兵庫区 交通事故。 交通事故

新開地駅・神戸駅 兵庫区湊町 いわさき整骨院

兵庫区 交通事故

1治療の申し込み 治療院詳細ページから電話・メールにて交通事故治療の予約を行ってください。 2交通事故治療院紹介センターへお見舞金申請 お見舞金申請フォーム()より、交通事故治療お見舞金申請を行ってください。 ご連絡頂いたご住所にアンケート用紙をお送りさせて頂きます。 3通院・治療の開始 通院を開始して頂き、交通事故治療の開始となります。 4治療終了 認定治療院より治療終了時にご報告させて頂きます。 5アンケート用紙へのご記入・ご送付 5分程度のアンケート用紙にお答え頂き 同梱されております返信用封筒で 交通事故治療院紹介センターまでご返送ください。 6お見舞い金10,000円を贈呈 アンケートを確認させて頂き、ご送付頂きました ご住所宛に10000円分のギフト券をお送りさせて頂きます。 時間が空いてしまうと保険を切られてしまうということも過去にありましたということも伝えます。 なので、痛みに弱い方でも安心して施術を受けられます。 同じ姿勢でいればいるほど筋肉は硬くなってしまいます。 時間を置いてゆっくり首を伸ばしたりしてくださいということはあります。 安静にしていた方がいい場合、パソコンを長時間する方に関しては45分経ったら首を休めてくださいなどをお伝えしています。 あとは運動療法もお伝えします。 過去にあった例では、来ていただいてここに行きましたということを保険会社に言ってくださいとやったことがありました。 整形外科よりも受診時間が長いことです。 整形外科ですと理学療法士は医師の指示のもと治療を行いますが、接骨院の場合は治療するものがこうした方がいいと思ったら治療方針を決められます。 いろいろな治療を試すことができることです。 自分で交渉することはとても大変なので、弁護士に入ってもらうと示談金の幅がわかったりします。 できるだけ診療をスムーズに行う上では、すべて弁護士に話がいくので患者様はストレスなく治療を行うことができます。 男女の比率も同じくらいの割合です。 おひとりでお悩みの方、精神的に不安を抱えている方に向けてメッセージをお願い致します。 なので、一度は気軽にいらっしゃってください。

