メタモン 6v 作り方。 【ポケモン剣盾】メタモンの入手方法・6Vメタモン厳選方法

【ポケモン剣盾】メタモンの厳選方法と出現場所【鎧の孤島】|ゲームエイト

メタモン 6v 作り方

ジャッジの解放 殿堂入り後に開放されるジャッジ機能は、厳選を始める前に解放しておくようにしましょう。 ジャッジ機能はポケモンの個体値を確認することができ、殿堂入り後の厳選には必須の機能となっています。 一部を除くそれぞれの性格には上昇 1. 1倍 と下降 0. 特に 「個体値」「特性」「性格」は対戦への影響度が高いため、基本的には妥協を許さずに厳選することになります。 他人産のポケモンが気にならないかたは、この2つの要素に重きをおいて厳選する方法もおすめです。 シンクロのポケモンを用意し、何度も捕まえて厳選する メタモン厳選 孵化厳選に必須なメタモンの厳選。 ワイルドエリアの素で何度もメタモンを捕まえて厳選する。 最初は個体値を気にせず、目当ての性格の個体を用意できればOK。 2 かわらずのいしを持たせた親ポケモンと、あかいいとを持たせた高個体値メタモンを預かり屋に預ける。 3 高個体値のポケモンが生まれる度に、親用のポケモンを入れ替えていく。 4 個体値、性格、特性が目当て通りの理想個体が生まれてくるまで孵化し続ける。 預かり屋でタマゴをもらい、バトル向きの能力を持つポケモンを厳選する方法です。 個体値が優秀なポケモンやバトルに使いたい特性のポケモンを粘ったり、 ポケモンごとに決まったレベルやわざマシンでは覚えられない技であるタマゴ技を覚えさせたりします。 ダクマの厳選 1 道場の修行を3つ全てクリアする 2 「マスタード」の前でレポートを書く 3 「マスタード」に話しかける 4 ダクマのつよさを見て性格を確認 ダクマは道場の3つの修行をすべてクリアした後に厳選が可能になります。 「マスタード」に話しかけることで入手できるので、話しかける前にレポートを書いて、自分の狙った性格が出るまでリセットしましょう。 固定シンボルの厳選 1 固定シンボルの前でレポートを書く 2 きのみを「なげつける」で相手に投げつけ、性格を判定 3 混乱したら捕獲 伝説のポケモンをはじめとした、マップの決まった場所に出現するポケモンを厳選することです。 今作の固定シンボル厳選は伝説のポケモンである「ザシアン」「ザマゼンタ」「ムゲンダイナ」の3種類になります。 厳選する場合は、ローズ戦後ホップに話しかける前にレポートを書き厳選を行いましょう。 なお確定捕獲となっているため、好みのボールで捕まえることができます。 殿堂入り後に始まるストーリーを進めると捕獲できるようになります。 詳しい厳選方法 メタモン厳選 1 「ねがいのかたまり」を入手 2 ストーンズ原野の巣Jに「ねがいのかたまり」を使う 3 メタモンを捕獲し、再び2へ 孵化厳選に必須なメタモン厳選は、ワイルドエリアのマックスレイドバトルにて行います。 ストーンズ原野の巣に「ねがいのかたまり」を投入し、ひたすらメタモンを捕まえる作業です。 6Vポケモンの作り方 おうかんで個体値を底上げする 6Vのポケモンは、 「きんのおうかん」や「ぎんのおうかん」を使ってVになっていないステータスを上げるのが一番簡単な作り方です。 ただし、おうかんは貴重なアイテムで入手方法も限られているため、4Vや5Vのポケモンに使用するようにしましょう。 そのため、バトルに使うポケモンにぎんのおうかんは使うようにしましょう。 孵化厳選で個体値遺伝を行う 孵化厳選を行う際に、親ポケモンの個体値を遺伝させることで6Vを作ることができます。 ただし、個体値の遺伝数が多い「あかいいと」を使っても遺伝できる数は5ヶ所までのため、運要素が強い入手方法になります。 厳選とは 優秀なポケモンを手に入れること 厳選とは、バトルタワーや対人戦で使うためのポケモンや、色違いのポケモンを手に入れることです。 『ポケモンソードシールド』は育成がかなり緩和されていますが、最初からある程度能力が優秀なポケモンを用意すると、より効率的にポケモンを育てることができます。 レベルや能力を上げて強く育て、バトルで活躍させていきましょう。 関連記事 厳選関連の記事 厳選の方法 - 育成関連の記事 -.

