と 地域振興を同時に達成できます。 ただ、プレミアム分は政府が支出しているので、税金が使われています。 そのため、プレミアム付商品券を 使った人は実質的な減税となり、所得税などを支払っていながらプレミアム付商品券を 使わなかった人は増税になります。 2019年10月に実施するプレミアム付商品券は、この「使う人は減税、使わない人は増税」になる性質を利用して、 子育て世帯と低所得者を救済しようとしています。 2.プレミアム付商品券の対象者 子育て世帯か、住民税非課税者 2019年版のプレミアム付商品券を購入できる人(対象者)は、 次の2つの条件どちらかに当てはまる人です。 住民税非課税世帯(年収約260万円未満)• 対象者の総計は2450万人とされており、国民の約5人に1人の割合です。 注:政府は、2019年4月2日、対象者となる「小さな子供がいる世帯」の範囲を拡大しました。 従来は、2019年9月30日時点で2歳児までが対象でしたが、3歳半の子供までが対象となりました。 対象者判定チェック 内閣府の専用WEBサイトで、支給者判定チェックのチャートが公開されていました。 自分が支給対象者になるか、気になる方は一度確認してみましょう。 4.プレミアム付商品券の購入方法 プレミアム付商品券の購入方法も、大きく分けると2種類あります。 住民税非課税世帯の場合 住民税非課税の世帯の場合、まず住民票のある市区町村から「 申請書」がとどきます。 市区町村によって形式に差があるようですが、申請書が届くようです。 書類のタイトルにもある通り、この書類は「商品券購入引換券」の「交付申請書」です。 申請書に必要事項を記入し、市区町村に提出する必要があります。 提出後、商品券の「購入引換券」が配送されるという流れです。 子育て世帯の場合 子育て世帯の場合、申請は不要です。 特別な申請をしなくても、市区町村から自宅宛てに、自動的に購入引換券が配送されます。 なお、2019年8月1日~9月30日までに生まれたお子様に係る引換券は、まだ判定が出来ないため、配送が少し遅くなります。 内閣府によると、この世帯に対する配送は11月頃を予定しているそうです。 引換券が届いたら 10月以降、窓口で購入する 引換券が届いたら、10月以降、市区町村が指定する窓口で購入します。 購入代金と引換券、本人確認書類が必要なので、忘れずに持参しましょう。 なお、要件重複する世帯などは、大きな金額を一度に用意出来ないかもしれません。 その場合、分割購入が有効です。 購入に当たっては、5,000円単位(10枚1セット)での分割購入ができます。 現金の用意が難しい場合には、面倒ですが分割購入を利用しましょう。 窓口と受付期間の確認方法 これも内閣府の専用サイトに、市区町村名から検索して窓口や受付期間を確認する機能が用意されています。 「横浜市」「名古屋市」などと入力するか、県名、市名をプルダウンから検索すると確認できます。 気になる方は一度確認してみると良いでしょう。 参考: 6.問題点 プレミアム付商品券には、問題点を指摘する声もあります。 対象者の限定方法に疑問 「0~3歳半の児童がいる世帯」は、住民税の課税・非課税に関係なくプレミアム付商品券の対象となります。 確かにこの世帯への支援は必要ですが、3歳半~大学生の子育て世帯もお金がかかるため支援が必要です。 子供の年齢条件を「0~3歳半」としていることは、3歳半~大学生の子育て世帯には納得できないかもしれません。 なお、子供の生年月日で制限するのは、 対象者の絞り込み(特定)のためです。 例えば、2019年10月1日に生まれた子供のいる世帯もプレミアム付商品券を購入できるとしたら、10月1日になった時点で、地方自治体は急遽その人にもプレミアム付商品券を販売しなければなりません。 それでは現場が混乱してしまうので、どこかで線引きをするのです。 ただ、子供の誕生日が1日ずれただけでもプレミアム付商品券を利用できません。 「線引き」は必要ですが、1日違いで対象外となった世帯の不満は高まるでしょう。 プレミアムの金額が少ない プレミアムの額が 最大5,000円「でしかない」ことも、施策の実効性として問題視されています。 消費税が8%から10%に上がるインパクトに比べ「5,000円は少なすぎる」ということです。 たとえば税別250,000円の買い物をすると、税率8%なら消費税は20,000円、税率10%なら消費税は25,000円で、差額が5,000円です。 今回のプレミアム付商品券による消費税増税緩和効果は、税別250,000円分の買い物をした段階で使い切ってしまう計算になります。 児童がいる世帯の平均家計支出は「28. 例えば、 「非課税」「子育て」両方の要件を満たす4人家族(成人2名、3歳未満2名)を想定しましょう。 しかし、そもそも住民税が非課税な世帯なので、一度に12万円分を現金で購入することは難しいかもしれません。 一応、5,000円単位で分割購入することも出来ますが、その場合、何度も窓口に行く手間が発生します。 窓口が開いている時間に、時間を取って何度も足を運ぶのは、正直大変です。 お釣りが出ない またプレミアム付商品券には お釣りが出ません。 お釣り目的で低額商品をプレミアム付商品券で購入し、貯蓄に回さないようにするためです。 財源を負担するのは政府(国) プレミアム付商品券を実際に発行するのは地方自治体ですが、その財源は政府(国)が負担します。 内閣府は1,723億円の予算案を財務省に提出しています。 発行・販売にかかる事務費用等が巨額になるため、「 費用対効果が十分にある施策なのか」を問題視する声もあがっています。 【参考】2015年にも発行された 実は、プレミアム付商品券は、今回が初めてではありません。 政府は2015年にも、プレミアム付商品券制度を実施しています。 2015年のプレミアム付商品券制度は「低所得者対策」ではなく、「 消費刺激策」として実施されました。 したがって対象者は限定していません。 このときは全国で97%の自治体がプレミアム付商品券を発行しました。 プレミアムは2~3割の上乗せが多かったようです。 事業費は1,589億円でした。 つまり1,589億円分のプレミアムが国民に配られ、1,589億円分の税金が使われたのです。 ところが経済効果は640億円程度しかなかったといわれています。 では差額の949億円(=1,589億円-640億円)はどこに消えてしまったのかというと、貯蓄などです。 例えば、ある人が25,000円のプレミアム付商品券を20,000円で買い、それで25,000円分の生活必需品を買ったとします。 生活必需品はプレミアム付商品券がない場合でも購入しなければならないので、この人はプレミアム分の5,000円を「貯蓄したようなもの」と考えられるのです。 したがってこの人の25,000円の買い物は、プレミアム付商品券による経済効果に貢献していない、と評価されてしまいます。 ただ、プレミアム付商品券を実施しなければ640億円の経済効果は生まれなかったので、差額の949億円が消えたからといって、それだけで「よくない制度」とはいえません。 Ad Exchange.

次の