次の

兵庫区で口コミNO.1の交通事故・むちうち治療/大開駅2分

兵庫区 交通事故

新着情報 交通事故のむち打ちは整骨院で治療ができます 自動車・バイク・自転車などの交通事故に遭うと検査や診断書を書いてもらう為に病院に行かれると思います。 検査を受けられた病院でそのまま継続してムチウチの治療で通院される方もいらっしゃると思いますが、病院では電気をあてたり首や腰を引っ張るなどの機械で行う治療が主流です。 その治療で痛みなどの症状が改善すれば良いのですが機械だけでは限界があり、様々な症状に対応する事ができず根本的なむち打ち治療とはなりません。 交通事故のケガ・鞭打ちは整骨院でも治療ができます。 保険会社へご連絡していただくと転院する事も可能ですのでなかなか症状が改善しない、根本から改善したい、仕事の都合で時間が間に合わず病院へ行く事ができない、保険や慰謝料の事が分からないなど当院で全て解決する事ができますので、ぜひ転院も考えていただけたらと思います。 病院ではできない手技治療 病院では痛み止めなどの薬を処方してもらえますが、治療は基本的に電気をあてたり首や腰を引っ張る、患部を温めるなど機械で全て行います。 整骨院では直接お体を触らせていただき患者様がどのような状態かを把握し、どのような治療が必要かを説明させていただきます。 むち打ちなどのケガは電気だけの治療ではなかなか改善せず、痛みがおさまったとしても雨の日や寒い日にぶり返す事が多いです。 それは、事故の衝撃により骨格のズレがあり、根本的な原因が改善されていない為におこります。 当院では硬くなっている筋肉を指圧やストレッチなどでゆるめていくような治療や、最先端の医療機器を用いて骨格の調整をし、根本治療を行っていきます。 その結果、交通事故でのケガを早期に改善し、後遺症を残さないような体づくりをする事ができます。 予約制で夜21時まで対応 病院や整骨院は18時や19時までの所が多いですが当院では交通事故の患者様に限り、夜21時まで受付をしております。 19時半で通常の受付が終了しますので19時半以降に来院される場合はお電話での予約制となります。 仕事で遅くなったり家事や育児で時間の都合がつきにくい患者様に待ち時間なしでご案内する事ができます。 交通事故のケガは早期に適切な治療を行う事が重要ですので、診療時間に間に合わない事が原因で治療をあきらめていた方も安心してご来院いただけたらと思います。 保険や慰謝料の相談ができる専門家 交通事故に遭うと相手側の保険会社と話し合いながら車両の修理やケガの治療をしていく事になりますが、書類など専門用語などが多く内容がよく分からないといった声をよくお聞きします。 当院では書類を持ってきていただけましたら内容を分かりやすくご説明させていただきます。 また保険会社の担当者から強引に治療を打ち切られたり早く示談をするようすすめられる場合などもありますが応じる必要はありません。 安易に返答し示談してしまうと今後の治療費は患者様負担となってしまう為、しっかりと交通事故でのケガを治されてから示談されたらと思います。 事故に遭われてお体がしんどい上に保険会社との応対で肉体的にも精神的にもお辛いと思いますので、当院では治療だけでなく保険会社との応対の代行も行っております。 また、交通事故に詳しい弁護士と提携しておりますので相手方とのトラブルなど何をどうしていけば良いか最善策をお伝えする事ができます。 当院にご相談いただければお体の悩み、保険関係などお体以外の悩みが同時に解決できる体制を整えております。

次の

交通事故 事例 兵庫県明石市大久保町・神戸市西区 交通事故治療・むち打ち治療 対応 整骨院

兵庫区 交通事故

更新日:2020年5月27日 高齢者の交通安全 令和元年中の交通事故発生状況 令和元年中に、兵庫県内で発生した人身事故件数は22,896件(前年対比-1,771件)、傷者数は27,501人(-2,444人)、死者数は138人(前年対比-14人)と減少しました。 このうち、高齢者の死者数は76人(前年対比-14人)で全死者の55. 高齢者の交通死亡事故の主な特徴 走行車両の直前直後横断が多い• 高齢者交通事故死者全体の 4割以上が歩行中の事故です。 横断する時は左右の安全確認をしっかり行い、ゆとりを持って横断しましょう。 遠回りでも、信号機や横断歩道のあるところを渡りましょう。 自宅付近が多い• 歩行者と自転車利用者のうち、 約4割の方が、自宅から500m以内で事故に遭っています。 「いつも通り慣れている道だから大丈夫」と過信せず、道路を横断する際には、しっかりと周囲の安全確認を行う習慣をつけましょう。 「車は来ないから大丈夫」などといった思い込みの行動はやめましょう。 事故に遭わないためには 夕暮れ時、夜間、明け方、雨天時など、見通しの悪い状況になれば運 転者からも歩行者がよく見えず大変危険です。 交通事故を防ぐために、明るい目立つ色の服を着て、反射材を身につけるとともに、持ち物にも取り付けるように心がけましょう。 玄関に反射材を置いておくなど、出かける時にいつでも使用出来るように工夫をしましょう。 加齢とともにおとずれる、身体機能の変化と運転適性を自覚し、無理をせず注意して行動することが大切です。 道路を歩くとき、車や自転車に乗るときには時間にゆとりを持って、安全第一を心がけましょう。 また、運転に自信のない方、車やバイクに乗らない方、運転免許証の更新を迷っている方は、高齢者運転免許自主返納サポート制度を利用しましょう。 日頃から、ご家庭やご近所などで交通安全について話し合ったり、交通安全講習を受けるなど、交通安全に対する意識を高め、交通事故に遭わないようにしましょう。

次の