次の

6Vメタモンの「代わり」の作り方。7匹のポケモンで代用する方法

メタモン 6v 作り方

メタモンの厳選方法に関係なく厳選するためには、 ジャッジ機能の解放が必要。 まずは殿堂入り後にバトルタワーを少しだけ攻略してジャッジ機能を使えるようにしておこう。 2通りの方法で厳選可能 剣盾でのメタモンの厳選方法は、「マックスレイドバトルで捕獲する」「オーラ付きの野生のメタモンを捕獲する」の2通りのやり方がある。 マックスレイドバトルがおすすめ 6Vメタモンを捕獲したい場合は、 レイドが圧倒的におすすめ。 オーラは性格固定が可能 オーラ付きを捕獲する場合は、性格の固定が可能になる。 しかし、2V以上固定が限界なので高個体値はあまり期待できない。 マックスレイドバトルで捕獲する マックスレイドで必要な準備 おすすめポケモン 一緒に厳選する人を探す レイドでの厳選には「ねがいのかたまり」というレイドバトルを発生させるアイテムが必要。 1人で数を確保するのが大変なため、他のプレイヤーと出し合って試行回数を稼ぎたい。 レイドのクリアも簡単になる。 100まで上げ、努力値も使う技に合わせて攻撃か特攻に252振っておこう。 可能なら性格補正もミントで変えておきたい。 ボックスで個体値をチェック。 望みの個体でなければ、再びねがいのかたまりを投げるところからやり直そう。 星の数でVの数がある程度わかる マックスレイドバトルは難易度の星の数に応じて、保証されるVの数が決まっている。 星5のレイドなら最低でも4V以上固定となる。 オーラのメタモンを捕獲する オーラをまとったメタモンを捕獲 野生でまれに出現するオーラポケモンを捕まえる方法。 育成などの下準備は必要ないが、 高個体値を狙う場合は非推奨。 性格の固定ができる レイドと違い野生で出現するメタモンを捕獲するため、 シンクロが有効。 好きな性格のメタモンを捕まえることができる。 オーラメタモン式に必要な準備 げきりんのみずうみの中にある3ヶ所の草むらを順番に見て回り、オーラが無いメタモンを見つけてひたすら倒そう。 注意して見ないと発見が難しい メタモンは体が小さく見落としやすいポケモン。 自転車を降りて歩いて回り、見逃さないようにしよう。 鳴き声が聞こえると周囲に出現しているので、 音も聞きながらプレイするのがおすすめだ。 引いた視点がおすすめ Rスティックを押し込むと画面の視野を調整できる。 引いた状態にし、より広範囲を見ながら草むらを回るのがおすすめだ。 寄ったほうがメタモンは見つけやすいが、画面外から他のポケモンに突撃される可能性が高まる。 分かりづらい時はLスティックで指笛 Rスティックを押し込むと指笛を吹ける。 指笛を吹けば周辺のポケモンがこちらに気がつく。 手順3:オーラ付きのメタモンを捕獲! 周囲に黄色のオーラを纏ったメタモンがまれに出現する。 2V以上が保証されているので、見かけたら捕獲しよう。 捕獲後にVの位置を確認し、満足いく個体なら厳選終了だ。 捕獲の際はコイキングに変身させる 1ターン目にポケモンを入れ替えてコイキングを出し、メタモンをコイキングに変身させることで捕獲しやすくなる。 コイキングに変身させたらリピートボールなど捕まえやすいボールを投げ続けよう。 性格を厳選するなら「シンクロ」を先頭に ほしい性格がある場合は、メタモンを捕まえる際に、その性格の「シンクロ」を持つポケモンを先頭にしておこう。 主な「シンクロ」のポケモン一覧.

次の

メタモンをサンムーンで厳選6V!作り方や性格と個体値の遺伝の法則とは!

メタモン 6v 作り方

概要 乱数調整なしで6Vメタモンはまず手に入らない 対戦において不可欠であるポケモン厳選。 それに大きく貢献してくれる6Vメタモンを、自力で手に入れるのはほぼ不可能です。 サーチやポケトレで高個体メタモンを狙ってもせいぜい4V。 運が良くて5Vが手に入るかどうかです。 乱数調整というグレーな手法を使わないと6Vメタモンはまず手に入らないため、乱数に頼りたくない、乱数のやり方がわからないという方は代用となるポケモンを用意しましょう。 解説 6Vメタモンの代わりになる7匹のポケモン 名前 グループ 歩数 コイキング 水中2、ドラゴン 1280歩 マリル 妖精、水中1 2560歩 グレッグル 人型 2560歩 コロモリ 飛行、陸上 3840歩 スコルピ 虫、水中3 5120歩 フシギダネ チコリータ トロピウス ナエトル ユキカブリ 植物、怪獣 5120歩 デスマス 不定形、鉱物 6400歩 タマゴグループは全部で13種類あり、それぞれに属して最も孵化歩数の少ないポケモンが上記の7体です。 植物、怪物のグループは何匹か候補がありますが、フシギバナが対戦で活用される機会が多いので、フシギダネがおススメ。 性別不明ポケモンの厳選をするなら4Vメタモンで スターミーやゴルーグといった性別がないポケモンの場合、メタモン以外でタマゴを発見することができません。 もし性別不明のポケモンを厳選するのであれば、4V以上の高個体値メタモンを複数用意しておく必要があります。 大まかな流れは基本的な厳選と同じ。 どんどん高個体を生み出しては、育て屋に預け替えることを繰り返してVの箇所を増やす。 4Vメタモン2体用意した厳選の場合です。 コイキングだけ未計測。 ただし途中で6Vのオニゴーリやヤドランが作れて、それを親にしてマリルやデスマスの6Vを作ったので正確な数値ではないです。 あくまで目安に。 合計で1000個以上の孵化をしていて、3DSを2台使っての作業だったので、20時間ぐらいかかりました。 国際孵化も狙っていたのでグレッグルとマリルの色違いもゲッツ。 ある時ふっと6Vが当たる感覚なので、気長に取り組んでください。 6V作るのがしんどい場合は、攻撃、特攻それぞれが抜けた5Vを用意するのも一つの選択肢です。 なので高個体を作るまでの過程で、メタモンよりも時間がかかります。 性別不明には対応していない 上記でも解説しましたが、性別不明のポケモンはメタモン以外との組み合わせではタマゴが生まれません。 スターミー、ゴルーグのようなポケモンを厳選する場合は、高個体のメタモンを用意するのが唯一の方法です。 こうやって書いてみると、いかに6Vメタモンが優秀であるかがよくわかります。

次の