プレイボーイ。 週刊プレイボーイ/週プレのバックナンバー

GJ

プレイボーイ

一方で、当時洗礼された都会的な男性誌は『エスクァイア』くらいしかなかったと言及し、『 PLAYBOY 』を発行するにあたって目指す(超える)雑誌であったとも語っています)。 彼は創刊号を出版するにあたって数千ドルを借金し、さらに第2弾が出せるのか彼自身、確信が持てなかったそうです。 そのためと言えるでしょう…1953年9月に発行された創刊号には、日付が入っていないという裏話があります…。 初めての中とじグラビア写真は、ノーマ・ジーン(後の )でした。 その写真はマリリン・モンローがカレンダー用に撮影したヌード写真の流用であり、『プレイボーイ』誌のための撮りおろしたものではなかったようです。 が、創刊号は即座に話題となり、数週間で売り切れとなりました。 1冊の値段は当時50セントで、発行部数は5万3991部だったと言います。 また、ヒュー・ヘフナーは『PLAYBOY』を通して、「性」に対する既成概念に挑んだだけでなく、人種差別に関するコラムを積極的にとりあげ正義についても戦った人物でもあるのです。 公民権運動に共鳴し、キング牧師やマルコムXに発言の機会を与えていたのです。 そんな、一つの時代をつくり上げた『PLAYBOY』誌と故ヒュー・ヘフナー氏への敬意を込めて、歴代の表紙を飾ったアイコニックな美女たちを振り返っていきます。

次の

プレイボーイ

プレイボーイ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 1953年創刊の米男性誌「プレイボーイ」が今週発売の最新号を最後に、紙媒体の定期刊行を終えることになった。 デジタル版は続ける。 以前から発行元が検討していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、決断を早めたという。 創刊号でマリリン・モンローのヌードを掲載した同誌は、72年11月号が716万部を売り上げるなど、絶大な人気を誇ってきた。 だが、現在は発行部数が数十万部程度で、関連のファッションブランドなど、ライセンスビジネスの比重が大きくなっていた。 近年は、女性のヌード写真の掲載を一時的にやめたり、月刊から季刊に移ったりなどの試行錯誤を続けてきた。 ベン・コーン最高経営責任者(CEO)が18日に出した公開書簡によると、「紙の商品をいかに消費者の需要に合わせるか」について議論を進め、「デジタルファースト」への移行を決めたという。 コーン氏は「コロナウイルスのパンデミックがコンテンツ制作、サプライチェーンに与える影響の大きさが明らかになり、協議を早めざるをえなかった」と説明。 一方、「我々は紙媒体から始まり、今後も紙媒体は我々の一部だ」とも述べ、「特別版」などの形で雑誌を発行する意向も示した。

次の

米誌「プレイボーイ」、紙媒体終了へ 新型コロナが影響 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

プレイボーイ

格闘マンガ『キン肉マン』の最新話が紙媒体の「週刊プレイボーイ」に掲載されることがわかった。 これまではWEB媒体の「週プレNEWS」での配信だったが、8月17日発売の「週刊プレイボーイ」35号から誌面でも楽しめるようになる。 『キン肉マン』 『キン肉マン』1978年にギャグマンガの新人賞・赤塚賞の準入選を経て、1979年より「週刊少年ジャンプ」にて連載がスタート。 シリーズ累計発行部数は7500万部、コミックス巻数は71巻を数えている。 2011年には「週刊プレイボーイ」のWEBサイト「週プレNEWS」で新たなシリーズの連載を開始。 2020年7月13日の316話の更新をもって、現シリーズ「オメガ・ケンタウリの六鎗客編」は終了となる。 『キン肉マン』 8月17日からは新シリーズがスタートするが、読者からの「紙の雑誌でも読みたい」という要望に応えるため、「週プレNEWS」での配信に加えて、「週刊プレイボーイ」35号から本誌でも同時掲載することが決定した。 2019年には連載40周年を記念して、表紙と連載マンガ、特集を掲載したことが話題となったが、本誌で連載されるのは『キン肉マンII世』(1998年~2011年)以来となる。 「週刊プレイボーイ」35号は『キン肉マン』週プレ復帰記念号として、新シリーズの初回となる第317話をカラーページを含む24ページで掲載。 表紙は著者・ゆでたまごの描きおろしで、特別付録に「働く男のための『キン肉マン』特製シール」が付属する。 さらに新シリーズ開幕のカウントダウン企画も開催。 7月20日発売の「週刊プレイボーイ」31号・32号合併号では「週刊少年ジャンプ掲載編」(単行本1~36 巻相当)、8月3日発売の33号・34号合併号「週プレ掲載編」(単行本38~71 巻相当)を各6ページで一気に振り返る。 また31号・32号合併号では嶋田隆司、33号・34号合併号では中井義則のロングインタビューを掲載。 赤塚賞入選作家・おぎぬまXの『キン肉マン』4コマも楽しめる予定だ。 そして集英社総合電子書店「ゼブラック」では7月13日から8月16日まで、『キン肉マン』の各シリーズの冒頭3巻が週毎に無料公開される。 <以下、コメント全文掲載> 【『キン肉マン』著者:ゆでたまご】 『キン肉マン』は昨年5月1日に生誕40周年を迎え、盛大に祝っていただきました。 ここまでの道のりを支えてくださった皆さんに心から感謝しております。 第3のゆでたまごである読者の皆さんの支えの賜物であると深く思っております。 今回の企画は、もともとは「40周年イヤー」の締めくくりとして、今年4月に発表する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で『キン肉マン』の連載自体がストップしてしまったため、発表も延期せざるをえませんでした。 でも、こうした山あり谷ありも『キン肉マン』らしいといいますか…。 私たちの軌跡を振り返ってみますと、1979年から『週刊少年ジャンプ』で『キン肉マン』が始まり、1998年には『週刊プレイボーイ』で『キン肉マン世』がスタート。 2011年からはウェブ媒体である『週プレNEWS』にその場を移し、再び『キン肉マン』を描いてきました。 そのウェブ連載が軌道に乗ったところで、われわれが育ってきた紙媒体に改めて挑戦するというのは、私たちにとって新たな刺激となると同時に、より多くの読者に『キン肉マン』を手に取ってもらえる絶好の機会になると思っています。 内容としても、『キン肉マン』の人気キャラクターがどんどん登場する「新シリーズ」となります。 ぜひご期待ください。 【「週刊プレイボーイ」編集長:松丸淳生】 『キン肉マン』という作品のすごいところは、連載開始から40年を経て今も進化し続けているところです。 週プレ読者の中心はアラサーアラフォー世代の「働く男」たちで、子どもの頃にキン肉マンと出会った方が多く、中にはお子さんと一緒に読んでいる方もいらっしゃいます。 今回、ゆでたまご先生に「週プレに戻ってきてください」とお願いしたのは、「昔のように紙の雑誌で読みたい」という読者の声が大きかったのもありますが、同時に、皆さんに「働く男」の先輩としてのゆでたまご先生の生き様も込みで、今なお進化し続ける『キン肉マン』を楽しんでいただければと思ったからです。 一方、ウェブ連載のほうも、毎週月曜日に最新話が配信されるたびにネット上のコミュニティで大盛り上がりをしていて、ファンの素敵な空間が出来上がっています。 これから始まる紙とウェブの同時連載で、新たな相乗効果が生まれることを祈っています。 (C)ゆでたまご/集英社 《高橋克則》.

次の